上田 孝典

所属部署名学長・理事
教員組織学長・理事
教育研究組織学長・理事
職名理事(企画戦略担当)・副学長
更新日: 18/05/21 15:13

研究者基本情報

氏名

    上田 孝典
    ウエダ タカノリ
    UEDA Takanori

基本情報

所属

  •  学長・理事 理事(企画戦略担当)・副学長
  •  子どものこころの発達研究センター センター長
  •  原子力医工統合研究推進機構 機構長
  •  保健管理センター 所長
  •  男女共同参画推進センター センター長
  •  広報センター センター長
  •  ライフサイエンスイノベーション推進機構 機構長
  •  ライフサイエンスイノベーションセンター センター長
  •  子どものこころの発達教育研究推進機構 機構長

学歴

  • - 1983年京都大学 内科学
  • - 1974年京都大学 医学部 医学科

経歴

  • 2013年04月- 2016年03月福井大学 理事・副学長
  • 2008年01月- 2013年03月福井大学医学部長
  • 2003年01月- 2008年03月福井大学医学部附属病院長
  • 2003年01月- 2015年03月福井大学医学部内科学(1)教授
  • 1995年08月- 2003年09月福井医科大学内科学(1)講座 教授
  • 1992年01月- 1995年08月福井医科大学内科学(1)助教授
  • 1986年11月- 1991年12月福井医科大学第一内科講師
  • 1984年07月- 1986年07月ノースカロライナ州立大学薬理学教室 研究員
  • 1983年04月- 1986年01月福井医科大学第一内科助手
  • 1976年04月- 1979年03月財団法人倉敷中央病院医員
  • 1974年07月- 1976年03月京都大学医学部附属病院 研修医

所属学協会

    日本血液学会 その他,日本臨床リウマチ学会 その他,日本臨床薬理学会 その他,日本癌治療学会 その他,日本内科学会 監事,日本癌治療学会 その他,日本癌治療学会 その他,日本輸血・細胞治療学会 その他,日本癌治療学会 その他,日本痛風・核酸代謝学会 副理事長,日本痛風・核酸代謝学会 その他,日本感染症学会 理事,日本感染症学会中日本地方会 その他,日本内科学会 その他,日本内科学会 理事,日本内科学会 その他,日本癌治療学会 その他,日本血液学会 その他,日本血液学会 その他,日本感染症学会 その他,日本癌治療学会 その他,日本内科学会 その他,日本血液学会 その他,日本痛風・核酸代謝学会 その他,日本臨床薬理学会 その他,日本感染症学会中日本地方会 理事,日本化学療法学会西日本支部 その他,日本痛風・核酸代謝学会 その他,日本輸血・細胞治療学会北陸支部 評議員,日本血液学会 その他, 日本化学療法学会西日本支部 評議員,日本輸血・細胞治療学会 評議員,日本血液学会 理事,日本検査血液学会 その他,日本医学教育学会 一般会員,日本癌学会 評議員,American Society of Hematology 一般会員,日本臨床腫瘍学会 その他,日本輸血学会 評議員,日本痛風・核酸代謝学会 その他,日本臨床腫瘍学会 評議員,日本内科学会 評議員,日本検査血液学会 評議員,日本サイトメトリー学会 評議員,日本痛風・核酸代謝学会 理事,日本老年医学会 代議員,日本感染症学会 評議員,日本癌治療学会 評議員,日本バイオセラピィ学会 評議員,日本感染症学会中日本地方会 評議員,日本血液学会 代議員,日本循環器学会北陸地方会 評議員,日本臨床リウマチ学会 評議員,日本臨床血液学会 その他,日本輸血学会北陸支部 評議員,American Association for Cancer Research 一般会員,日本心臓病学会 一般会員,日本痛風・核酸代謝学会 編集委員,日本臨床薬理学会 評議員,日本化学療法学会 評議員,日本循環器学会 一般会員,日本内科学会北陸地方会 評議員,日本化学療法学会 その他,日本痛風・核酸代謝学会 評議員,日本臨床血液学会 評議員,日本血液学会北陸地方会 評議員,

