滝口 慎一郎

所属部署名子どものこころ診療部
教員組織子どものこころ診療部
教育研究組織医学部 附属病院
職名特命助教
更新日: 18/12/04 09:49

研究者基本情報

氏名

    滝口 慎一郎
    タキグチ シンイチロウ

所属

  •  子どものこころ診療部 特命助教

研究活動情報

論文

  • Increased anterior pelvic angle characterizes the gait of children with attention deficit/hyperactivity disorder (ADHD)
    H.Naruse ,TX.Fujisawa, C.Yatsuga ,M.Kubota, H.Matsuo,S.Takiguchi , S.Shimada ,Y.Imai ,M.Hiratani, H.Kosaka, A*.Tomoda A.
    PLoS One 12(1) e0170096 2017年01月 査読有り
    A.Tomoda
  • Decision making processes based on social conventional rules in early adolescents with and without autism spectrum disorders.
    H.Komeda, H.Osanai, K.Yanaoka, Y.Okamoto, T.Fujioka, S.Arai, K.Inohara , M.Koyasu, T.Kusumi, S.Takiguchi, M.Kawatani, H.Kumazaki, M.Hiratani, A.Tomoda, H.Kosaka.
    Sci Rep 6 37875 2016年11月 査読有り
  • 子ども虐待の脳科学研究.
    島田 浩二, 滝口 慎一郎, 藤澤 隆史, 友田 明美
    小児内科 48(2) 149-153 2016年02月
  • Advanced test of attention in children with Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder in Japan for evaluation of methylphenidate and atomoxetine effects.
    Fujioka T, Takiguchi S, Yatsuga C, Hiratani M, Hong KE, Shin MS, Cho S, Kosaka H, Tomoda A*.
    Clin Psychopharmacol Neurosci 14(1) 79-87 2016年02月 査読有り
  • Altered frontal pole development affects self-generated spatial working memory in ADHD.
    Arai S, Okamoto Y, Fujioka T, Inohara K, Ishitobi M, Matsumura Y, Jung M, Kawamura K, Takiguchi S, Tomoda A, Wada Y, Hiratani M, Matsuura N, Kosaka H*.
    Brain Dev 2015 Dec 18. pii S0387-7604(15)00235-1 2015年12月 査読有り
  • Effect of the nature of subsequent environment on oxytocin and cortisol secretion in maltreated children.
    Mizushima S, Fujisawa TX, Takiguchi S, Kumazaki H, Tanaka S, Tomoda A*.
    Front Psychiatry 6(173) 1-9 2015年12月
  • Ventral striatum dysfunction in children and adolescents with reactive attachment disorder: functional MRI study.
    Takiguchi S, Fujisawa TX, Mizushima S, Saito DN, Okamoto Y, Shimada K, Koizumi M, Kumazaki H, Jung M, Kosaka H, Hiratani M, Ohshima Y, Teicher, MH, Tomoda A*.
    Br J Psychiatry Open 1(2) 121-128 2015年10月 査読有り
    A.Tomoda
  • Reduced visual cortex grey matter volume in children and adolescents with reactive attachment disorder.
    K. Shimada, S. Takiguchi, S. Mizushima, T.X. Fujisawa, D.N. Saito, H. Kosaka, H. Okazawa, A. Tomoda.
    Neuroimage Clin 9 13-19 2015年09月
  • Effectiveness of oral tipepidine administration for children with attention deficit/hyperactivity disorder: A 4-week, open-label clinical study.
    Tomoda A*, Takiguchi S, Fujisawa TX, Yatsuga C, Kumazaki H, Fujioka T, Suzuki H, Matsuzaki H, Kosaka H, Tanaka S.
    Psychiatry Clin Neurosci Oct;69(10) 658-9 2015年09月 査読有り
  • Impaired neural reward processing in children and adolescents with reactive attachment disorder: a pilot study.
    Mizuno K, Takiguchi S, Yamazaki M, Asano M, Kato S, Kuriyama K, Watanabe Y, Sadato N, Tomoda A*.
    Asian J Psychiatr 17 89-93 2015年08月 査読有り
    A.Tomoda
  • Ethnic differences in COMT genetic effects on striatal grey matter alterations associated with childhood ADHD: A voxel-based morphometry study in a Japanese sample.
    Shimada K, Fujisawa TX, Takiguchi S, Naruse H, Kosaka H, Okazawa H, Tomoda A*.
    World J Biol Psychiatry 18(4) 322-328 2015年11月 査読有り
    A.Tomoda
  • Anorexia nervosa during adolescence is associated with decreased gray matter volume in the inferior frontal gyrus.
    Fujisawa TX ok, Yatsuga C, Mabe H, Yamada E, Masuda M, Tomoda A *.
    PLoS One 10(6) e0128548, 2015年 査読有り
  • Increased anterior pelvic angle characterizes the gait of children with attention deficit/hyperactivity disorder (ADHD)
    Naruse H, Fujisawa TX, Yatsuga C, Kubota M, Matsuo H, Takiguchi S, Shimada S, Imai Y, Hiratani M, Kosaka H, Tomoda A*.
    PLoS One 12(1) 2017年 査読有り
    Tomoda A
  • Ethnic differences in COMT genetic effects on striatal grey matter alterations associated with childhood ADHD: A voxel-based morphometry study in a Japanese sample.
    Shimada K, Fujisawa TX, Takiguchi S, Naruse H, Kosaka H, Okazawa H, Tomoda A*
    World J Biol Psychiatry 18(4) 322-328 2017年 査読有り
    Tomoda A
  • Catechol-O-methyltransferase polymorphism is associated with the cortico-cerebellar functional connectivity of executive function in children with attention-deficit/hyperactivity disorder.
    Mizuno Y, Jung M, Fujisawa TX, Takiguchi S, Shimada K, Saito D, Kosaka H, Tomoda A*.
    Sci Rep 7(1) 4850 2017年 査読有り
    Tomoda A.
  • Subclinical maternal depressive symptoms modulate right inferior frontal response to inferring affective mental states of adults but not of infants.
    Shimada K, Kasaba R, Fujisawa TX, Sakakibara N, Takiguchi S, Tomoda A*
    J Affect Disord 229 32-40 2018年03月 査読有り
    Tomoda A.
  • 養育者支援に関する脳科学的エビデンス.
    高田紗英子, 榊原信子, 島田浩二, 藤澤隆史, 西川里織, 滝口慎一郎, 友田明美
    子どものこころと脳の発達 8(1) 70-78 2017年10月 査読無し
  • 今後開発が期待される注意欠如・多動症の治療薬.
    滝口慎一郎, 友田明美
    臨床精神薬理 20(6) 647-653 2017年05月 査読無し

