浦崎 芳正

所属部署名保健管理センター
教員組織保健管理センター
教育研究組織保健管理センター
職名講師
更新日: 19/09/13 18:14

研究者基本情報

氏名

    浦崎 芳正
    ウラサキ ヨシマサ
    URASAKI Yoshimasa

所属

  •  保健管理センター 講師

学歴

  • - 1994年福井医科大学 生化系
  • - 1986年富山医科薬科大学 医学

学位

  • 博士(医学)

所属学協会

    北陸造血移植学術講演会 監事,日本血液学会 代議員,日本輸血学会北陸支部 監事,東海・北陸ヘモフィリアセミナー その他,日本臨床腫瘍学会 一般会員,日本感染症学会 一般会員,日本通風・核酸代謝学会 一般会員,日本化学療法学会 一般会員,American Association for Cancer Reserch,日本癌学会,日本癌治療学会,日本輸血学会北陸支部 その他,日本輸血学会北陸支部 評議員,日本臨床薬理学会,北陸DIC研究会 その他,

研究活動情報

論文

  • 新鮮凍結血漿輸注後に輸血ルート内にひも状フィブリン塊を認めた1例
    松田 安史, 坂井 晴香, 増永 志穂, 海老田 ゆみえ, 小林 洋子, 大岩 加奈, 大藏 美幸, 鈴木 孝二, 大嶋 勇成, 浦崎 芳正, 松原 美紀, 豊岡 重剛, 山内 高弘
    日本輸血細胞治療学会誌 63(3) 590-594 2019年06月 査読有り
  • R-CHOP療法が有効であった寒冷凝集素症に合併したB細胞リンパ腫
    大岩 加奈, 岸 愼治, 海老田 ゆみえ, 松田 安史, 田居 克規, 浦崎 芳正, 大越 忠和, 今村 好章, 山内 高弘
    日本輸血細胞治療学会誌 63(4) 607-613 2017年09月 査読有り
  • Prospective clinical study of R-CMD therapy for indolent B cell lymphoma and mantle cell lymphoma from the Hokuriku Hematology Oncology Study Group.
    Sakai T, Masaki Y, Otsuki N, Sakamaki I, Kishi S, Miyazono T, Urasaki Y, Murakami J, Satoh T, Nakamura T, Iwao H, Nakajima A, Kawanami T, Miki M, Fujita Y, Tanaka M, Fukushima T, Okazaki T, Ueda T.
    Med Oncol. 32(9) 232 2015年 査読有り
  • Clinical usefulness of the PAXgeneTM bone marrow RNA system for stabilizing total RNA
    M.Takeda, T.Funato, M.Ikemoto, T.Nanmoku, Y.Urasaki, Y.Iwatani
    J Clin Lab Anal. 29(1) 61-67 2015年01月 査読有り
  • Controlling serum uric acid using febuxostat in cancer patients at risk of tumor lysis syndrome
    Takai M, Yamauchi T, Fujita K, Lee S, Ookura M, Kishi S, Urasaki Y, Yoshida A, Iwasaki H, Ueda T
    Oncol Lett 8(4) 1523-1527 2014年01月 査読有り
  • The response to induction therapy is crucial for the treatment outcomes of elderly patients with acute myeloid leukemia: single-institution experience
    Tasaki T, Yamauchi T, Matsuda Y, Takai M, Ookura M, Lee S, Tai K, Ikegaya S, Kishi S, Yoshida A, Urasaki Y, Iwasaki H, Ueda T
    Anticancer Res 34 5631-5636 2014年01月 査読有り
  • A high serum uric acid level is associated with poor prognosis in patients with acute myeloid leukemia
    Yamauchi T, Negoro E, Lee S, Takai M, Takagi K, Matsuda Y, Kishi S, Tai K, Hosono N, Tasaki T, Ikegaya S, Inai K, Yoshida A, Urasaki Y, Iwasaki H, Ueda T
    Anticancer Res 33(9) 3947-3951. 2013年09月 査読有り
  • Detectable Wilms’ tumor-1 transcription at treatment completion is associated with poor prognosis of acute myeloid leukemia: A single institution’s experience
    Yamauchi T, Negoro E, Lee S, Takai M, Matsuda Y, Takagi K, Kishi S, Tai K, Hosono N, Tasakai T, Ikegaya S, Yoshida A, Urasaki Y, Iwasaki H, Ueda T
    Anticancer Res 33(8) 3335-3340 2013年08月 査読有り
  • Utility of PCR amplification and DNA microarray hybridization of 16S rDNA for rapid diagnosis of bacteremia associated with hematological diseases
    Negoro E, Iwasaki H, Tai K, Ikegaya S, Takagi K, Kishi S, Yamauchi T, Yoshida A, Urasaki Y, Shimadzu M, Ueda t
    Int J Infect Dis 17 e271-276 2013年04月 査読有り
  • Early relapse is associated with high serum soluble interleukin-2 receptor after the sixth cycle of R-CHOP chemotherapy in patients with advanced diffuse large B-cell lymphoma
    Yamauchi T, Matuuda Y, Takai M, Tasaki T, Tai K, Hosono N, Negoro E, Ikegaya S, Takagi K, Kishi S, Yoshida A, Urasaki Y, Iwasaki H, Ueda T
    Anticancer Res 32(11) 5051-5057 2012年11月 査読有り
  • Induction of DNA strand breaks is critical to predict the cytotoxicity of gemtuzumab ozogamicin against leukemic cells
    Yamauchi T, Matsuda Y, Tasaki T, Negoro E, Ikegaya S, Takagi K, Yoshida A, Urasaki Y, Ueda T
    Cancer Sci 103(9) 1722-1729 2012年09月 査読有り
  • 血液疾患に合併した発熱性好中球減少症に対するmeropenem 1g1日3回投与の臨床的有用性
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 李 心, 高井 美穂子, 細野 奈穂子, 岸 愼治, 山内 高弘, 吉田 明, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    日本化学療法学会雑誌 60(5) 549-552 2012年09月 査読有り
  • A Randomized Comparison of Modified Intermediate-dose Ara-C versus High-dose Ara-C in Past-remission Therapy for Acute Myeloid Leukemia
    T.Fukushima, Y.Urasaki, M.Yamaguchi, M.Ueda, K.Morinaga, T.Haba, T.Sugiyama, S.Nakao, H.Origasa, H.Umihara, T.Ueda
    Anticancer Res 32(2) 643-648 2012年04月 査読有り
  • Marked upregulation of Survivin and Aurora-B kinase are associated with disease progression in the myelodysplastic syndromes
    Yoshida A, Zokumasu K, Wano Y, Yamauchi T, Imamura S, Takagi K, Kishi S, Urasaki Y, Tohyama K, Ueda T
    Haematologica 3/16/2012/EPUB(11) 111-123 2012年03月 査読有り
  • A Randomized Comparison of Modified Intermediate-dose Ara-C versus High-dose Ara-C in Post-remission Therapy for Acute Myeloid Leukemia
    T.Fukushima, Y.Urasaki, M.Yamaguchi, M.Ueda, K.Morinaga, T.Haba, T.Sugiyama, S.Nakao, H.Origasa, H.Umehara, T.Ueda
    Anticancer Research 32(2) 643-347 2012年02月 査読有り
  • Wilms' tumor-1 transcript in peripheral blood helps diagnose acute myeloid leukemia and myelodysplastic syndrome in patients with pancytopenia
    Yamauchi T, Matsuda Y, Takai M, Tasaki T, Hosono N, Negoro E, Ikegaya S, Takagi K, Kishi S, Yoshida A, Urasaki Y, Ueda T
    Anticancer Res. 32(10) 4479-4483 2012年01月 査読有り
  • 電子カルテによる単一施設における患者単位でみた輸血副作用発生状況