研究活動情報

論文

  • 腫瘍崩壊症候群
    上田 孝典
    カレントテラピー Vol.35 (No.7) 90-90 2017年07月
  • N-Acetylcysteine Ameliorates Experimental Autoimmune Myocarditis in Rats via Nitric Oxide
    Shimada K, Uzui H, Ueda T, Lee J-D, Kishimoto C
    J Cardiovasc Pharmacol Ther 20(2) 203-210 2015年03月 査読有り
  • 病型分類
    山内 高弘, 森田美穂子, 上田孝典
    高尿酸血症と痛風 23(1) 26-29 2015年03月 査読無し
  • Prognostic Influence of Peripheral Blood Cell Counts in Advanced Diffuse Large B-cell Lymphoma
    Yamauchi T, Tasaki T, Tai K, Ikegaya S, Takagi K, Negoro E, Kishi S, Yoshida A, Iwasaki H, Ueda T
    Oncol Let 9(2) 851-856 2015年02月 査読有り
  • Febuxostat for management of tumor lysis syndrome including its effects on levels of purine metabolites in patients with hematological malignancies. - A single institution’s, pharmacokinetic and pilot prospective study -
    Takai M, Yamauchi T, Ookura M, Matsuda Y, Tai K, Kishi S, Yoshida A, Iwasaki H, Nakamura T, Ueda T
    Anticancer Res 34 7287-7296 2014年12月 査読有り
  • A nelarabine-resistant T-lymphoblastic leukemia CCRF-CEM variant cell line is cross-resistant to the purine nucleoside phosphorylase inhibitor forodesine
    Yamauchi T, Uzui K, Nishi R, Tasaki T, Ueda T
    Anticancer Res 2014年09月 査読有り
  • Evaluation of staging and early response to chemotherapy with whole-body diffusion-weighted magnetic resonance imaging in malignant lymphoma patients: A comparison with FDG-PET/CT
    Tsuji K, Kishi S, Tsuchida T, Yamauchi T, Ikegaya S, Urasaki Y, Fujiwara Y, Ueda T, Okazawa H, Kimura H
    Journal of Magnetic Resonance Imaging 2014年08月 査読有り
  • Reduced drug incorporation into DNA and antiapoptosis as the crucial mechanisms of resistance in a novel nelarabine-resistant cell line
    Yamauchi T, Uzui K, Nishi R, Shigemi H, Ueda T
    BMC Cancer 29(1) 547 2014年07月 査読有り
  • 急性骨髄性白血病の再発予知とWilms’tumor 1 mRNA
    山内 高弘, 上田孝典
    血液内科 68 516-522 2014年06月 査読無し
  • Cytarabine-resistant leukemia cells are moderately sensitive to clofarabine in vitro
    Yamauchi T, Uzui K, Nishi R, Shigemi H, Ueda T
    Anticancer Res 34 1657-1662 2014年04月 査読有り
  • Go6976, a FLT3 kinase inhibitor, exerts potent cytotoxic activity against acute leukemia via inhibition of survivin and MCL-1
    Yoshida A, Ookura M, Zokumasu K, Ueda T
    Biochem Pharmacol 90(1) 16-24 2014年04月 査読有り
  • 同種骨髄移植後再発しドナーリンパ球輸注療法により再寛解を得て13年後にSudden Blast Crisisで再発した慢性骨髄性白血病
    大蔵 美幸, 山内 高弘, 根来 英樹, 細野 奈穂子, 岸 愼治, 稲井 邦博, 和野 雅治, 松元 加奈, 岩崎 博道, 森田 邦彦, 上田 孝典
    癌と化学療法 41(2) 265-268 2014年02月 査読無し
  • URAT1阻害薬かXO/XDH阻害薬か、特集/高尿酸血症・痛風治療の新しい展開
    山内 高弘, 上田孝典
    医学と薬学 71(2) 235-238 2014年02月 査読無し
  • Controlling serum uric acid using febuxostat in cancer patients at risk of tumor lysis syndrome
    Takai M, Yamauchi T, Fujita K, Lee S, Ookura M, Kishi S, Urasaki Y, Yoshida A, Iwasaki H, Ueda T
    Oncol Let 2014年01月 査読有り
  • Cytarabine-resistant leukemic cells are moderately sensitive to clofarabine in vitro
    Yamauchi T, Uzui K, Nishi R, Shigemi H, Ueda T
    Anticancer Res 2014年01月 査読有り
  • Purine analog-like properties of bendamustine underlie rapid activation of DNA damage response and synergistic effects with pyrimidine analogues in lymphoid malignancies
    Hiraoka N, Kikuchi J, Yamauchi T, Koyama D, Wada T, Uesawa M, Akutsu M, Mori S, Nakamura Y, Ueda T, Kano Y, Furukawa Y
    Plos One 9 e90675 2014年01月 査読有り
  • Effects of eplerenone on the activation of matrix metalloproteinase-2 stimulated by high glucose and interleukin-1β in human cardiac fibroblasts
    J.Chi, H.Uzui, H.Guo, T.Ueda, J-D.Lee
    Genet Mol Res 2014年01月 査読有り
  • Controlling serum uric acid using febuxostat in cancer patients at risk of tumor lysis syndrome
    Takai M, Yamauchi T, Fujita K, Lee S, Ookura M, Kishi S, Urasaki Y, Yoshida A, Iwasaki H, Ueda T
    Oncol Lett 2014年01月 査読有り
  • Gemtuzumab ozogamicin and olaparib exert synergistic cytotoxicity in CD33-positive myeloid leukemia HL-60 cells
    Yamauchi T, Uzui K, Nishi R, Shigemi H, Ueda T
    Anticancer Res 34 5487-5494 2014年01月 査読有り
  • The response to induction therapy is crucial for the treatment outcomes of elderly patients with acute myeloid leukemia: single-institution experience
    Tasaki T, Yamauchi T, Matsuda Y, Takai M, Ookura M, Lee S, Tai K, Ikegaya S, Kishi S, Yoshida A, Urasaki Y, Iwasaki H, Ueda T
    Anticancer Res 34 5631-5636 2014年01月 査読有り
  • Current status of molecular targeted therapy for hematologic malignancies Introduction
    Takanori Ueda
    Int J Clin Oncoi 19 42006 2013年12月 査読無し
  • A high serum uric acid level is associated with poor prognosis in patients with acute myeloid leukemia
    Yamauchi T, Negoro E, Lee S, Takai M, Takagi K, Matsuda Y, Kishi S, Tai K, Hosono N, Tasaki T, Ikegaya S, Inai K, Yoshida A, Urasaki Y, Iwasaki H, Ueda T
    Anticancer Res 33(9) 3947-3951. 2013年09月 査読有り
  • 特集:血液病と中枢神経病変 6.薬剤性中枢神経病変 1)シタラビン
    山内 高弘, 上田孝典
    血液フロンティア 23 1253-1260 2013年09月 査読無し
  • Detectable Wilms’ tumor-1 transcription at treatment completion is associated with poor prognosis of acute myeloid leukemia: A single institution’s experience
    Yamauchi T, Negoro E, Lee S, Takai M, Matsuda Y, Takagi K, Kishi S, Tai K, Hosono N, Tasakai T, Ikegaya S, Yoshida A, Urasaki Y, Iwasaki H, Ueda T
    Anticancer Res 33(8) 3335-3340 2013年08月 査読有り
  • Aurora B inhibitor barasertib and cytarabine in combination exert greater-than-additive cytotoxicity against cytarabine-resistant acute myeloid leukemia cells
    Yamauchi T, Uzui K, Shigemi H, Negoro E, Yoshida A, Ueda T
    Cancer Sci 104(7) 926-933 2013年07月 査読有り
  • Novel leukemic cell lines resistant to clofarabine by mechanisms of decreased active metabolite and increased antiapoptosis
    Shigemi H, Yamauchi T, Tanaka Y, Ueda T
    Cancer Science 104(6) 732-9 2013年06月 査読有り
  • Case Report: Tsutsugamushi Disease Caused by Shimokoshi-Type Orientia tsutsugamushi: The First Report in Western Japan
    S.Ikegaya, H.Iwasaki, N.Takada, S.Yamamoto, T.Ueda
    The American Society of Tropical Medicine and Hygiene 88(6) 1217-1219 2013年06月 査読有り
  • YM155 induces caspase-8 dependent apoptosis through downregulation of survivin and Mcl-1 in human leukemia cells
    Feng W, Yoshida A, Ueda T
    Biochem Biophys Res Commun. 435(1) 52-57 2013年05月 査読有り
  • Utility of PCR amplification and DNA microarray hybridization of 16S rDNA for rapid diagnosis of bacteremia associated with hematological diseases
    Negoro E, Iwasaki H, Tai K, Ikegaya S, Takagi K, Kishi S, Yamauchi T, Yoshida A, Urasaki Y, Shimadzu M, Ueda t
    Int J Infect Dis 17 e271-276 2013年04月 査読有り
  • Combination of guanine arabinoside and Bcl-2 inhibitor YC137 overcome the cytarabine resistance in HL-60 leukemia cell line
    Nishi R, Yamauchi T, Negoro E, Takemura H,, Ueda T
    Cancer Sci 104 502-507 2013年04月 査読有り
  • 腫瘍崩壊症候群
    山内 高弘, 高井美穂子, 上田孝典
    成人病と生活習慣病 43 529-532 2013年04月 査読無し
  • Reverse blood flow-glucose metabolism mismatch indicates preserved oxygen metabolism in patients with revascularised myocardial infarction
    Y.Fukuoka, A.Nakano, H.Uzui, N.Amaya, K.Ishida, K.Arakawa, T.Kudo, H.Okazawa, T.Ueda, J-D.Lee, H.Tada
    Eur J Nucl Med Mol Imaging 40(8) 1155-1162 2013年04月 査読有り
  • 好酸球性血管性浮腫
    山内 高弘, 上田孝典
    別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ No.22「血液症候群(第2版)II」 22 152-154 2013年03月 査読無し
  • 好塩基球増加症
    山内 高弘, 上田孝典
    別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ No.22「血液症候群(第2版)II」 22 165-167 2013年03月 査読無し
  • 抗癌薬の至適投与
    岸 慎治, 上田孝典
    腎と透析 Vol.74 No.3 74(3) 377-382 2013年03月 査読無し
  • 好塩基球減少症
    山内 高弘, 上田孝典
    別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ No.22「血液症候群(第2版)II」 22 168-169 2013年03月 査読無し
  • Minocycline modulates cytokine and chemokine production in lipopolysaccharide-stimulated THP-1 monocytic cells by inhibiting IκB kinase α/βphosphorylation
    K. Tai, H.Iwasaki, S. Ikegaya, T.Ueda
    Translational Res 161(2) 99-109 2013年02月 査読有り
  • Detection of minimal residual disease in patients with multiple myeloma using clonotype-specific PCR primers designed from DNA extracted from archival bone marrow slides
    Takamatsu H, Ogawa Y, Kobayashi N, Obata K, Narisawa T, Nakayama K, Munemoto S, Aoki G, Ohata K, Kumano Y, Ozaki J, Murata R, Kondo Y, Terasaki Y, Kurokawa T, Miyamoto T, Shimizu N, Fukushima T, Yoshida A, Ueda T, Yoshida T, Nakao S
    Exp Hematol 41(10) 894-902. 2013年01月 査読有り
  • Early relapse is associated with high serum soluble interleukin-2 receptor after the sixth cycle of R-CHOP chemotherapy in patients with advanced diffuse large B-cell lymphoma
    Yamauchi T, Matuuda Y, Takai M, Tasaki T, Tai K, Hosono N, Negoro E, Ikegaya S, Takagi K, Kishi S, Yoshida A, Urasaki Y, Iwasaki H, Ueda T
    Anticancer Res 32(11) 5051-5057 2012年11月 査読有り
  • ABL融合遺伝子
    山内 高弘, 上田孝典
    日本臨床 「分子標的薬」 70(supple 8) 41-44 2012年11月 査読無し
  • Induction of DNA strand breaks is critical to predict the cytotoxicity of gemtuzumab ozogamicin against leukemic cells
    Yamauchi T, Matsuda Y, Tasaki T, Negoro E, Ikegaya S, Takagi K, Yoshida A, Urasaki Y, Ueda T
    Cancer Sci 103(9) 1722-1729 2012年09月 査読有り
  • 血液疾患に合併した発熱性好中球減少症に対するmeropenem 1g1日3回投与の臨床的有用性
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 李 心, 高井 美穂子, 細野 奈穂子, 岸 愼治, 山内 高弘, 吉田 明, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    日本化学療法学会雑誌 60(5) 549-552 2012年09月 査読有り
  • 痛風Q&A
    高井美穂子, 上田 孝典
    高尿酸血症と痛風 Vol.20 No.2 82-83 2012年09月 査読無し
  • 病型分類
    山内 高弘, 上田 孝典
    高尿酸血症と痛風 Vol.20 No.2 27-33 2012年09月 査読無し
  • Relationship between microcirculatory dysfunction and resolution of ST-segment elevation in the early phase after primary angioplasty in patients with ST-segment elevation myocardial infarction
    N. Amaya, A.Nakano, H.Uzui, Y. Mitsuke, T. Geshi, H.Okazawa, T.Ueda, J-D.Lee
    Int J Cardiol 159(2) 144-149 2012年08月 査読有り
  • 尿酸ナトリウム1水和物(MSU)のマウス皮下への接種に伴う生体反応
    稲井 邦博, 酒巻 一平, 法木 左近, 内木 宏延, 上田 孝典, 津谷 寛
    痛風と核酸代謝 36(1) 15-22 2012年08月 査読有り
  • 27.腫瘍融解症候群のマネジメント
    山内 高弘, 上田孝典
    Medicina 49 1409-1411 2012年08月 査読無し
  • 二次性高尿酸血症と二次性痛風
    高木 和貴, 上田孝典
    medicina Vol.49 No.8-痛風・高尿酸血症の新展開- 1362-1365 2012年08月 査読無し
  • III血液 治療関連合併症 17.腫瘍崩壊症候群、
    山内 高弘, 上田孝典
    臨床雑誌 内科 109 1132-1133 2012年06月 査読無し
  • Fulminant candidemia diagnosed by prompt detection of pseudohyphae in a peripheral blood smear
    S. Ikegaya, K. Tai, H. Shigemi, H.Iwasaki, T. Okada, T.Ueda
    Am J Med Sci 343(5) 419-20 2012年05月 査読有り
  • A Randomized Comparison of Modified Intermediate-dose Ara-C versus High-dose Ara-C in Past-remission Therapy for Acute Myeloid Leukemia
    T.Fukushima, Y.Urasaki, M.Yamaguchi, M.Ueda, K.Morinaga, T.Haba, T.Sugiyama, S.Nakao, H.Origasa, H.Umihara, T.Ueda
    Anticancer Res 32(2) 643-648 2012年04月 査読有り
  • Beneficial effects of statin treatment on coronary microvascular dysfunction and left ventricular remodeling in patients with acute myocardial infarction
    K.Ishida, T.Geshi, A.Nakano, H.Uzui, Yasuhiko MITSUKE, H.Okazawa, T.Ueda, J-D.Lee
    Int J Cardiol. 2012年03月 査読有り
  • Marked upregulation of Survivin and Aurora-B kinase are associated with disease progression in the myelodysplastic syndromes
    Yoshida A, Zokumasu K, Wano Y, Yamauchi T, Imamura S, Takagi K, Kishi S, Urasaki Y, Tohyama K, Ueda T
    Haematologica 3/16/2012/EPUB(11) 111-123 2012年03月 査読有り
  • 病型分類は初診時だけ行えばよいのでしょうか?
    上田 孝典
    高尿酸血症と痛風 2012年03月 査読無し
  • A Randomized Comparison of Modified Intermediate-dose Ara-C versus High-dose Ara-C in Post-remission Therapy for Acute Myeloid Leukemia
    T.Fukushima, Y.Urasaki, M.Yamaguchi, M.Ueda, K.Morinaga, T.Haba, T.Sugiyama, S.Nakao, H.Origasa, H.Umehara, T.Ueda
    Anticancer Research 32(2) 643-347 2012年02月 査読有り
  • Acute hyperglycemia causes microvascular damage, leading to poor functional recovery and remodeling in patients with reperfused ST-segment elevation myocardial infarction
    K.Sarazawa, A.Nakano, H.Uzui, Y. Mitsuke, T. Geshi, H.Okazawa, T.Ueda, J-D.Lee
    J Nucl Cardiol 2012年02月 査読有り
  • Wilms' tumor-1 transcript in peripheral blood helps diagnose acute myeloid leukemia and myelodysplastic syndrome in patients with pancytopenia
    Yamauchi T, Matsuda Y, Takai M, Tasaki T, Hosono N, Negoro E, Ikegaya S, Takagi K, Kishi S, Yoshida A, Urasaki Y, Ueda T
    Anticancer Res. 32(10) 4479-4483 2012年01月 査読有り
  • 薬物性高尿酸血症とその対応
    山内 高弘, 上田孝典
    Progress in Medicine 32 55-57 2012年01月 査読無し
  • 病型分類をおこなうときに食事のプリン体を制限する必要があるのでしょうか、
    山内 高弘, 上田孝典
    高尿酸血症と痛風 20 38-39 2012年01月 査読無し
  • 3.シタラビンの作用機序、用量による使い分けと副作用対策
    山内 高弘, 上田孝典
    血液内科 第65巻4号 65 482-487 2012年01月 査読無し
  • Number of Endothelial Progenitor Cells in Peripheral Artery Disease as a Marker of Severity and Association with Pentraxin-3, Malondialdehyde-Modified Low-Density Lipoprotein and Membrane Type-1 Matrix Metalloproteinase
    T.Morishita, H.Uzui, A.Nakano, Yasuhiko MITSUKE, T.Geshi, T.Ueda, J-D.Lee
    J Atheroscler Thromb. 2011年11月 査読有り
  • 二次性高尿酸血症
    山内 高弘, 上田孝典
    内分泌糖尿代謝内科 33 439-444 2011年11月 査読無し
  • Synergistic effects of combination with fludarabine and carboplatin depend on fludarabine-mediated inhibition of enhanced nucleotide excision repair in leukemia
    Kazutaka Takagi, Yasukazu Kawai, Takahiro Yamauchi, Hiromichi Iwasaki, Takanori Ueda
    Int J Hematol 2011年09月 査読有り
  • 電子カルテによる単一施設における患者単位でみた輸血副作用発生状況
    浦崎 芳正, 小林 洋子, 海老田 ゆみえ, 田中 佐知子, 芦田 澄江, 根来 英樹, 上田 孝典
    日本輸血細胞治療学会誌 57(5) 393-397 2011年09月 査読有り
  • Determination of clofarabine triphosphate concentrations in leukemic cells using sensitive, isocratic high-performance liquid chromatography
    Yamauchi T, Nishi R, Ueda T
    Anticancer Res 31 2863-2867 2011年09月 査読有り
  • Clinical utility of the neutrophil distributin pattern obtained using the CELL-DYN SAPPHIRE hematology analyzer for the diagnosis of myelodysplastic syndrome
    T.Inaba, Y.Yuki, S.Yuasa, N.Fujita, K.Yoshitomi, T.Kamisako, K.Torii, T.Okada, Y.Urasaki, T.Ueda, K.Tohyama
    Int J Hematol 94 169-177 2011年07月 査読有り
  • 感染症動向調査情報解析コメント
    上田 孝典
    福井県医師会だより(601) 20 2011年06月 査読無し
  • 慢性骨髄性白血病とニロチニブ
    山内 高弘, 上田孝典
    癌と化学療法 特集:分子標的薬の二次治療 38 911-915 2011年06月 査読無し
  • 抗がん薬投与による急性高尿酸血症への対応
    山内 高弘, 上田孝典
    日本医師会雑誌 140 284 2011年05月 査読無し
  • 二次性高尿酸血症
    山内 高弘, 上田孝典
    医薬の門 51 250-251 2011年03月 査読無し
  • Characterization of cytarabine-resistant leukemic cell lines established from five different blood cell lineages using gene expression and proteomic analyses
    E.Negoro, T.Yamauchi, Y.Urasaki, R.Nishi, H.Hori, T.Ueda
    Int J Oncol 398(4) 911-919 2011年02月 査読有り
  • Camptothecin induces DNA strand breaks and is cytotoxic in stimulated normal lymphocytes
    Yamauchi T, Yoshida A, Ueda T
    Oncol Rep 25 347-352 2011年02月 査読有り
  • 感染症診療のエッセンス -血液内科-
    岩崎 博道, 池ヶ谷 諭史, 飛田征男, 塚本 仁, 上田 孝典
    感染と抗菌薬 14(1) 32-39 2011年01月 査読無し
  • Quantitative estimation of urate transport in nophrons in relation to urinary excretion employing benzbromarone-loading urate clearance tests in cases of hyperuricemia
    Nakamura T, Nishi R, Tanaka T, Takagi K, Yamashita T, 山内 高弘, Ueda T
    Nephron Extra 1(1) 55-68 2011年01月 査読有り
  • Successful administration of recombinant human soluble thrombomodulin α (Recomodulin) for disseminated intravascular coagulation during induction chemotherapy in an elderly patient with acute monoblastic leukemia involving the t(9;11)(p22;q23) MLL/AF9 translocation
    Kazutaka Takagi, Toshiki Tasaki, Takahiro Yamauchi, Hiromichi Iwasaki, Takanori Ueda
    Case Reports in Hematology 2011 Article ID 273070, 5 pages 2011年 査読有り
  • 炎症性サイトカイン過剰産生ヒト胸腺癌細胞株(ThyL-6)におけるFlavopiridolによる転写抑制を介したIL-6分泌抑制
    髙木 和貴, 稲井 邦博, 内木 宏延, 岩崎 博道, 上田 孝典
    痛風と核酸代謝 34(2) 179-187 2010年12月 査読有り
  • 痛風治療最前線 二次性痛風・高尿酸血症
    山内 高弘, 上田孝典
    Modern Physician 30 1414-1416 2010年11月 査読無し
  • 高尿酸血症の病型分類
    上田 孝典
    医薬の門 50(5) 24-25 2010年11月 査読無し
  • 尿酸分解酵素PEG化ウリカーゼの適応と意義
    髙木 和貴, 上田 孝典
    高尿酸血症と痛風 18(2) 145-150 2010年09月 査読無し
  • 第84回日本感染症学会総会
    上田 孝典
    内科 106(2) 370 2010年08月 査読無し
  • 著明な高尿酸血症、腫瘍融解症候群を併発したBurkitt型急性リンパ性白血病
    松田安史, 山内 高弘, 根来英樹, 中山 俊, 上田孝典
    痛風と核酸代謝 34 17-22 2010年07月 査読有り
  • 尿酸降下薬のトピック ユレートオキシダーゼ製剤
    山内 高弘, 上田 孝典
    メディカル朝日 6 40-41 2010年06月 査読無し
  • 血液疾患患者の血液培養から検出されたCoagulase-negative Staphylococciの臨床的意義: 真の菌血症か単なる汚染か
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 上田 孝典
    臨床血液 51(6) 398-401 2010年06月 査読有り
  • 感染症動向調査情報解析コメント
    上田 孝典
    福井県医師会だより(589) 19 2010年06月 査読無し
  • 腫瘍融解症候群に即効,強力に作用、ユレートオキシダーゼ製剤
    山内 高弘, 上田孝典
    Medical Tribune 2010年04月 査読無し
  • Glutathione S-transferase M1 inhibits dexamethasone-induced apoptosis in association with the suppression of Bim through dual mechanisms in a lymphoblastic leukemia cell line
    N.Hosono, S.Kishi, S.Iho, Y.Urasaki, A.Yoshida, H.Kurooka, Y.Yokota, T.Ueda
    Cancer Sci. 101(3) 767-773 2010年03月 査読有り
  • A new high-performance liquid chromatography method determines low production of 9-β-D-arabinofuranosylguanine triphosphate, an active metabolite of nelarabine, in adult T-cell leukemia cells
    T.Yamauchi, R.Nishi, K.Kitazumi, T.Nakano, T.Ueda
    Oncol Rep 23 499-504 2010年02月 査読有り
  • 薬物性/二次性高尿酸血症
    山内 高弘, 上田孝典
    総合臨床 2010年02月 査読無し
  • 急性骨髄性白血病におけるシタラビン耐性機序と治療反応性
    山内 高弘, 上田孝典
    血液フロンティア 20 31-38 2010年01月 査読無し
  • 【新薬展望2010】 治療における最近の新薬の位置付け<薬効別> 新薬の広場 血液腫瘍治療薬(解説/特集)
    浦崎 芳正, 上田 孝典
    医薬ジャーナル 46(S-1) 391-394 2010年01月 査読無し
  • Correlation between the concentrations of tumor necrosis factor-α and the severity of disease in patients infected with Orientia tsutsugamushi
    H.Iwasaki, J.Mizoguchi, N.Takada, K.Tai, S.Ikegaya, T.Ueda
    Int. J. Inf. Dis. 14 e328-333 2010年 査読有り
  • Azithromycin reduces tumor necrosis factor-alpha production in lipopolysaccharide-stimulated THP-1 monocytic cells by modification of stress response and p38 MAPK pathway
    S.Ikegaya, K.Inai, H.Iwasaki, H.Naiki, T.Ueda
    J Chemother 21(4) 396-402 2009年08月 査読有り
  • N-acetylcysteine reduces the severity of atherosclerosis in apolipoprotein E-deficient mice by reducing superoxide production
    K.Shimada, T.Murayama, M.Yokode, T.Kita, H.Uzui, T.Ueda, J-D.Lee, T.Fujita
    Circ J 73(7) 1337 2009年07月 査読有り
  • 福井県感染症情報
    上田 孝典
    福井県医師会だより(577) 25 2009年07月 査読無し
  • Intracellular cytarabine triphosphate production correlates to deoxycytidine kinase / cytosolic 5’-nucleotidase II expression ratio in primary acute myeloid leukemia cells
    T.Yamauchi, E.Negoro E, S.Kishi, K.Takagi, A.Yoshida, Y.Urasaki, H.Iwasaki, T.Ueda
    Biochem. Pharmacol 77(i12) 1780-1786 2009年06月 査読有り
  • 診療の秘訣:痛風・高尿酸血症の治療のコツ
    上田 孝典
    モダン フィジシャン 内科系総合雑誌(特集:ステロイド治療の実際) 29(5) 705 2009年05月 査読有り
  • Secondary malignant fibrous histiocytoma following refractory langerhans cell histiocytosis
    H.Misaki, T.Yamauchi, H.Arai, S.Yamamoto, H.Sutoh, A.Yoshida, H.Tsutani, M.Eguchi, H.Nagoshi, H.Naiki, H.Baba, T.Ueda, M.Yamakawa
    J Clin Exp Hematopathol 49(1) 33-37 2009年04月 査読有り
  • 血液疾患に合併する尿酸産生異常とその対策
    山内 高弘, 上田孝典
    高尿酸血症と痛風 17 159-162 2009年03月 査読無し
  • 心室細動発生前後に著明なJ波が見られたBrugada症候群の1蘇生例
    皿澤 克彦, 中野 顯, 川人 充知, 荒川 健一郎, 宇随 弘泰, 見附 保彦, 上田 孝典, 李 鍾大
    心臓 41(1) 62-66 2009年01月 査読有り
  • Binding of monosodium urate crystals with idiotype protein efficiently promote dendritic cells to induce cytotoxic T cells
    I.Sakamaki, K.Inai, Y.Tsutani, T.Ueda, H.Tsutani
    Cancer Sci 99(11) 2268-2273 2008年11月 査読有り
  • Multiple inflammatory cytokine-productive ThyL-6 cell line established from a patient with thymic carcinoma
    K.Inai, K.Takagi, N.Takimoto, H.Okada, Y.Imamura, T.Ueda, H.Naiki, S.Noriki
    Cancer Sci 99(9) 1778-1784 2008年09月 査読有り
  • 小児急性リンパ性白血病治療のpharmacogenetics
    岸 慎治, 細野 奈穂子, 上田 孝典, Mary V Relling
    臨床薬理 39(4) 99S 2008年07月 査読無し
  • プレドニゾロンの抗腫瘍効果と抗炎症作用の関連
    上田 孝典
    日本医事新報(4396) 89-90 2008年07月 査読無し
  • Relationship between impaired microvascular function in the non-infarct-related area and early left ventricular remodeling in patients with myocardial infarction
