竹内 綾子

所属部署名形態機能医科学講座 統合生理学
教員組織形態機能医科学講座
教育研究組織医学部医学科
職名准教授
更新日: 19/07/23 19:09

研究者基本情報

氏名

    竹内 綾子
    タケウチ アヤコ
    TAKEUCHI Ayako

基本情報

所属

  •  形態機能医科学講座 統合生理学 准教授

学歴

  • 2000年04月- 2003年03月京都大学 医療薬科学
  • 1998年04月- 2000年03月京都大学 医療薬科学
  • 1994年04月- 1998年03月京都大学 薬学部

学位

  • 博士(薬学)

資格

    薬剤師

経歴

  • 2017年04月福井大学学術研究院医学系部門医学領域 形態機能医科学講座 統合生理学分野 准教授
  • 2013年09月福井大学医学部・統合生理学領域 特命助教
  • 2008年04月- 2009年03月The Rockefeller University Laboratory of Cardiac/Membrane Physiology Research Associate
  • 2007年04月- 2013年08月京都大学医学研究科・細胞機能制御学 助教
  • 2007年04月- 2008年03月The Rockefeller University Laboratory of Cardiac/Membrane Physiology Postdoctoral Associate
  • 2005年12月- 2007年03月京都大学医学研究科・細胞機能制御学 助手
  • 2005年08月- 2005年11月京都大学医学研究科・細胞機能制御学 産学官連携助手
  • 2004年04月- 2005年07月京都大学医学研究科(文部科学省リーディングプロジェクト京都大学拠点 細胞・生体機能シミュレーションプロジェクト) 産学官連携研究員
  • 2003年04月- 2004年03月京都大学医学部附属病院薬剤部 日本学術振興会特別研究員 PD
  • 2002年04月- 2003年03月京都大学医学部附属病院薬剤部 日本学術振興会特別研究員 DC2