    浦崎 芳正, 小林 洋子, 海老田 ゆみえ, 田中 佐知子, 芦田 澄江, 根来 英樹, 上田 孝典
    日本輸血細胞治療学会誌 57(5) 393-397 2011年09月 査読有り
  • Clinical utility of the neutrophil distributin pattern obtained using the CELL-DYN SAPPHIRE hematology analyzer for the diagnosis of myelodysplastic syndrome
    T.Inaba, Y.Yuki, S.Yuasa, N.Fujita, K.Yoshitomi, T.Kamisako, K.Torii, T.Okada, Y.Urasaki, T.Ueda, K.Tohyama
    Int J Hematol 94 169-177 2011年07月 査読有り
  • Characterization of cytarabine-resistant leukemic cell lines established from five different blood cell lineages using gene expression and proteomic analyses
    E.Negoro, T.Yamauchi, Y.Urasaki, R.Nishi, H.Hori, T.Ueda
    Int J Oncol 398(4) 911-919 2011年02月 査読有り
  • Glutathione S-transferase M1 inhibits dexamethasone-induced apoptosis in association with the suppression of Bim through dual mechanisms in a lymphoblastic leukemia cell line
    N.Hosono, S.Kishi, S.Iho, Y.Urasaki, A.Yoshida, H.Kurooka, Y.Yokota, T.Ueda
    Cancer Sci. 101(3) 767-773 2010年03月 査読有り
  • 【新薬展望2010】 治療における最近の新薬の位置付け<薬効別> 新薬の広場 血液腫瘍治療薬(解説/特集)
    浦崎 芳正, 上田 孝典
    医薬ジャーナル 46(S-1) 391-394 2010年01月 査読無し
  • Intracellular cytarabine triphosphate production correlates to deoxycytidine kinase / cytosolic 5’-nucleotidase II expression ratio in primary acute myeloid leukemia cells
    T.Yamauchi, E.Negoro E, S.Kishi, K.Takagi, A.Yoshida, Y.Urasaki, H.Iwasaki, T.Ueda
    Biochem. Pharmacol 77(i12) 1780-1786 2009年06月 査読有り
  • 北陸造血器腫瘍研究会における多施設共同研究の実績
    浦崎 芳正
    臨床血液 49(7) 469-472 2008年07月 査読無し
  • 造血器腫瘍の化学療法
    浦崎 芳正, 上田 孝典
    外科治療 98 763-770 2008年04月 査読無し
  • 原発性アミロイドーシスに対する自己末梢血幹細胞移植併用melphalan大量療法
    河合 泰一, 酒巻 一平, 根来 英樹, 大槻 希美, 森永 浩次, 木下 圭一, 細野 奈穂子, 岸 愼治, 山内 高弘, 浦崎 芳正, 吉田 明, 岩崎 博道, 津谷 寛, 上田 孝典
    日本輸血細胞治療学会誌 54(4) 497-502 2008年04月 査読有り
  • Combined low-dose cytarabine, melphalan and mitoxantrone for older patients with acute myeloid leukemia or high-risk myelodysplastic syndrome
    T.Yamauchi, E.Negoro, H.Arai, S.Ikegaya, K.Takagi, H.Takemura, K.Inai, A.Yoshida, Y.Urasaki, H.Iwasaki, T.Ueda
    Anticancer Res 27(4C) 2635-2639 2007年07月 査読有り
  • Fludarabine-mediated circumvention of cytarabine resistance is associated with fludarabine triphosphate accumulation in cytarabine-resistant leukemic cells
    S, Yamamoto, T.Yamauchi, Y.Kawai, H.Takemura, S.Kishi, A.Yoshida, Y.Urasaki, H.Iwasaki, T.Ueda
    Int J Hematol 85(2) 108-115 2007年02月 査読有り
  • Establishment of an arsenic trioxide-resistant human leukemia cell line that shows multidrug resistance
    Seo T, Urasaki Y, Ueda T.
    Int J Hematol. 85(1) 26-31 2007年01月 査読有り
  • INNO-406, a novel BCR-ABL/Lyn dual tyrosine kinase inhibitor, suppresses the growth of Ph+ leukemia cells in the central nervous system, and cyclosporine A augments its in vivo activity
    Yokota A, Kimura S, Masuda S, Ashihara E, Kuroda J, Sato K, Kamitsuji Y, Kawata E, Deguchi Y, Usasaki Y, Terui Y, Ruthardt M, Ueda T, Hatake K, Inui K, Maekawa T
    Blood 109(1) 306-14 2007年01月 査読有り
  • Collaborative action of NF-kB and p38 MAPK is involved in CpG DNA-induced IFN-a/b and chemokine production in human plasmacytoid dendritic cells
    Y,Osawa, S.Iho, R,Takauji, H.Takatsuka, S,Yamamoto, T,Takahashi, S,Horiguchi, Y.Urasaki, T,Matsuki,, S.Fujieda
    J. Immunol. 177(7) 4841-4852 2006年01月 査読有り
  • Arsenic trioxide circumvents multidrug resistance based on different mechanisms in human leukemia cell lines
    Seo, T., Urasaki, Y., Takemura, H., Ueda, T.
    Anticancer Res 25(2A) 991-998 2005年03月 査読有り
  • Erythromycin differentially inhibits LPS- or poly (I:C)-induced but not peptidoglycan-induced activation of human monocyte-derived dendritic cells
    Y.Yasutomi, Y.Ohshima, N.Omata, A.Yamada, H.Iwasaki, Y.Urasaki, M.Mayumi
    J Immunol 175(12) 8069?8076 2005年 査読有り
  • Apoptotic topoisomerase I-DNA complexes induced by staurosporine-mediated oxygen radicals
    Sordet, O., Khan, Q.A., Plo, I., Pourquier, P., Urasaki, Y., Yoshida, A., Antony, S., Kohlhagen, G., Solary, E., Saparbaev, +M., Laval, J., Pommier, Y.
    J Biol Chem 279(48) 50499-50504 2004年11月 査読有り
  • Apoptotic topoisomerase I-DNA complexes induced by staurosporine-mediated oxygen radicals
    Sordet, O., Khan, Q.A., Plo, I., Pourquier, P., Urasaki, Y., Yoshida, A., Antony, S., Kohlhagen, G., Solary, E., Saparbaev, +M., Laval, J., Pommier, Y.
    J Biol Chem 279(48) 50499-50504 2004年05月 査読有り
  • 血液疾患におけるFebrile neutropeniaに対する抗菌剤のサイクリング療法
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 木下 圭一, 浦崎 芳正, 津谷 寛, 上田 孝典
    日本感染症学会雑誌 78(3) 241-247 2004年04月 査読有り
  • 血液疾患におけるFebrile neutropeniaに対する抗菌剤のサイクリング療法
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 木下 圭一, 浦崎 芳正, 津谷 寛, 上田 孝典
    感染症学雑誌 78(3) 241-247 2004年03月 査読有り
  • 慢性骨髄性白血病細胞株K562におけるimatinib mesylate(STI571,Gleevec)耐性株の樹立およびその耐性機序
    森永 浩次, 山内 高弘, 岩崎 博道, 吉田 明, 浦崎 芳正, 河合 泰一, 岸 愼治, 木下 圭一, 山本 秀二, 荒井 肇, 根来 英樹, 稲井 邦博, 上田 孝典
    Jpn J Clin Pharmacol Ther 35(1) 99s 2004年01月 査読有り
  • Permissive Apoptosis-Resistance (PAR): A two-step model for development of resistance to anticancer drugs
    Reinhold, W. C., Kouros-Mehr, H., Kohn, K. W., Maunakea A. K., Lababidi, S., Roschke, A., Stover, K., Alexander, J., Pantazis, P., Miller, L., Liu, E., Kirsch, I. R., Y.Urasaki, Pommier, Y., Weinstein, J. N.