    T.Geshi, A.Nakano, H.Uzui, H.Okazawa, Y.Yonekura, T.Ueda, J-D.Lee
    Int J Cardiol 126(6) 366-373 2008年06月 査読有り
  • 尿酸の血中存在様式と動力学
    髙木 和貴, 中村 徹, 上田 孝典
    日本臨床 66(4) 669-674 2008年04月 査読無し
  • Carmustine-resistant cancer cells are sensitized to temozolomide due to enhanced mismatch repair during the development of carmustine resistance
    Yamauchi T, Ogawa M, Ueda T
    Mol Pharmacol 74 82-91 2008年04月 査読有り
  • 造血器腫瘍の化学療法
    浦崎 芳正, 上田 孝典
    外科治療 98 763-770 2008年04月 査読無し
  • 原発性アミロイドーシスに対する自己末梢血幹細胞移植併用melphalan大量療法
    河合 泰一, 酒巻 一平, 根来 英樹, 大槻 希美, 森永 浩次, 木下 圭一, 細野 奈穂子, 岸 愼治, 山内 高弘, 浦崎 芳正, 吉田 明, 岩崎 博道, 津谷 寛, 上田 孝典
    日本輸血細胞治療学会誌 54(4) 497-502 2008年04月 査読有り
  • Pharmacokinetic self-potentiation of idarubicin by induction of anthracycline carbonyl reducing enzymes
    T.Yamashita, T.Fukushima, T.Ueda
    Leukemia&Lymphoma 49(4) 809-814 2008年04月 査読有り
  • 自己末梢血幹細胞移植術後に微小残存病変が定性的PCR法で陰性化した形質細胞白血病
    細野奈穂子, 山内 高弘, 中村 徹, 山下太, 上田孝典
    癌と化学療法誌 35 533-537 2008年03月 査読有り
  • Overcoming imatinib resistance using Src inhibitor CGP76030, Abl inhibitor nilotinib, and Abl/Lyn inhibitor INNO-406 in newly established K562 variants with BCR-ABL gene amplification
    K.Morinaga, T.Yamauchi, S.Kimura, T.Maekawa, T.Ueda
    Int J Cancer 122 2621-2627 2008年01月 査読有り
  • Imidaprilat inhibits matrix metalloproteinase-2 activity in human cardiac fibroblasts induced by interleukin-1beta via NO-dependent pathway
    XG. Guo, H.Uzui, T. Mizuguchi, T.Ueda, J-D.Lee
    Int J Cardiol 2008年01月 査読有り
  • イマチニブ600 mgで分子遺伝学的寛解に到達したIFN不応性CML
    山内 高弘, 根来英樹, 河合泰一, 上田孝典
    慢性骨髄性白血病治療症例集 2008年01月
  • 排泄低下型特発性高尿酸血症、
    山内 高弘, 上田 孝典
    日本臨床 66 679-681 2008年 査読無し
  • 薬剤性高尿酸血症
    山内 高弘, 上田 孝典
    腎と透析 64 493-496 2008年 査読無し
  • 日本血液学会血液専門医(特集「腫瘍内科学にかかわる専門医制度」)
    上田 孝典
    腫瘍内科 1(6) 555-558 2007年12月 査読無し
  • 主な真菌感染症 カンジダ症
    岩崎 博道, 上田 孝典
    血液フロンティア 17(9) 65-72 2007年09月 査読無し
  • Combined low-dose cytarabine, melphalan and mitoxantrone for older patients with acute myeloid leukemia or high-risk myelodysplastic syndrome
    T.Yamauchi, E.Negoro, H.Arai, S.Ikegaya, K.Takagi, H.Takemura, K.Inai, A.Yoshida, Y.Urasaki, H.Iwasaki, T.Ueda
    Anticancer Res 27(4C) 2635-2639 2007年07月 査読有り
  • 骨髄腫細胞に対するイディオタイプ癌ワクチン担体としての尿酸ナトリウム1水和物結晶の有用性
    酒巻 一平, 稲井 邦博, 上田 孝典, 津谷 寛
    痛風と核酸代謝 31(1) 59 2007年07月 査読無し
  • GP7 induces internucleosomal DNA fragmentation independent of caspase activation and DNA fragmentation factor in NB4 cells
    Qi SN, Jing YX, Dong GX, Chen Y, Yoshida A, Ueda T
    Oncol Rep 18(1) 273-277 2007年07月 査読有り
  • テーラーメード治療に向けたglutathione S-transferases遺伝子多型と抗白血病薬の効果・副作用の関連
    岸 愼治, 細野 奈穂子, 上田 孝典, Mary V. Relling
    臨床薬理の進歩 28 185-191 2007年07月 査読有り
  • キメラ型抗CD20抗体リツキシマブの直接的な抗腫瘍メカニズム
    吉田 明, 上田 孝典
    血液・腫瘍科 54(5) 520-524 2007年05月 査読無し
  • Effects of heparin on the production of homocysteine-induced extracellular matrix metalloproteinase-2 in cultured rat vascular smooth muscle cells
    H.Guo, J-D.Lee, H.Uzui, H.Yue, P.Wang, K.Toyoda, T.Geshi, T.Ueda
    Can J Cardiol 23(4) 275-280 2007年04月 査読有り
  • 真菌感染症に係わるリスクファクター
    岩崎 博道, 木下 圭一, 上田 孝典
    血液フロンティア 17(4) 105-111 2007年04月 査読無し
  • 新規抗プリン代謝拮抗薬に関する薬力学的検討
    上田 孝典
    財団法人痛風研究会平成17年度研究助成に対する概要報告書 2007年03月 査読無し
  • コンプロマイズドホストの感染制御
    岩崎 博道, 上田 孝典
    血液・腫瘍科 54(3) 301-308 2007年03月 査読無し
  • Fludarabine-mediated circumvention of cytarabine resistance is associated with fludarabine triphosphate accumulation in cytarabine-resistant leukemic cells
    S, Yamamoto, T.Yamauchi, Y.Kawai, H.Takemura, S.Kishi, A.Yoshida, Y.Urasaki, H.Iwasaki, T.Ueda
    Int J Hematol 85(2) 108-115 2007年02月 査読有り
  • Diabetes mellitus impairs myocardial oxygen metabolism even in non-infarct-related areas in patients with acute myocardial infarction
    K.Toyoda, A.Nakano, Y.Fujibayashi, Y.Yonekura, T.Ueda, J-D.Lee
    Int J Cardiol 115(3) 297-304 2007年02月 査読有り
  • Clinical and prognostic significance of cytokine receptor expression in adult acute lymphoblastic leukemia: interleukin-2 receptor α-chain predicts a poor prognosis
    K.Nakase, K.Kita, H.Miwa, K.Nishii, M.Shikami, I.Tanaka, H.Tsutani, T.Ueda, K.Nasu, T.Kyo, H.Dohy, H.Shiku, N.Katayama
    Leukemia 21 326-332 2007年01月 査読有り
  • Establishment of an arsenic trioxide-resistant human leukemia cell line that shows multidrug resistance
    Seo T, Urasaki Y, Ueda T.
    Int J Hematol. 85(1) 26-31 2007年01月 査読有り
  • INNO-406, a novel BCR-ABL/Lyn dual tyrosine kinase inhibitor, suppresses the growth of Ph+ leukemia cells in the central nervous system, and cyclosporine A augments its in vivo activity
    Yokota A, Kimura S, Masuda S, Ashihara E, Kuroda J, Sato K, Kamitsuji Y, Kawata E, Deguchi Y, Usasaki Y, Terui Y, Ruthardt M, Ueda T, Hatake K, Inui K, Maekawa T
    Blood 109(1) 306-14 2007年01月 査読有り
  • Frequent detection of multidrug-resistant pneumonia-causing bacteria in the pneumonia lung tissues of patients with hematological malignancies
    K.Inai, H.Iwasaki, S.Noriki, S.Ikegaya, M.Yamashita, Y.Imamura, N.Takimoto, H.Kato, T.Ueda, H.Naiki
    Int J Hematol 86(3) 225-232 2007年01月 査読有り
  • 多剤併用化学療法と大量療法、造血器腫瘍ー基礎・臨床領域における最新の研究動向
    山内 高弘, 上田 孝典
    日本臨床 増刊 76 369-374 2007年 査読無し
  • 痛風・高尿酸血症に他の疾患を併発したときの薬の使い方、血液疾患
    山内 高弘, 上田 孝典
    高尿酸血症と痛風 15 54-57 2007年 査読無し
  • Genomic TDMに基づく白血病治療のテーラーメイド化
    山内 高弘, 上田 孝典
    月刊薬事 49 1365-1371 2007年 査読無し
  • A new, simple method for quantifying gemcitabine triphosphate in cancer cells using isocratic high-performance liquid chromatography
    R.Nishi, T.Yamauchi, T.Ueda
    Cancer Sci. 97(11) 1274-1278 2006年11月 査読有り
  • A precise pharmacodynamic study showing the advantage of a marked reduction in cardiotoxicity in continuous infusion of doxorubicin
    T.Ishisaka, S.Kishi, K.Okura, M.Horikoshi, T.Yamashita, Y.Mitsuke, H.Shimizu, T.Ueda
    Leukemia & Lymphoma 47(8) 1599-1607 2006年08月 査読有り
  • 鳥居痛風学術賞の受賞に思う
    上田 孝典
    痛風研究会会報 63(3) 2006年08月 査読無し
  • Comparative assessment of 18F-fluorodeoxyglucose PET and 99mTc-tetrofosmin SPECT for the prediction of functional recovery in patients with reperfused acute myocardial infarction
    H.Shirasaki, A.Nakano, H.Uzui, Y.Yonekura, H.Okazawa, T.Ueda, J-D.Lee
    Eur J Nucl Med Mol Imaging 33(7) 879-886 2006年07月 査読有り
  • Endonuclease activation and chromosomal DNA fragmentation during apoptosis in leukemia cells
    A.Yoshida, Y.Pommier, T.Ueda
    Int J Hematol 84(1) 31-37 2006年07月 査読有り
  • 寛解導入療法と維持療法
    吉田 明, 上田 孝典
    血液・腫瘍科 53(1) 13-16 2006年07月 査読有り
  • Inhibition of glutathione synthesis overcomes Bcl-2-mediated topoisomerase inhibitor resistance and induces nonapoptotic cell death via mitochondrial-independent pathway
    A.Yoshida, H.Takemura, H.Inoue, T.Miyashita, T.Ueda
    Cancer Res 1;66(11) 5772-5780 2006年06月 査読有り
  • Effects of long-term oral treatment with selective vasopressin V2 receptor antagonist (OPC-31260) on adriamycin-induced heart failure in rats
    M.Takeuchi, J-D.Lee, H.Shimizu, T.Ueda
    Int J Cardiol 108(2) 231-236 2006年04月 査読有り
  • Candin family antifungal agent micafungin(FK463) modulates the inflammatory cytokine production stimulated by lipopolysaccharide in THP-1 cells
    K.Kinoshita, H.Iwasaki, H.Uzui, T.Ueda
    Translational Res 148(4) 207-213 2006年01月 査読有り
  • AMI再潅流後亜急性期におけるFDG-PET遅延像での再分布現象
    川人 充知, 中野 顯, 白崎 温久, 宇隨 弘泰, 天谷 直貴, 水口 敏宏, 阪田 純司, 上田 孝典, 李 鍾大, 河合 康幸, 岡沢 秀彦, 米倉 義晴
    第45回北陸循環器核医学研究会記録集 19-20 2006年01月 査読無し
  • Effects of folic acid and magnesium on the production of homocysteine-induced extracellular matrix metalloproteinase-2 in cultured rat vascular smooth muscle cells
    H.Guo, J-D.Lee, H.Uzui, H.Yue, J.Wang, K.Toyoda, T.Geshi, T.Ueda
    Circ J 70(1) 141-146 2006年01月 査読有り
  • 救急を要する関節痛(痛風・偽痛風)
    武村 晴行, 上田 孝典
    成人病と生活習慣病 36(10) 1135-1138 2006年01月 査読有り
  • 不応性貧血(骨髄異形成症候群)診療の参照ガイド
    内山 卓, 朝長 万左男, 大屋敷 一馬, 三谷 絹子, 通山 薫, 上田 孝典, 大西 一功, 小川 誠司, 木村 昭郎, 小澤 敬也, 谷本 光音, 中畑 龍俊, 堀田 知光, 村手 隆, 小峰 光博, 不応性貧血(骨髄異形成症候群)の診療基準と診療参照ガイド作成のためのワーキンググループ
    臨床血液 47(1) 47-68 2006年01月 査読有り
  • QT延長からのtorsade de pointesを合併し、β刺激薬の投与が有効であったたこつぼ型心筋症の1例
    天谷 直貴, 中野 顯, 宇隨 弘泰, 白崎 温久, 水口 敏宏, 上田 孝典, 李 鍾大
    心臓 38(1) 32-37 2006年01月 査読有り
  • 二次性高尿酸血症を見落とさないために、痛風とその関連疾患
    山内 高弘, 上田 孝典
    Medical Practice 23 2085-2088 2006年 査読無し
  • 二次性高尿酸血症、プライマリーケア医のための高尿酸血症・痛風の診かた
    山内 高弘, 上田 孝典
    治療 88 2676-2680 2006年 査読無し
  • Anti-CD20 antibody (Rituximab) therapy in a myasthenia gravis patient with follicular lymphoma
    K.Takagi, A.Yoshida, H.Iwasaki, H.Inoue, T.Ueda
    Ann Hematol 84(8) 548-550 2005年08月 査読有り
  • Anti-CD20 antibody (Rituximab) therapy in a myasthenia gravis patient with follicular lymphoma
    Takagi K, Yoshida A, Iwasaki H, Inoue H, Ueda T
    Ann Hematol 84(8) 548-50 2005年08月 査読有り
  • 1.抗がん剤の作用機序
    岸慎治, 上田孝典
    臨床医 31(7) 1255-1257 2005年07月 査読無し
  • A sensitive new method for clinically monitoring cytarabine concentrations at the DNA level in leukemic cells
    Yamauchi, T., Ueda, T.
    Biochem Pharmacol 69 1795-1803 2005年07月 査読有り
  • Resistance to 9-beta-D-arabinofuranosyl-2-fluoroadenine due to reduced incorporation into DNA from competition by excess deoxyadenosine triphosphate: implications for different sensitivities to nucleoside analogues
    N.Yoshio, Y.Kawai, H.Hori, T.Ueda
    Int J Hematol 81(5) 405-412 2005年06月 査読有り
  • Effect of erythromycin on homocysteine-induced extracellular matrix metalloproteinase-2 production in cultured rat vascular smooth muscle cells
    H.Guo, J-D.Lee, H.Yue, H.Uzui, Y.Xing, J.Wang, K.Toyoda, T.Geshi, T.Ueda
    Indian J Med Res. 121(6) 764-770 2005年06月 査読有り
  • 抗アポトーシス分子survivinと白血病
    吉田明, 上田孝典
    血液フロンティア 15(5) 94-99 2005年05月 査読無し
  • Successful treatment of primary central nervous system lymphoma in an elderly patient
    Yamauchi, T., Tsutani, T., Ishida, K., Kuwata, A., Fujie, H., Takeuchi, H., Kawai, H., Yoshida, M., Kubota, T., Itoh, H., Ueda, T.
    Geriatr Gerontol Int 5 66-70 2005年04月 査読有り
  • Effects of copper and zinc on the production of homocysteine-induced extracellular matrix metalloproteinase-2 in cultured rat vascular smooth muscle cells
    H.Guo, J-D.Lee, H.Uzui, K.Toyoda, T.Geshi, H.Yue, T.Ueda
    Acta Cardiol 60(4) 353-359 2005年04月 査読有り
  • Status of intracellular and extracellular magnesium concentration in patients with cardiac syndrome X
    Guo, H., Lee, J-D., Guo, M., Lu, Y., Tang, F., Ueda, T.
    Acta Cardiol 60(3) 259-263 2005年03月 査読有り
  • 尿酸代謝における最近のTopics―基礎から臨床へ,臨床から基礎へ 尿酸とrasburicase(ウリカーゼ)
    高木 和貴, 稲井 邦博, 上田 孝典
    高尿酸血症と痛風 13(1) 55-61 2005年03月 査読無し
  • Arsenic trioxide circumvents multidrug resistance based on different mechanisms in human leukemia cell lines
    Seo, T., Urasaki, Y., Takemura, H., Ueda, T.
    Anticancer Res 25(2A) 991-998 2005年03月 査読有り
  • オールトランスレチノイン酸による寛解導入療法施行中に完全房室ブロックによるAdams-Stokes発作を生じた急性前骨髄球性白血病
    山内高弘, 荒井肇, 多賀雅浩, 中野顕, 天谷直貴, 李鍾大, 上田孝典
    臨床血液 46 206-210 2005年03月 査読有り
  • Paraneoplastic pemphigus with widespread mucosal involvement
    M.Wakahara, T.Kiyohara, M.Kumakiri, T.Ueda, K.Ishiguro, T.Fujita, M.Amagai, T.Hashimoto
    Acta Derm Venereol 85 530-531 2005年02月 査読有り
  • Different clinical features, biochemical profiles, echocardiographic and electrocardiography findings in the elderly and younger with idiopathic dilated cardiomyopathy
    Guo, H., Lee, J-D., Ueda, T., Wang, J., Lu, D., He, H., Shan, J.
    Acta Cardiol 60(1) 27-31 2005年01月 査読有り
  • Comparison of clinical and electrophysiological characteristics between symptomatic and asymptomatic Brugada syndromes
    Amaya, N., Lee, J.D., Nakano, A., Uzui, H., Geshi, T., Toyoda, K., Shirasaki, H., Mizuguchi, T., Ueda, T., Watanuki, M., Ikeguchi, S.
    Advances in Electro Cardiology 2004, Proceedings of the 31st Internal Congress on Electrocadiology 403-407 2005年01月 査読無し
  • Pravastatin suppresses the increase of matrix metalloproteinase-2 iafter acute myocardial infarction
    R.Nakaya, H.Uzui, H.Shimizu, A.Nakano, Y.Mitsuke, T.Yamazaki, T.Ueda, J-D.Lee
    Int J Cardiol 105(1) 67-73 2005年01月 査読有り
  • Pravastatin suppresses the increase in matrix metalloproteinase-2 levels after acute myocardial infarction
    R.Nakaya, H.Uzui, H.Shimizu, A.Nakano, Y.Mitsuke, T.Yamazaki, T.Ueda, JD.Lee
    Int J Cardiol. 2005 Oct 20;105(1):67-73 2005年01月 査読有り
  • Microvascular angina, adverse outcome: a case report
    A.Nakano, J-D.Lee, H.Shimizu, T.Ueda
    Int J Cardiol 98 501-502 2005年 査読有り
  • 尿酸とrasburicase (ウリカーゼ)
    髙木 和貴, 稲井 邦博, 上田 孝典
    高尿酸血症と痛風 13(1) 55-61 2005年 査読無し
  • Relationship between impaired microvascular function within non-infarct-related area and early left ventricular remodeling in patients with myocardial infarction
    Geshi, T., Lee, J-D., Nakano, A., Uzui, H., Toyoda, K., Amaya, N., Shirasaki, H., Mizuguchi, T., Okazawa, H., Fujibayashi, Y., Yonekura, Y., Ueda, T.
    高エネルギー医学研究センター年報.2003 85-91 2004年09月 査読無し
  • 心筋梗塞再灌流後早期の心筋viability予測におけるFDG-PETの有用性と問題点-安静99mTc-tetrofosmin SPECTとの比較-
    白崎温久, 李鍾大, 中野顕, 宇隨弘泰, 下司徹, 豊田清浩, 天谷直貴, 水口敏宏, 岡沢秀彦, 藤林康久, 米倉義晴, 上田孝典
    福井大学医学部高エネルギー研究センター年報.2003 96-102 2004年09月 査読無し
  • Different effects of calcium channel blockers on matrix metalloproteinase-2 expression in cultured rat cardiac fibroblasts
    Yue, H., Uzui, H., Shimizu, H., Nakano, A., Mitsuke, Y., Ueda, T., Lee, J-D.
    J Cardiovasc Pharmacol 44(2) 223-230 2004年08月 査読有り
  • 二次性高尿酸血症
    山内高弘, 上田孝典
    Modern Physician 24 (8) 1318-1320 2004年08月 査読無し
  • 冠動脈バイパス術に両心室ペーシングの併用が有効であった完全房室ブロック合併虚血性心筋症の1例
    白崎温久, 李 鍾大, 中野 顯, 宇隨弘泰, 豊田清浩, 下司 徹, 天谷直貴, 水口敏宏, 上田孝典, 森岡浩一, 田中国義
    第十一回北陸心不全研究会記録集 42068 2004年08月 査読無し
  • Different effects of calcium channel blockers on matrix metalloproteinase-2 expression in cultured rat cardiac fibroblasts
    H. Yue, H.Uzui, H.Shimizu, A.Nakano, Y.Mitsuke, T.Yamazaki, T.Ueda, JD.Lee
    J Cardiovasc Pharmacol. 2004 Aug;44(2):223-30 2004年08月 査読有り
  • Effects of magnesium on matrix metalloproteinase-2 production in cultured rat cardiac fibroblasts
    Yue, H., Uzui, H., Lee, J-D., Shimizu, H., Ueda, T.
    Bas Res Cardiol 99(4) 257-263 2004年07月 査読有り
  • Imatinib(Glivec)と慢性骨髄性白血病
    河合 泰一, 上田 孝典
    日本臨床 62(7) 1325-1331 2004年07月 査読無し
  • 血液感染症
    岩崎博道, 室井洋子, 上田孝典
    Medicament News 1801 2004年06月 査読無し
  • Percutaneous transluminal septal myocardial ablation in hypertrophic obstructive cardiomyopathy: acute results and three-year noninvasive follow-up in 18 patients
    H.Guo, J.Wang, J.Cheng, J.Shan, J-D.Lee, T.Ueda
    Can J Cardiol 20(8) 779-782 2004年06月 査読有り
  • Relationship between the degree of intracellular magnesium deficiency and the frequency of chest pain in women with variant angina
    Guo, H., Cheng, J., Lee, J-D., Ueda, T., Shan, J., Wang, J.
    Herz 29(3) 299-303 2004年05月 査読有り
  • Simple and sensitive method for quantification of fludarabine triphosphate intracellular concentration in leukemic cells using isocratic high-performance liquid chromatography
    Yamauchi, T., Ueda, T.
    J. Chromatogr. B 799 81-86 2004年04月 査読有り
  • Modulation of the human interleukin-12p40 response by a triazole antifungal derivative, itraconazole
    Inoue, H., Iwasaki, H., Abe, S., Yamaguchi, H., Ueda, T.
    Scand J Infect Dis 36 607-609 2004年04月 査読有り
  • 血液疾患におけるFebrile neutropeniaに対する抗菌剤のサイクリング療法
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 木下 圭一, 浦崎 芳正, 津谷 寛, 上田 孝典
    日本感染症学会雑誌 78(3) 241-247 2004年04月 査読有り
  • 白血病の診断と治療-最近の進歩-
    上田孝典
    日本内科学会雑誌 93(3) 2004年03月 査読無し
  • 血液疾患におけるFebrile neutropeniaに対する抗菌剤のサイクリング療法
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 木下 圭一, 浦崎 芳正, 津谷 寛, 上田 孝典
    感染症学雑誌 78(3) 241-247 2004年03月 査読有り
  • 抗白血病薬の作用機序
    山内高弘, 上田孝典
    内科診療QUESTIONS & ANSWERS 38 228-229 2004年03月 査読無し
  • 急性骨髄性白血病
    岸慎治, 上田孝典
    検査と技術 32(3) 2004年03月 査読無し
  • Effects of magnesium on prostacyclin synthesis and intracellular free calcium concentration in vascular cells
    K.Satake, JD.Lee, H.Shimizu, H.Uzui, Y.Mitsuke, H. Yue, T.Ueda, A.Nakano
    Magnes Res. 2004 Mar;17(1):20-7. 2004年03月 査読有り
  • Identification of a novel splice variant of the human anti-apoptotic gene survivin
    Badran, A., A.Yoshida, Ishikawa,K., T.Goi, A.Yamaguchi, T.Ueda, M. Inuzuka
    Biochem. Biophys. Res. Com. 314(3) 902-907 2004年02月 査読有り
  • Reduced intensity allogeneic stem cell transplantation for systemic primary amyloidosis refractory to high-dose melphalan
    Kawai, Y., Kinoshita, K., Arai, H., Kuwata, A., Fukuoka, Y., Yamaoka, M., Imamura, S., Tsutani, H., Ueda, T.
    Eur J Haematol 72 448-450 2004年02月 査読有り
  • ALアミロイドーシスに対する自己移植・ミニ同種移植連続治療
    河合 泰一, 津谷 寛, 上田 孝典
    中部リウマチ 35(1) 16-17 2004年02月 査読無し
  • 血液内科領域における抗菌薬サイクリング療法
    岩崎博道, 池ヶ谷諭史, 木下圭一, 上田孝典
    Progress in Medicine 24(2) 2004年02月 査読無し
  • 皮膚ムコール症の1例
    川崎 勇夫, 清原 隆宏, 熊切 正信, 河合 泰一, 上田 孝典, 池ケ谷 諭史
    皮膚科の臨床 46(2) 477-280 2004年02月 査読有り
  • GP7 can induce apoptotic DNA fragmentation of human leukemia cells through caspase-3-dependent and -independent pathways
    Qi, S.N., Yoshida, A., Wang, Z.R., Ueda, T.
    Int J Mol Med 13(1) 163-167 2004年01月 査読有り
  • Circulating matrix metalloproteinase-2 is elevated in patients with congestive heart failure
    Yamazaki, T., Lee, J-D., Shimizu, H., Uzui, H., Ueda, T.
    Eur J Heart Failure 6(1) 41-45 2004年01月 査読有り
  • Effects of magnesium on prostacyclin synthesis and intracellular free calcium concentration in vascular cells
    Satake, K., Lee, J-D., Shimizu, H., Uzui, H., Ueda, T.
    Magnesium Res 17(1) 20-27 2004年01月 査読有り
  • Relationship between hypertensive left ventricular hypertrophy, neurohormonal factors and ventricular arrhythmias in very old patients
    Guo, H., Cheng, J., Lee, J-D., Ueda, T., Shan, J., Wang, J.
    Acta Cardiol 59(1) 47-50 2004年01月 査読有り
  • Changes of homocysteine levels and arterial endothelial function in patients with high risk of coronary artery disease after 6-month folic acid supplementation
    Guo, H., Lee, J-D., Xing, Y., Cheng, J., Ueda, T., Toyoda, K., Geshi, T.
    Acta Cardiol 59(5) 503-506 2004年01月 査読有り
  • Hyperhomocysteinaemia & folic acid supplementation in patients with high risk of coronary artery disease
    Guo, H., Lee, J-D., Ueda, T., Cheng, J., Shan, J., Wang, J.
    Indian J Med Res 119 33-37 2004年01月 査読有り
  • 造血器腫瘍のトランスレーショナルリサーチ 1)白血病
    吉田明, 武村晴行, 上田孝典
    血液フロンティア 14(11) 65-73 2004年01月 査読無し
  • 代表的抗白血病剤シタラビン (ara-C) 治療における患者白血病細胞DNA内転入ara-Cの微量定量法の確立
    山内高弘, 上田孝典
    Jpn J Clin Pharmacol Ther 35 100S 2004年01月 査読無し
  • 治療における最近の新薬の位置づけ ~新薬の広場~ <抗悪性腫瘍薬> 白血病治療薬・悪性リンパ腫治療薬
    岸慎治, 上田孝典
    医薬ジャーナル 40巻増刊号 374-378 2004年01月 査読無し
  • 慢性骨髄性白血病細胞株K562におけるimatinib mesylate(STI571,Gleevec)耐性株の樹立およびその耐性機序
    森永 浩次, 山内 高弘, 岩崎 博道, 吉田 明, 浦崎 芳正, 河合 泰一, 岸 愼治, 木下 圭一, 山本 秀二, 荒井 肇, 根来 英樹, 稲井 邦博, 上田 孝典
    Jpn J Clin Pharmacol Ther 35(1) 99s 2004年01月 査読有り
  • 造血器腫瘍治療の最前線と血液検査
    上田孝典
    日本検査血液学会雑誌 5(2) 213-219 2004年 査読無し
  • Inhibition of repair of carboplatin-induced DNA damage by 9-beta-D-arabinofuranosyl-2-fluoroadenine in quiescent human lymphocytes
    Takagi K, Kawai Y, Yamauchi T, Ueda T
    Biochem Pharmacol 68(9) 1757-66 2004年 査読有り
  • 抗がん剤とプリン・ピリミジン代謝
    上田 孝典, 山内 高弘, 河合 泰一, 髙木 和貴
    痛風と核酸代謝 28(21) 150-153 2004年 査読有り
  • 化学療法薬と副作用、悪性リンパ腫のすべて
    山内 高弘, 上田 孝典
    血液・腫瘍科 49 362-367 2004年 査読無し
  • 腎尿細管における尿酸転送機構を検討した低尿酸血症の1例
    金森範夫, 山下太郎, 田中経雄, 仁科甫啓, 高木和貴, 津谷寛, 上田孝典, 中村徹
    痛風と核酸代謝 27(2) 119-124 2003年12月 査読無し
  • 心筋梗塞例のviability診断におけるFDG-PETの有用性と問題点
    中野顕, 李鍾大, 清水寛正, 大倉清孝, 堀越元三郎, 下司徹, 豊田清浩, 上田孝典, 土田龍郎, 伊藤春海, 藤林康久, 米倉義晴
    New Town Conference 34-37 2003年12月 査読無し
  • Pharmacological study of modified intermediate-dose cytarabine therapy in patients wih acute myeloid leukemia
    Sutoh, H., Yamauchi, T., Gotoh, N., Sugiyama, M., Ueda, T.
    Anticancer Res 23 5037-5042 2003年12月 査読有り
  • 高尿酸血症の診断と病型分類―血清尿酸値の解釈と病型分類の実際―
    稲井 邦博, 津谷 寛, 上田 孝典
    Medical Practice 20(11) 1863-1867 2003年11月 査読無し
