青木 耕史

所属部署名生命情報医科学講座 薬理学
教員組織生命情報医科学講座
教育研究組織医学部医学科
職名教授
更新日: 18/10/16 18:50

研究者基本情報

氏名

    青木 耕史
    アオキ コウジ
    AOKI Kouji

基本情報

所属

  •  生命情報医科学講座 薬理学 教授

学歴

  • 2001年04月- 2004年03月京都大学
  • 1999年04月- 2001年03月東京大学
  • 1995年04月- 1999年03月東京大学 薬学部

学位

  • 医学博士

経歴

  • 2014年03月福井大学医学部医学科 生命情報医科学講座 薬理学領域 教授
  • 2012年- 2014年福井大学テニュアトラック推進本部 青木研究室 助教授
  • 2011年- 2015年選択的創造事業さきがけ研究員兼任
  • 2009年- 2011年京都大学大学院医学研究科 助教授
  • 2006年- 2009年日本学術振興会 特別研究員PD
  • 2004年- 2006年京都大学大学院医学研究科(21世紀COEプログラム) 研究員

所属学協会

    日本免疫学会 一般会員,日本薬理学会 一般会員,日本癌学会 一般会員,日本分子生物学会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • Reducing DNA methylation suppresses colon carcinogenesis by inducing tumor cell differentiation
    Hatano Y, Semi K, Hashimoto K, Lee MS, Hirata A, Tomita H, Kuno T, Takamatsu M, Aoki K, Taketo MM, Kim YJ, Hara A, and Yamada Y
    Carcinogenesis 36(7) 719-729 2015年 査読有り
  • Mitochondrial function provides instructive signals for activation-induced B-cell fates
    Jang KJ, Mano H, Aoki K, Hayashi T, Muto A, Nambu Y, Takahashi K, Itoh K, Taketani S, Nutt SL, Igarashi K, Shimizu A, and Sugai M
    Nature Communications 10(6) 6750 2015年 査読有り
  • In situ differentiation of CD8αα Τ cells from CD4 T cells in peripheral lymphoid tissues
    Nambu Y, Hayashi T, Jang KJ, Aoki K, et al
    Scientific Report 2012年01月 査読有り
  • Runx3 is reuired for full activation of regulatory T cells to prevent colitis-associated tumor formation
    Aoki K, Sugai M, Osato M, Nambu Y, Ito K, Taketo MM, Shimizu A
    Journal of Immunology 186(11) 6515-20 2011年 査読有り
  • Suppression of colon cancer metastasis by Aes through inhibition of Notch signaling
    Sonoshita M, Aoki M, Fuwa H, Aoki K, Hosogi H, Sakai Y, Hashida H, Takabayashi A, Sasaki M, Robine S, Itoh K, Yoshioka K, Kakizaki F, Kitamura T, Oshima M, Taketo MM
    Cancer Cell 19(1) 125-37 2011年 査読有り
  • Suppression of colonic polyposis by homeoprotein CDX2 through its nontranscriptional function that stabilizes p27Kip1
    Aoki K, Kakizaki F, Sakashita H, Manabe T, Aoki M, Taketo MM
    Cancer Research 71(2) 593-602 2011年 査読有り
  • CDX transcription factors positively regulate expression of solute carrier family 5, member 8 in the colonic epithelium
    Kakizaki F, Aoki K, Miyoshi H, Carrasco N, Aoki M, Taketo MM
    Gastroenterology 138(2) 627-35 2010年 査読有り
  • Reduced Level of Smoothened Suppresses Intestinal Tumorigenesis by Down-Regulation of Wnt Signaling
    Arimura S, Matsunaga A, Kitamura T, Aoki K, Aoki M, Taketo MM
    Gastroenterology 137(2) 629-38 2009年 査読有り
  • Inhibition of the mTORC1 pathway suppresses intestinal polyp formation and reduces mortality in ApcΔ716 mice
    Fujishita T, Aoki K, Lane HA, Aoki M, Taketo MM
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 105(36) 13544-13549 2008年 査読有り
  • Chromosomal instability by β-catenin/TCF transcription in APC or β-catenin mutant cells
    Aoki K, Aoki M, Sugai M, Harada N, Miyoshi H, Tsukamoto T, Mizoshita T, Tatematsu M, Seno H, Chiba T, Oshima M, Hsieh CL, Taketo MM
    Oncogene 26(24) 3511-3520 2007年 査読有り
  • Adenomatous polyposis coli (APC): a multi-functional tumor suppressor gene
    Aoki K, Taketo MM
    Journal of Cell Science 120(19) 3327-3335 2007年 査読有り
  • Colonic polyposis caused by mTOR-mediated chromosomal instability in Apc+/Δ716Cdx2+/- compound mutant mice
    Aoki K, Tamai Y, Horiike S, Oshima M, Taketo MM
    Nature Genetics 35(4) 323-330 2003年 査読有り