    CCR Frontiers in Science 2 42039 2003年09月 査読無し
  • The third-generation bisphosphonate zoledronate synergistically augments the anti-Ph+ leukemia activity of imatinib mesylate
    Kuroda, J., Kimura, S., Segawa, H., Kobayashi, Y., Yoshikawa, T., Y.Urasaki, T.Ueda, Enjo, F., Tokuda, H., Ottmann, O.G., Maekawa, T.
    Blood 102(6) 2229-2235 2003年09月 査読有り
  • Human apurinic/apyrimidinic endonuclease (Ape1) and its N-terminal truncated form (AN34) are involved in DNA fragmentation during apoptosis
    A.Yoshida, Y.Urasaki, Waltham, M., Bergman, A., Pourquier, P., Rothwell, D. G., M. Inuzuka, Weinstein, J. N., T.Ueda, Appela,E., Hickson, I. D., Pommier, Y.
    J. Biol. Chem. 278(39) 37768-37779, 2003年09月 査読有り
  • Apoptotic susceptibility of cancer cells selected for camptothecin resistance:Gene expression profiling, functional analysis, and molecular interaction mapping
    Reinhold, W. C., Kouros-Mehr, H., Kohn, K. W., Maunakea, A. K., Lababidi, S., Roschke, A., Stover, K., Alexander, J., Pantazis, P., Miller, L., Liu, E., Kirsch, I. R., Urasaki, Y., Pommier, Y., Weinstein J. N.
    Cancer Res 63(5) 1000-1011 2003年03月 査読有り
  • Close correlation of 1-beta-D-arabinofuranosylcytosine 5'-triphosphate, an intracellular active metabolite, to the therapeutic efficacy of N4-behenoyl-1-beta-D-arabinofuranosylcytosine therapy for acute myelogenous leukemia
    Yamauchi T, Kawai Y, Gotoh N, Kishi S, Imamura S, Yoshida A, Urasaki Y, Fukushima T, Iwasaki H, Tsutani H, Masada M, Ueda T
    Cancer Sci 92 975-982 2001年 査読無し
  • Monitoring of intracellular 1-beta-D-arabinofuranosylcytosine 5'-triphosphate in 1-beta-D-arabinofuranosylcytosine therapy at low- and conventional- doses
    Yamauchi T, Kawai Y, Gotoh N, Kishi S, Imamura S, Yoshida A, Urasaki Y, Fukushima T, Iwasaki H, Tsutani H, Masada M, Ueda T
    Cancer Sci 92 546-553 2001年 査読有り
  • Multidrug resistance due to impaired DNA cleavage in a VP-16 -resistant human leukemia cell line
    T.Fukushima, H.Takemura, T.Yamashita, T.Ishisaka, K.Inai, S.Imamura, Y.Urasaki, T.Ueda
    Anticancer Res 19(6B) 5111 -5116 1999年11月 査読有り
  • Effect of PSC 833 on the cytotoxicity of idarubicin and idarubicinol in multidrug-resistant K562 cells
    Fukushima T, Yamashita T, Yoshio N, Misaki H, Yamauchi T, Imamura S, Urasaki Y, Ueda T
    Leukemia Res 23 37-42 1999年01月 査読有り
  • Idarubicin and idarubicinol are less affected by topoisomerase II-related multidrug resistance than is daunorubicin
    T.Fukushima, H.Inoue, H.Takemura, S.Kishi, T.Yamauchi, K.Inai, T.Nakayama, S.Imamura, Y.Urasaki, T.Nakamura, T.Ueda
    Leukemia Res 22(7) 625-629 1998年07月 査読有り
  • Superior cytotoxic potency of mitoxantrone in interaction with DNA: comparison with that of daunorubicin
    Fukushima T, Kawai Y, Nakayama T, Yamauchi T, Yoshida A, Urasaki Y, Imamura S, Kamiya K, Tsutani H, Ueda T, Nakamura T
    Oncol Res 8 95-100 1996年 査読有り
  • 急性骨髄性白血病細胞におけるFas抗原の発現・アポトーシスと顆粒球コロニー刺激因子(rhG-CSF)の効果
    和野 雅治, 中山 俊, 今村 信, 浦崎 芳正, 河合 泰一, 稲井 邦博, 上田 孝典, 中村 徹
    Biotherapy 9(3) 327-328 1995年03月 査読有り
  • 造血器疾患における深在性Candida感染症の血中Candida抗原検出による診断および治療効果判定
    岩崎 博道, 上田 孝典, 中山 俊, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 河合 泰一, 津谷 寛, 山下 政宣, 中村 徹
    Biotherapy 7(3) 531-536 1993年03月 査読有り
  • Evaluation of staging and early response to chemotherapy with whole-body diffusion-weighted magnetic resonance imaging in malignant lymphoma patients: A comparison with FDG-PET/CT
    Tsuji K, Kishi S, Tsuchida T, Yamauchi T, Ikegaya S, Urasaki Y, Fujiwara Y, Ueda T, Okazawa H, Kimura H
    Journal of Magnetic Resonance Imaging 41(6) 1601-1607 2015年06月 査読有り
  • Controlling serum uric acid using febuxostat in cancer patients at risk of tumor lysis syndrome
    Takai, Mihoko;Yamauchi, Takahiro;Fujita, Kei;Lee, Shin;Ookura, Miyuki;Kishi, Shinji;Urasaki, Yoshimasa;Yoshida, Akira;Iwasaki, Hiromichi;Ueda, Takanori
    ONCOLOGY LETTERS 8(4) 1523-1527 2014年
  • The Response to Induction Therapy Is Crucial for the Treatment Outcomes of Elderly Patients with Acute Myeloid Leukemia: Single-institution Experience
    Tasaki, Toshiki;Yamauchi, Takahiro;Matsuda, Yasufumi;Takai, Mihoko;Ookura, Miyuki;Lee, Shin;Tai, Katsunori;Ikegaya, Satoshi;Kishi, Shinji;Yoshida, Akira;Urasaki, Yoshimasa;Iwasaki, Hiromichi;Ueda, Takanori
    ANTICANCER RESEARCH 34(10) 5631-5636 2014年
  • Clinical Usefulness of the PAXgene(TM) Bone Marrow RNA System for Stabilizing Total RNA
    Takeda, Mayu;Funato, Tadao;Ikemoto, Masaki;Nanmoku, Toru;Urasaki, Yoshimasa;Iwatani, Yoshinori
    JOURNAL OF CLINICAL LABORATORY ANALYSIS 29(1) 61-67 2015年01月 査読有り
  • Reduced administration of rasburicase for tumor lysis syndrome: A single-institution experience
    Takai, Mihoko;Yamauchi, Takahiro;Matsuda, Yasufumi;Tai, Katsunori;Ikegaya, Satoshi;Kishi, Shinji;Urasaki, Yoshimasa;Yoshida, Akira;Iwasaki, Hiromichi;Ueda, Takanori
    ONCOLOGY LETTERS 9(5) 2119-2125 2015年05月 査読有り
    T.Yamauchi
  • R-CHOP療法が有効であった寒冷凝集素症に合併したB細胞リンパ腫
    大岩 加奈;岸 愼治;海老田 ゆみえ;松田 安史;田居 克規;浦崎 芳正;大越 忠和;今村 好章;山内 高弘
    日本輸血細胞治療学会誌 63(4) 607-613 2017年