  • Characteristics of t(8;21) acute myeloid leukemia(AML) with additional chromosomal abnormality:concomitant trisomy 4 may constitute a distinctive subtype of t(8;21) AML
    Nishii, K., Usui, E., Katayama, N., Lorenzo, F. V., Nakase, K., Kobayashi, T., Miwa, H., Mizutani, M., Tanaka, I., Nasu, K., Dohy, H., Kyo, T., Taniwaki, M., Ueda, T., Kita, K., Shiku, H.
    Leukemia (17)9 731-737 2003年09月 査読有り
  • 心筋酸素代謝に及ぼす血中遊離脂肪酸濃度の影響
    豊田清浩, 李鍾大, 清水寛正, 中野顯, 下司徹, 天谷直貴, 白崎温久, 上田孝典, 土田龍郎, 伊藤春海, 藤林康久, 米倉義晴
    高エネルギー医学研究センター年報 2002 75-77 2003年09月 査読無し
  • 心筋梗塞再潅流後早期の冠微小循環動態と壁運動改善との関連~安静/ATP負荷アンモニア心筋PETを用いた検討~
    下司徹, 李鍾大, 清水寛正, 中野顯, 宇隨弘泰, 中谷玲子, 豊田清浩, 天谷直貴, 白崎温久, 水口敏宏, 上田孝典, 岡沢秀彦, 藤林康久, 米倉義晴
    高エネルギー医学研究センター年報 2002 66-74 2003年09月 査読無し
  • VAD療法によりともに改善が得られた潰瘍性大腸炎を合併した多発性骨髄腫の一例
    山内高弘, 桑田敦, 荒井肇, 道上学, 上田孝典
    血液腫瘍科 47 609-614 2003年09月 査読有り
  • The third-generation bisphosphonate zoledronate synergistically augments the anti-Ph+ leukemia activity of imatinib mesylate
    Kuroda, J., Kimura, S., Segawa, H., Kobayashi, Y., Yoshikawa, T., Y.Urasaki, T.Ueda, Enjo, F., Tokuda, H., Ottmann, O.G., Maekawa, T.
    Blood 102(6) 2229-2235 2003年09月 査読有り
  • Human apurinic/apyrimidinic endonuclease (Ape1) and its N-terminal truncated form (AN34) are involved in DNA fragmentation during apoptosis
    A.Yoshida, Y.Urasaki, Waltham, M., Bergman, A., Pourquier, P., Rothwell, D. G., M. Inuzuka, Weinstein, J. N., T.Ueda, Appela,E., Hickson, I. D., Pommier, Y.
    J. Biol. Chem. 278(39) 37768-37779, 2003年09月 査読有り
  • 腎の尿酸排泄に影響する因子 薬剤
    上田孝典, 稲井邦博
    腎と透析 55(2) 287-290 2003年08月 査読無し
  • アドリアマイシンによる心筋代謝障害の評価における心筋ミトコンドリア内complex I活性測定の意義
    大倉清孝, 李 鍾大, 清水寛正, 中野顯, 堀越元三郎, 山崎武俊, 竹内雅之, 荒井健哉, 酒井克哉, 中谷玲子, 下司徹, 豊田清浩, 天谷直貴, 上田孝典, 藤林康久, 米倉義晴
    第十回北陸心不全研究会記録集 42099 2003年08月 査読無し
  • 悪性リンパ腫患者におけるCHOP療法後早期の尿酸動態
    高木 和貴, 津谷 寛, 稲井 邦博, 今村 信, 中村 徹, 上田 孝典
    痛風と核酸代謝 27(1) 42326 2003年07月 査読有り
  • 急性白血病の診断の実際-必要な検査とその読み方-
    今村信, 上田孝典
    Medical Practice 白血病とリンパ腫 分子標的療法の時代の実地診療 1159-1163 2003年07月 査読無し
  • 悪性リンパ腫患者におけるCHOP療法後早期の尿酸動態
    髙木 和貴, 津谷 寛, 稲井 邦博, 今村 信, 中村 徹, 上田 孝典
    痛風と核酸代謝 27(1) 42326 2003年07月 査読有り
  • Esophageal erosion as a possible bacterial entry site in an acute lymphoblastic leukemia patient with sepsis
    S.Ikegaya, A.Yoshida, H.Iwasaki, H.Naiki, T.Ueda
    Int. J. Hematol 77(4) 395-398 2003年05月 査読有り
  • Esophageal erosion as a possible bacterial entry site in an acute lymphoblastic leukemia patient with sepsis
    S. Ikegaya, Yoshida A, H.Iwasaki, H.Naiki, T.Ueda
    Int J Hematology 77(4) 395-398 2003年05月 査読有り
  • ドブタミン負荷心電図同期FDG-PETによるviability評価の試み
    中野顕, 李鍾大, 清水寛正, 下司徹, 豊田清浩, 上田孝典, 土田龍郎, 伊藤春海, 西澤貞彦, 米倉義晴
    第10回福井県核医学研究会記録集 42193 2003年04月 査読無し
  • Unrelated donor bone marrow transplantation for acute mixed lineage (myeloid and B-lymphoid lineage) leukemia in an adult with down syndrome
    K.Takagi, A.Yoshida, K.Kinoshita, D.Iwashima, S.Imamura, H.Iwasaki, H.Tsutani, T.Ueda
    Ann Hematol 82(4) 236-240 2003年04月 査読有り
  • Unrelated donor bone marrow transplantation for acute mixed lineage (myeloid and B-lymphoid lineage) leukemia in an adult with Down syndrome
    Takagi K, Yoshida A, Kinoshita K, Iwashima D, Imamaura S, Iwasaki H, Tsutani H, Ueda T
    Ann Hematol 82(4) 236-40 2003年04月 査読有り
  • 組織破壊による高尿酸血症
    稲井 邦博, 山崎 武俊, 上田 孝典
    高尿酸血症と痛風 11(1) 33-37 2003年03月 査読無し
  • The mechanism of severity of tsutsugamushi disease (scrub typhus) in asia
    H.Iwasaki, N.Takada, T.Ueda
    Res Adv Microbiol 3 131-137 2003年03月 査読無し
  • 骨髄異形成症候群における抗アポトーシス分子Survivinの発現解析-新しいスプライス・バリアントの同定-
    上田孝典, 吉田明, 今村信
    特発性造血障害に関する調査研究班平成14年度総括・分担研究報告書 106-108 2003年03月 査読無し
  • Pharmacokinetics of a standard dose of cytarabine in a patient with acute promyelocytic leukemia undergoing continuous ambulatory peritoneal dialysis
    Takeuchi, M., Yamauchi, T., Yoshida, I., Soda, R., Ueda, T., Takahashi, K.
    Int J Hematol 77 196-198 2003年02月 査読有り
  • Effects of magnesium on the production of extracellular matrix metalloproteinases in cultured rat vascular smooth muscle cells
    Yue, H., Lee, J. D., Shimizu, H., Uzui, H., Mitsuke, Y., Ueda, T.
    Atherosclerosis 166 271-277 2003年02月 査読有り
  • A comparison of the specificity and sensitivity of two Candida antigen assay systems for the diagnosis of deep candidiasis in patients with hematologic diseases
    H.Misaki, H.Iwasaki, T.Ueda
    Med Sci Monit 9(2) MT1-7 2003年02月 査読有り
  • Linear acral pseudolymphomatous angiokeratoma of children (APACHE) : Further evidence that APACHE is a cutaneous pseudolymphoma
    Kiyohara, T., Kumakiri, M., Kawasaki, T., Takeuchi, A., Kuwahara, H., Ueda,T.
    J Am Acad Dermatol 48(2) S15-S17 2003年02月 査読有り
  • コンピューター制御24時間温度管理システムを用いた血液製剤保冷庫管理のリスクマネージメント
    岩崎 博道, 小林 洋子, 高澤 ゆみえ, 今村 信, 西野 主眞, 上田 孝典
    日本輸血学会雑誌 49(3) 403-410 2003年02月 査読有り
  • Expression of the antiapoptotic gene survivin in chronic myeloid leukemia
    A.Badran, A.Yoshida, Y.Wano, S.Imamura, Y.Kawai, H.Tsutani, M. Inuzuka, T.Ueda
    Anticancer Res 23(1B) 589-592 2003年02月 査読有り
  • Effects of magnesium on the production of extracellular matrix metalloproteinases in cultured rat vascular smooth muscle cells
    H. Yue, JD.Lee, H.Shimizu, H.Uzui, Y.Mitsuke, T.Ueda, T.Yamazaki, A.Nakano
    Atherosclerosis. 2003 Feb;166(2):271-7. 2003年02月 査読有り
  • 痛風~高尿酸血症と無症候性高尿酸血症の治療~
    稲井邦博, 上田孝典
    Medicament News 1778 22-23 2003年01月 査読無し
  • Successful lamivudine therapy for postchemotherapeutic fulminant hepatitis B in a hepatitis B virus carrier with non-Hodgkin's lymphoma
    Kawai, Y., Ikegaya, S., Hata, M., Kwahito, M., Imamura, S., Yoshida, A., Tsutani, H., Ueda, T.
    Review Series Hepatitis 1 42163 2003年01月 査読無し
  • Enhanced DNA excision repair in CCRF-CEM cells resistant to 1, 3-bis(2-chloroethyl)-1-nitrosourea, quantitated using the single cell gel electrophoresis (comet) aasay
    Yamauchi, T., Kawai, Y., Ueda, T.
    Biochem Pharmacol Pharmacol. 66: 939-946 2003年01月 査読有り
  • Activation of caspases-3/7 is dispensable for idarubicin-induced apoptotic DNA fragmentation in human leukemia cells
    Qi, S. N., Yoshida, A., Ueda, T.
    Int J Oncol 22(5) 1123-1128 2003年01月 査読有り
  • IL-6の血清尿酸低下作用
    吉尾伸之, 津谷寛, 上田孝典
    高尿酸血症・低尿酸血症-痛風の治療新ガイドライン- 日本臨床 455-458 2003年01月 査読無し
  • Human AP endonuclease possesses a significant activity as major 3'-5' exonuclease in human leukemia cell
    Yoshida, A., Ueda, T.
    Biochem Biophys Res Commun 310(2) 522-528 2003年01月 査読有り
  • 二次性(続発性)低尿酸血症 悪性腫瘍
    今村信, 上田孝典
    高尿酸血症・低尿酸血症-痛風の治療新ガイドライン- 日本臨床 393-397 2003年01月 査読無し
  • Atypical nuclear apoptosis downstream to caspase-3 activation in ara-C treated CCRF-CEM cells
    A.Badran, H.Iwasaki, H.Inoue, T.Ueda
    Int J Oncol 22 517-522 2003年01月 査読有り
  • 二次性尿酸代謝異常-腫瘍性低尿酸血症
    高木 和貴, 津谷 寛, 中村 徹, 上田 孝典
    高尿酸血症と痛風 11(1) 86-92 2003年01月 査読無し
  • プリン 尿酸の動力学と輸送・排泄機構 尿酸の血中存在様式と動力学
    上田孝典
    高尿酸血症・低尿酸血症-痛風の治療新ガイドライン- 日本臨床 114-118 2003年01月 査読無し
  • 抗悪性腫瘍薬の併用方法と効果の予測性
    上田孝典
    日本医師会雑誌 130(7) 1030-1034 2003年01月 査読無し
  • Successful treatment of pyoderma gangrenosum that developed in a patient with myelodysplastic syndrome
    Yamauchi, T., Ishida, K., Iwashima,Y., Ikegaya,S., Kawai,Y., Wakahara, M., kumakiri, M., Ueda,T.
    J Infect Chemother 9 268-271 2003年01月 査読有り
  • Mitochondrials complex I activity is reduced in latent adriamycin-induced cardiomyopathy of rat
    K.Ohkura, J-D.Lee, H.Shimizu, A.Nakano, H.Uzui, M.Horikoshi, Y.Fujibayashi, Y.Yonekura, T.Ueda
    Mol Cell Biochem 248(42006) 203-208 2003年01月 査読有り
  • Expression of the anti-apoptotic gene survivin in myelodysplastic syndrome
    A.Badran, A.Yoshida, Y.Wano, M.Mutoh, S.Imamura, T.Yamashita, H.Tsutani, M. Inuzuka, T.Ueda
    Int J Oncol 22(1) 59-64 2003年01月 査読有り
  • 高尿酸血症におけるサイトカインの役割
    吉尾伸之, 津谷寛, 上田孝典
    高尿酸血症と痛風 11(2). メディカルレビュー社 142-146 2003年 査読無し
  • 腎尿細管における尿酸転送機構を検討した低尿酸血症の1例
    金森範夫, 山下太郎, 田中経雄, 仁科甫啓, 髙木和貴, 津谷寛, 上田孝典, 中村 徹
    痛風と核酸代謝 27(21) 119-124 2003年 査読有り
  • 白血病
    山内 高弘, 上田 孝典
    薬局 増刊号 54 923-929 2003年 査読無し
  • 二次性尿酸代謝異常, 腫瘍性低尿酸血症
    髙木 和貴, 津谷 寛, 中村 徹, 上田 孝典
    高尿酸血症と痛風 11(1) 86-92 2003年 査読無し
  • 尿酸代謝動態から見た骨髄異形成症候群と再生不良性貧血の比較
    稲井 邦博, 津谷 寛, 髙木 和貴, 吉尾 伸之, 今村 信, 上田 孝典
    痛風と核酸代謝 26(1) 13-18 2002年07月 査読有り
  • Pure red cell aplasia developed into myeloproliferation with myelodysplasia and subsequent leukemia after cyclosporin A therapy
    Yamauchi, T., Ueda, T.
    Int. J. Hematol., 74 514-518 2002年 査読有り
  • An autopsy case of disseminated mucormycosis in a neutropenic patient receiving chemotherapy for the underlying solid malignancy
    Yamauchi T, Ueda T
    J. Infect. Chemother., 8 103-105 2002年 査読有り
  • 1-beta-D-Arabinofuranosylcytosine is cytotoxic in quiescent normal lymphocytes undergoing DNA excision repair
    Yamauchi, T., kawai Y, ueda T
    Cancer Sci 5(1) 66-70 2002年 査読有り
  • Inhibition of nucleotide excision repair by fludarabine in normal lymphocytes in vitro, measured by the alkaline single cell gel electrophoresis (Comet) assay
    Yamauchi, T., Kawai Y, Ueda T
    Cancer Sci 93 567-573 2002年 査読有り
  • Alkylator-induced DNA excision repair in human leukemia CCRF-CEM cells in vitro, measured using the single cell gel electrophoresis (Comet) assay
    Yamauchi T, Kawai Y, Ueda T
    Int. J. Hematol., 76 328-332 2002年 査読有り
  • Serum cytokine level during continuous venovenous hemofiltration in toxic shock-like syndrome due to group G beta-streptococcus bacteremia in a patients with ideopathic thrombocytopenic purpura
    Takagi K, Shimizu H, Iwasaki H, Tsutani H, Ueda T
    Scandinavian Journal of Infectious Disease 34 403-406 2002年 査読有り
  • ヒトリンパ系白血病細胞CCRF-CEM細胞に対するDoxycyclineの増殖抑制効果
    上田 孝典
    臨床薬理 33(1) 59S-60S 2002年
  • アポトーシスの際にcaspase3により活性化されるエンドヌクレアーゼAN34の精製・同定
    上田 孝典
    臨床薬理の進歩 23 113-117 2002年
  • STI571: 急性リンパ性白血病
    上田 孝典
    カレントテラピー 20 13-17 2002年
  • 抗腫瘍薬の新しい展開: 化学療法
    上田 孝典
    臨床医 28 1640-1643 2002年
  • Inhibition of nucleotide excision repair by fludarabine in normal lymphocytes in vitro, measured by the alkaline single cell gel electrophoresis (Comet) assay
    T.Ueda
    Jpn J Cancer Res 93 567-573 2002年
  • 混合型二次性高尿酸血症
    上田 孝典
    痛風と核酸代謝 26(suppl1) 63 2002年
  • Reversible defect of123 Ⅰ-15-(p-iodophenyl)-9-(R,S)-methylpentadecanoic acid indicates residual viability within infarct-related area
    T.Ueda
    Annals of Nuclear Medicine 16(3) 183-187 2002年
  • 尿酸産生過剰型二次性高尿酸血症
    上田 孝典
    痛風と核酸代謝 26(suppl1) 61-62 2002年
  • Dexamethasone-resistant human pre-B leukemia 697 cell line evolving elevation of intracellular glutathione level: An additional resistant mechanism
    T.Ueda
    Jpn J Cancer Res 93 582-590 2002年
  • 病型分類
    上田 孝典
    痛風と核酸代謝 26(suppl1) 15-17 2002年
  • High molecular weight DNA fragmentation assay: A sensitive method for monitoring in vivo response to antileukemic chemotherapy
    T.Ueda
    Anticancer Research 22 3025-3028 2002年
  • 痛風・高尿酸血症の検査と診断
    上田 孝典
    今月の治療10 953-956 2002年
  • Expression of the antiapoptotic gene survivin in chronic myeloid leukemia
    T.Ueda
    Anticancer Research 22 inpress 2002年
  • 巻頭言:分子標的治療の幕開け
    上田 孝典
    痛風 2002年
  • Prediction of sensitivity to STI571 among chronic myeloid leukemia patients by genome-wide cDNA microarray analysis
    T.Ueda
    Jpn J Cancer Res 93 849-856 2002年
  • 白血病治療薬シタラビンに対する耐性克服手段としてのアフィジコリンの可能性
    上田 孝典
    痛風と核酸代謝 26 49-50 2002年
  • Alkylator-induced DNA excision repair in human leukemia CCRF-CEM cells in vitro, measured using the single-cell gel electrophoresis (comet) assay
    T.Ueda
    Int J Hematol 76 328-332 2002年
  • 白血病細胞において強い活性を示す3'-5' exonuclease の同定
    上田 孝典
    痛風と核酸代謝 26 47 2002年
  • Doxycycline induces apoptosis by way of caspase-3 activation with inhibition of matrix metalloproteinase in human T-lymphoblastic leukemia CCRF-CEM cells
    T.Ueda
    J Lab Clin Med 140(6) 382-386 2002年
  • 造血器悪性腫瘍患者における抗腫瘍性化学療法後の低尿酸血症の解析
    上田 孝典
    痛風と核酸代謝 26 48 2002年
  • Evaluation of arteriolar hyalinosis of skin in patients with chronic congestive heart failure
    T.Ueda
    Circ J 66(4) 382-384 2002年
  • 抗白血病剤フルダラビンヌクレオシド(F-ara-A)によるヌクレオチド除去修復の阻害
    上田 孝典
    痛風と核酸代謝 26 45 2002年
  • Serum cytokine level during continuous venovenous hemofiltration in toxic shock-like syndrome due to group G streptococcus bacteremia in a patient with idiopathic thrombocytopenic purpura
    T.Ueda
    Scand J Infect Dis 34(6) 403-406 2002年
  • 二次性高尿酸血症とその治療
    上田 孝典
    痛風と核酸代謝 26 181-182 2002年
  • 1-beta-D-arabinofuranosylcytosine is cytotoxic in quiescent normal lymphocytes undergoing DNA excision repair
    T.Ueda
    Jpn J Cancer Res 93 1334-1341 2002年
  • An autopsy case of desseminated mucormycosis in a neutropenic receiving chemotherapy for the underlying solid malignancy
    T.Ueda
    J Infect Chemother 8 103-105 2002年
  • Pure red cell aplasia developed into myeloproliferation with myelodysplasia and subsequent leukemia after cyclosporin A therapy
    T.Ueda
    Int J Hematol 75 514-518 2002年
  • Effect of azithromycin on cytokine production by THP-1 cells
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 井上 仁, 高木 和貴, 上田 孝典
    Jpn J Antibiotics 54(Suppl C) 80-82 2001年12月 査読無し
  • Interleukin-6産生胸腺癌患者における尿酸代謝動態
    髙木 和貴, 稲井 邦博, 津谷 寛, 吉尾 伸之, 吉田 明, 内木 宏延, 中村 徹, 上田 孝典
    痛風と核酸代謝 25(1) 66-67 2001年07月 査読無し
  • グアニンヌクレオチド減少と細胞周期進行から見たIMP脱水素酵素阻害による分化誘導作用機序
    稲井 邦博, 津谷 寛, 酒巻 一平, 内木 宏延, 上田 孝典
    痛風と核酸代謝 25(1) 13-19 2001年07月 査読有り
  • Nitric oxide synthase activity in peripheral polymorphonuclear leukocytes in patients with chronic congestive heart failure
    Y.Mitsuke, JD.Lee, H.Shimizu, H.Uzui, H.Iwasaki, T.Ueda
    Am J Cardiol. 2001 Jan 15;87(2):183-187. 2001年01月 査読有り
  • Acute fatty liver of pregnancy complicated with anterior pituitary insufficiency
    Yamauchi T, Ueda T
    Intern. Med., 40 1227-1231 2001年 査読有り
  • Close correlation of 1-beta-D-arabinofuranosylcytosine 5'-triphosphate, an intracellular active metabolite, to the therapeutic efficacy of N4-behenoyl-1-beta-D-arabinofuranosylcytosine therapy for acute myelogenous leukemia
    Yamauchi T, Kawai Y, Gotoh N, Kishi S, Imamura S, Yoshida A, Urasaki Y, Fukushima T, Iwasaki H, Tsutani H, Masada M, Ueda T
    Cancer Sci 92 975-982 2001年 査読無し
  • Monitoring of intracellular 1-beta-D-arabinofuranosylcytosine 5'-triphosphate in 1-beta-D-arabinofuranosylcytosine therapy at low- and conventional- doses
    Yamauchi T, Kawai Y, Gotoh N, Kishi S, Imamura S, Yoshida A, Urasaki Y, Fukushima T, Iwasaki H, Tsutani H, Masada M, Ueda T
    Cancer Sci 92 546-553 2001年 査読有り
  • Successful treatment of Aspergillus spondylodiscitis with high-dose itraconazole in a patient with acute myelogeneous leukemia
    Takagi K, Yoshida A, Yamauchi T, Yamashita T, Iwasaki H, Tsutani H, Maezawa Y, Baba H, Ueda T
    Leukemia 15 1670-1671 2001年 査読有り
  • 福井県奥越地方で発症した発疹熱
    高木和貴, 岩崎博道, 岸慎治, 高田伸弘, 中村徹, 上田孝典
    感染症誌 75 341-344 2001年 査読有り
  • Azithromycin の THP-1 細胞の cytokine 産生に及ぼす影響
    池ケ谷諭史, 岩崎博道, 井上仁, 髙木和貴, 上田孝典
    Jpn J of Antibiotics 54(Suppl.C) 80-82 2001年 査読無し
  • リケッチア感染症におけるテトラサイクリン系薬剤によるサイトカイン抑制
    岩崎博道, 井上 仁, 溝口二郎, 高田伸弘, 池ヶ谷諭史, 髙木和貴, 三崎裕史, 上田孝典
    臨床薬理 32(2) 283S-284S 2001年 査読無し
  • Successful salvage treatment with irinotecan (CPT-11) of recurrent malignant lymphoma in an aged patient; CPT-11 pharmacokinetics
    T.Yamauchi, N.Yoshio, A.Yoshida, H.Tsutani, T.Ueda
    Rev. Semin. Oncology 3 42225 2001年 査読無し
  • 治療の歴史 Ara-C.(共著)
    上田 孝典
    治療学 35(6): 117-120 2001年
  • 抗アポトーシス分子Survivinと悪性腫瘍(共著)
    上田 孝典
    血液・腫瘍科 43(5): 390-393 2001年
  • 広島県において見いだされたツツガムシ病多数例の臨床的および疫学的解析(共著)
    上田 孝典
    感染症誌 75(5): 365-370 2001年
  • Azithromycin の THP-1 細胞の cytokine 産生に及ぼす影響(共著)
    上田 孝典
    Jpn J Antibiotics 54 (Suppl. C), 80-82 2001年
  • イトラコナゾールによるcytokine modulationを介する抗炎症作用の可能性(共著)
    上田 孝典
    Biotherapy 15: 303-306 2001年
  • アジアにみられるリケッチア感染の重症化機序に関する研究(共著)
    上田 孝典
    財団法人大山健康財団第26回学術研究助成金業績報告書 ,1-6 2001年
  • ara-C, daunorubicin両者に対する耐性白血病細胞株の樹立およびその機序さらには克服についての研究
    上田 孝典
    平成11年度研究助成に対する概要報告書 (15) ,19 2001年
  • 感冒を契機に重篤な多臓器不全をきたした慢性心不全の2例(共著)
    上田 孝典
    第八回北陸心不全研究会記録集 ,14-16 2001年
  • Simultaneous treatment with 1-beta-D-arabinofuranosylcytosine and daunorubicin induces cross-resistance to both drugs due to a combination-specific mechanism in HL60 cells. (共著)
    T.Ueda
    Cancer Res 61:172-177 2001年
  • Interleukin 6 産生胸腺癌患者における尿酸代謝動態
    上田 孝典
    痛風と核酸代謝 25(1): 66-67 2001年
  • Time sequential expression of markers of apoptosis induced by 1-βD-arabinofuranosylcytosine in human T-lymphoblastic leukemia CCRF-CEM cells. (共著)
    T.Ueda
    Anticancer Res. 21: 1987-1996 2001年
  • HSV-thymidine kinase自殺遺伝子を導入した腫瘍抗原特異的同種cytotoxic T細胞の作製
    上田 孝典
    平成11年度研究助成に対する概要報告書 (15), p.14-15 2001年
  • Monitoring of intracellular 1-β-D-arabinofuranosylcytosine 5’-triphosphate in 1-β-D-arabinofuranosylcytosine therapy at low and conventional doses. (共著)
    T.Ueda
    Jpn. J. Cancer Res. 92: 546-553 2001年
  • Ara-CにおけるCellular TDMの臨床応用
    上田 孝典
    臨床薬理 32(3): 481S-482S 2001年
  • Close correlation of 1-β- D-arabinofuranosylcytosine 5’-triphosphate, an intracellular active metabolite, to the therapeutic efficacy of N4-behenoyl-1-β-D-arabinofuranosylcytosine therapy for acute myelogenous leukemia. (共著)
    T.Ueda
    Jpn. J. Cancer Res. 92: 975-982 2001年
  • リケッチア感染症におけるテトラサイクリン系薬剤によるサイトカイン抑制
    上田 孝典
    臨床薬理 32(2): 283S-284S 2001年
  • Long-term follow-up of the clinical efficacy of chemotherapy for acute myeloid leukemia at a single institute
    T.Ueda
    J Infect Chemother 7: 156-162 2001年
  • 癌治療の個別化と展望. ara-Cにおけるcellular TDMの臨床応用
    上田 孝典
    臨床医薬 17(8): 1129-1134 2001年
  • A harmacokinetic study of idarubicin in japanese patients with malignant lymphoma: Relationship
    T.Ueda
    Int J Hematol 74: 297-302 2001年
  • *Fludarabine(Fara-A)耐性細胞の作用機序の検討
    上田 孝典
    痛風と核酸代謝 25(1): 51 2001年
  • Successful lamivudine therapy for post-chemotherapeutic fluminant hepatitis B in a hepatitis B virus carrier with non-Hodgkin's lymphoma: case report and review of the literature. (共著)
    T.Ueda
    Annals of Hemotology 80 (8): 483-484 2001年
  • 骨髄異形成症候群および骨髄性白血病におけるSurvivin遺伝子の発現
    上田 孝典
    平成12年度研究業績報告書, 特発性造血障害に関する研究班 ,87-88 2001年
  • Successful treatment of Aspergillus spondylodiscitis with high-dose itraconazole in a patient with acute myelogenous leukemia.(共著)
    T.Ueda
    Leukemia 15(10): 1670-1671 2001年
  • Acute fatty liver of pregnancy compliacted with anterior pituitary insuffciency
    T.Ueda
    Internal Medicine 40: 1227-1231 2001年
  • Fulminant Japanese Spotted Fever Associated with Hypercytokinemia
    T.Ueda
    J Clin Microbiol 39(6): 2341-2343 2001年
  • Successful Salvage Treatment of Recurrent Malignant Lymphoma with Irinotecan(CPT-11): pharmacokinetics.(共著)
    T.Ueda
    Review Series Oncology 3: 8-9 2001年
  • Nitric oxide synthase activity in peripheral polymorphonuclear leukocytes in patients with chronic congestive heart failure.(共著)
    T.Ueda
    Am J Cardiol 87: 183-187 2001年
  • Antiproliferative activity of ecteinascidin 743 is dependent upon transcription-coupled uncleotide-excision repair. (共著)
    T.Ueda
    Nat Med 7(8): 961-966 2001年
  • Clinical significance of reverse redistribution on resting Thallium-201 imaging in patients with vasospastic angina. (共著)
    T.Ueda
    Ann Nucl Med 15(1): 65-68 2001年
  • Differentiation induction in non-lymphocytic leukemia cells upon treatment with mycophenolate mofetil
    K.Inai, H.Tsutani, T.Yamauchi, T.Fukushima, H.Iwasaki, S.Imamura, Y.Wano, Y.Nemoto, H.Naiki, T.Ueda
    Leukemia Res 24(9) 761-768 2000年09月 査読有り
  • 慢性骨髄性白血病においてhydroxyurea長期投与中に認めた発汗障害
    髙木和貴, 中村徹, 三崎裕史, 上田孝典
    臨床血液 41(11) 1214-1219 2000年 査読有り
  • テトラサイクリンにより誘導されるヒト白血病細胞のアポトーシス
    岩崎博道, 井上仁, 見附保彦, Badran A, 池ヶ谷諭史, 髙木和貴, 三崎裕史, 上田孝典
    臨床薬理 31(2) 337-338 2000年 査読無し
  • 白血病・悪性リンパ腫‐予後向上のために、治療の実際と予後 急性リンパ性白血病
    上田 孝典
    臨床と研究 77(), 2058-2060 2000年
  • 抗腫瘍薬の副作用と耐性の克服、悪性リンパ腫
    上田 孝典