所属学協会

    日本生理学会 その他,Society of General Physiologist 一般会員,日本不整脈心電学会 一般会員,日本生理学会 評議員,Biophysical Society 一般会員,日本薬学会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • Patient-specific human induced pluripotent stem cell model assessed with electrical pacing validates S107 as a potential therapeutic agent for catecholaminergic polymorphic ventricular tachycardia
    Sasaki K, Makiyama T, Yoshida Y, Wuriyanghai Y, Kamakura T, Nishiuchi S, Hayano M, Harita T, Yamamoto Y, Kohjitani H, Hirose S, Chen J, Itoh H, Kawamura M, Ohno S, Takeuchi A, Matsuoka S, Miura M, Sumitomo N, Horie M, Yamanaka S, KimuraT
    PLoS One 11(10) e0164795 2016年 査読有り
  • A simulation study on the constancy of cardiac energy metabolites during workload transition
    Saito R, Takeuchi A, Himeno Y, Inagaki N, Matsuoka S
    The Journal of Physiology 594(23) 6929-6945 2016年 査読有り
    Matsuoka S
  • Dysregulation of a potassium channel, THIK-1, targeted by caspase-8 accelerates cell shrinkage
    Sakamaki K, Ishii TM, Sakata T, Takemoto K, Takagi C, Takeuchi A, Morishita R, Takahashi H, Nozawa A, Shinoda H, Chiba K, Sugimoto H, Saito A, Tamate S, Satou Y, Jung SK, Matsuoka S, Koyamada K, Sawasaki T, Nagai T, Ueno N
    Biochimica Biophysica Acta 1863(11) 2766-2783 2016年 査読有り
  • ミトコンドリア-Ca2+クロストークに関するフィジオーム研究
    竹内綾子
     41(5) 215-220 2016年 査読有り
  • Roles of the mitochondrial Na+-Ca2+ exchanger, NCLX, in B lymphocyte chemotaxis
    Kim B, Takeuchi A, Hikida M, Matsuoka S
    Scientific Reports 6 28378 2016年 査読有り
    Matsuoka S
  • The destiny of Ca2+ released by mitochondria
    Takeuchi, Ayako;Kim, Bongju;Matsuoka, Satoshi
    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES 65(1) 11-24 2015年01月 査読有り
    Takeuchi A
  • 心筋自動能発生におけるミトコンドリアNa+-Ca2+交換輸送体NCLXの役割
    竹内 綾子;松岡 達
    心電図 34(2) 69-81 2014年 査読有り
    ミトコンドリアは,ATPの主な合成部位であるとともに,Ca2+貯蔵部位としての役割も果たす.また,ミトコンドリアCa2+はミトコンドリアエネルギー代謝を制御すると考えられる.ミトコンドリアCa2+動態は,主にCa2+ユニポータ(MCU)を介した取り込みと,Na+-Ca2+交換輸送体(NCLX)を介した排出のバランスにより決定される.しかし,これらミトコンドリアCa2+輸送担体が,心筋細胞機能発現にどのような役割を果たすかは不明であった.われわれは,自動能をもつマウス心房筋由来株化細胞HL-1を用いて,NCLXの発現減少が活動電位・Ca2+トランジェント発生周期の延長をもたらすことを発見した.細胞生理学実験と数理モデル解析による検討から,NCLXはミトコンドリアから筋小胞体へのCa2+供給を担うこと,それに伴い筋小胞体からのCa2+放出で決定されるHL-1細胞の拍動リズムを制御することが判明した.この結果は,NCLXを介したミトコンドリアCa2+動態が,異常自動能発生や不整脈に関与する可能性を示唆するものである.
  • Identification of chemicals inducing cardiomyocyte proliferation in developmental stage-specific manner with pluripotent stem cells
    Uosaki H, Magadum A, Seo K, Fukushima H, Takeuchi A, Nakagawa Y, Moyes KW, Narazaki G, Kuwahara K, Laflamme M, Matsuoka S, Nakatsuji N, Nakao K, Kwon C, Kass DA, Engel FB, Yamashita JK
    Circulation-Cardiovascular Genetics 6(6) 624-33 2013年12月 査読有り
  • The mitochondrial Na+-Ca2+ exchanger, NCLX, regulates automaticity of HL-1 cardiomyocytes
    Takeuchi A, Kim B, Matsuoka S
    Scientific Reports 3 2766 2013年09月 査読有り
  • Mitochondria Na+-Ca2+ Exchange in Cardiomyocytes and Lymphocytes