著書

  • Roles of the epithelial autophagy in the intestinal mucosal barrier
    青木 耕史  菅井 学
    分担執筆
    Springer Press 2016年
    978-4-431-56066-1
  • Tissue-specific transgenic, conditional knockout and knock-in mice of genes in the canonical Wnt signaling pathway.
    Aoki K, Taketo MM
    編集
    Methods in Molecular Biology 2008年
    978-1-58829-912-3

講演・口頭発表等

  • Blocking intestinal cancer stemness and malignant progression by intestine-specific homeoproteins
    青木 耕史  堀 一也
    北陸エピジェネティクス 2016年 選考無し
  • Suppression of intestinal cancer stemness and malignant progression by intestine-specific homeoproteins CDX1 and CDX2
    青木 耕史
    第75回日本癌学会 2016年10月 選考有り
  • Enhanced intestinal mucosal barrier function by homeoprotein CDX2 through autophagy activation
    K.Aoki, et al.,
    第39回日本分子生物学会 2016年12月 選考有り
  • Suppression of intestinal cancer stemness and malignant progression by intestine-specific homeoproteins CDX1 and CDX2
    青木 耕史
    第19回日本癌学会シンポジウム がん幹細胞・微小環境・分子標的 2015年01月 選考有り 日本癌学会シンポジウム がん幹細胞・微小環境・分子標的
  • Roles of intestine-specific CDX2 in the intestinal epithelial barrier
    青木 耕史
    第43回 日本免疫学会 2014年12月 選考有り 日本免疫学会
  • Roles of intestine-specific homeoprotein CDX2 in the intestinal epithelial barrier
    青木 耕史
    第37回 日本分子生物学会 2014年11月 選考有り 日本分子生物学会
  • Roles of intestine-specific homeoprotein CDX2 in the intestinal epithelial barrier.
    青木 耕史等
    ST-CREST International Symposium, Frontiers in Immunology and Inflammation: From Molecules to Disease 2013年02月 選考無し JST

受託研究

  • 腸管上皮細胞の粘膜免疫防御における腸管上皮特異的 ホメオボックス蛋白質CDX2によるオートファジー制御機構とその役割の解析 2014年度
  • 腸管上皮細胞の粘膜免疫防御における腸管上皮特異的 ホメオボックス蛋白質CDX2によるオートファジー制御機構とその役割の解析 2013年度
  • 腸管上皮細胞の粘膜免疫防御における腸管上皮特異的 ホメオボックス蛋白質CDX2によるオートファジー制御機構とその役割の解析 2012年度
  • 腸管上皮細胞の粘膜免疫防御における腸管上皮特異的 ホメオボックス蛋白質CDX2によるオートファジー制御機構とその役割の解析 2011年度

特許

  • ATG7変異体を用いたオートファジーの制御方法
    青木 耕史,
    特願2012-280082
  • 特許6052540:ATG7変異体を用いたオートファジーの抑制方法
    青木 耕史,谷田 以誠
    特番6052540

科学研究費補助金

  • ホメオボックス蛋白質CDX2による大腸癌細胞の増殖と生存の抑制機序の解析若手研究(A)
    代表者:青木 耕史 2014年度
  • 大腸癌悪性化におけるホメオボックス転写因子CDX1の役割の解明挑戦的萌芽研究
    代表者:青木 耕史 2013年度
  • ホメオボックス蛋白質CDX2による大腸癌細胞の増殖と生存の抑制機序の解析若手研究(A)
    代表者:青木 耕史 2013年度
  • 大腸癌悪性化におけるホメオボックス転写因子CDX1の役割の解明挑戦的萌芽研究
    代表者:青木 耕史 2012年度
  • ホメオボックス蛋白質CDX2による大腸癌細胞の増殖と生存の抑制機序の解析若手研究(A)
    代表者:青木 耕史 2012年度
  • ホメオボックス蛋白質CDX2による大腸癌細胞の増殖と生存の抑制機序の解析若手研究(A)
    代表者:青木 耕史 2015年度

競争的資金(学内競争的資金)

  • 先端医工連携研究推進特区
    代表者:青木 耕史,
  • 大腸癌細胞の幹細胞性の維持におけるホメオボックス蛋白質CDX1/CDX2の役割の解明
    代表者:青木 耕史,
  • Prokineticin1(PROK1)によるリンパ管新生機能の検討
    代表者:五井 孝憲,青木 耕史,山口 明夫,
  • ヒト大腸癌の癌幹細胞培養系の確立
    生命科学複合研究教育センター:生命センター 学内共同研究等
    代表者:青木 耕史、山口 明夫

プロジェクト活動

  • 腸管上皮細胞の粘膜免疫防御における腸管上皮特異的ホメオボックス蛋白質CDX2によるオ-トファジ-制御機構とその役割の解析
    研究期間:2012年01月 - 2015年03月  代表者:青木 耕史,

その他

  •  CDX2による細胞増殖抑制の分子機序の解析
    科学研究費補助金 若手研究(B)

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • 福井大研究でも注目 クローン病の治療法2016年10月 福井、日刊県民福井、中日、中日夕刊