    治療学 8(), 78-81 2000年
  • 白血病治療における薬剤耐性とその対策‐薬剤耐性の診断法と治療の実際
    上田 孝典
    臨床成人病 30(), 534-538 2000年
  • 節外性悪性リンパ腫
    上田 孝典
    日本臨床 58(3), 673-676 2000年
  • Evidenceに基づく内科的治療の進め方 急性リンパ性白血病
    上田 孝典
    最新医学 3(), 599-607 2000年
  • 抗癌剤の副作用対策
    上田 孝典
    臨床医 26(), 75-78 2000年
  • 高分子としての核酸に影響する薬剤
    上田 孝典
    高尿酸血症と痛風 8(2), 136-142 2000年
  • 処方計画2000‐探在性真菌症‐
    上田 孝典
    綜合臨牀 49(増刊), 1384-1387 2000年
  • Primary Extranodal Malignant Lymphoma
    T.Ueda
    Japanese Journal of Clinical Medicine 58(3), 673-676 2000年
  • Evidence Based Clinical Approach for Acute Lymphoblastic
    T.Ueda
     3(), 599-607 2000年
  • DNA Interacting Drugs
    T.Ueda
    Hyperuricemia and Gout 8(2), 136-142 2000年
  • Deep Seated Fungal Infection
    T.Ueda
    Clinic All-round 49(増刊), 1384-1387 2000年
  • Differentiation Induction in Non-lymphocytic Leukemia Cells Upon Treatment with Mycophenolate Mofetil
    T.Ueda
    Leukemia Res. 24(), 761-768 2000年
  • Effent of PSC833 on the Cytotoxicity and Pharmacodynamics of Mitoxantrone in Multidrug-resistant
    T.Ueda
    Leukemia Res. 24(), 249-254 2000年
  • Surveillance of the Serum Candida Antigen Titer for Initiation of Antifungal Therapy After Postremission Chemotherapy in Patients with Acute Leukemia
    T.Ueda
    Int.J.Hematol. 71(), 266-272 2000年
  • Interleukin-6 Reduces Serum Urate Level
    T.Ueda
    J.Rheumatol 27(2), 554 2000年
  • ツツガムシ病治癒機転に及ぼすMinocyclineのCytokine Induced
    上田 孝典
    感染症誌 74(7), 598-600 2000年
  • Latent Overproductive Hyperuricemia Increases in Patients During the Intermittent Phase of Gouty Arthritis Under Long-term Antihyperuricemic Treatment
    T.Ueda
    Mod Rheumatol. 10(), 207-210 2000年
  • Interleukin-6の血清尿酸値低下作用
    上田 孝典
    痛風と核酸代謝 24(2), 180-185 2000年
  • The Role of Protein-tyrosine Phosphorylation and Gelatinase Production in the Migration and Proliferation of Smooth Muscle Cells
    T.Ueda
    Atherosclerosis. 149(), 51-59 2000年
  • Clinical Significance of Augmented Fluorine-18 Deoxyglucose Uptake in Remote Normpoerfused Myocardium in Patients with Acute Coronary Syndrome Under Fasting Conditions
    T.Ueda
    J Nucl Cardiol. 7(5), 454-460 2000年
  • 慢性骨髄性白血病においてHydroxyureaの長期投与中に認めた発汗障害
    上田 孝典
    臨床血液 41(11), 1214-1219 2000年
  • Cytokine Modulation Induced by Minocycline in Tsutsugamushi Disease
    T.Ueda
     74(7), 598-600 2000年
  • ヌクレオチド代謝に影響する薬剤
    上田 孝典
    高尿酸血症と痛風 8(2), 131-135 2000年
  • Reduction of Serum Uric Acid in Patients Receiving Recombinant Human Interleukin-6
    T.Ueda
    Gout and Nucleic Acid Metabolism 24(2), 180-185 2000年
  • Torsade de Pointes Associated with Hypokalemia after Anthracycline Treatment in a Patient with Acute Lymphocytic Leukemia
    T.Ueda
    Int J Hematol 171(), 172-179 2000年
  • Anhidrosis During Long-term Hydroxyurea Therapy in a Patient with Chronic Myelogenous Leukemia
    T.Ueda
    The Japanese Journal of Clinical Hematology 41(11), 1214-1219 2000年
  • Drugs which after Nucleotide Metabolism
    T.Ueda
    Hyperuricemia and Gout 8(2), 131-135 2000年
  • 造血器疾患における高尿酸血症の病態
    稲井 邦博, 津谷 寛, 上田 孝典
    痛風と核酸代謝 23(2) 182-186 1999年12月 査読有り
  • Molecular remission induced by fractionated dose-escalating donor leukocyte infusion without graft-versus-host disease in a patient with chronic myelogenous leukemia relapsed after allogeneic bone marrow transplantation
    K.Inai, Y.Wano, S.Yamamoto, Y.Ikebata, H.Iwasaki, H.Tsutani, H.Naiki, T.Ueda
    Anticancer Res 19(6C) 5631-5634 1999年11月 査読有り
  • Multidrug resistance due to impaired DNA cleavage in a VP-16 -resistant human leukemia cell line
    T.Fukushima, H.Takemura, T.Yamashita, T.Ishisaka, K.Inai, S.Imamura, Y.Urasaki, T.Ueda
    Anticancer Res 19(6B) 5111 -5116 1999年11月 査読有り
  • Urate transport in nephrons of gouty patients : quantitative analysis of urate transport in nephrons
    T.Nakamura, T.Tanaka, K.Takagi, T.Nakayama, K.Inai, H.Tsutani, T.Ueda
    Clin Exp Nephrol 3(3) 169-174 1999年09月 査読有り
  • 血液・腫瘍科よりみた尿酸代謝異常
    上田 孝典, 稲井 邦博, 津谷 寛
    高尿酸血症と痛風 7(1) 39-44 1999年03月 査読有り
  • Hepatic tumor rupture following effectual treatment with irinotecan in a patient with highly refractory malignant lymphoma
    H.Tsutani, K.Inai, S.Kishi, K.Morinaga, H.Naiki, T.Ueda
    Int J Hematol 70(3) 178-180 1999年01月 査読有り
  • Effect of PSC 833 on the cytotoxicity of idarubicin and idarubicinol in multidrug-resistant K562 cells
    Fukushima T, Yamashita T, Yoshio N, Misaki H, Yamauchi T, Imamura S, Urasaki Y, Ueda T
    Leukemia Res 23 37-42 1999年01月 査読有り
  • Successful salvage treatment of recurrent malignant lymphoma in an aged patient with irinotecan (CPT-11), and CPT-11 pharmacokinetics
    Yamauchi, T., Ueda, T.
    Int J Hematol 69 165-169 1999年 査読有り
  • Allopurinol投与により汎血球減少症をきたしたと思われる腎機能低下・高尿酸血症の1例
    髙木和貴, 中村徹, 田中経雄, 津谷寛, 李鍾大, 上田孝典
    痛風と核酸代謝 23(1) 17 1999年 査読有り
  • 皮膚T細胞リンパ腫
    上田 孝典
    醫学のあゆみ 188(10) 937-941 1999年
  • 慢性疾患に伴う貧血
    上田 孝典
    診断と治療 87(8) 1389-1393 1999年
  • 痛風・高尿酸血症の尿酸コントロール薬の処方: 尿酸排泄低下型
    上田 孝典
    今月の治療 7(2) 192-193 1999年
  • 二次性高尿酸血症の鑑別診断とその対策
    上田 孝典
     16(7) 1145-1148 1999年
  • 造血器疾患における高尿酸血症の病態
    上田 孝典
    痛風と核酸代謝 23(2) 182-186 1999年
  • 輸血による最近の感染症
    上田 孝典
    検査と技術 27(10) 1216-1217 1999年
  • 慢性心不全患者における多核白血球 nitric oxide synthase 活性の検討
    上田 孝典
    循環器科 46 99-101 1999年
  • Allopurinol 投与により汎血球減少症をきたしたと思われる腎機能低下・高尿酸血症の1例
    上田 孝典
    痛風と核酸代謝 23(1) 17-22 1999年
  • 痛風患者における膝関節CT有用性
    上田 孝典
    中部リウマチ学会雑誌 29(1) 133-134 1999年
  • フロセミドアレルギーにより急激な腎機能障害の進行を来した慢性腎不全の一例
    上田 孝典
    日内会誌 88(1) 130-132 1999年
  • テトラサイクリン系薬剤によるサイトカイン産生の修飾と慢性関節リウマチに対する治療の可能性
    上田 孝典
    横山臨床薬理研究助成基金研究業績輯(7) 63-70 1999年
  • Cutaneous T-cell lymphoma : Mycosis fungoides/S(]E85EE[)zary syndrome
    T.Ueda
    Journal of Clinical and Experimental Medicine 188(10) 937-941 1999年
  • Anemia of chronic disorders
    T.Ueda
    Diagnosis and Treatment 87(8) 1389-1393 1999年
  • Peripheral Blood Stem Cell Collection and Transplantation using the Haemonetics Multi Component System
    T.Ueda
    Transfusion Sci 20(1) 21-27 1999年
  • A novel Philadelphia chromosome-positive cell line with multipotential properties
    T.Ueda
    Anticancer Res 69(4) 256-259 1999年
  • Evalution of cell-killing effects of 1-β-D-arabinofuranosylcytosine and daunorubicin by a new computer-controlled in vitro pharmacokinetic simulation sytstem
    T.Ueda
    Cancer Res 59(11) 2629-2637 1999年
  • Effect of PSC833 on the cytotoxicity of idarubicin and idarubicinol in multidrug-resistant K562 cells
    T.Ueda
    Leukemia Res 23(1) 37-42 1999年
  • Comparison of leukopenia between cytarabine and behenoyl cytarabine in JALSGAML-89 consolidation therapy
    T.Ueda
    Int. J. Hematol 70(1) 56-57 1999年
  • Multidrug resistance due to impaired DNA cleavage in a VP-16-resistant human leukemia cell line
    T.Ueda
    Anticancer Res 19(6) 5111-5116 1999年
  • Molecular remission induced by fractionated dose-escalating donor leukocyte infusion without graft-versus-host disease in a patient with chronic myelogenous leukemia relapsed after allogeneic bone marrow transplantation
    T.Ueda
    Anticancer Res 19(6) 5631-5634 1999年
  • Urate transport in nephrons of gouty patients : quantitative analysis of urate transport in nephrons
    T.Ueda
    Clin. Exp. Nephrol. 3 169-174 1999年
  • Influence of treated blood pressure on progression of silent cerebral infarction
    T.Ueda
    J. Hypertens. 17(5) 679-685 1999年
  • Reciprocal ST-segment depression associated with exercise-induced ST-segment elevation indicates residual viability after myocardial infarction
    T.Ueda
    J. Am. Coll. Cardiol. 33(3) 620-626 1999年
  • HLA antigens in patients with variant angina in Japan
    T.Ueda
    Int. J. Cardiol. 70(2) 249-252 1999年
  • Increased nitric oxide synthase activity in peripheral polymorphonuclear cells in chronic heart failure patients
    T.Ueda
    Cardioangiology 46 99-101 1999年
  • Successuful treatment of cytomegalovirus retinities in a patient with malignant lymphoma : a case report and review of the literature
    T.Ueda
    Int. J. Hematol. 69 256-259 1999年
  • Hepatic tumor ruputure following effectual treatment with irinotecan in a patient with highly refractory malignant lymphoma
    T.Ueda
    Int. J. Hematol. 70 178-180 1999年
  • Successful salvage treatment with irinotecan (CPT-11) of recurrent malignant lymphoma in anaged patient ; and CPT-11 pharmacokinetics
    T.Ueda
    Int. J. Hematol. 69(3) 165-169 1999年
  • Successful treatment of acquired myelofibrosis with pure red cell aplasia by cyclosporine
    T.Ueda
    Br. J. Haematol. 104 422-424 1999年
  • A case of renal insufficiency and hyperuricemia with allopurinol induced pancytopenia
    T.Ueda
    Gout and Nucleic Acid Metabolism 23(1) 17-22 1999年
  • Evaluation of the knee joints with CT in gouty patients
    T.Ueda
    J Chubu Rheum Assoc 29(1) 133-134 1999年
  • Case of chronic renal failure with sudden progression of renal dysfunction due to furosemide hypersensitivity
    T.Ueda
    J Jpn Soc Intern Med 88(1) 130-132 1999年
  • 細胞内GTP levelの変動から見たIMP dehydrogenase阻害剤とレチノイン酸処理による分化誘導の比較
    稲井 邦博, 津谷 寛, 山内 高弘, 中村 徹, 上田 孝典
    プリン・ピリミジン代謝 22(2) 125-132 1998年12月 査読有り
  • Idarubicin and idarubicinol are less affected by topoisomerase II-related multidrug resistance than is daunorubicin
    T.Fukushima, H.Inoue, H.Takemura, S.Kishi, T.Yamauchi, K.Inai, T.Nakayama, S.Imamura, Y.Urasaki, T.Nakamura, T.Ueda
    Leukemia Res 22(7) 625-629 1998年07月 査読有り
  • Clinical pharmacology of intermediate and low-dose cytosine arabinoside (ara-C) therapy in patients with hematologic malignancies
    Ueda t, Matsuyama S, Yamauchi T, Kishi S, Fukuishima T, Tsutani H, Nakamura T, Gotoh N, Masada M
    Adv Exp Med Biol 431 647-651 1998年01月 査読有り
  • 早期の敗血症性ショック,汎発性血管内凝固症候群による急性心筋梗塞を主徴としたレジオネラ感染疑診例
    山内高弘, 山本秀二, 福本雅和, 大山伸幸, 中野 顕, 中山 俊, 岩崎博道, 清水寛正, 津谷 寛, 李 鍾大, 岡田謙一郎, 上田孝典
    感染症学雑誌 72 286-292 1998年 査読無し
  • サイトメガロウイルス感染による伝染性単核症
    上田 孝典
    血液症候群(]G0002[),領域別症候群シリーズ(21) 192-194 1998年
  • 二次性高尿酸血症 抗腫瘍薬
    上田 孝典
    高尿酸血症と痛風 6(2) 108-113 1998年
  • 細胞内 GTP level の変動から見た IMP dehydrogenase 阻害剤とレチノイン酸処理による分化誘導の比較
    上田 孝典
    プリン・ピリミジン代謝 22(2) 125-132 1998年
  • ara-C, その誘導体の臨床応用における pharmacokineticts 及び pharmacodynamics の意義
    上田 孝典
    プリン・ピリミジン代謝 22(2) 199-203 1998年
  • 癌細胞核酸代謝に及ぼす化学療法剤の作用機序
    上田 孝典
    癌の臨床 44(2) 125-128 1998年
  • Cytosine arabinoside (ara-C) の作用機序,その概念の変遷
    上田 孝典
    プリン・ピリミジン代謝 22(1) 42012 1998年
  • 新白血病治療薬 (含抗体)
    上田 孝典
    カレントテラピー 16(9) 1557-1561 1998年
  • 成人急性骨髄性白血病治療の現況と展望
    上田 孝典
    癌と化学療法 25(3) 295-302 1998年
  • 発熱-白血病・悪性リンパ腫-
    上田 孝典
    綜合臨床 47(9) 2536-2540 1998年
  • Secondary hyperuricemia : Anticancer agents
    T.Ueda
    Hyperuricemia and gout 6(2) 108-113 1998年
  • Epstein-Barr ウイルス感染による伝染性単核症
    上田 孝典
    血液症候群(]G0002[),領域別症候群シリーズ(21) 188-191 1998年
  • The expression of co-stimulatory molecules and their relationship to the prognosis of human acute myeloid leukaemia : poor prognosis of B7-2-positive leukaemia
    T.Ueda
    Br. J. Haematol.(102) 1257-1262 1998年
  • 梗塞領域の残存心筋 viability 評価における運動負荷心電図の有用性について -reciprocal ST depression の有無に着目して-
    上田 孝典
    循環器科(43) 269-271 1998年
  • Idarubicin and idarubicinol are less affected by topoisomerase (]G0002[)-related multidrug resistance than is daunorubicin
    T.Ueda
    Leukemia Res.(22) 625-629 1998年
  • 早期の敗血症性ショック、汎発性血管内凝固症候群による急性心筋梗塞を主徴としたレジオネラ感染疑診例
    上田 孝典
    感染症誌(72) 286-292 1998年
  • Differentiation and reduction of intracellular GTP levels in HL-60 and U937 cells upon treatment with IMP dehydrogenase inhibitors
    T.Ueda
    Adv. Exp. Med. Biol.(431) 549-553 1998年
  • Low intracellular GTP level does not induce cell differentiation in PKC-β-defficient human myeloid leukemia cells
    T.Ueda
    Adv. Exp. Med. Biol.(431) 429-432 1998年
  • Response-oriented individualized induction therapy with six drugs followed by four courses of intensive consolidation, 1 year maintenance and intensification therapy : the ALL90 study of the Japan Adult Leukemia Study Group
    T.Ueda
    Int. J. Hematol. 68(3) 279-289 1998年
  • International Forum : Japan-Report on informed consent in blood transfusions
    T.Ueda
    Transfus. Sci. 19(3) 201-215 1998年
  • Echocardiographic and hematological variables as a risk factor for stroke in chronic nonvalvular atrial fibrillation
    T.Ueda
    J. Cardiol. 32(1) 15-20 1998年
  • Response-oriented individualized induction therapy followed by intensive consolidation and maintenance for adult patients with acute lymphoblastic leukemia. The ALL-87 Study of the Japan Adult Leukemia Study Group (JALSG)
    T.Ueda
    Int. J. Hematol.(68) 421-429 1998年
  • Comparison of intracellular GTP levels during differentiation induction upon treatment with IMP dehydrogenate inhibitors or all-trans retinoic acid
    T.Ueda
    Purine and pyrimidine metabolism 22(2) 125-132 1998年
  • Clinical Pharmacology of Intermediate and Low-dose cytosine arabinoside (ara-C) Therapy in Patients with Hematologic Malignancies. Purine and Pyrimidine metabolism in man (]G0009[)
    T.Ueda
    Plenum press 647-651 1998年
  • Mechanism of action of anticancer agents that affect nucleic acid metabolism in tumor cells
    T.Ueda
    Jpn J Cancer Clin 44(2) 125-128 1998年
  • Current situation and perspective for treatment of acute myelogenous leukemia in adults
    T.Ueda
    Jpn J Cancer Chemother 25(3) 295-302 1998年
  • Fever : leukemia and malignant lymphoma
    T.Ueda
    Clinic All-round 47(9) 2536-2540 1998年
  • Primary cardiac B-cell lymphoma
    T.Ueda
    Circulation. 97(2) 220-221 1998年
  • Early manifestation of septic shock and disseminated intravascular coagulation complicated by acute myocardial infarction in a patient suspected of having legionnaires' disease
    T.Ueda
    The Journal of the Japanese association for infectious disease(72) 286-292 1998年
  • Differentiation and reduction of intracellular GTP levels in HL-60 and U937 cells upon treatment with IMP dehydrogenase inhibitors
    K.Inai, H.Tsutani, T.Yamauchi, T.Nakamura, T.Ueda
    Adv Exp Med Biol 431 549-553 1998年 査読有り
  • Low GTP induces PKC-β-dependent myeloid cell differentiation
    H.Tsutani, K.Inai, T.Yamauchi, T.Nakamura, E.Huberman, T.Ueda
    Adv Exp Med Biol 431 429-432 1998年 査読有り
  • シクロスポリントラフ値が急激な上昇を呈した骨髄移植患者2症例に関する薬物速度論的検討
    木村 嘉明, 岩井 紀美江, 佐々木 逸美, 後藤 伸之, 見附 保彦, 稲井 邦博, 今村 信, 和野 雅治, 内田 三千彦, 上田 孝典, 中村 徹, 政田 幹夫
    TMD研究 14(4) 288-295 1997年04月 査読有り
  • Differentiation induction in non-lymphocytic leukemia cells upon treatment with mizoribine
    K.Inai, H.Tsutani, T.Yamauchi, E.Huberman, T.Nakamura, T.Ueda
    Int J Hematol 66(3) 335-344 1997年01月 査読有り
  • 抗癌剤(Ara-C,VP-16)とG-CSF,およびCD95/Fas刺激を併用した急性骨髄性白血病細胞のapoptosis
    上田 孝典
     11(3) 272-274 1997年
  • 骨髄異形成症候群
    上田 孝典
    検査と技術 25(8) 614-621 1997年
  • 特集白血病・悪性リンパ腫;最新の診療.急性リンパ性白血病治療における化学療法の理念と実際
    上田 孝典
     15(3) 33-38 1997年
  • 骨髄異形成症候群(MDS)治療のタイミングと治療法の選択
    上田 孝典
     34(6) 1094-1096 1997年
  • 癌化学療法剤の種類と作用機序
    上田 孝典
    血液・腫瘍科 35(suppl2) 42023 1997年
  • 急性骨髄性白血病
    上田 孝典
    臨床医 23(8) 1132-1136 1997年
  • 節外性リンパ腫の治療
    上田 孝典
    内科 80(3) 513-515 1997年
  • 血液疾患・悪性腫瘍による痛風・高尿酸血症
    上田 孝典
    高尿酸血症と痛風 5(1) 14-20 1997年
  • 痛風
    上田 孝典
    臨床成人症 27(3) 414-419 1997年
  • 異型狭心症患者にみられる左室壁運動異常
    上田 孝典
    循環器科 41(4) 425-427 1997年
  • メトプロロールとアミオダロンの併用投与が著効した心室頻拍を合併する虚血性重症心不全の1例
    上田 孝典
    心臓 29(6) 513-518 1997年
  • MDS治療の現状
    上田 孝典
    醫學と生物學 135 361-373 1997年
  • 脾摘により血小板輸血への反応性と出血傾向が改善した不応性貧血
    上田 孝典
    臨床血液 38(6) 532-538 1997年
  • JALSG10年間の成績よりみた成人ALLの治療の現状
    上田 孝典
    臨床血液 38(5) 385-388 1997年
  • 輸血におけるインフォームド・コンセントに関する中間報告
    上田 孝典
    日本臨床 55(9) 2447-2449 1997年
  • Molecular analysis of a case of philadelphia chromosome-positive acute myeloid leukemia
    T.Ueda
    Anticancer Res 17(1B) 625-628 1997年
  • 高尿酸血症と痛風の分類
    上田 孝典
     14(9) 26-29 1997年
  • Recent progress in the therapy of MDS
    T.Ueda
    Medicine and Biology 135 361-373 1997年
  • 合併症の検査法:循環器系
    上田 孝典
    高尿酸血症と痛風 5(2) 69-73 1997年
  • Apoptosis of acute myeloblastic leukemia cells induced by combination of anti-leukemic agents(Ara-C, VP-16), G-CSF and CD95/Fas stimulation
    T.Ueda
    Biotherapy 11(3) 272-274 1997年
  • シクロスポリントラフ値が急激な上昇を呈した骨髄移植患者2症例に関する薬物速度論的検討
    上田 孝典
    TDM研究 14(4) 288-295 1997年
  • Improvement of bleeding tendency and normalized platelet count increment following splenctomy in a patient with refractory anemia
    T.Ueda
    Jpn J Clin Hematol 38(6) 532-538 1997年
  • Anti-leukemia chemotherapy of high-risk myelodysplastic syndromes
    T.Ueda
    The Oncologist 2 160-163 1997年
  • Differentiation induction in non-lymphocytic leukemia cells upon treatment with mizoribine
    T.Ueda
    Internat J Hematol 66(3) 335-344 1997年
  • Increased levels of macrophage colony-stimulating factor, gamma interferon, and tumor necrosis factor alpha in sera of patients with Orientia tsutsugamushi infection
    T.Ueda
    J Clin Microbiol 35(12) 3230-3322 1997年
  • Gout and hyperuricemia in patients with hematologic disorder and malignancy
    T.Ueda
    Hyperuricemia and Gout 5(1) 14-20 1997年
  • Disturbed autonomic activity precedes ischemic episodes in patients with variant angina
    T.Ueda
    Annals of noninvasive electrocardiology 2(4) 313-318 1997年
  • Recovery of perfusion, glucose utilization and fatty acid utilization in stunned myocardium
    T.Ueda
    J Nucl Med 38(12) 1835-1837 1997年
  • Susceptibillity to infection due to diminished interferon- α -producing capacity in patients with refractory anemia with excess of blasts or refractory anemia with excess of blasts in transformation
    T.Ueda
    Hematology 2 131-138 1997年
  • The pharmacokinetic study in the two case reports with elevated trough levels of cyclosporine on whole blood after allogeneic bone marrow transplantation
    T.Ueda
    The Japanese Journal of Therapeutic Drug Monitoring 14(4) 288-295 1997年
  • Mizoribineによる骨髄系及び単球系細胞株におけるMMP-9の産生誘導
    津谷 寛, 稲井 邦博, 山内 高弘, 上田 孝典, 中村 徹
    中部リウマチ 27(1) 38-39 1996年02月 査読有り
  • A new sensitive method for determination of intracellular 1-beta-D-arabinofuranosylcytosine 5'-triphosphate content in human materials in vivo
    Yamauchi T, Ueda T, Nakamura T
    Cancer Res 56 1800-1804 1996年 査読有り
  • 尿酸の動力学
    中村徹, 髙木和貴, 上田孝典
    日本臨床 54 3230-3236 1996年 査読無し
  • 慢性関節リウマチの経渦中に著明な貧血の増悪を来たしparvovirus B19の関与が示唆された一例
    上田 孝典
    臨床リウマチ 8(1) 71-75 1996年
  • 特集/薬剤使用時にみられる血液異常と対策 3.抗腫瘍薬
    上田 孝典
    日常治療と血液 6(1) 21-27 1996年
  • ライフスタイルの変遷と高尿酸血症
    上田 孝典
    臨床成人病 26(1) 81-85 1996年
  • 内科領域の輸血療法;血液疾患と輸血
    上田 孝典
    日内会誌 85(6) 857-861 1996年
  • 白血病細胞における抗腫瘍剤によるアポトーシス誘導機構
    上田 孝典
    日本臨牀 54(7) 1822-1827 1996年
  • 急性白血病の治療は化学療法で十分可能か。
    上田 孝典
    臨床成人病 26(7) 845-850 1996年
  • 抗白血病剤による白血病細胞のアポトーシス誘導機構
    上田 孝典
    臨床血液 37(7) 552-557 1996年
  • 抗白血病薬-新薬と合理的投与法の試み-
    上田 孝典
    臨床血液 37(8) 635-639 1996年
  • 緑膿菌感染症-血液疾患
    上田 孝典
    化学療法の領域 12(6) 1041-1046 1996年
  • 痛風の現在;血清尿酸値の正常域
    上田 孝典
    臨床科学 32(7) 777-782 1996年
  • 腎における尿酸排泄のメカニズム
    上田 孝典
    高尿酸血症と痛風 4(2) 35-40 1996年
  • 尿酸の動力学.-尿酸の動力学と輸送・排泄機構.プリン代謝:尿酸代謝に関する基礎倫理
    上田 孝典
    日本臨牀 54 48-54 1996年
  • 概念,成因論,疫学,検査法.-特発性高尿酸血症
    上田 孝典
    日本臨牀 54 66-73 1996年
  • 高尿酸血症の定義と病型分類.特集:痛風と高尿酸血症[痛風・高尿酸血症の病態]
    上田 孝典
    臨床成人病 26(12) 1723-1729 1996年
  • 運動誘発ST上昇に伴うreciprocal ST depression(r-STD)の有無により梗塞領域の心筋viabilityの評価は可能か?
    上田 孝典
    循環器科 39(9) 579-581 1996年
  • 経過中に高度の冠動脈狭窄の出現をみた肥大型閉塞性心筋症の一例
    上田 孝典
    内科宝函 42(12) 201-204 1996年
  • 興味ある運動負荷心電図所見を示した下壁梗塞の2例
    上田 孝典
    内科宝函 43(1) 42010 1996年
  • 拡張型心筋症に対するβブロッカー症法-心臓交感神経機能改善の評価-
    上田 孝典
    第三回北陸心不全研究会記録集 24-28 1996年
  • WarfarinとビタミンK2の併用予測を目的としたWarfarinと骨粗鬆症治症薬の使用実態調査
    上田 孝典
    薬剤疫学 1(2) 125-129 1996年
  • A new sensitive method for determination of intracellular 1-β-D-arabinofuranosylcytosine 5'-triphosphate content in human materials in vivo