著書

  • 今日の治療指針 2017年版 私はこう治療している
    滝口 慎一郎
    分担執筆
    被虐待児症候群
    医学書院 2017年01月
  • 発達145「子どものトラウマのケアとレジリエンス」
    友田明美, 滝口慎一郎
    分担執筆
    子どものトラウマとは
    ミネルヴァ書房 2016年01月
  • Memory in Social Context: Brain, Mind, and Society
    Tomoda A*, Takiguchi S, Shimada K, Fujisawa TX.
    分担執筆
    Structural and functional changes of brain due to childhood maltreatment and adversity.
    springer 2017年12月
    978-4-431-56589-5
  • 福井大学病院の得意な治療がわかる本
    滝口慎一郎, 友田明美
    分担執筆
    愛着障害の最新治療-こころの傷を癒やしにかえて
    バリューメディカル 2017年07月
    978-4-86489-064-9
  • 障がい児・者に対する手術室看護マニュアル(重見研司 編)
    友田明美, 重見研司, 白石裕子, 滝口慎一郎
    分担執筆
    被虐待児
    金芳堂 2018年01月
    978-4-7653-1743-6

講演・口頭発表等

  • 発達性ディスレクシアの同胞例における臨床的多様性
    川谷 正男,巨田 元礼,米谷 博,滝口 慎一郎,大嶋 勇成,友田 明美,平谷 美智夫
    第58回日本小児神経学会学術総会 2016年06月
  • オキシトシン単回投与が非協力者の魅力度評価に与える影響
    小泉 径子、松村 紀子、石川 俊介、升谷 泰裕、岡崎 玲子、岡本 悠子、藤岡 徹、滝口 慎一郎、友田 明美、小坂 浩隆
    第57 回日本児童青年精神医学会総会 2016年10月
  • 反応性愛着障害における報酬機能不全
    滝口 慎一郎, 藤澤 隆史, 島田 浩二, 水島 栄, 齋藤 大輔, 岡本 悠子, 小坂 浩隆, 友田 明美
    第8回日本子ども虐待医学会学術集会
  • The neural effects of intranasal oxytocin administration in reactive attachment disorder.
    S.Takiguchi,TX.Fujisawa,S.Mizushima,DN.Saito,K.Shimada,Y.Okamoto,S.Nishikawa,S. Takada,Y.Mizuno,H.Kosaka ,A.Tomoda.
    第58回日本小児神経学会学術総会 2016年06月
  • The Abnormal Regional Neural Function and Functional Integration of the Cerebellum in Children and Adolescents with Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder.
    Y.Mizuno,M.Jung,TX.Fujisawa,S.Takiguchi,K.Shimada,DN.Saito,H.Kosaka , A.Tomoda.
    63rd Annual Meeting of American Academy of Child and Adolescent Psychiatry 2016年10月
  • The effect of oxytocin on detection of altruistic person for children.
    M.Koizumi,Y.Matsumura,S. Ishikawa,H. Matsumoto,Y. Masuya,R. Okazaki,Y. Okamoto,T. Fujioka,S. Takiguchi,A.Tomoda,H. Kosaka.
    The 22nd International Association for Child and Adolescent Psychiatry and Allied Professions (IACAPAP) World Congress and the 36th CACAP Conference 2016年09月
  • The regional neural function and functional integration of the cerebellum in children with ADHD: A resting-state fMRI study.