    Kim B, Takeuchi A, Koga O, Hikida M, Matsuoka S
    Advances in Experimental Medicine and Biology 961 193-201 2013年 査読有り
  • Pivotal role of mitochondrial Na+?Ca2+ exchange in antigen receptor mediated Ca2+ signalling in DT40 and A20 B lymphocytes
    Takeuchi A, Kim B, Koga O, Hikida M, Matsuoka S
    The Journal of Physiology 590(3) 459-474 2012年 査読有り
  • NHE-1 blockade reversed changes in calcium transient in myocardial slices from isoproterenol-induced hypertrophied rat left ventricle
    Hattori H, Takeshita D, Takeuchi A, Kim B, Shibata M, Matsuoka S, Obata K, Mitsuyama S, Zhang GX, Takaki M
    Biochemical and Biophysical Research Communications 419(2) 431-435 2012年 査読有り
  • Efficient and scalable purification of cardiomyocytes from human embryonic and induced pluripotent stem cells by VCAM1 surface expression
    Uosaki H, Fukushima H, Takeuchi A, Matsuoka S, Nakatsuji N, Yamanaka S, Yamashita JK
    PLoS One 6(8) e23657 2011年 査読有り
  • Impairment of Ubiquitin-Proteasome System by E334K cMyBPC Modifies Channel Proteins, Leading to Electrophysiological Dysfunction
    Bahrudin U, Morikawa K, Takeuchi A, Kurata Y, Miake J, Mizuta E, Adachi K, Higaki K, Yamamoto Y, Shirayoshi Y, Yoshida A, Kato M, Yamamoto K, Nanba E, Morisaki H, Morisaki T, Matsuoka S, Ninomiya H, Hisatome I
    Journal of Molecular Biology 413(4) 857-878 2011年 査読有り
  • 心筋細胞イオンチャネルモデル(京都モデル)とその展開
    竹内綾子, 松岡達
    医学のあゆみ 238(3) 217-221 2011年 査読無し
  • 細胞モデル構築による心筋細胞容積調節のシステム生物学
    竹内綾子, 野間昭典
    生物物理 50 248-251 2010年 査読有り
  • Peering into an ATPase ion pump with single-channel recordings
    Takeuchi A, Gadsby DC, Artigas P, Reyes N
    Philosophical Transactions of the Royal Society B 364(1514) 229-238 2009年 査読有り
  • Increased O2 consumption in excitation-contraction coupling in hypertrophied rat heart slices related to increased Na+-Ca2+ exchange activity
    Shimizu J, Yamashita D, Misawa H, Tohne K, Matsuoka S, Kim B, Takeuchi A, Nakajima-Takenaka C, Takaki M
    The Journal of Physiological Sciences 59 63-74 2009年 査読有り
  • Visualizing the mapped ion pathway through the Na,K-ATPase pump
    Takeuchi A, Reyes N, Artigas P, Gadsby DC
    Channels 3(6) 383-386 2009年 査読有り
  • Simulation analysis of intracellular Na+ and Cl- homeostasis during beta1-adrenergic stimulation of cardiac myocyte
    Kuzumoto M, Takeuchi A, Nakai H, Oka C, Noma, Matsuoka S
    Progress in Biophysics and Molecular Biology 96 171-186 2008年 査読有り
  • The ion pathway through the opened Na+,K+-ATPase pump
    Takeuchi A, Reyes N, Artigas P, Gadsby DC
    Nature 456(7220) 413-416 2008年 査読有り
  • Role of Ca2+ transporters and channels in the cardiac cell volume regulation
    Takeuchi A, Tatsumi S, Sarai N, Terashima K, Matsuoka S, Noma A
    Annals of the New York Academy of Sciences 1099 377-382 2007年 査読有り
  • 心筋細胞の新たな容積保持メカニズム
    竹内綾子