    T.Ueda
    Cancre Res 56 1800-1804 1996年
  • Superior cytotoxic potency of mitoxantrone in interaction with DNA : Comparison with that of daunorubicin
    T.Ueda
    Oncol.Res 8(2) 95-100 1996年
  • Establishment of a daunorubicin-resistant cell line which shows multi-drug resistance by multifactorial mechanisms
    T.Ueda
    Anticancer Res 16 709-714 1996年
  • Role of serine and ICE-like proteases in induction of apoptosis by etoposide in human leukemia HL-60 cells
    T.Ueda
    Leukemia 10 821-824 1996年
  • Recent developments with novel anthracyclines for the treatment of haematological malignancies
    T.Ueda
    Exp. Opin. Invest. Drugs 5(12) 1639-1646 1996年
  • Cardiac energy metabolism at several stages of adriamycin-induced heart failure in rats
    T.Ueda
    Int. Cardiol. 55 217-225 1996年
  • Relation between severity of magnesium deficiency and frequency of anginal attacks in men with variant angina
    T.Ueda
    J. Am. Coll. Cardiol. 28(4) 897-902 1996年
  • Long-term oral L-carnitine treatment prolongs the survival in rats with adriamycin-induced heart failure
    T.Ueda
    J. Cardiac Failure 2(4) 293-299 1996年
  • Superior cytotoxic potency of mitoxantrone in interaction with DNA: comparison with that of daunorubicin
    Fukushima T, Kawai Y, Nakayama T, Yamauchi T, Yoshida A, Urasaki Y, Imamura S, Kamiya K, Tsutani H, Ueda T, Nakamura T
    Oncol Res 8 95-100 1996年 査読有り
  • 赤白血病加療中に発生した肺アスペルギルス症にamphotericin B持続点滴療法が奏効した1例
    稲井 邦博, 上田 孝典, 加川 大三郎, 岩崎 博道, 中村 徹
    感染症学雑誌 69(5) 602-607 1995年05月 査読有り
  • 急性骨髄性白血病細胞におけるFas抗原の発現・アポトーシスと顆粒球コロニー刺激因子(rhG-CSF)の効果
    和野 雅治, 中山 俊, 今村 信, 浦崎 芳正, 河合 泰一, 稲井 邦博, 上田 孝典, 中村 徹
    Biotherapy 9(3) 327-328 1995年03月 査読有り
  • 急性白血病の化学療法
    上田 孝典
    日本医事新報(3071) 42263 1995年
  • 白血病治療薬の開発
    上田 孝典
    綜合臨牀 44(1) 38-44 1995年
  • リンパ節腫
    上田 孝典
    診断と治療,Physical Signを生かす初診処方ガイド 83(Suppl) 275-278 1995年
  • 多発性骨髄腫
    上田 孝典
    Molecular Medicine 32(10) 1120-1123 1995年
  • 急性骨髄性白血病.a)成人
    上田 孝典
    日常治療と血液 5(8) 1027-1033 1995年
  • 慢性骨髄性白血病
    上田 孝典
    臨床成人病 25(11) 1606-1608 1995年
  • Cytosine arabinoside およびdaunorubicinにより誘導されるapoptosisの経時的形態変化
    上田 孝典
    プリン・ピリミジン代謝 19(2) 169-176 1995年
  • Endonuclese活性化機構によりみた抗腫瘍剤による白血病細胞のapoptosis
    上田 孝典
    プリン・ピリミジン代謝 19(2) 177-179 1995年
  • 高尿酸血症・痛風と疫学-成因と病型,その頻度-
    上田 孝典
    プリン・ピリミジン代謝 19(2) 134-137 1995年
  • Anthracycline系抗癌剤の早期心筋障害による交感神経活動への影響-123(]G0001[)-MIBG心筋シンチグラフィをもちいて-
    上田 孝典
    循環器科 37(5) 532-535 1995年
  • 高齢者RAEB in Tでara-C少量療法(皮下投与)にて完全寛解を得た1例
    上田 孝典
    日本老年医学会雑誌 32(6) 438-441 1995年
  • ara-Cを中等量療法にて長期反復投与し完治を得たと考えられる急性骨髄性白血病(M1)の1例
    上田 孝典
    日癌治 30(9) 1699-1702 1995年
  • 赤白血病加療中に発生した肺アスペルギルス症にamphotericin B持続点滴療法が奏効した1例
    上田 孝典
    感染症誌 69(5) 602-607 1995年
  • All-trans retinoic acid for the treatment of newly diagnosed acute promyelocytic leukemia
    T.Ueda
    Blood. 85(5) 1202-1206 1995年
  • A novel factor-dependent human myelodysplastic cell line,MDS92.contains haemopoietic cells of several lineages
    T.Ueda
    Br.J.Haematol 91 795-799 1995年
  • Recent progress in chemotherapy of leukemia
    T.Ueda
    Internal Medicine 34(4) 285-288 1995年
  • Quantitative description of morphologic changes effected by antileukemic a gents in L1210 leukemia cells
    T.Ueda
    Anticancer Res 15(1) 133-140 1995年
  • Enhancement of Ca2+-dependent Endonuclease activity in L1210 cells during apoptosis induced by 1-β-D-arabinofuranosylcytosine : Possible involvement of activating factor(s)
    T.Ueda
    Jpn.J.Cancer Res 86(7) 677-684 1995年
  • 治療抵抗性急性骨髄性白血病に対するcarboplatin併用化学療法の臨床効果
    山内 高弘, 津谷 寛, 中山 俊, 今村 信, 稲井 邦博, 綿谷 須賀子, 田中 経雄, 吉田 明, 岩崎 博道, 福島 俊洋, 遠山 薫, 和野 雅治, 上田 孝典, 中村 徹
    癌と化学療法 21(16) 2843-2847 1994年09月 査読有り
  • 急性骨髄性白血病の試験管内生存に及ぼす顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)および顆粒球マクロファージ刺激因子(GM-CSF)の効果
    和野 雅治, 今村 信, 稲井 邦博, 上田 孝典, 中村 徹
    Biotherapy 8(3) 305-306 1994年03月 査読有り
  • Clinical pharmacology of 1- β -D- arabinofuranosylcytosine-5' -stearylphosphate, an orally administered long-acting derivative of low-dose 1- β -D-arabinofuranosylcytosine
    T.Ueda
    Cancer Res. 54(1) 109-113 1994年
  • A Double-blind controlled study of granulocyte colony-stimulating factor started two days before induction chemotherapy in refractory acute myeloid leukemia
    T.Ueda
    Blood 83(8) 2086-2092 1994年
  • Circumvention of daunorubicin resistance by a new tamoxifen derivative, toremifene, in multidrug-resistant cell line
    T.Ueda
    Jpn. J. Cancer Res.(85) 659-664 1994年
  • Altered responses of purified blast cells from the myelodysplastic syndromes to colony-stimulating factors in vitro : comparison with normal blast cells
    T.Ueda
    Exp. Hematol.(22) 539-545 1994年
  • Pharmacokinetic and clinical pilot study of high-dose intermittent ubenimex treatment in patients with myelodysplastic syndrome
    T.Ueda
    Anticancer Res.(14) 2093-2098 1994年
  • Influence of idarubicinol on the antileukemic effect of idarubicin
    T.Ueda
    Leukemia Res. 18(12) 943-947 1994年
  • Establishment and characterization of a novel myeloid cell line from the bone marrow of a patient with the myelodysplastic syndrome
    T.Ueda
    Br. J. Hematol.(87) 235-242 1994年
  • Differential expression of interleukin-2 receptors ( α and β chain)in mature lymphoid neoplasms
    T.Ueda
    Am. J. Hematol.(46) 179-183 1994年
  • Modulation of the effect of 1- β -D-arabinofuranosylcytosine by 6-mercaptopurine in L1210 cells
    T.Ueda
    Jap. J. Cancer Res.(85) 978-985 1994年
  • Induction of cell differentiation by IMPDH anitisense olignomer in HL-60 and k562 human leukemic cell lines
    T.Ueda
    Adv.Exp.Med.Biol 370 757-760 1994年
  • Induction of cell differentiation by IMPDH antisense oligomer in HL-60 and K562 human leukemia cell lines
    H.Tsutani, K.Inai, S.Imamura, T.Ueda, T.Nakamura
    Adv Exp Med Biol 370 757-760 1994年 査読有り
  • 造血器疾患における深在性Candida感染症の血中Candida抗原検出による診断および治療効果判定
    岩崎 博道, 上田 孝典, 中山 俊, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 河合 泰一, 津谷 寛, 山下 政宣, 中村 徹
    Biotherapy 7(3) 531-536 1993年03月 査読有り
  • 特集/多剤耐性(MDR)の基礎と臨床-抗腫瘍薬とMDR
    上田 孝典
    血液・腫瘍科 27(1) 15-24 1993年
  • 特集/急性骨髄性白血病(AML)-最近の進歩.AMLの化学療法の進歩
    上田 孝典
    血液・腫瘍科 27(3) 196-206 1993年
  • Sequential promotion of normal and leukemic hemopoiesis by recombinant human granulocyte colony-stimulating factor during the course of myelodysplastic syndrome
    T.Ueda
    Internat. J. Hematol. 59(1) 47-52 1993年
  • Evaluation of oral aclarubicin treatment for tumors of the gastrointestinal tract
    T.Ueda
    Anticancer Res. 13,909-914 1993年
  • A randomized controlled study of granulocyte colony stimulating factor after intensive induction and consolidation therapy in patients with acute lymphoblastic leukemia
    T.Ueda
    Internat. J. Hematol. 58,73-81 1993年
  • Role of calcium ion in induction of apoptosis by etoposide in human leukemia HL-60 cells
    T.Ueda
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 196(2) 927-934 1993年
  • DNA damage and cell killing by camptothecin and its derivative in human leukemia HL-60 cells
    T.Ueda
    Jpn. J. Cancer Res. 84,566-573 1993年
  • Action mechanism of idarubicin(4-demethoxydaunorubicin)as compared with daunorubicin in leukemic cells
    T.Ueda
    Internat. J. Hematol. 57,121-130 1993年
  • Enhancement of cytosine arabinoside cytotoxicity by granulocyte/macrophage colony-stimulating factor and granulocyte colony-stimulating factor in a human myeloblastic leukemia cell line
    T.Ueda
    Jpn. J. Cancer Res. 84,445-450 1993年
  • Discordant LFA-1/ICAM-1 expression in a case of secondary plasma cell leukemia associated with subcutaneous plasmacytoma
    T.Ueda
    Am. J. Hematol. 42,299-304 1993年
  • Basis and Clinics of Multidrug Resistance(MDR)-Antineoplastic agent and MDR
    T.Ueda
     27(1) 15-24 1993年
  • Recent Progress in Acute Myelogenous Leukemia-Recent progress in chemotherapy of acute myelogenous leukemia
    T.Ueda
     27(3) 196-206 1993年
  • ara-Cとその誘導体の体内動態および細胞内代謝
    上田 孝典
    臨床薬理 23(1) 365-369 1992年
  • Prophylactic use of ofloxacin in granulocytopenic patients with hematological malignancie during post-remission chemotherapy
    T.Ueda
    Internal Medicine 31(3) 319-324 1992年
  • Morphologic difference in leukemic cells(L1210) exposed to 1-β-D-arabinofuranosylcytosine and daunorubicin
    T.Ueda
    Anticancer Res. 12,941-948 1992年
  • Phenotypical characteristics of acute myelocytic leukemia associated with the t(8 : 21)(q22. q22)chromosomal abnormality
    T.Ueda
    Frequent expression of immature B-cell antigen CD19 togethe with stem cell antigen CD34. Blood 80(2) 470-477 1992年
  • Biological significance of multiple cytokines produced by acute myeloblastic leukemia cells
    T.Ueda
    The Medical Bulletin. 10,125-133 1992年
  • Pharmacokinetics and intracellular metabolism of ara-C and its derivatives
    T.Ueda
     23(1) 365-369 1992年
  • 急性白血病加療中に発症し血漿交換にて救命し得たB型劇症肝炎の1例
    岩崎 博道, 上田 孝典, 稲井 邦博, 津谷 寛, 内田 三千彦, 中村 徹
    臨床血液 32(3) 272-276 1991年03月 査読有り
  • 酸素阻害剤の臨床応用 -造血器腫瘍
    上田 孝典
    日本臨床 49 1991年
  • 重症難治性感染症に対する集約的治療.造血器腫瘍の難治性感染症
    上田 孝典
    化学療法の領域 7(3) 484-491 1991年
  • Cytosine Arabinosideとその関連物質の代謝
    上田 孝典
    プリン・ピリミジン代謝 15(2) 103-108 1991年
  • Clinical application of enzyme inhibitors -hematologic malignancies
    T.Ueda
     49 1991年
  • Atypical lymphocytes with a multilobated nucleus from a patient with Tsutsugamushi Disease (Scrub Typhus) in Japan
    T.Ueda
    Am. J. Hematol. 36,150-151 1991年
  • Pharmacological studies of retinol palmitate and its clinical effect in patients with acute non-lymphocytic leukemia
    T.Ueda
    Leukemia Res. 15(6) 463-471 1991年
  • Intensive therapy of serious and intractable infection-intractable infection in patients with hematologic malignancies
    T.Ueda
     7(3) 484-491 1991年
  • Metabolism of ara-C and its related compounds
    T.Ueda
     15(2) 103-108 1991年
  • Successful treatment of myelodysplastic syndrome with 1-β-D-arabinofuranosylcytosine 5'-stearylphosphate
    T.Ueda
    Leukemia Research 14(42320) 1990年
  • Reduction of leukemia cell growth in a patient with acute promyelocytic leukemia treated by retinol palmitate
    T.Ueda
    Leukemia Res. 14(7) 595-600 1990年
  • Clinical pharmacology of N4-palmitoyl-1-β-D-arabinofuranosylcytosine in patients with hematologic malignancies
    T.Ueda
    Cancer Chemotherapy and Pharmacology 24(6) 1989年
  • 特殊病態の診断と治療-好酸球性白血病
    上田 孝典
    現代医療 21,497-501 1989年
  • 新抗腫瘍剤Stearyl-ara-CMP(YNK-01)の人造血器腫瘍患者における薬理動態
    上田 孝典
    癌と化学療法 16(9) 3303-3306 1989年
  • Diagnosis and treatment of special disorders-eosinophilic leukemia
    T.Ueda
     21,497-501 1989年
  • Pharmacokinetics of stearyl-ara-CMP(YNK-01)in patients with hematologic neoplasm
    T.Ueda
     16(9) 3303-3306 1989年
  • 特集/感染症の重症度と難治度-血液内科
    上田 孝典
    化学療法の領域 4(1) 13-18 1988年
  • 特集/内科領域の感染症-敗血症の化学療法
    上田 孝典
    カレントテラピー 6(6) 14-18 1988年
  • Serious and intractable infection-Hematology
    T.Ueda
     4(1) 13-18 1988年
  • Infections in the field of internal medicine-chemotherapy of sepsis
    T.Ueda
     6(6) 14-18 1988年
  • Folate analogues as inhibitors of thymidylate synthase
    T.Ueda
    Journal of Medicinal Chemistry 30(4) 1987年
  • Inhibitory action of 10-deazaaminopterins and their polyglutamates on human thymidylate synthase
    T.Ueda
    Molecular Pharmacology 30 1986年
  • 特集/白血病治療薬の進歩-代謝拮抗薬
    上田 孝典
    綜合臨牀 33(7) 1319-1324 1984年
  • Acute leukemia with two cell populations of lymphoblasts and monoblasts
    T.Ueda
    Leukemia Research 8(1) 1984年
  • Clinical pharmacology of antileukemic antimetabolites
    T.Ueda
     33(7) 1319-1324 1984年
  • Pharmacokinetics of N4-behenoyl-1-β-D-arabinofuranosylcytosine in patients with acute leukemia
    T.Ueda
    Cancer Research 43 1983年
  • Intracellular distribution of N4-behenoyl-1-β-D-arabinofuranosylcytosine in blood cells
    T.Ueda
    Japanese Journal of Cancer Research 74 1983年
  • Hydrophilic-interaction liquid chromatography-tandem mass spectrometric determination of erythrocyte 5-phosphoribosyl 1-pyrophosphate in patients with hypoxanthine-guanine phosphoribosyltransferase deficiency
    Hasegawa, Hiroshi;Shinohara, Yoshihiko;Nozaki, Sayako;Nakamura, Makiko;Oh, Koei;Namiki, Osamu;Suzuki, Kiyotaka;Nakahara, Akihiko;Miyazawa, Mari;Ishikawa, Ken;Himeno, Takahiro;Yoshida, Sayaka;Ueda, Takanori;Yamada, Yasukazu;Ichida, Kimiyoshi
    JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY B-ANALYTICAL TECHNOLOGIES IN THE BIOMEDICAL AND LIFE SCIENCES 976 55-60 2015年 査読有り
  • N-Acetylcysteine Ameliorates Experimental Autoimmune Myocarditis in Rats via Nitric Oxide
    Shimada, Kana;Uzui, Hiroyasu;Ueda, Takanori;Lee, Jong-Dae;Kishimoto, Chiharu
    JOURNAL OF CARDIOVASCULAR PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS 20(2) 203-210 2015年 査読有り
  • Prognostic effect of peripheral blood cell counts in advanced diffuse large B-cell lymphoma treated with R-CHOP-like chemotherapy: A single institution analysis
    Yamauchi, Takahiro;Tasaki, Toshiki;Tai, Katsunori;Ikegaya, Satoshi;Takagi, Kazutaka;Negoro, Eiju;Kishi, Shinji;Yoshida, Akira;Iwasaki, Hiromichi;Ueda, Takanori
    ONCOLOGY LETTERS 9(2) 851-856 2015年 査読有り
    T.Yamauchi
  • Reduced administration of rasburicase for tumor lysis syndrome: A single-institution experience
    Takai, Mihoko;Yamauchi, Takahiro;Matsuda, Yasufumi;Tai, Katsunori;Ikegaya, Satoshi;Kishi, Shinji;Urasaki, Yoshimasa;Yoshida, Akira;Iwasaki, Hiromichi;Ueda, Takanori
    ONCOLOGY LETTERS 9(5) 2119-2125 2015年 査読有り
    T.Yamauchi
  • Leukemia cells are sensitized to temozolomide, carmustine and melphalan by the inhibition of O-6-methylguanine-DNA methyltransferase
    Arai, Hajime;Yamauchi, Takahiro;Uzui, Kanako;Ueda, Takanori
    ONCOLOGY LETTERS 10(2) 845-849 2015年 査読有り
  • Prognostic Relevance of Cytokine Receptor Expression in Acute Myeloid Leukemia: Interleukin-2 Receptor alpha-Chain (CD25) Expression Predicts a Poor Prognosis
    Nakase, Kazunori;Kita, Kenkichi;Kyo, Taiichi;Ueda, Takanori;Tanaka, Isao;Katayama, Naoyuki
    PLOS ONE 10(9) 2015年
  • イディオタイプ蛋白/尿酸ナトリウム結晶複合体ワクチンによる多発性骨髄腫に対する特異的免疫療法の検討(臨床第Ⅰ相試験)
    酒巻 一平;大槻 希美;稲井 邦博;上田 孝典;津谷 寛
    痛風と核酸代謝 39(1) 23-29 2015年
    これまで我々は,多発性骨髄腫の産生するmonoclonal IgGのFab部分,すなわちidiotypeを腫瘍特異抗原蛋白とし,これを monosodium urate monohydrate (MSU) 結晶と結合させたidiotype複合ワクチンによる細胞障害性T細胞の誘導をみるin vitro study,MSU結晶単独の健常人への投与の安全性を確認するためのトランスレーショナルリサーチの結果を報告してきた.今回我々は安全性の確認を主評価項目とした多発性骨髄腫患者を対象とした第Ⅰ相試験を実施した.対象は20歳以上80歳以下のIgG型またはBence Jones型M蛋白の多発性骨髄腫患者で,0.5投与群,1投与群,2投与群と3群を設定した.低用量群より順に実施し,8週間観察した.0.5群3人,1群2人の計5人に投与した.8週間の観察期間において全例で皮内注射部位にgrade 1の無痛性紅斑,1投与群の一例においてgrade 1の肝機能障害を認めたが,血清尿酸値の上昇,腎機能障害や血液毒性は認められなかった.しかしながら副次的評価項目である抗腫瘍効果において部分効果以上の効果が観察された症例はなく,5例の観察期間が終了した時点で本試験は終了とした.今回の第Ⅰ相試験においては,主評価項目である安全性は確認されたものの,効果を確認することはできなかった.多発性骨髄腫患者においては樹状細胞を始めとする免疫細胞の機能低下が言われており,今後はMSU結晶との複合体を作り得る腫瘍抗原を持つより免疫療法に適した疾患に対して本治療を施すべく研究を継続する予定である.
  • O-03 発熱性好中球減少症に対する抗真菌薬の有効性(深在性真菌症,一般演題(口演),医真菌学の新たな地平へ)
    加藤 永一;加藤 和広;森田 美穂子;田居 克規;池ヶ谷 諭史;山内 高広;岩崎 博道;上田 孝典
    日本医真菌学会総会プログラム抄録集 56(1) 2015年09月
  • 分子遺伝学的検査にて本邦初の変異と家族内発症が明らかになったLesch-Nyhan variantの一家系
    松田 安史;山田 裕一;若松 延昭;三澤 美和;江川 克哉;山内 高弘;中村 真希子;長谷川 弘;市田 公美;上田 孝典
    痛風と核酸代謝 39(2) 121-128 2015年 査読有り
  • 腫瘍崩壊症候群とラスブリカーゼの適応
    森田 美穂子;山内 高弘;上田 孝典
    痛風と核酸代謝 39(2) 2015年
  • 健診受診者における高尿酸血症と脂質異常症についての検討
    大岩 加奈;重見 博子;森田 美穂子;松田 安史;上田 孝典;山内 高弘
    痛風と核酸代謝 40(1) 2016年07月 査読無し
  • 健診センターの職員における尿酸値異常症とメタボリックシンドロームとの相関についての解析
    重見 博子;大岩 加奈;森田 美穂子;松田 安史;上田 孝典;山内 高弘
    痛風と核酸代謝 40(1) 60-60 2016年07月 査読無し
  • 造血器疾患
    山内高弘;上田孝典
    日本臨牀 74巻 増刊号9 高尿酸血症・低尿酸血症―最新の診断と治療― 74(増刊号9) 125-135 2016年11月 査読無し
  • 尿検査(尿中尿酸排泄量検査,尿酸クリアランス・クレアチニンクリアランス)
    山内 高弘;森田 美穂子;上田 孝典
    日本臨牀 74巻 増刊号9 高尿酸血症・低尿酸血症―最新の診断と治療― 74(増刊号9) 171-176 2016年11月 査読無し
  • 高尿酸血症の治療目標
    上田孝典
    日本臨牀 74巻 増刊号9 高尿酸血症・低尿酸血症―最近の診断と治療― 74(増刊号9) 199-203 2016年11月 査読無し
  • 悪性腫瘍・腫瘍崩壊症候群(TLS)
    山内高弘;上田孝典
    日本臨牀 74巻 増刊号9 高尿酸血症・低尿酸血症―最新の診断と治療― 74(増刊号9) 323-326 2016年11月 査読無し
  • 悪性腫瘍
    稲井邦博;上田孝典
    日本臨牀 74巻 増刊号9 高尿酸血症・低尿酸血症―最新の診断と治療― 74(増刊号9) 405-412 2016年11月 査読無し
  • High Risk of Tumor Lysis Syndrome in Symptomatic Patients with Multiple Myeloma with Renal Dysfunction Treated with Bortezomib.
    Oiwa Kana;Morita Mihoko;Kishi Shinji;Okura Miyuki;Tasaki Toshiki;Matsuda Yasufumi;Tai Katsunori;Hosono Naoko;Ueda Takanori;Yamauchi Takahiro
    Anticancer research 36(12) 2016年12月 査読無し
  • Combination of panobinostat with ponatinib synergistically overcomes imatinib-resistant CML cells.
    Matsuda Yasufumi;Yamauchi Takahiro;Hosono Naoko;Uzui Kanako;Negoro Eiju;Morinaga Koji;Nishi Rie;Yoshida Akira;Kimura Shinya;Maekawa Taira;Ueda Takanori
    Cancer science 107(7) 2016年06月 査読有り
  • Efficacy and safety of febuxostat for prevention of tumor lysis syndrome in patients with malignant tumors receiving chemotherapy: a phase III, randomized, multi-center trial comparing febuxostat and allopurinol.
    Tamura Kazuo;Kawai Yasukazu;Kiguchi Toru;Okamoto Masataka;Kaneko Masahiko;Maemondo Makoto;Gemba Kenichi;Fujimaki Katsumichi;Kirito Keita;Goto Tetsuya;Fujisaki Tomoaki;Takeda Kenji;Nakajima Akihiro;Ueda Takanori
    International journal of clinical oncology 21(5) 996-1003 2016年03月
    BACKGROUND:Control of serum uric acid (sUA) levels is very important during chemotherapy in patients with malignant tumors, as the risks of tumor lysis syndrome (TLS) and renal events are increased with increasing levels of sUA. We investigated the efficacy and safety of febuxostat, a potent non-purine xanthine oxidase inhibitor, compared with allopurinol for prevention of hyperuricemia in patients with malignant tumors, including solid tumors, receiving chemotherapy in Japan.;METHODS:An allopurinol-controlled multicenter, open-label, randomized, parallel-group comparative study was carried out. Patients with malignant tumors receiving chemotherapy, who had an intermediate risk of TLS or a high risk of TLS and were not scheduled to be treated with rasburicase, were enrolled and then randomized to febuxostat (60ツꀀmg/day) or allopurinol (300 or 200ツꀀmg/day). All patients started to take the study drug 24ツꀀh before chemotherapy. The primary objective was to confirm the non-inferiority of febuxostat to allopurinol based on the area under the curve (AUC) of sUA for a 6-day treatment period.;RESULTS:Forty-nine and 51 patients took febuxostat and allopurinol, respectively. sUA decreased over time after initiation of study treatment. The least squares mean difference of the AUC of sUA between the treatment groups was -33.61ツꀀmgツꀀh/dL, and the 95ツꀀ% confidence interval was -70.67 to 3.45, demonstrating the non-inferiority of febuxostat to allopurinol. No differences were noted in safety outcomes between the treatment groups.;CONCLUSION:Febuxostat demonstrated an efficacy and safety similar to allopurinol in patients with malignant tumors receiving chemotherapy.;TRIAL REGISTRY:http://www.clinicaltrials.jp ; Identifier: JapicCTI-132398.
  • Evaluation of staging and early response to chemotherapy with whole-body diffusion-weighted magnetic resonance imaging in malignant lymphoma patients: A comparison with FDG-PET/CT
    Tsuji K, Kishi S, Tsuchida T, Yamauchi T, Ikegaya S, Urasaki Y, Fujiwara Y, Ueda T, Okazawa H, Kimura H
    Journal of Magnetic Resonance Imaging 41(6) 1601-1607 2015年06月 査読有り
  • 3A Comparison between R-THP-COP and R-CHOP Regimens for the Treatment of Diffuse Large B-cell Lymphoma in Old Patients: A Single-institution Analysis
    Araie Hiroaki;Sakamaki Ippei;Matsuda Yasufumi;Tai Katsunori;Ikegaya Satoshi;Itoh Kazuhiro;Kishi Shinji;Oiwa Kana;Okura Miyuki;Tasaki Toshiki;Hosono Naoko;Ueda Takanori;Yamauchi Takahiro
    Internal Medicine 2017年