    Y.Mizuno,M.Jung,TX.Fujisawa,K.Shimada,S.Takiguchi,DSaito,H.Kosaka,A. Tomoda.
    The 8th International Neuroscience and Biological Psychiatry Regional “Stress and Behavior” Conference 2016年07月
  • 幼児期より療育を受け,就学後に発達性読字障害と診断された症例の臨床的特徴の検討
    巨田 元礼,川谷 正男,滝口 慎一郎,米谷 博,平谷 美智夫,大嶋 勇成
    第58回日本小児神経学会総会 2016年06月
  • ADHD児における安静時の小脳の脳活動 
    水野 賀史、丁 ミンヨン、藤澤 隆史、滝口 慎一郎、齋藤 大輔、小坂 浩隆、友田 明美
    第58回日本小児神経学会総会 2016年06月
  • 発達性ディスレクシアと診断された224例の背景要因の検討
    平谷 美智夫・山口 大輔・川谷 正男・巨田 元礼・滝口 慎一郎・藤岡 徹・石坂 郁代・大石 敬子・河野 俊寛
    第16回発達性ディスレクシア研究会 2016年07月
  • 保護者と関係機関の連携により自立に至った発達性読字障害(ディスレクシア:Developmental Dyslexia)の2例
    平谷 美智夫・山口 大輔・川谷 正男・巨田 元礼・滝口 慎一郎・藤岡 徹・石坂 郁代・大石 敬子・河野 俊寛
    第16回発達性ディスレクシア研究会
  • 発達性ディスレクシアと診断された224例の背景要因の検討
    平谷 美智夫、滝口 慎一郎、川谷 正男、巨田 元礼
    第71回日本小児神経学会北陸地方会 2017年02月
  • ADHD児におけるCOMT遺伝子多型と大脳皮質-小脳ネットワークの関係
    水野 賀史, 丁 ミンヨン, 藤澤 隆史, 滝口 慎一郎, 島田 浩二, 齋藤 大輔, 小坂 浩隆, 友田 明美
    平成28年度福井大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2017年02月 選考無し
  • 反応性愛着障害の神経基盤探索~報酬系課題によるfMRI研究~.
    滝口 慎一郎, 藤澤 隆史, 島田 浩二, 高田 紗英子, 西川 里織, 小坂 浩隆, 友田 明美.
    平成28年度福井大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2017年02月 選考無し
  • Altered brain response to reward in maltreated children and adolescents.
    S.Takiguchi, TX.Fujisawa, S.Mizushima, DN.Saito, K.Shimada, H.Kosaka, A.Tomoda
    The 13th Asian Congress of Health Promotion 2015年12月
  • 不適切な養育を受けた児童のCortisol・Oxytocin値にみる生体反応の相違
    水島 栄,藤澤 隆史,滝口 慎一郎,熊崎 博一,田仲 志保,友田 明美
    第56回日本児童青年精神医学会総会 2015年09月
  • Unlocking the involvement of oxytocin in Autism Spectrum Disorder.
    C.Yatsuga, TX.Fujisawa, DN.Saito, S.Takiguchi, S.Mizushima, H.Naruse, A.Tomoda
    第118回日本小児科学会学術集会 2015年04月
  • ADHD児における安静時の小脳の脳活動
    水野 賀史, 丁 ミンヨン, 藤澤 隆史, 滝口慎一郎, 島田浩二, 齋藤 大輔, 小坂 浩隆, 友田 明美
     2016年06月 選考有り
  • Oxytocin receptor DNA methylation and gray matter volume in maltreated children.
    Nishitani S, Fujisawa TX, Takiguchi S, Shimada K, Smith AK, Tomoda A.
    The 55th Annual Meeting of the American College of Neuropsychopharmacology (ACNP) 2017年12月