    症例は55歳,男性.15年前の冬季にRaynaud症状を認め,寒冷凝集素症(Cold agglutinin disease,CAD)と診断されたが,症状は軽度のため無治療で経過観察されていた.感冒様症状の後2週間持続する息切れを主訴に前医を受診し,溶血性貧血と黄疸,脾腫を認め紹介となった.血液検査では高度の溶血性貧血,寒冷凝集素と可溶性インターロイキン2受容体の高値を認めた.CTで脾腫を認め,FDG-PETでは脾臓と骨髄に集積亢進を認めた.骨髄は過形成でCD20+,CD5+,CD10-,κ鎖+,bcl-2+の異常細胞を約60%に認めた.以上から,CADによる溶血性貧血を合併したB細胞リンパ腫と診断した.輸血加温システムを用いて赤血球輸血を行い,化学療法(R-CHOP療法)により脾臓縮小と溶血改善が得られ,現在rituximab単剤で維持療法を継続している.CADは特発性と続発性に分類され,いずれも稀ではあるが悪性リンパ腫合併の報告がある.rituximabを含む化学療法が有効とする報告がある一方,CAD合併悪性リンパ腫例には多剤併用化学療法も不応とする報告もあり更なる症例の蓄積を要する.

著書

  • アトラス対応血液病学 ケーススタデイ124例
    浦崎 芳正, 上田 孝典
    執筆、編集
    Ⅱ白血球系疾患 1.好中球減少症 ①無顆粒球症
    医薬ジャーナル社 2001年12月
    4-7532-1929-1
  • ダイナミックメディシン3
    上田 孝典, 浦崎 芳正
    執筆、編集
    急性骨髄性白血病
    西村書店 2003年07月
  • Arsenic trioxide circumvents multidrug resistance based on different mechanisms in human leukemia cell lines. Anticancer Res
    Seo, T., Urasaki, Y., Takemura, H., Ueda, T.
     2005年03月
  • 日本臨床増刊号 造血器腫瘍
    上田 孝典, 浦崎 芳正
    執筆、編集
    造血器腫瘍の化学療法:概論
    日本臨床社 2007年01月