    Objective We retrospectively compared the clinical efficacy and toxicity of rituximab (R)-THP-COP (pirarubicin, cyclophosphamide, vincristine, and prednisolone) with that of R-CHOP (rituximab, adriamicin, cyclophosphamide, vincristine, and prednisolone) in previously untreated old patients with diffuse large B-cell lymphoma (DLBCL).

    Patients and Methods Patients admitted to our institution between 2004 and 2013 were examined. The patients received either R (375 mg/m2, day 1) -THP-COP (pirarubicin 50 mg/m2 day 1, cyclophosphamide 750 mg/m2 day 1, vincristine 1.4 mg/m2 day 1, and prednisolone 100 mg day 1-5) or R-CHOP (adriamicin 50 mg/m2 day 1, cyclophosphamide 750 mg/m2 day 1, vincristine 1.4 mg/m2 day 1, and prednisolone 100 mg day 1-5). The doses of chemotherapeutic agents were adjusted depending on the patient's age and associated complications. The treatment was performed for 6 to 8 cycles.

    Results Among 74 patients with DLBCL (median 76, range 65-90 years; male 39, female 35), 29 received R-THP-COP, while 45 received R-CHOP. The overall response rates were 94.6% (complete response 86.4%, partial response 8.1%). The 2-year overall and progression-free survival rates were 77.6% and 68.5% for the R-THP-COP regimen and 79.2% and 78.9% for R-CHOP, respectively. No significant differences were found between these two regimens regarding the clinical efficacies. The most frequent adverse event was neutropenia (72.4% for the R-THP-COP regimen, 88.9% for the R-CHOP regimen). The cardiac function as evaluated by ejection fraction values was not impaired in either regimen.

    Conclusion R-THP-COP was effective and safe as an alternative to R-CHOP.

  • 3A Comparison between R-THP-COP and R-CHOP Regimens for the Treatment of Diffuse Large B-cell Lymphoma in Old Patients: A Single-institution Analysis.
    Araie Hiroaki;Sakamaki Ippei;Matsuda Yasufumi;Tai Katsunori;Ikegaya Satoshi;Itoh Kazuhiro;Kishi Shinji;Oiwa Kana;Okura Miyuki;Tasaki Toshiki;Hosono Naoko;Ueda Takanori;Yamauchi Takahiro
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 2017年
    :Objective We retrospectively compared the clinical efficacy and toxicity of rituximab (R)-THP-COP (pirarubicin, cyclophosphamide, vincristine, and prednisolone) with that of R-CHOP (rituximab, adriamicin, cyclophosphamide, vincristine, and prednisolone) in previously untreated old patients with diffuse large B-cell lymphoma (DLBCL). Patients and Methods Patients admitted to our institution between 2004 and 2013 were examined. The patients received either R (375 mg/m(2), day 1) -THP-COP (pirarubicin 50 mg/m(2) day 1, cyclophosphamide 750 mg/m(2) day 1, vincristine 1.4 mg/m(2) day 1, and prednisolone 100 mg day 1-5) or R-CHOP (adriamicin 50 mg/m(2) day 1, cyclophosphamide 750 mg/m(2) day 1, vincristine 1.4 mg/m(2) day 1, and prednisolone 100 mg day 1-5). The doses of chemotherapeutic agents were adjusted depending on the patient's age and associated complications. The treatment was performed for 6 to 8 cycles. Results Among 74 patients with DLBCL (median 76, range 65-90 years; male 39, female 35), 29 received R-THP-COP, while 45 received R-CHOP. The overall response rates were 94.6% (complete response 86.4%, partial response 8.1%). The 2-year overall and progression-free survival rates were 77.6% and 68.5% for the R-THP-COP regimen and 79.2% and 78.9% for R-CHOP, respectively. No significant differences were found between these two regimens regarding the clinical efficacies. The most frequent adverse event was neutropenia (72.4% for the R-THP-COP regimen, 88.9% for the R-CHOP regimen). The cardiac function as evaluated by ejection fraction values was not impaired in either regimen. Conclusion R-THP-COP was effective and safe as an alternative to R-CHOP.
  • Efficacy of aprepitant for CHOP chemotherapy-induced nausea, vomiting, and anorexia.
    Morita Mihoko;Kishi Shinji;Ookura Miyuki;Matsuda Yasufumi;Tai Katsunori;Yamauchi Takahiro;Ueda Takanori
    Current problems in cancer 2017年
    :The objective of this study was to evaluate whether aprepitant in addition to 5-HT3 receptor antagonist is useful for preventing chemotherapy-induced nausea and vomiting (CINV) and anorexia in patients receiving CHOP therapy, and to evaluate the relationship between in vivo kinetics of plasma substance P and these adverse events. Patients with malignant lymphoma who received CHOP chemotherapy or THP (THP-ADR)-COP therapy were investigated for CINV and anorexia for 5 days after the start of chemotherapy. With the first course of chemotherapy, all patients received only granisetron on day1 as an antiemetic. Patients who experienced nausea, vomiting, or anorexia exceeding grade 1 in the first course received aprepitant for 3 days in addition to granisetron with the second course of CHOP chemotherapy. Plasma substance P concentrations at 24 and 72 hours after chemotherapy were measured. Nineteen patients were evaluated. Nausea, vomiting, or anorexia was observed with the first course in 7 of 19 patients. During the second course with aprepitant, no patients experienced vomiting, and the toxicity grade of nausea, vomiting, or anorexia was decreased compared with those in the first course. Substance P concentrations showed no differences after chemotherapy, in patients with nausea, vomiting, or anorexia and in patients without. The addition of aprepitant to 5-HT3 receptor antagonist appears effective for CINV or anorexia for patients who received CHOP chemotherapy.
  • YM155 exerts potent cytotoxic activity against quiescent (G0/G1) multiple myeloma and bortezomib resistant cells via inhibition of survivin and Mcl-1.
    Ookura Miyuki;Fujii Tatsuya;Yagi Hideki;Ogawa Takuya;Kishi Shinji;Hosono Naoko;Shigemi Hiroko;Yamauchi Takahiro;Ueda Takanori;Yoshida Akira
    Oncotarget 8(67) 2017年
    :YM155, a novel small molecule inhibitor of survivin, shows broad anticancer activity. Here, we have focused on the cytotoxic activity of YM155 against multiple myeloma (MM) including cytokinetically quiescent (G0/G1) cells and bortezomib resistant cells. YM155 strongly inhibited the growth of MM cell lines with the IC50 value of below 10 nM. YM155 also showed potent anti-myeloma activity in mouse xenograft model. YM155 suppressed the expression of survivin and rapidly directed Mcl-1 protein for proteasome degradation. YM155 abrogated the interleukin-6-induced STAT3 phosphorylation, subsequently blocked Mcl-1 expression and induced apoptosis in MM cells. Triple-color flow cytometric analysis revealed that YM155 potently induced cell death of MM cells in G0 phase. Quiescent primary MM cells were also sensitive to YM155. We established bortezomib-resistant MM cell line, U266/BTZR1, which possess a point mutation G322A. YM155 exhibited similar cytotoxic potency against U266/BTZR1 compared with parental cells. Interestingly, survivin expression was markedly elevated in U266/BTZR1 cells. Treatment with YM155 significantly down-regulated this increased survivin and Mcl-1 expression in U266/BTZR1 cells. In conclusion, our data indicate that YM155 exhibits potent cytotoxicity against quiescent (G0/G1) MM cells and bortezomib-resistant cells. These unique features of YM155 may be beneficial for the development of new therapeutic strategies to eliminate quiescent MM cells and overcome bortezomib resistance.
  • [Evaluation of Chemotherapy-Induced Nausea and Vomiting in Patients with Hematological Malignancies Using MASCC Antiemesis Tool(MAT)].
    Oiwa Kana;Hosono Naoko;Itoh Kazuhiro;Ookura Miyuki;Matsuda Yasufumi;Tai Katsunori;Ueda Takanori;Yamauchi Takahiro
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy 45(1) 2018年
    :Chemotherapy-induced nausea and vomiting(CINV)were prospectively evaluated using MASCC Antiemesis Tool(MAT) in patients with hematological malignancies in our institution. A total of 33 patients receiving 46 chemotherapy courses were evaluated. Although vomiting was not observed in the acute phase, nausea was seen in 22.6% and 32.3% of the patients in the acute and delayed phases, respectively. Thirty percent(25 cases)of the patients receiving highly emetogenic chemotherapy presented nausea in both the phases, while 40%(18 cases)of the patients receiving moderately emetogenic chemotherapy presented nausea in the delayed phase. The oral intake was quantitated retrospectively in 31 patients with non- Hodgkin's lymphoma, who were hospitalized and received CHOP±R. Prior to the initiation of the chemotherapy, 13 patients received the first generation 5-HT3 receptor antagonist granisetron, while 18 patients received the second generation palonosetron. Oral intake was greater in the patients who were administered palonosetron. Thus, the present study suggested that antiemetic treatment could be improved at our institution.
  • 3A Comparison between R-THP-COP and R-CHOP Regimens for the Treatment of Diffuse Large B-cell Lymphoma in Old Patients: A Single-institution Analysis
    Araie Hiroaki;Sakamaki Ippei;Matsuda Yasufumi;Tai Katsunori;Ikegaya Satoshi;Itoh Kazuhiro;Kishi Shinji;Oiwa Kana;Okura Miyuki;Tasaki Toshiki;Hosono Naoko;Ueda Takanori;Yamauchi Takahiro
    Internal Medicine 56(18) 2407-2413 2017年

    Objective We retrospectively compared the clinical efficacy and toxicity of rituximab (R)-THP-COP (pirarubicin, cyclophosphamide, vincristine, and prednisolone) with that of R-CHOP (rituximab, adriamicin, cyclophosphamide, vincristine, and prednisolone) in previously untreated old patients with diffuse large B-cell lymphoma (DLBCL).

    Patients and Methods Patients admitted to our institution between 2004 and 2013 were examined. The patients received either R (375 mg/m2, day 1)-THP-COP (pirarubicin 50 mg/m2 day 1, cyclophosphamide 750 mg/m2 day 1, vincristine 1.4 mg/m2 day 1, and prednisolone 100 mg day 1-5) or R-CHOP (adriamicin 50 mg/m2 day 1, cyclophosphamide 750 mg/m2 day 1, vincristine 1.4 mg/m2 day 1, and prednisolone 100 mg day 1-5). The doses of chemotherapeutic agents were adjusted depending on the patient's age and associated complications. The treatment was performed for 6 to 8 cycles.

    Results Among 74 patients with DLBCL (median 76, range 65-90 years; male 39, female 35), 29 received R-THP-COP, while 45 received R-CHOP. The overall response rates were 94.6% (complete response 86.4%, partial response 8.1%). The 2-year overall and progression-free survival rates were 77.6% and 68.5% for the R-THP-COP regimen and 79.2% and 78.9% for R-CHOP, respectively. No significant differences were found between these two regimens regarding the clinical efficacies. The most frequent adverse event was neutropenia (72.4% for the R-THP-COP regimen, 88.9% for the R-CHOP regimen). The cardiac function as evaluated by ejection fraction values was not impaired in either regimen.

    Conclusion R-THP-COP was effective and safe as an alternative to R-CHOP.