    日本生理学雑誌 (サイエンストピックス) 69(2) 2007年 査読無し
  • Cl- homeostasis and volume regulation of the cardiac cell
    Terashima K, Takeuchi A, Sarai N, Matsuoka S, Shim EB, Leem CH, Noma A
    Philos Trans A Math Phys Eng Sci 364(1842) 1245-1265 2006年 査読有り
  • Ionic mechanisms of cardiac cell swelling induced by blocking Na+/K+ pump as revealed by experiments and simulation
    Takeuchi A, Tatsumi S, Sarai N, Terashima K, Matsuoka S, Noma A
    The Journal of General Physiology 128(5) 495-507 2006年 査読有り
  • Gene expression variance based on random sequencing in rat remnant kidney
    Horiba N, Masuda S, Takeuchi A, Saito H, Okuda M, Inui K
    Kidney Int 66(1) 29-45 2004年 査読有り
  • Cloning and characterization of a novel Na+-dependent glucose transporter (NaGLT1) in rat kidney
    Horiba N, Masuda S, Takeuchi A, Takeuchi D, Okuda M, Inui K
    J Biol Chem 278(17) 14669-14676 2003年 査読有り
  • Decreased activity of basolateral organic ion transporters in hyperuricemic rat kidney: roles of organic ion transporters, rOAT1, rOAT3 and rOCT2
    Habu Y, Yano I, Takeuchi A, Saito H, Okuda M, Fukatsu A, Inui K
    Biochem Pharmacol 66(6) 1107-1114 2003年 査読有り
  • Decreased function of genetic variants, Pro283Leu and Arg287Gly, in human organic cation transporter hOCT1
    Takeuchi A, Motohashi H, Okuda M, Inui K
    Drug Metab Pharmacokinet 18(6) 409-412 2003年 査読有り
  • 腎局在性有機アニオントランスポータOAT-K1及びOAT-K2の薬物腎排泄における役割
    竹内綾子, 増田智先, 齋藤秀之, 乾 賢一
    薬物動態 16(2) 134-139 2001年 査読無し
  • Role of kidney-specific organic anion transporters in the urinary excretion of methotrexate
    Takeuchi A, Masuda S, Saito H, Doi T, Inui K
    Kidney Int 60(3) 1058-1068 2001年 査読有り
  • Multispecific substrate recognition of kidney-specific organic anion transporters OAT-K1 and OAT-K2
    Takeuchi A, Masuda S, Saito H, Abe T, Inui K
    J Pharmacol Exp Ther 299(1) 261-267 2001年 査読有り
  • Trans-stimulation effects of folic acid derivatives on methotrexate transport by rat renal organic anion transporter, OAT-K1
    Takeuchi A, Masuda S, Saito H, Hashimoto Y, Inui K
    J Pharmacol Exp Ther 293(3) 1034-1039 2000年 査読有り
  • Cloning and functional characteristics of a new multispecific organic anion transporter, OAT-K2, in rat kidney
    Masuda S, Ibaramoto K, Takeuchi A, Saito H, Hashimoto Y, Inui K
    Mol Pharmacol 55(4) 743-752 1999年 査読有り
  • Functional analysis of rat renal organic anion transporter OAT-K1: bidirectional methotrexate transport in apical membrane
    Masuda S, Takeuchi A, Saito H, Hashimoto Y, Inui K
    FEBS Lett 459(1) 128-132 1999年 査読有り
  • Uncovering the arrhythmogenic potential of TRPM4 activation in atrial-derived HL-1 cells using novel recording and numerical approaches
    Hu Y, Duan Y, Takeuchi A, Hai-Kurahara L, Ichikawa J, Hiraishi K, Numata T, Ohara H, Iribe G, Nakaya M, Mori MX, Matsuoka S, Ma G, Inoue R
    Cardiovascular Research 113(10) 1243-1255 2017年08月 査読有り