講演・口頭発表等

  • 血液型判定に苦慮した1症例
    坂井 晴香、大嶋 祐喜、海老田 ゆみえ、増永 志穂、大岩 加奈、松田 安史、山内 高弘、浦崎 芳正
    第67回日本輸血・細胞治療学会学術総会 2019年05月
  • 耐性白血病細胞に対する新規有機ヒ素化合物darinaparsinの抗腫瘍効果
    浦崎 芳正, 細野 奈穂子, 根来 英樹, 大蔵 美幸, 森田 美穂子, 大岩 加奈, 松田 安史, 多崎 俊樹, 田居 克規, 山内 高弘, 上田 孝典
    第79回日本血液学会学術集会 2017年10月
  • 当院におけるpoor mobilizersに対するplerixaforの使用と採取レジメンの検討
    松田 安史、坂井 晴香、増永 志穂、海老田 ゆみえ、大岩 加奈、李 心、大藏 美幸、多崎 俊樹、細野 奈穂子、浦崎 芳正、山内 高弘
    第80回日本血液学会学術集会 2018年10月
  • Darinaparsinと他のT細胞性リンパ腫に使われる抗がん薬との併用効果の検討
    根来 英樹、浦崎 芳正、大岩 加奈、藤田 慧、大藏 美幸、松田 安史、多崎 俊樹、田居 克規、細野 奈穂子、上田 孝典、山内 高弘
    第80回日本血液学会学術集会 2018年10月
  • 血液型判定に苦慮した1症例
    坂井 晴香、大嶋 祐喜、海老田 ゆみえ、増永 志穂、大岩 加奈、松田 安史、山内 高弘、浦崎 芳正
    第36回日本輸血・細胞治療学会北陸支部例会 2018年11月
  • 当院における緊急輸血への新しい対応と今後の課題
    海老田 ゆみえ、大嶋 祐喜、坂井 晴香、増永 志穂、大岩 加奈、松田 安史、山内 高弘、浦崎 芳正
    第36回日本輸血・細胞治療学会北陸支部例会 2018年11月
  • 高齢者急性骨髄性白血病における寛解導入療法の強度が予後に及ぼす影響についての検討
    藤田 慧, 細野 奈穂子, 大岩 加奈, 伊藤 和広, 李 心, 多崎 俊樹, 森田 美穂子, 大蔵 美幸, 根来 英樹, 松田 安史, 田居 克規, 浦崎 芳正, 上田 孝典, 山内 高弘
    第55回日本癌治療学会学術集会 2017年10月
  • 再発・難治性非ホジキンリンパ腫患者に対するplerixaforの使用経験について
    松田 安史、坂井 晴香、海老田 ゆみえ、増永 志穂、小林 洋子、大岩 加奈、李 心、大蔵 美幸、浦崎 芳正、山内 高弘 
    第35回日本輸血・細胞治療学会北陸支部例会 2017年11月
  • 肺胞蛋白症をきたした骨髄異形成症候群の1例
    松田 安史、辻 慶明、垣鍔 陽央、佐藤 譲之、早稲田 優子、安斎 正樹、田居 克規、細野 奈穂子、石塚 全、浦崎 芳正、山内高弘
    第234回日本内科学会北陸地方会 2018年03月
  • RhD陰性患者へのRhD陽性赤血球輸血を経験して~RhD陰性患者緊急輸血シミュレーションに向けての取り組み~
    増永 志穂, 海老田 ゆみえ, 坂井 晴香, 大岩 加奈, 松田 安史, 山内 高弘, 浦崎 芳正
    第66回日本輸血・細胞治療学会総会 2018年05月
  • RhD陰性患者へのRhD陽性赤血球輸血を経験して
    増永 志穂, 小林 洋子, 海老田 ゆみえ, 坂井 晴香, 大岩 加奈, 松田 安史, 山内 高弘, 浦崎 芳正
    第35回日本輸血・細胞治療学会北陸支部例会 2017年11月
  • 輸血製剤の投与中に輸液ルート内にひも状構造物を認めた一症例
    松田 安史, 坂井 晴香, 増永 志穂, 海老田 ゆみえ, 小林 洋子, 山内 高弘, 大岩 加奈, 大藏 美幸, 森田 美穂子, 浦崎 芳正, 岩崎 博道, 鈴木 孝二, 松原 美紀, 豊岡 重剛
    第65回日本輸血・細胞治療学会 総会 2017年06月
  • HBV活性化後血小板減少をきたした慢性リンパ性白血病
    大槻 希美、 津谷 寛、 浦崎 芳正
    第36回日本血液学会北陸地方会 2018年07月
  • 当院輸血部におけるアルブミン製剤一元管理後の使用状況
    海老田 ゆみえ、坂井 晴香、増永 志穂、小林 洋子、大岩 可奈、松田 安史、浦崎 芳正、岩崎 博道、山内 高弘
    第65回日本輸血・細胞治療学会総会 2017年06月 選考有り
  • 本院における自己血患者選択の実際
    浦崎 芳正
    第 70 回日本自己血輸血学会教育セミナー 2016年02月 選考有り
  • 高度の寒冷凝集素症を合併した非Hodgkinリンパ腫
    大岩 加奈, 岸 愼治, 大藏 美幸, 松田 安史, 浦崎 芳正, 山内 高弘
    第64回日本輸血・細胞治療学会総会 2016年04月 選考有り
  • 不規則抗体検査酵素法の検討~フィシン2段法のみ陽性抗E保有患者の輸血後追跡検査から~
    海老田 ゆみえ, 浦崎 芳正, 小林 洋子, 田中 佐知子, 増永 志穂, 岸 慎治, 岩崎 博道
    第64回日本輸血・細胞治療学会総会 2016年04月 選考有り
  • 二次免疫応答による遅延性副作用を疑った症例
    増永 志穂, 浦崎 芳正, 小林 洋子, 海老田 ゆみえ, 岩崎 博道
    第 33 回日本輸血・細胞治療学会北陸支部例会 2015年11月 選考有り
  • T cell rich B cell lymphomaの長期寛解後ホジキンリンパ腫を発症した1例
    大槻 希美, 津谷 寛, 浦﨑 芳正
    第33回日本血液学会北陸地方会 2015年07月 選考有り
  • 当院における血液製剤廃棄血削減への取り組みについて
    小林 洋子, 浦崎 芳正, 海老田 ゆみえ, 田中 佐知子, 増永 志穂, 岸 愼治, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第63回日本細胞・輸血治療学会総会 2015年05月 選考有り
  • 少量ベンダムスチン投与が奏功した原発性マクログロブリン血症の2例
    新家 裕朗, 酒巻 一平, 岸 愼治, 伊藤 和広, 大蔵 美幸, 多崎 俊樹, 森田 美穂子, 田居 克規, 池ヶ谷 諭史, 山内 高弘, 浦崎 芳正, 吉田 明, 上田 孝典
    トレアキシン Meet The Expert 2015年02月 選考無し エーザイ株式会社
  • 妊娠合併特発性血小板減少性紫斑病の一例
    新家 裕朗, 浦崎 芳正, 岸 愼治, 上田 孝典, 井上 大輔, 玉村 千代, 髙橋 仁, 西島 浩二, 吉田 好雄
    若手血液内科医セミナー 2015年02月 選考有り 大日本住友製薬
  • 関節リウマチ患者においてFDG-PETでリンパ腫様の所見を呈した2例
    都司 和伸, 土田 龍郎, 小坂 信之, 木村 浩彦, 浦崎 芳正, 上田 孝典, 西川 雄大, 岩野 正之
    日本核医学会第80回中部地方会 2015年01月 選考無し 0
  • 輸血関連急性肺障害を合併した急性骨髄性白血病の一例
    大蔵 美幸, 田居 克規, 岸 愼治, 山内 高弘, 浦崎 芳正, 吉田 明, 上田 孝典
    第32回 日本輸血・細胞治療学会北陸支部例会 2014年11月 選考有り 0
  • Characteristics and outcomes of septicemia in hematological patients
    Satoshi Ikegaya, Mihoko Takai, Miyuki Okura, Katsunori Tai, I.Sakamaki, Shinji Kishi, T.Yamauchi, Y.Urasaki, Yoshida A, H.Iwasaki, T.Ueda
    第76回日本血液学会学術集会 2014年11月 選考有り 金倉譲
  • Clinical efficacy of doripenem for the treatment of febrile neutropenia in Japanese patients with hematological disease
    I.Sakamaki, Satoshi Ikegaya, M.Takai, M.Ookura, T.Tasaki, K.Tai, Shinji Kishi, T.Yamauchi, Y.Urasaki, Yoshida A, H.Iwasaki, T.Ueda
    第76回日本血液学会学術集会 2014年11月 選考有り 金倉譲
  • Single institute retrospective analysis of febuxostat for management of tumor lysis syndrome with hematological malignancies
    Mihoko Takai, Takahiro Yamauchi, Miyuki Ookura, Hiroaki Araie, Toshiki Tasaki, Yasufumi Matsuda, Katsunori Tai, Satoshi Ikegaya, Shinji Kishi, Akira Yoshida, Yoshimasa Urasaki, Takanori Ueda
    第76回日本血液学会学術集会 2014年11月 選考有り 金倉譲
  • 当院の緊急0型赤血球製剤輸血の現状
    小林 洋子, 浦崎 芳正, 海老田 ゆみえ, 田中 佐知子, 増永 志穂, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第32回日本輸血・細胞治療学会北陸支部例会 2014年11月 選考有り 0
  • 妊娠合併急性白血病の3症例の検討
    高井美穂子, 大蔵美幸, 新家裕朗, 多崎俊樹, 田居克規, 池ヶ谷諭史, 酒巻一平, 岸慎治, 山内 高弘, 浦崎芳正, 吉田明, 上田孝典
    第32回日本血液学会北陸地方会 2014年07月 選考有り 0
  • 心臓原発悪性リンパ腫の一例
    新家 裕朗, 大蔵 美幸, 多崎 俊樹, 高井 美穂子, 田居 克規, 池ヶ谷 諭史, 酒巻 一平, 岸 愼治, 山内 高弘, 浦崎 芳正, 吉田 明, 上田 孝典, 山口 順也, 池田 裕之, 天谷 直貴, 宇隨 弘泰, 夛田 浩