  • 被虐待児の社会的認知に対するオキシトシン投与の有効性の検討
    小泉径子, 藤岡徹, 滝口慎一郎, 水野賀史, 石川俊介, 升谷泰裕, 松村由紀子, 岡崎玲子, 野路恵里佳, 友田明美, 小坂浩隆
    第58 回日本児童青年精神医学会総会 2017年10月
  • 選択性緘黙の併存が自閉スペクトラム症の社会的情報への注目にあたえる影響
    藤岡徹, 新井清義, 水野賀史, 滝口慎一郎, 藤澤隆史, 土屋賢治, 片山泰一, 松﨑秀夫, 友田明美, 平谷美智夫, 小坂浩隆.
    第58回日本児童青年精神医学会総会 2017年10月
  • 読字障害(発達性ディスレクシアDevelopmental Dyslexia:DD)308例より 第2報:DD308例の背景要因の検討 -高い頻度の注意欠陥多動性障害・自閉症スペクトラム障害の併存とそれを意識した病態理解と治療・療育の重要性-.
    平谷美智夫, 服部恵, 仲嶺実甫子, 滝口慎一郎, 巨田元礼, 川谷正男, 藤岡徹, 荻野和雄, 小坂浩隆, 友田明美.
    第58 回日本児童青年精神医学会総会 2017年10月
  • 母親の感覚感受性のタイプが育児不安/養育ストレスに及ぼす影響.
    榊原信子, 滝口慎一郎, 藤澤隆史, 友田明美.
    第58 回日本児童青年精神医学会総会 2017年10月
  • ADHD児におけるCOMT遺伝子多型と大脳皮質?小脳の実行機能ネットワークの関連.
    水野賀史, 丁ミンヨン, 藤澤隆史, 滝口慎一郎, 島田浩二, 齋藤大輔, 小坂浩隆, 友田明美
    第44回 日本脳科学会 2017年10月
  • 養育者の抑うつ気分が社会的認知とその脳機能に及ぼす影響に関する実験的研究:養育者支援によって子育て困難を低減するシステムの構築に向けた取り組み.
    島田浩二, 笠羽涼子, 藤澤隆史, 榊原信子, 滝口慎一郎, 友田明美.
    第118回 日本小児精神神経学会 2017年11月
  • 公開シンポジウム:臨床と研究の融合―脳科学的視点から子どもの発達を考える 「ADHDと反応性愛着障害における報酬機能不全」
    滝口慎一郎, 水島栄, 齋藤大輔
    第23回日本子ども虐待防止学会(JaSPCAN) 学術集会 ちば大会 2017年12月
  • ADHD治療における長時間作動型メチルフェニデイト(OROS-MPH)のより良い効果を得るための工夫およびグアファシン(Intunib)とOROS-MPH併用療法の経験.
    平谷美智夫, 滝口慎一郎, 川谷正男, 巨田元礼, 友田明美.
    日本小児神経学会第53回北陸地方会 2018年02月
  • 非侵襲的脳機能画像検査を用いた愛着障害の神経基盤の評価システム
    滝口慎一郎, 藤澤隆史, 島田浩二, 水野賀史, 小坂浩隆, 友田明美
    第22回 福井大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2018年02月
  • 介入時の方法および道具を工夫したことにより,書字における読みやすさが向上した事例―複数の発達障害が併存する男児のケース― Legibility of handwriting is improved by designed teaching method and tools ―A case report of a boy with ASD, ADHD, and LD―
    今井悠人,成瀬廣亮,滝口慎一郎,河野俊寛,平谷美智夫
    第51回日本作業療法学会 2017年09月

受賞

  •  第57回日本小児神経学会 English Session賞受賞 Low striatal activity during reward perception caused by childhood adversity2015年

科学研究費補助金

  • 脳機能イメージングによる小児愛着障害の病態解明と生理学的指標の確立若手研究(B)
    科学研究費補助金
    代表者:滝口 慎一郎 2015年度
  • 脳機能イメージングによる小児愛着障害の病態解明と生理学的指標の確立若手研究(B)
    代表者:滝口 慎一郎 2016年度

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • 虐待原因の「愛着障害児」脳の特定部位に異常2015年10月 福井、日刊県民福井、朝日、中日、毎日、読売、教育新聞、ハザードラボNEWS、47NEWS
  • 虐待児 “褒めても響きにくい”2015年10月 NHK総合テレビ