著書

  • 新訂・生理学実習書
    竹内綾子, 松岡達
    編集
    心室筋細胞興奮収縮連関のシミュレーション実習
    南江堂 2013年09月
  • Patch Clamp Techniques-From beginning to advanced protocols-
    Matsuoka S, Takeuchi A
    執筆、編集
    Giant Patch and Macro Patch
    Springer Protocols 2012年
  • トランスポートソームの世界―膜輸送研究の源流から未来へ―
    竹内綾子
    執筆、編集
    輸送体の構造解析―Na,K-ATPase pumpを例に
    京都廣川書店 2011年
  • SYSTEM BIOENERGETICS Energy for life
    Matsuoka S, Jo H, Saito R, Takeuchi A, Noma A
    執筆、編集
    Modeling energetics of ion transport, membrane sensing and system biology of the heart
    WILEY-VCH 2007年
  • Control and Diseases of Sodium Dependent Transport Proteins and Ion Channels
    Masuda S, Takeuchi A, Saito H, Hashimoto Y, Inui K
    執筆、編集
    Tubular localization and drug recognition of organic anion transporters OAT-K1 and OAT-K2
    Elsevier Science B. V. 2000年

講演・口頭発表等

  • シングルファイバーを用いた神経膠芽腫細胞遊走におけるミトコンドリア動態の解析
    河合佑介、末信一朗、藤田聡、竹内綾子、松岡達
    第39回日本バイオマテリアル学会大会 2017年11月 選考無し 日本バイオマテリアル学会
  • Frequency-dependences of action potential and Ca2+ transient and roles of mitochondrial Na+/Ca2+ exchange in mice ventricular myocytes
    Yukari Takeda, Misaki Tsukioka, Shino Fujisawa, Moe Fujisawa, Yousuke Shimizu, Erika Iwai, Rena Horie, Saki Matsunaka, Ayako Takeuchi and Satoshi Matsuoka
    2017 Cardiac Physiome Workshop 2017年11月 選考無し Cardiac Physiome Society
  • Dysregulation of a potassium channel, THIK-1, targeted by the caspase accelerates cell shrinkage during apoptosis
    Kazuhiro Sakamaki, Toshiya Sakata, Ayako Takeuchi, Chiyo Takagi, Hajime Shinoda, Akiko Saito, Takeharu Nagai, Satoshi Matsuoka, Naoto Ueno
    第40回日本分子生物学会年会 2017年12月 選考無し 日本分子生物学会
  • Intracellular localization of mitochondrial Na+-Ca2+ exchanger NCLX in mice ventricular myocytes
    Ayako Takeuchi, Satoshi Matsuoka
    62nd Biophysical Meeting 2018年02月 選考有り Biophysical Society
  • 心臓ミトコンドリアエネルギー代謝のCa2+調節に関するシミュレーション研究
    松岡達、竹内綾子, 齋藤隆太、姫野友紀子
    第94回日本生理学会大会 2017年03月 選考有り
  • リンパ球におけるミトコンドリア-小胞体Ca2+クロストークの役割に関するフィジオーム研究
    竹内綾子, 金鳳柱、松岡達
    第94回日本生理学会大会 2017年03月 選考有り
  • マウス心房筋由来細胞HL-1の周期的Ca transient発生におけるvitamin D receptorおよび関連遺伝子の関与
    村田拓也、竹内綾子、松岡達
    第94回日本生理学会大会 2017年03月 選考有り
  • A theoretical study on the roles of Ca2+ in the energy metabolite stability during cardiac workload transition
    Takeuchi A, Saito R, Himeno Y, Matsuoka S
    61st Biophysical Meeting 2017年02月 選考有り
  • 心臓仕事量増大時におけるエネルギー代謝産物安定性制御メカニズムに関する数理解析
    竹内綾子, 齋藤隆太、姫野友紀子、松岡達
    第63回中部日本生理学会 2016年11月
  • 神経膠芽腫細胞遊走におけるミトコンドリア動態のシングルファイバーを用いた解析
    河合佑介、竹内綾子、藤田聡、松岡達
    第63回中部日本生理学会 2016年11月
  • 新規ミトコンドリアエネルギー代謝数理モデルを用いた心臓エネルギー代謝制御メカニズムの解析
    竹内綾子, 齋藤隆太、姫野友紀子、松岡達
    生理学研究所研究会 2016年10月
  • ミトコンドリアNa+-Ca2+交換輸送体NCLXを介したBリンパ球細胞機能制御
    竹内綾子, 金鳳柱、松岡達
    生理学研究所研究会 2016年09月
  • A simulation study on roles of Ca2+ in constancy of cardiac energy metabolites during workload transition
    Takeuchi A, Saito R, Himeno Y, Matsuoka S
    2016 Cardiac Physiome Workshop 2016年08月
  • ミトコンドリア-小胞体Ca2+クロストークに関するフィジオーム研究
    竹内綾子, 松岡達
    日本膜学会第38年会 2016年05月
  • ミトコンドリア-筋小胞体構造的クロストークを考慮したマウス洞房結節細胞数理モデルの構築
    竹内綾子, 松岡達
    第93回日本生理学会大会 2016年03月 選考無し
  • マウス心房筋由来細胞HL-1の周期的Ca transient発生におけるvitamin D receptorの関与
    村田拓也、竹内綾子、 松岡達
    第93回日本生理学会大会 2016年03月 選考有り
  • 心リモデリングと関連した不整脈発生機序におけるTRPM4チャネルの役割の数理モデルによる研究
    井上隆司、胡耀鵬、段玉斌、竹内綾子、倉原琳海、市川純、松岡達
    第93回日本生理学会大会 2016年03月 選考有り