    第7回 Next Hematologists Forum 2014年06月 選考無し 0
  • 巨脾を認めたMTX関連リンパ増殖性疾患の1例
    大蔵 美幸, 浦崎 芳正, 岸 愼治, 山内 高弘, 吉田 明, 上田 孝典
    第222回日本内科学会北陸地方会 2014年03月 選考有り 0
  • The combination effect of the pain inhibitory peptide and TKI in leukemia cell line
    Y.Urasaki, M.Hirose, T.Yamauchi, S.Kishi, K.Tai, Y.Matsuda, A.Yoshida, T.Ueda
    第76回日本血液学会学術集会 2014年01月 選考有り 0
  • Non-Hodgkin's lymphoma in elderly patients older than 80 years
    Hiroaki Araie, Shinji Kishi, Y.Urasaki, Yoshida A, Katsunori Tai, I.Sakamaki, Satoshi Ikegaya, T.Yamauchi, T.Ueda
    第76回日本血液学会学術集会 2014年01月 選考有り 金倉譲
  • BMTドナーの自家輸血におけるhemoglobin値の推定
    Yoshimasa Urasaki, Katsunori Tai, Eiju Negoro, Naoko Hosono, Yasufumi Matsuda, Mihoko Morita, Toshiki Tasaki, Miyuki Ookura, Kazuhiro Ito, Hiroaki Araie, Shinji Kishi, Takahiro Yamauchi, Takanori Ueda, Hiromichi Iwasaki
    第77回日本血液学会学術集会 2015年10月 選考有り
  • 抗真菌剤が高サイトカイン状態に与える影響
    木下 圭一, 岩崎 博道, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第48回日本感染症学会中日本地方会総会 2005年11月 選考有り
  • 輸血後C型肝炎が疑われたが、輸血との因果関係が証明できなかった症例を経験して
    小林 洋子, 杉本 英弘, 高澤 ゆみえ, 田中 佐知子, 飯田 敦, 浦崎 芳正, 田中 國義
    第23回日本輸血学会北陸支部総会 2005年11月 選考無し
  • イマチニブ600mgを使用し分子遺伝学的寛解に到達したインターフェロン不応性慢性骨髄性白血病
    山内 高弘, 浦崎 芳正, 河合 泰一, 岸 愼治, 吉田 明, 武村 晴行, 岩崎 博道, 上田 孝典, 今村 信
    CML研究会 2005年11月 選考無し
  • 急性白血病患者に合併したfebrile neutropeniaに関連する血中IL-12値の変動
    岩崎 博道, 木下 圭一, 浦崎 芳正, 羽場 利博, 吉尾 伸之, 福島 俊洋, 上田 孝典, 中村 徹
    第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会合同総会 2005年09月 選考有り
  • Topoisomerase Ⅰと亜ヒ酸耐性および感受性機序についての検討
    浦崎 芳正, 上田 孝典
    第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会合同総会 2005年09月 選考有り
  • Ara-C耐性造血器悪性腫瘍細胞株の樹立と交叉耐性の検討
    根来 英樹, 浦崎 芳正, 岸 愼治, 山内 高弘, 河合 泰一, 武村 晴行, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会・合同総会 2005年09月 選考有り
  • 血液内科病棟で分離されたCandida菌種の経年的変化
    木下 圭一, 岩崎 博道, 山下 政宣, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第9回福井日和見感染症研究会 2005年06月 選考無し
  • 血液疾患に合併した敗血症におけるマイクロアレイを用いた遺伝子診断の有用性
    根来 英樹, 岩崎 博道, 細野 奈穂子, 木下 圭一, 高木 和貴, 武村 晴行, 山内 高弘, 河合 泰一, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 山下 政宣, 島津 光伸, 上田 孝典
    第53回日本化学療法学会総会 2005年05月 選考有り
  • 急性白血病患者のfebrile neutropeniaに認める血中IL-12値の変動
    岩崎 博道, 木下 圭一, 稲井 邦博, 高木 和貴, 浦崎 芳正, 吉尾 伸之, 中村 徹, 上田 孝典
    第79回日本感染症学会総会 2005年04月 選考有り
  • 血液内科入院中の好中球減少期患者に認めたα-Strptococcus (Streptococcus viridans group)による敗血症
    木下 圭一, 岩崎 博道, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第102回日本内科学会講演会 2005年04月 選考有り
  • 抗真菌剤micafunginによる単球系細胞のTNF-α産生修飾
    木下 圭一, 岩崎 博道, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第79回日本感染症学会総会 2005年04月 選考有り
  • 抗血小板抗体スクリーニング検査と陽性例について
    高澤 ゆみえ, 浦崎 芳正, 小林 洋子, 田中 佐知子, 田中 國義
    第44回日本臨床検査医学会東海・北陸支部総会 2005年03月
  • シタラビンによるDNA修復阻害とシタラビン, メルファラン, ミトキサントロン3剤併用少量療法の効果
    山内 高弘, 岩崎 博道, 吉田 明, 河合 泰一, 岸 慎治, 武村 晴行, 稲井 邦博, 高木 和貴, 根来 英樹, 荒井 肇, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会合同開催 2004年09月
  • 亜砒酸による多剤耐性白血病細胞における耐性克服
    瀬尾 珠美, 浦崎 芳正, 武村 晴行, 山本 秀二, 上田 孝典
    第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会 2004年09月 選考有り
  • Camptothecin耐性細胞における亜砒酸耐性機序
    浦崎 芳正, 瀬尾 珠美, 根来 英樹, 上田 孝典
    第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会 2004年09月 選考有り
  • 急性白血病患者のfebrile neutropeniaに認める血中サイトカイン値の変動
    岩崎 博道, 木下 圭一, 浦崎 芳正, 羽場 利博, 吉尾 伸之, 福島 俊洋, 広瀬 優子, 上田 孝典, 中村 徹
    第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会 2004年09月 選考有り
  • 活性化正常リンパ球におけるカンプトテシンによるDNA鎖切断と殺細胞効果の増強
    山内 高弘, 吉田 明, 浦崎 芳正, 武村 晴行, 上田 孝典
    第63回日本癌学会学術総会 2004年09月 選考有り
  • イマチニブ耐性慢性骨髄性白血病細胞株の樹立およびSrcキナーゼインヒビターによる耐性克服の試み
    森永 浩次, 山内 高弘, 河合 泰一, 浦崎 芳正, 岩崎 博道, 吉田 明, 上田 孝典
    第63回日本癌学会学術総会 2004年09月 選考有り
  • 血液疾患に併発した敗血症起炎菌のマイクロアレイを用いた遺伝子診断
    根来 英樹, 岩崎 博道, 荒井 肇, 木下 圭一, 高木 和貴, 武村 晴行, 岸 愼治, 山内 高弘, 河合 泰一, 吉田 明, 上田 孝典, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 山下 政宣, 島津 光伸
    第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会同時期開催. 血液感染症の診断と治療 2004年09月 選考有り
  • 全国国立大学附属病院輸血部会議 副作用登録委員会報告 -輸血関連急性肺障害(TRALI)について
    藤井 康彦, 浅井 隆善, 下平 滋隆, 浦崎 芳正, 布施 一郎, 田嶋 克史, 佐久川 廣, 大塚 節子, 高松 純樹
    第66回日本血液学会総会、第46回日本臨床血液学会総会 2004年09月
  • 輸血の話題
    浦崎 芳正
    福井県内科臨床懇話会 特別講演会 2004年08月
  • ATRAによる寛解導入療法施行中に房室ブロックを生じた急性前骨髄球性白血病の一例
    荒井 肇, 山内 高弘, 多賀 雅浩, 岩崎 博道, 浦崎 芳正, 吉田 明, 河合 泰一, 岸 愼治, 稲井 邦博, 武村 晴行, 上田 孝典
    第22回日本血液学会北陸地方会 2004年07月 選考有り
  • 二系統の血球減少に引き続き、末梢血中に空胞を有する細胞が出現した原発性胆汁性肝硬変の一例
    田居 克規, 岸 愼治, 河合 泰一, 山内 高弘, 武村 晴行, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 大野 克
    第416回福井県内科臨床懇話会 2004年07月 選考無し
  • 当院での抗血小板抗体スクリーニング検査経験
