生駒 俊英

所属部署名国際地域学科
教員組織総合グローバル領域
教育研究組織国際地域学部
職名准教授
更新日: 19/07/23 20:20

研究者基本情報

氏名

    生駒 俊英
    イコマ トシヒデ
    IKOMA Toshihide

研究分野

  • 社会科学 / 法学 / 離婚と子の利益 個人研究

所属

  •  国際地域学科 准教授

学位

  • 博士(法学)
  • 修士(法学)

研究活動情報

論文

  • 「民法(親族法・相続法)」
    生駒 俊英
    『判例回顧と展望 2013』 2014年05月 査読無し
  • 「ドイツにおける年金権調整制度の改正について-我が国への示唆-」
    生駒 俊英
    『家族法と社会保障法の交錯 本澤巳代子先生還暦記念』 2014年01月 査読無し
  • 「民法(親族法・相続法)」
    生駒 俊英
    『判例回顧と展望 2012』 2013年05月 査読無し
  • 「離婚時における婚姻住居の利用関係について -2009年ドイツの法改正を参考にして」
    生駒 俊英
    『家計経済研究』(95) 55-64 2012年07月 査読有り
  • 「民法(親族法・相続法)」
    生駒 俊英
    『判例回顧と展望 2011』 2012年06月 査読無し
  • 「療養看護による寄与分についての一考察 ―高齢者介護を中心として―」
    生駒 俊英
    『中川淳先生傘寿記念論文集』 2011年06月 査読無し
  • 「離婚時年金分割の合意分割に関する一考察 ―実際の運用を受けて―」
    生駒 俊英
    『吉備国際大学紀要』 2010年03月 査読無し

著書

  • 『ロードマップ民法』
    生駒 俊英
    編集
    「家を借りたら―不動産賃貸借の世界をのぞいてみよう(第4章)」,「結婚と法(第1章)」
    一学舎 2010年04月

科学研究費補助金

  • 別居時・離婚時における、「子の利益」に配慮した婚姻住居の利用若手研究(B)
    代表者:生駒 俊英 2014年度
  • 「離婚時年金分割制度」のあり方 ―2009年ドイツ法改正を受けて―若手研究(B)
    代表者:生駒 俊英 2012年度
  • 「離婚時年金分割制度」のあり方 ―2009年ドイツ法改正を受けて―若手研究(B)
    代表者:生駒 俊英 2011年度

教育活動情報

担当授業

  • 憲法概論
  • 憲法概論
  • 法学概論
  • 民法Ⅰ(総則)
  • 民法Ⅱ(財産法)
  • 民法Ⅲ(家族法)
  • 中央・地方の行財政
  • 地域課題ワークショップⅡ(基礎):公共政策
  • 地域課題ワークショップⅡ(基礎):公共政策
  • 地域課題ワークショップⅢ(応用A):公共政策
  • 地域課題ワークショップⅢ(応用B):公共政策
  • 地域課題ワークショップⅣ(総合A):公共政策
  • 地域課題ワークショップⅣ(総合B):公共政策
  • 民法Ⅰ(総則)
  • 民法Ⅱ(財産法)
  • 民法Ⅲ(家族法)
  • 法学概論
  • 公共政策演習Ⅱ(法律学B)
  • 公共政策演習Ⅰ(法律学B)
  • 公共政策演習Ⅲ(法律学B)
  • 公共政策演習Ⅳ(法律学B)
  • 私法学特論

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • アイススケート 関西大がショー 9日にハピリンク2019年02月 県民