  • TRIC-A欠損マウスにおけるbetaアドレナリン受容体刺激による心臓繊維化機構
    山崎大樹、竹内綾子、趙成珠、西美幸、松岡達、竹島浩
    第93回日本生理学会大会 2016年03月 選考有り
  • 心筋細胞 HL -1の周期的 Ca transient発生におけるvitamin D receptorの関与
    村田拓也、竹内綾子, 松岡達
    生理学研究所研究会 2015年10月 選考無し
  • Simulation analysis of automaticity of sinoatrial node myocytes
    Takeuchi A, Matsuoka S
    Society of Mathematical Biology 2015 conference 2015年06月 選考無し
  • Contribution of mitochondria to the generation of automaticity of sinoatrial node cells; a simulation study
    Takeuchi A, Horiguchi K, Iino S, Fukazawa Y, Matsuoka S
    e-Heartシンポジウム 2015年09月
  • リンパ球細胞走化・遊走におけるイオン・水動態
    竹内綾子, 松岡 達, 金 鳳柱
    第2回「水シグナリングの分子動態から病態へ」研究会 2015年03月 選考無し 0
  • 洞房結節細胞におけるミトコンドリア―筋小胞体クロストークの役割
    竹内 綾子, 堀口 和秀, 飯野 哲, 深澤 有吾, 松岡 達
    第120回日本解剖学会全国学術集会・第92回日本生理学会大会 合同大会 2015年03月 選考有り 0
  • ミトコンドリアによる心自動能制御メカニズムの多階層解析
    竹内 綾子, 松岡 達
    新学術領域「多階層生体機能学 HD Physiology」 最終成果報告会 2015年03月 選考無し 0
  • HD physiological analysis of mechanisms underlying generation of cardiac automaticity via mitochondria
    Takeuchi A, Matsuoka S
    Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Area “HD Physiology” The Final HD Physiology Symposium 2015年03月 選考無し 0
  • ミトコンドリアモデル
    松岡 達, 竹内綾子
    e-Heartシンポジウム 2015年02月 選考無し 0
  • マウス洞房結節細胞におけるミトコンドリア―筋小胞体の構造的・機能的クロストーク解析
    竹内綾子, 松岡達
    第61回中部日本生理学会 2014年11月 選考無し 0
  • ミトコンドリアNa+-Ca2+交換輸送体NCLX によるB リンパ球細胞走化の調節
    竹内 綾子, 松岡 達, 金 鳳柱
    第61 回中部日本生理学会 2014年11月 選考無し 0
  • 洞房結節細胞におけるミトコンドリア-筋小胞体のクロストーク:シミュレーション解析
    松岡達, 竹内綾子
    生理学研究所研究会 2014年09月 選考無し 0
  • ミトコンドリア-筋小胞体のCaクロストーク
    竹内 綾子
    平成26年度芝蘭会福井支部総会 2014年08月 選考無し 0
  • 心臓ペースメーカー機転におけるミトコンドリア―筋小胞体Ca2+クロストークの寄与
    竹内綾子, 松岡達
    第53回日本生体医工学会 2014年06月 選考有り 0
  • Mitochondrial Na-Ca exchanger NCLX-mediated mitochondria-sarcoplasmic reticulum Ca crosstalk and cardiomyocyte automaticity
    Takeuchi A, Matsuoka S
    The 91st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2014年03月 選考有り 0
  • 細胞容積調節におけるチャネル・トランスポーターの寄与~包括的心筋細胞数理モデルと細胞生理実験によるイオン・水動態の解明~
    竹内綾子, 松岡達
    水シグナル研究会 2014年03月 選考無し 福井市
  • Mitochondria-endoplasmic/sarcoplasmic reticulum Ca crosstalk and cellular function
    Takeuchi A, Kim B, Matsuoka S
    The 91st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2014年03月 選考有り 0
  • システム生理学研究による細胞内イオンダイナミクス―細胞生理機能連関の包括的理解
    竹内綾子, 松岡達
    第7回 次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム 2013年11月 選考無し 0
  • 洞房結節細胞自動能におけるミトコンドリアNCLXの寄与―シミュレーション解析
    竹内綾子, 松岡達
    生理学研究所研究会 2013年11月 選考無し 0
  • Contribution of mitochondrial Na+-Ca2+ Exchanger, NCLX, in making the cardiac rhythmicity. A combination study of experiments and simulations
    Takeuchi A, Kim B, Matsuoka S
    The 2nd HD Physiology International Symposium: Multi-Level Systems Biology 2013年06月 選考無し 0
  • Theoretical analysis of mitochondrial NCX-mediated regulation of automaticity in sinoatrial node cells
    Takeuchi A, Kim B, Matsuoka S
    The 2nd HD Physiology International Symposium: Multi-Level Systems Biology 2013年06月 選考無し 0
  • Simulation analyses of the role of NCLX, a mitochondrial Na+-Ca2+ exchanger, on the regulation of automaticity in sinoatrial node cells
    Takeuchi A, Matsuoka S
    2013 Cardiac Physiome Workshop 2013年01月 選考有り 0
  • Mitochondria-sarcoplasmic reticulum Ca2+ communication on the rhythmicity of sinoatrial node cells
    Matsuoka S, Takeuchi A
    2013 Cardiac Physiome Workshop 2013年01月 選考有り 0