    高澤 ゆみえ, 浦崎 芳正, 小林 洋子, 田中 佐知子, 河合 泰一, 今村 信, 岩崎 博道, 上田 孝典, 田中 國義
    第52回日本輸血学会総会 2004年06月 選考有り
  • インターフェロン不応性となりグリベックを使用した移行期慢性骨髄性白血病の1例
    池田 裕之, 高木 和貴, 山内 高弘, 岩崎 博道, 吉田 明, 河合 泰一, 岸 愼治, 武村 晴行, 上田 孝典, 浦崎 芳正
    第193回日本内科学会北陸地方会 2004年06月 選考有り
  • 原発性胆汁性肝硬変に、Burkitt's Lymphoma白血病化を合併した一例
    田居 克規, 稲井 邦博, 滝本 伸夫, 大野 克, 河合 泰一, 岸 愼治, 山内 高弘, 武村 晴行, 浦崎 芳正, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第38回北陸リンパ増殖性疾患検討会 2004年05月 選考有り
  • 造血器疾患における死戦期の肺炎起因菌の検討
    稲井 邦博, 岩崎 博道, 池ヶ谷 諭史, 山下 政宣, 高木 和貴, 木下 圭一, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第78回日本感染症学会総会 2004年04月 選考有り
  • 抗真菌剤micafunginがサイトカイン産生能に与える影響
    木下 圭一, 岩崎 博道, 山下 政宣, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第78回日本感染症学会総会 2004年04月 選考有り
  • 急性前骨髄球性白血病の分子再発に対する自己末梢血幹細胞移植
    根来 英樹, 河合 泰一, 荒井 肇, 山内 高弘, 岸 愼治, 武村 晴行, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第16回福井造血幹細胞移植研究会 2004年03月 選考無し
  • 剖検摘出肺より検出された死戦期肺炎起因菌の検討
    稲井 邦博, 岩崎 博道, 池ヶ谷 諭史, 山下 政宣, 法木 左近, 高木 和貴, 木下 圭一, 浦崎 芳正, 上田 孝典, 内木 宏延
    第2回北陸感染症研究会 2004年02月 選考有り
  • 血小板輸血による重篤なアナフィラキシー反応を引き起こした一例
    小林 洋子, 岩崎 博道, 高木 和貴, 河合 泰一, 高澤 ゆみえ, 田中 佐知子, 浦崎 芳正, 上田 孝典, 田中 國義
    第22回日本輸血学会北陸支部総会 2004年01月
  • 抗真菌剤が高サイトカイン状態に与える影響
    木下 圭一, 岩崎 博道, 高木 和貴, 上田 孝典, 稲井 邦博, 浦崎 芳正
    第47回日本感染症学会中日本地方会総会 2004年01月 選考有り
  • 慢性骨髄性白血病細胞株K562におけるimatinib mesylate(STI571,Gleevec)耐性株の樹立およびその耐性機序
    森永 浩次, 山内 高弘, 岩崎 博道, 吉田 明, 浦崎 芳正, 河合 泰一, 岸 愼治, 木下 圭一, 山本 秀二, 荒井 肇, 根来 英樹, 稲井 邦博, 上田 孝典
    第24回日本臨床薬理学会年会 2003年12月 選考有り
  • 好中球減少期患者に発症したα-Strepotcoccusによる敗血症
    木下 圭一, 岩崎 博道, 山下 政宣, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 津谷 寛, 上田 孝典
    第46回日本感染症学会中日本地方会総会 2003年11月 選考有り
  • 急性リンパ性白血病治療経過中に発症し、高βーDグルカン値が遷延した難治性多発肝・脾膿瘍の治療経験
    村上 究, 荒井 肇, 山本 秀二, 木下 圭一, 吉田 明, 河合 泰一, 山内 高弘, 岸 愼治, 岩崎 博道, 上田 孝典, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 丸田 みちる, 富士 榮博昭, 津谷 寛
    第191回日本内科学会地方会 2003年09月 選考無し
  • 難治性B細胞性リンパ腫に対するリツキシマブを用いた自家末梢血幹細胞移植併用超大量療法
    荒井 肇, 森永浩治, 根来英樹, 木下圭一, 山本秀二, 山内高弘, 河合泰一, 今村 信, 吉田 明, 浦崎芳正, 津谷 寛, 上田孝典, 岩崎博道, 池ヶ谷諭史, 稲井邦博
    第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会 2003年08月
  • 当科において好中球減少患者に認めたStreptococcus viridans groupによる敗血症
    木下 圭一, 岩崎 博道, 山下 政宣, 池ヶ谷 諭史, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 津谷 寛, 上田 孝典
    第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会 2003年08月
  • 亜砒酸耐性K562/AS-3細胞株の耐性機序の検討
    瀬尾 珠美, 浦崎 芳正, 今村 信, 上田 孝典
    第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会 2003年08月 選考有り
  • Camptothecin耐性細胞における亜ヒ酸の抗腫瘍効果
    浦崎 芳正, 瀬尾 珠美, 森永 浩次, 今村 信, 上田 孝典
    第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会 2003年08月 選考有り
  • 中枢病変を認めた精巣初発NHLの2例
    根来 英樹, 福岡 良友, 荒井 肇, 浦崎 芳正, 酒巻 一平, 石坂 泰三, 今村 信, 河合 泰一, 津谷 寛, 上田 孝典
    第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会同時期開催 2003年08月 選考有り
  • 21年間にわたり多種の免疫抑制療法を施行したpure red cell aplasia
    高木 和貴, 河合 泰一, 木下 圭一, 山内 高弘, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典, 浦崎 芳正, 今村 信, 津谷 寛
    第21回日本血液学会北陸地方会 2003年07月 選考有り
  • The effect of arsenic trioxide on multidrug-resistant? human leukemia cell lines
    T.Seo, Y.Urasaki, H.Takemura, T.Ueda
    32nd Annual Meeting of the International Society for Experimental Hematology 2003年07月 選考有り
  • Febrile neutropeniaに認めるサイトカイン値の変動
    岩崎 博道, 浦崎 芳正, 上田 孝典, 池ヶ谷 諭史, 羽場 利博, 吉尾 伸之, 中村 徹
    第4回日本検査血液学会学術集会 2003年07月 選考有り
  • ? 21年間にわたり多種の免疫抑制療法を施行したpure red cell aplasia
    高木 和貴, 河合 泰一, 木下 圭一, 山内 高弘, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典, 浦崎 芳正, 今村 信, 津谷 寛
    第21回日本血液学会北陸地方会 2003年07月
  • 造血器腫瘍患者の深在性真菌症における血清診断の有用性
    三崎 裕史, 岩崎 博道, 池ヶ谷 諭史, 木下 圭一, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第40回福井癌研究会 2003年07月 選考無し
  • 結節性病変を伴うびまん糸球体硬化の1例
    木村 記代, 大越 忠和, 李 軒, 町口 敏彦, 木村 秀樹, 吉田 治義, 河合 泰一, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第49回中部日本糸球体腎炎談話会 2003年06月
  • Febrile neutropeniaに対する抗生剤のサイクリング療法の成績
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 木下 圭一, 今村 信, 浦崎 芳正, 津谷 寛, 上田 孝典
    第77回日本感染症学会総会 2003年04月 選考有り
  • 精巣,中枢病変を認めたCD5陽性diffuse large cell lymphoma
    根来 英樹, 浦崎 芳正, 井内 里恵, 佐藤 義高, 山内 高弘, 河合 泰一, 吉田 明, 今村 信, 津谷 寛, 上田 孝典, 今村 好章
    第37回リンパ増殖性疾患検討会 2003年03月 選考無し
  • 当院感染症外来において最近経験したジアルジア感染7症例について
    岩崎 博道, 木下圭一, 高田 伸弘, 矢野 泰弘, 池ヶ谷 諭史, 稲井 邦博, 高木 和貴, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第1回北陸感染症研究会 2003年02月 選考無し
  • 輸血部一元管理による貯血式自己血輸血の現状
    岩崎 博道, 浦崎 芳正, 小林 洋子, 上田 孝典
    第21回日本輸血学会北陸支部総会 2003年01月 選考無し
  • 当病院における輸血照合システムの現状
    小林 洋子, 浦崎 芳正, 高澤 ゆみえ, 田中 佐知子, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第21回日本輸血学会北陸支部総会 2003年01月 選考無し

共同・受託研究希望(研究シーズ)登録

    topoiosomeraseを利用した細胞内DNA損傷の測定 浦崎 芳正,

共同研究

  • 自動血球計算機セルダインサファイアのスキャットグラム解析によるMDSスクリーニング 2008年度

科学研究費補助金

  • 急性白血病におけるゲノム薬理学を応用したテーラーメイド治療の確立基盤研究(C)一般
    代表者:上田 孝典 2005年度
  • 急性白血病におけるゲノム薬理学を応用したテーラーメイド治療の確立基盤研究(C)一般
    代表者:上田 孝典 2004年度
  • 抗腫瘍剤耐性細胞におけるDNA修復酵素および遺伝子の関与基盤研究(C)一般
    代表者:浦﨑 芳正 2004年度
  • 抗腫瘍剤耐性細胞におけるDNA修復酵素および遺伝子の関与基盤研究(C)一般
    代表者:浦﨑 芳正 2003年度
  • 急性白血病におけるゲノム薬理学を応用したテーラーメイド治療の確立基盤研究(C)一般
    代表者:上田 孝典 2003年度

厚生科研補助金

  • 血液キメラ状態における免疫寛容物質の解明
    代表者:浦崎 芳正

教育活動情報

担当授業

  • 病態生理学 血液疾患(修士課程 看護学専攻)
  • がん看護学特論1 造血幹細胞移植(修士課程 看護学専攻)
  • 病態生理学 血液疾患(修士課程 看護学専攻)
  • 医療における安全性への配慮と危機管理
  • 血液・造血器・リンパ系
  • 基本的診療知識
  • 基本的診療技能(診断学実習)
  • 実践臨床病態学
  • 実践臨床病態学