受賞

  •  福井大学 研究者奨励賞(男女共同参画)2017年
  •  福井大学 福井大学2016年度前期・後期 医学部教員・学生等による優秀論文2017年
  •  日本生理学会 平成25年度 入澤宏・彩記念若手研究奨励賞日本生理学会奨励賞[心臓・循環分野]2014年
  •  日本生理学会 第90回日本生理学会大会 佐川喜一賞2013年
  •  Cardiac Physiome Cardiac Physiome Workshop 2012 Poster Prize Winner2012年
  •  日本生理学会 第11回日本生理学会若手奨励賞2010年
  •  トランスポーター研究会 第一回トランスポーター研究会 優秀発表賞2006年

科学研究費補助金

  • 心筋ミトコンドリア―筋小胞体の三次元Caクロストークに関する研究基盤研究(B)(一般)
    代表者:竹内綾子 2014年度
  • ミトコンドリアによる心自動能制御メカニズムの多階層解析新学術領域研究(研究領域提案型)
    代表者:竹内 綾子 2014年度
  • ミトコンドリアによる心自動能制御メカニズムの多階層解析新学術領域研究(研究領域提案型)
    代表者:竹内 綾子 2013年度
  • ミトコンドリアNa-Ca交換蛋白(NCLX)の構造と機能連関に関する研究基盤研究(B)(一般)
    代表者:松岡 達 2013年度
  • ヒトiPS由来心筋細胞を利用したヒト洞房結節細胞ペースメーカー機転の研究挑戦的萌芽研究
    代表者:竹内 綾子 2013年度
  • 細胞内Clダイナミクスタンパクをターゲットとした新規細胞機能制御法の開発若手研究(A)
    代表者:竹内 綾子 2013年度
  • ミトコンドリア-筋小胞体連関による心臓リズム・エネルギー代謝制御機構の解明基盤研究(B)
    代表者:松岡 達 2015年度
  • 心筋ミトコンドリア―筋小胞体の三次元Caクロストークに関する研究基盤研究(B)
    代表者:竹内綾子 2015年度
  • 心筋ミトコンドリア―筋小胞体の三次元Caクロストークに関する研究基盤研究(B)
    代表者:竹内 綾子 2016年度
  • ミトコンドリア-筋小胞体連関による心臓リズム・エネルギー代謝制御機構の解明基盤研究(B)
    代表者:松岡 達 2016年度
  • ミトコンドリア-筋小胞体連関による心臓リズム・エネルギー代謝制御機構の解明基盤研究(B)
    日本学術振興会科学研究費補助金
    代表者:松岡 達 2017年度

競争的資金(学内競争的資金)

  • ミトコンドリアによるリンパ球細胞走化制御に関するナノファイバー技術を用いた研究
    代表者:松岡 達、藤田 聡、竹内 綾子
  • Bリンパ球細胞機能を制御する新規Cl-輸送体の同定
    生命科学複合研究教育センター:生命センター 学内共同研究等
    代表者:竹内 綾子
  • Bリンパ球ミトコンドリアCa2+トランスポートソームを標的とした新たな免疫制御
    :平成29年度学術研究育成支援
    代表者:竹内 綾子