著書

  • Chemotherapy for Leukemia Novel Drugs and Treatment
    執筆
     2017年04月
    978-981-10-3330-8
  • 内科学 第11版
    上田 孝典
    分担執筆
    朝倉書店 2017年.3月
    978-4-254-32270-5 C3047/978-4-254-32271-2 C3047
  • 高尿酸血症と腫瘍崩壊症候群(TLS)
    山内 高弘,森田 美穂子,大岩 加奈,上田 孝典
    執筆
    株式会社メディカルレビュー社 2017年03月
    978-4-7792-1877-4
  • 生活習慣病と食事指導(健康教育・生活習慣病予防DVDビデオシリーズ)
    上田孝典・北山富士子
    共同編集、分担執筆
    VOL.7 貧血と食事療法
    丸善出版 2014年04月
  • ガイドラインに基づく臨床指針 改訂第11版
    上田 孝典
    執筆、編集
    血液疾患
    第一三共株式会社 2014年04月
  • 今日の診療のために ガイドライン 外来診療2014
    山内 高弘, 上田孝典
    執筆、編集
    高尿酸血症・痛風
    日経メディカル開発 2014年04月
  • 抗がん薬の臨床薬理
    上田孝典, 山内 高弘
    執筆、編集
    Cytarabineと類似化合物、プリン拮抗薬
    南江堂 2013年01月
  • チーム医療のための血液がんの標準的化学療法
    山内 高弘, 上田孝典
    執筆、編集
    アルキル化薬、
    MEDSI 2013年01月
  • チーム医療のための血液がんの標準的化学療法
    吉田 明, 上田 孝典
    執筆、編集
    血液がんの薬物療法-E. トポイソメラーゼ阻害剤
    メディカル・サイエンス・インターナショナル 2013年01月
    978-4-89592-758-1
  • 病態栄養専門誌師のための病態栄養ガイドブック改訂第4版
    高木 和貴, 武村 晴行, 上田 孝典
    執筆、編集
    血液疾患
    メディカルレビュー社 2013年05月
  • 臨床と研究 微熱・発熱・不明熱
    池ヶ谷 諭史, 上田 孝典
    執筆、編集
    発熱と各種疾患ー血液疾患
    大道學館出版 2013年08月
  • 日本臨牀
    岸 愼治, 上田 孝典
    執筆、編集
    化学療法
    株式会社 日本臨牀社 2014年03月
  • 造血器腫瘍学ー基礎と臨床の最新研究動向ー
    上田 孝典
    執筆、編集
    Ⅲ.造血器腫瘍の診断と治療  治療法  化学療法
    日本臨床 2012年04月
  • 発熱性好中球減少症の予防と対策 改訂版
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 上田 孝典
    執筆、編集
    抗菌薬サイクリング療法
    (株)医薬ジャーナル社 2012年08月
  • 新しい治療と診断のABC36,血液4、急性白血病 改訂第2版
    山内 高弘, 上田孝典
    執筆、編集
    急性白血病の管理・治療:急性白血病に使用される薬物
    最新医学社 2012年08月
  • 検査と技術 増刊号
    細野奈穗子, 上田 孝典
    執筆、編集
    大球性貧血,黄疸,LDHの異常高値をきたした55歳の男性
    医学書院 2012年09月
  • 白血病・リンパ腫・骨髄腫-今日の診断と治療
    吉田 明, 上田 孝典
    執筆、編集
    2.造血器腫瘍の治療 A.化学療法剤
    中外医学社 2011年01月
  • 血液専門医テキスト
    山内 高弘, 上田 孝典
    執筆、編集
    抗がん薬の作用機序と分類
    南江堂 2011年01月
  • ガイドラインに基づく臨床指針 改訂第8版
    上田 孝典
    執筆、編集
    血液疾患
    第一三共株式会社 2011年04月
  • 検査と技術
    細野 奈穂子, 上田 孝典
    執筆、編集
    (疾患と検査値の推移)悪性貧血
    医学書院 2011年09月
  • 福井大学はなぜ就職に強いのか
    上田 孝典
    執筆、編集
    地方国立大学医学部の将来を見据える
    財界展望新社 2012年03月
  • 発熱性好中球減少症の予防と対策
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 上田 孝典
    執筆、編集
    抗菌薬サイクリング療法
    医薬ジャーナル社 2010年
  • 造血器腫瘍治療2版 これは困ったぞ,どうしよう!
    岸 慎治, 上田 孝典
    執筆、編集
    シクロホスファミドで出血性膀胱炎が起きた.さてどうしよう?
    中外医学社 2010年01月
    9.78E+12
  • 造血器腫瘍治療2版 これは困ったぞ,どうしよう!
    岸 慎治, 上田 孝典
    執筆、編集
    ドキソルビシンを血管外に漏らしてしまった.さてどうしよう?
    中外医学社 2010年01月
    9.78E+12
  • 抗悪性腫瘍薬コンサルトブック
    山内 高弘, 上田孝典
    編集
    シタラビン(ara-C)
    南江堂 2010年04月
  • ガイドラインに基づく臨床指針 改訂第7版
    上田 孝典
    執筆、編集
    血液疾患
    第一三共株式会社 2010年04月
  • 血液疾患 最新の治療 2011-2013
    山内 高弘, 上田 孝典
    執筆、編集
    II-4抗がん薬(抗体医薬を除く)
    南江堂 2010年04月
  • 臨床薬理の進歩
    山内 高弘, 上田 孝典
    執筆、編集
    シタラビンとゲムツズマブオゾガマイシンのがん細胞内薬理・薬物動態に基づく白血病治療のテーラーメイド化
    臨床薬理研究振興財団 2010年06月
  • 認定 病態栄養専門師のための病態栄養ガイドブック
    髙木 和貴, 武村 晴行, 上田 孝典
    執筆、編集
    血液疾患
    メディカルレビュー社 2011年02月
    978-4-7792-0669-6
  • みんなに役立つ悪性リンパ腫の基礎と臨床 改訂版
    岸 慎治, 上田 孝典
    執筆、編集
    化学療法薬と副作用対策
    医薬ジャーナル社 2011年02月
  • 入門腫瘍内科学
    上田 孝典
    執筆、編集
    Ⅰ総論,5がんの治療,5薬物療法(生物学的製剤を含む)
    株式会社 篠原出版新社 2009年01月
    978-4-88412-335-2
  • がん化学療法・分子標的治療 update
    吉田 明, 上田 孝典
    執筆、編集
    分子標的治療 5. ボルテゾミブ
    中外医学社 2009年01月
  • リケッチア感染症の国内実態調査及び早期診断体制の確立による早期警鐘システムの構築 平成20年度総括・分担研究報告書
    岩崎 博道, 田原 研司, 高田 伸弘, 矢野 泰弘, 池ヶ谷 諭史, 田居 克規, 上田 孝典
    執筆、編集
    日本紅斑熱における重症度と血中サイトカイン値との関連性(島根県確認症例における検討)
    厚生労働省 2009年03月
  • ガイドラインに基づく臨床指針
    上田 孝典
    執筆、編集
    Ⅴ血液疾患 41.貧血
    第一三共株式会社 2009年04月
  • 造血器腫瘍アトラス -形態、免疫、染色体と遺伝子-
    上田 孝典
    執筆、編集
    第1章化学療法,1-a:白血病
    日本医事新報社 2009年04月
    978-4-7849-4081-3
  • 白血病治療マニュアル(改訂第3版)
    上田 孝典
    執筆、編集
    Ⅵ毒性と合併症の対策,注意点 1.抗白血病薬の作用機序と毒性
    南江堂 2009年06月
    978-4-524-25309-8
  • 血液疾患ハンドブック 第二版、
    山内 高弘, 上田孝典
    編集
    急性骨髄性白血病のM2
    医薬ジャーナル社 2009年11月
  • 悪性リンパ腫治療マニュアル(改訂第3版)
    上田 孝典
    執筆、編集
    第Ⅱ章悪性リンパ腫の治療手段と有害反応対策   1.化学療法
    南江堂 2009年12月
    978-4-524-25316-6
  • 作用機序よりみた抗腫瘍剤の効果増強の試み(共著).白血病細胞の生物医学的特性とその制御.(宮崎保)
    上田 孝典
    癌と化学療法社 1987年
  • Enhancement of the Effects of Antineoplastic Agents Based on their Action Mechanism.
    T.Ueda
     1987年
  • A pharmacokinetic study 1-β-D-arabinofuranosylcytosine-5'-stearylphosphate(steary1-ara-CMP)in patients with hematologic malignancies.
    T.Ueda
    Advances in Therapeutic Drug Monitoring Enterprise, Osaka 1990年
  • Study on atypical lymphocytes in rickettsial infections in Japan.
    T.Ueda
    Parasitic Zoonoses in Asian-Pacific Regions Printcoop, Sendai 1990年
  • Purine nucleotide biosynthesis in leukemic promyelocytes treated with retinoids.
    T.Ueda
    Purine and Purimidine Metabolism in Man VII. Part A. Plenum Press, New York, 1991年
  • Detection of Candida antigen and D-arabinitol for diagnosing Candida infection in sera of patients with hematological diseases.
    T.Ueda
    Recent Advances in Chemotherapy, Antimicrobial Section II Futuramed Publishers, Munich 1991年
  • Mixed leukemia(共著)
    T.Ueda
     1992年
  • Daunorubicin resistance in a K562-derived cell line and its reversal by Idarubicin. The Mechanism and New Approach on Drug Resistance of Cancer Cells(Miyazaki. T. , Takaku. F. , Sakurada. K. )
    T.Ueda
    Elsevier Science Publishers B. V. , Amsterdam. 1993年
  • A new diagnostic aid for deep mycosis associated with hematologic disease using (1→3) - β -D- glucan assay. (共著)
    T.Ueda
    Recent Advances in Chemotherapy. Am, Soc. Microbiol, Washington. D. C. 1994年
  • Mechanism of action of SM5887, a new anthracvcline agent, in HL60 cells. (共著)
    T.Ueda
    Recent Advances in Chemotherapy. Am, Soc. Microbiol, Washigton, D. C. 1994年
  • Different doses of cytosine arabinoside in leukemia chemotherapy have different mechanisms of action. (共著)
    T.Ueda
    Recent Advances in Chemotherapy. Am, Soc. Microbiol, Washington. D. C. 1994年
  • Mechanism of multidrug resistance in daunorubicin resistant K562 cell line.
    T.Ueda
    CD-ROM proceedings of 2nd Internet World Congress on Biomedical Science 1995年
  • 白血病治療の実際,白血病の化学療法(共著)
    上田 孝典
    白血病・悪性リンパ腫,Common Disease Series 6 1996年
  • 抗癌剤とアポトーシス(共著)
    上田 孝典
    アポトーシスの分子機構と病態 1996年
  • L-carnitine長期経口投与がアドリアマイシン心不全ラットの心臓エネルギー代謝に与える影響
    上田 孝典
    心筋の構造と代謝-1995- 1996年
  • 塩酸イダルビシン
    上田 孝典
    新しい治療薬のポイント 1996年
  • 急性白血病 今日の治療指針
    上田 孝典
    医学書院 1997年
  • 血液再建後の心筋脂肪酸代謝の推移の検討, -Stunned myocardiumとhidernating myocardiumとの比較-.心筋代謝研究会編
    上田 孝典
    心筋の構造と代謝-1996-六法出版社 1997年
  • Very low dose etoposide treatment for the aged patients with malignant lymphoma.
    T.Ueda
    CD-ROM of the 3rd Internet World Congress on Biomedical Science in RIKEN'96 1997年
  • Acute leukemia
    T.Ueda
    Today's Therapy 1997, Volume39 1997年
  • Serial change of myocardial fatty acid utilization after revascularization-correlation between myocardial stunning and hibernating
    T.Ueda
     1997年
  • 造血器腫瘍における薬剤の使い方-合理的投与法と展望.アントラサイクリン系薬剤,アントラキノン系薬剤.
    上田 孝典
    医薬ジャーナル社 1998年
  • 造血器腫瘍における薬剤の使い方-合理的投与法と展望.トポイソメラーゼ阻害剤.
    上田 孝典
    医薬ジャーナル社 1998年
  • 造血器腫瘍における薬剤の使い方-合理的投与法と展望.その他の薬剤.
    上田 孝典
    医薬ジャーナル社 1998年
  • エンドトキシン研究1,基礎と臨床.血中(1→3)-β-D-グルカン測定による造血器疾患に合併した深在性真菌感染症の診断.
    上田 孝典
    菜根出版 1998年
  • 心筋の構造と代謝.健常心筋における空腹時FDG集積亢進の意義.
    上田 孝典
    六法出版社 1998年
  • 成人急性リンパ性白血病
    上田 孝典
    日常診療と血液. 1998年
  • 悪性リンパ腫治療マニュアル. 悪性リンパ腫に用いられる抗腫瘍薬.
    上田 孝典
    南江堂 1998年
  • 貧血・出血傾向・白血病の診断と治療. 急性骨髄性白血病の治療-北陸造血器腫瘍研究プロトコール.
    上田 孝典
    真興公易医書出版部 1998年
  • 造血器腫瘍における薬剤の使い方-合理的投与法と展望.
    上田 孝典
    医薬ジャーナル社 1998年
  • Acute lymphoblastic leukemia
    T.Ueda
    Practical hematology 1998年
  • 造血器腫瘍における薬剤の使い方-合理的投与法と展望. 急性骨髄性白血病 (AML)
    上田 孝典
    医薬ジャーナル社 1998年
  • 造血器腫瘍における薬剤の使い方-合理的投与法と展望. 代謝拮抗剤
    上田 孝典
    医薬ジャーナル社 1998年
  • The ALL90 study : Response-oriented individualized induction therapy followed by intensive consolidation, maintenance and intensification therapy.
    T.Ueda
    Symposium Proceedings of Japan Adult Leukemia Study Group (JALSG) 10-year Anniversary International Symposium 1999年
  • 白血病 (急性白血病/慢性白血病/成人T細胞白血病) わかりやすい内科学
    上田 孝典
    文光堂 1999年
  • 白血病総論-治療理念. エッセンシャル血液病学
    上田 孝典
    医歯薬出版 1999年
  • 急性白血病-治療. エッセンシャル血液病学
    上田 孝典
    医歯薬出版 1999年
  • 再灌流後の心筋代謝の推移の核医学的評価と臨床的意義.心筋の構造と代謝21
    上田 孝典
    六法出版社 1999年
  • Regional Reduction in Myocardial Glucose Utilization Predicts Cardiac Events in Dilated Cardiomyopathy. Positron Emission Tomography in the Millennium
    T.Ueda
    Elsevier Science B.V. 2000年
  • Serial Changes in Glucose and Free Fatty Acid Utilization in Reperfused Myocardium
    T.Ueda
    Elsevier Science B.V. 2000年
  • 急性骨髄性白血病 BHAC-tripleV(BH-AC+VP-16+VLB)療法(入院) 抗がん効果を高めるための実践・癌化学療法別副作用対策
    上田 孝典
    メディカルレビュー社 2000年
  • 急性骨髄性白血病 中等量Ara-C療法(入院) 抗がん効果を高めるための実践・癌化学療法別副作用対策
    上田 孝典
    メディカルレビュー社 2000年
  • 非ホジキンリンパ腫 MST-16/VP-16併用療法(外来) 抗がん効果を高めるための実践・癌化学療法別副作用対策
    上田 孝典
    メディカルレビュー社 2000年
  • 急性白血病の治療薬と副作用 インフォームドコンセントのための図解シリーズ、白血病
    上田 孝典
    医薬ジャーナル社 2000年
  • リケッチア感染症治癒機転としてのテトラサイクリンによるサイトカイン誘導ならびにアポトーシス誘導(共著)
    上田 孝典
    臨床薬理の進歩 2001年
  • 治療方法と奏功機序 看護のための最新医学講座第9巻 血液・造血器疾患
    上田 孝典
    中山書店 2001年
  • 注意すべき合併症と薬の副作用,血液・造血器の異常で起こる他科の疾患
    上田 孝典
    看護のための最新医学講座 第9巻 血液・造血器疾患 2001年
  • 注意すべき合併症と薬の副作用,血液・造血器の異常で起こる他科の疾患
    上田 孝典
    中山書店 2001年
  • 各薬剤に特異的な耐性機序とその克服Cytosine arabinoside とその誘導体 癌の薬剤耐性とその克服-基礎と臨床-
    上田 孝典
    宇宙堂八木書店 2001年
  • 毒性と合併症の対策,注意点 化学療法施行時の毒性と合併症の対策 抗白血病薬の作用機序と毒性.白血病治療マニュアル
    上田 孝典
    南江堂 2001年
  • Ara-Cの殺細胞機序.白血病とAra-C大量療法
    上田 孝典
    医薬ジャーナル社 2001年
  • Ara-Cの体内動態~投与量による相違~. 白血病とAra-C 大量療法
    上田 孝典
    医薬ジャーナル社 2001年
  • 造血器腫瘍 白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫 治癒をめざした診断・治療の実践
    上田 孝典
    南江堂 2001年
  • G-CSFによる化学療法のプライミング.コロニー刺激因子(CSF)の臨床-現状と将来-
    上田 孝典
    日本医学館 2001年
  • カンジダ症の実験室診断
    上田 孝典
    臨床と微生物 2001年
  • 梗塞部位のviability評価における対側性ST下降の意義(共著)
    上田 孝典
    心電図 2001年
  • 痛風・高尿酸血症診療のPit・fall -血液腫瘍時の化学療法における高尿酸血症-
    上田 孝典
    Medical ASAHI 2001年
  • アトラス対応血液病学 ケーススタデイ124例
    浦崎 芳正, 上田 孝典
    執筆、編集
    Ⅱ白血球系疾患 1.好中球減少症 ①無顆粒球症
    医薬ジャーナル社 2001年12月
    4-7532-1929-1
  • 癌治療を"薬"で~治癒を目指す白血病化学療法~. 最新・血液内科シリーズ
    上田 孝典
    住友製薬 2002年
  • 白血病(急性白血病/慢性白血病/成人T細胞白血病). わかりやすい内科学
    上田 孝典
    文光堂 2002年
  • 全身性炎症反応症候群(SIRS)の診断. 新しい診断と治療のABC 5, 血液疾患合併感染症 血液1
    上田 孝典
    最新医学社 2002年
  • みんなに役立つ悪性リンパ腫の基礎と臨床
    津谷寛, 上田孝典
    3.化学療法薬と副作用対策
    医薬ジャーナル社 2003年01月
  • 外来診療のすべて
    上田孝典
    白血球増加
    メディカルレビュー社 2003年04月
  • ダイナミックメディシン3
    上田 孝典, 浦崎 芳正
    執筆、編集
    急性骨髄性白血病
    西村書店 2003年07月
  • #NAME?
    上田孝典
    薬物療法
    メディカルレビュー社 2003年08月
  • 高齢者の疾病と栄養改善へのストラテジー エビデンスに基づく対策とチームワークのために
    今村 信, 上田 孝典
    執筆、編集
    血液疾患
    第一出版 2003年09月
  • 白血病と言われたら-発症間もない患者さんとご家族のために-
    上田孝典
    使用する主な薬剤一覧表
    全国骨髄バンク推進連絡協議会 2003年09月
  • 私と血液学II.(angle最新・血液内科シリーズ)
    上田孝典
    血液癌の化学療法と出会って
    インターメディカ 2003年09月
  • 悪性リンパ腫治療マニュアル
    上田孝典
    リンパ腫治療に用いられる抗癌剤と併用療法の考え方
    南江堂 2003年09月
  • 臨床腫瘍学
    上田孝典, 石塚秀夫
    c. 代謝拮抗剤
    癌と化学療法社 2003年11月
  • みんなに役立つ白血病の基礎と臨床
    河合 泰一, 上田 孝典
    Ⅳ 治療 2.治療と必要な基礎知識
    医薬ジャーナル社 2004年01月
  • みんなに役立つ白血病の基礎と臨床
    吉田 明, 上田孝典
    3. 白血病の治療方法 1) 化学療法と主な薬剤の特徴
    医薬ジャーナル社 2004年01月
  • 心不全cases&lectures
    豊田清浩, 李鍾大, 清水寛正, 宇隨弘泰, 中野顕, 上田孝典
    興味ある臨床像を示したタコツボ型心筋症の一例
    永井書店 2004年03月
  • ガイドラインに基づく臨床指針
    上田孝典
    貧血
    三共株式会社 2004年04月
  • 血液の事典
    上田孝典
    多剤併用化学療法
    朝倉書店 2004年08月
  • 実地医家にすぐ役立つ高尿酸血症・痛風診療ハンドブック
    稲井 邦博, 上田 孝典
    執筆、編集
    混合型二次性高尿酸血症
    文光堂 2004年11月
  • 実地医家にすぐ役立つ 高尿酸血症・痛風診療ハンドブック
    上田孝典
    病型分類
    文光堂 2004年11月
  • 実地医家にすぐ役立つ 高尿酸血症・痛風診療ハンドブック
    山内高弘, 上田孝典
    執筆、編集
    尿酸産生過剰型二次性高尿酸血症
    文光堂 2004年11月
  • 臨床薬理の進歩
    山内高弘, 上田孝典
    代表的抗白血病剤シタラビンの患者白血病細胞DNAレベルにおける治療薬物モニタリングの確立
     2005年01月
  • Arsenic trioxide circumvents multidrug resistance based on different mechanisms in human leukemia cell lines. Anticancer Res
    Seo, T., Urasaki, Y., Takemura, H., Ueda, T.
     2005年03月
  • エッセンシャル血液病学
    上田孝典
    2.白血病 1-白血病総論 (7)~(9), 111a-112a. 2-急性白血病 (8)~(付), 120-127
    医歯薬出版株式会社 2005年04月
  • 病態栄養ガイドブック
    武村晴行, 上田孝典
    病態栄養と栄養療法 6.血液疾患
    メディカルレビュー 2005年04月
  • ガイドラインに基づく臨床指針 改訂版
    上田孝典
    29 貧血
    三共株式会社 2005年05月
  • 高齢者の血液疾患
    上田孝典
    抗がん薬の高齢者における薬物動態
    医薬ジャーナル社 2005年06月
  • 血液疾患ハンドブック 上巻
    山内高弘, 上田孝典
    執筆、編集
    急性骨髄性白血病のM2
    医薬ジャーナル社 2005年07月
  • 癌治療の新たな試み 新編3
    山内高弘, 上田孝典
    執筆、編集
    新しい抗悪性腫瘍薬を用いたグローバルスタンダード
    医薬ジャーナル社 2005年09月
  • よくわかる白血病のすべて
    武村晴行, 上田孝典
    5.白血病に使用される薬物
    永井書店 2005年11月
  • 臨床薬理の進歩
    山内 高弘, 上田 孝典
    執筆、編集
    代表的抗白血病剤シタラビンの白血病細胞DNA内薬剤濃度の検討
     2006年
  • 今日の治療指針2006年版
    上田 孝典
    執筆、編集
    急性骨髄性白血病
    医学書院 2006年01月
  • 三輪血液病学
    上田 孝典
    執筆、編集
    第2部臨床総論 治療総論 化学療法
    文光堂 2006年01月
  • 新臨床腫瘍学 がん薬物療法専門医のために
    山内 高弘, 上田孝典
    執筆、編集
    ⑯抗悪性腫瘍薬の薬理学 5)アルキル化剤、抗生物質
    南江堂 2006年01月
  • NST用語ハンドブック
    武村 晴行, 上田 孝典
    執筆、編集
    鉄欠乏性貧血、ビタミンB12欠乏性貧血、貧血
    メディカルレビュー社 2006年02月
  • 最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 36巻
    山内 高弘, 上田 孝典
    執筆、編集
    急性白血病に使用される薬物
    最新医学社 2006年02月
  • ガイドラインに基づく臨床指針
    上田 孝典
    執筆、編集
    貧血
    第一三共(株) 2006年05月
  • 造血器腫瘍とAra-C大量療法
    上田 孝典, 河合 泰一
    執筆、編集
    Ara-Cの殺細胞機序
    医薬ジャーナル社 2006年07月
  • 造血器腫瘍とAra-C大量療法
    上田 孝典, 岸 愼治
    執筆、編集
    Ara-Cの体内動態~投与量による相違~
    医薬ジャーナル社 2006年07月
  • 看護のための最新医学講座 第9巻 血液・造血器疾患
    上田 孝典
    執筆、編集
    治療方法と奏効機序
    中山書店 2006年09月
  • 今日の治療指針2007年版
    上田 孝典
    執筆、編集
    急性リンパ性白血病
    医学書院 2007年01月
  • 日本臨床増刊号 造血器腫瘍
    上田 孝典, 浦崎 芳正
    執筆、編集
    造血器腫瘍の化学療法:概論
    日本臨床社 2007年01月
  • 日本臨床増刊号 造血器腫瘍
    山内 高弘, 上田 孝典
    執筆、編集
    多剤併用化学療法と大量療法
    日本臨床社 2007年01月
  • インフォームドコンセントのための図説シリーズ 白血病 改訂版
    上田 孝典
    執筆、編集
    急性白血病の治療薬と副作用
    医薬ジャーナル社 2007年01月
  • 細胞周期を標的とする薬剤による造血器腫瘍の治療
    上田 孝典
    執筆、編集
    医療ジャーナル社 2007年03月
  • 細胞周期を標的とする薬剤による造血器腫瘍の治療
    河合 泰一, 上田 孝典
    編集
    血液フロンティア 2007年11月
  • 新呼吸器症候群(第2版)
    岩崎 博道, 高田 伸弘, 上田 孝典
    執筆、編集
    リケッチア肺炎(つつが虫病、日本紅斑熱、Q熱)
    日本臨牀 2008年
  • 血液疾患合併感染症
    岩崎 博道, 池ヶ谷 諭史, 上田 孝典
    執筆、編集
    全身性炎症反応症候群(SIRS)の診断
    最新医学社 2008年
  • わかりやすい内科学(第3版)
    上田 孝典
    執筆、編集
    6.白血病(急性白血病/慢性骨髄性白血病/慢性リンパ性白血病/成人T細胞白血病)
    文光堂 2008年01月
    9.78E+12
  • 白血病と言われたら
    上田 孝典
    執筆、編集
    特定非営利活動法人 全国骨髄バンク推進連絡協議会 2008年03月
  • ガイドラインに基づく臨床指針
    上田 孝典
    執筆、編集
    第5章血液疾患 39.貧血
    第一三共株式会社 2008年04月
  • 病態栄養専門師のための病態栄養ガイドブック
    髙木 和貴, 武村 晴行, 上田 孝典
    執筆、編集
    第5章 病態栄養と栄養療法 6. 血液疾患
    メディカルレビュー社 2008年05月
    978-4-7792-0244-5
  • 第76回日本血液学会学術集会セミナー記録集
    上田 孝典
    分担執筆
    旭化成ファーマ株式会社 2015年
  • 血液専門医テキスト
    山内 高弘,上田 孝典
    分担執筆
    2.抗がん薬の作用機序と分類
    南江堂 2015年06月
    978-4-524-26157-4
  • ここまで明らかになった!尿酸代謝ワールドと高尿酸血症の病態解明~診療と医学の最前線~
    山内高弘,森田美穂子,上田孝典
    分担執筆
    腫瘍崩壊症候群(TLS)
    メディカルレビュー社 2015年06月
    978-4-7792-1483-7
  • 悪性リンパ腫治療マニュアル
    岸 慎治,上田 孝典
    分担執筆
    リンパ腫治療に用いられる抗がん薬と併用療法の考え方
    南江堂 2015年09月
    978-4-524-26171-0
  • 血液疾患診療ハンドブック
    山内 高弘,上田 孝典
    分担執筆
    急性骨髄性白血病のM2
    医薬ジャーナル社 2015年11月
    978-4-7532-2767-9
  • ガイドライン 外来診療2016
    山内 高弘,上田 孝典
    分担執筆
    高尿酸血症・痛風
    日経メディカル開発 2016年03月
  • 高尿酸血症と痛風
    山内 高弘,森田 美穂子,上田 孝典
    分担執筆
    免疫抑制薬(2)
    株式会社メディカルレビュー社 2016年03月
    978-4-7792-1683-1
  • 日本臨牀 73/増刊8 リンパ腫学-最新の研究動向-
    山内 高弘,上田 孝典
    分担執筆
    リンパ腫の治療 総論 化学療法 抗がん薬と副作用
    日本臨牀社 2015年10月
  • ガイドラインに基づく臨床指針 改訂第12版
    上田孝典
    分担執筆
    エルゼビア・ジャパン株式会社 2015年03月
  • Modern Physician 高尿酸血症の最新トピックス
    山内高弘,森田美穂子,上田孝典
    分担執筆
    尿酸分解酵素の位置づけ
    株式会社新興医学出版社 2016年03月
  • 高尿酸血症と痛風
    山内 高弘,森田 美穂子,上田 孝典
    分担執筆
    免疫抑制薬(1)
    株式会社メディカルレビュー社 2015年09月
    978-4-7792-1563-6
  • 病態栄養認定管理栄養士のための病態栄養ガイドブック(改訂第5版)
    高木和貴、武村晴行、上田孝典
    分担執筆
    血液疾患
    南江堂 2016年06月
    978-4-524-25484-2

講演・口頭発表等

  • 第50回日本痛風・核酸代謝学会総会
    上田 孝典
     2017年02月
  • 当院における血液製剤廃棄血削減への取り組みについて
    小林 洋子, 浦崎 芳正, 海老田 ゆみえ, 田中 佐知子, 増永 志穂, 岸 愼治, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第63回日本細胞・輸血治療学会総会 2015年05月 選考有り 0
  • FNに対するLiposomal Amphotericin Bの有効性
    池ヶ谷 諭史, 森田美穂子, 田居 克規, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第89回日本感染症学会総会 2015年04月 選考有り 0
  • 発熱性好中球減少症に対するMCFG 300mgの有用性と安全性の後方視的検討
    森田美穂子, 田居 克規, 池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第89回日本感染症学会総会 2015年04月 選考有り 0
  • 閉塞性黄疸で発症し,超音波ガイド下腫瘍生検により診断し得た悪性リンパ腫の1例
    宇都宮 慧, 松田 秀岳, 尾﨑 嘉彦, 大谷 昌弘, 平松 活志, 根本 朋幸, 須藤 弘之, 田居 克規, 上田 孝典, 中本 安成
    第225回日本内科学会北陸地方会 2015年03月 選考有り 0
  • 少量ベンダムスチン投与が奏功した原発性マクログロブリン血症の2例
    新家 裕朗, 酒巻 一平, 岸 愼治, 伊藤 和広, 大蔵 美幸, 多崎 俊樹, 森田 美穂子, 田居 克規, 池ヶ谷 諭史, 山内 高弘, 浦崎 芳正, 吉田 明, 上田 孝典
    トレアキシン Meet The Expert 2015年02月 選考無し エーザイ株式会社
  • 腫瘍崩壊症候群とラスブリカーゼの適応
    森田美穂子, 山内 高弘, 上田孝典
    第48回日本痛風・核酸代謝学会総会 2015年02月 選考有り 大野岩男
  • フェブキソスタットの腫瘍融解症候群に対する有用性に関する単施設前向き臨床試験
    森田美穂子, 山内 高弘, 大蔵美幸, 松田安史, 田居克規, 岸 慎治, 吉田 明, 岩崎博道, 上田孝典
    第48回日本痛風・核酸代謝学会総会 2015年02月 選考有り 大野岩男
  • 化学療法に不応であった腹腔内巨大腫瘤を伴う濾胞性リンパ腫の一例
    伊藤 和広, 酒巻 一平, 森田 美穂子, 岸 愼治, 山内 高弘, 吉田 明, 上田 孝典
    第5回北陸難治性リンパ腫研究会 2015年02月 選考無し 0
  • 妊娠合併特発性血小板減少性紫斑病の一例
    新家 裕朗, 浦崎 芳正, 岸 愼治, 上田 孝典, 井上 大輔, 玉村 千代, 髙橋 仁, 西島 浩二, 吉田 好雄
    若手血液内科医セミナー 2015年02月 選考有り 大日本住友製薬
  • 関節リウマチ患者においてFDG-PETでリンパ腫様の所見を呈した2例
    都司 和伸, 土田 龍郎, 小坂 信之, 木村 浩彦, 浦崎 芳正, 上田 孝典, 西川 雄大, 岩野 正之
    日本核医学会第80回中部地方会 2015年01月 選考無し 0
  • 培養造血器腫瘍細胞におけるメチル基転移酵素阻害によるアルキル化薬感受性とDNA修復関連因子
    山内 高弘, 上田孝典
    第35回日本臨床薬理学会学術総会 2014年12月 選考有り 0
  • Decitabine induced the cell differentiation, decreased malignant potential, and increased susceptibility to apoptosis via a death receptor pathway with hypomethylation of MS4A3, PAR-4, APITD1, LOX in myelodysplastic syndrome cell line, MDS-L.
    Rie Nishi, Takahiro Yamauchi, Miyuki Ookura,, Yasufumi Matsuda, Toshiki Tasaki, Kaoru Tohyama, Takanori Ueda
    第56回米国血液学会 2014年12月 選考有り 0
  • 輸血関連急性肺障害を合併した急性骨髄性白血病の一例
    大蔵 美幸, 田居 克規, 岸 愼治, 山内 高弘, 浦崎 芳正, 吉田 明, 上田 孝典
    第32回 日本輸血・細胞治療学会北陸支部例会 2014年11月 選考有り 0
  • Characteristics and outcomes of septicemia in hematological patients
    Satoshi Ikegaya, Mihoko Takai, Miyuki Okura, Katsunori Tai, I.Sakamaki, Shinji Kishi, T.Yamauchi, Y.Urasaki, Yoshida A, H.Iwasaki, T.Ueda
    第76回日本血液学会学術集会 2014年11月 選考有り 金倉譲
  • Clinical efficacy of doripenem for the treatment of febrile neutropenia in Japanese patients with hematological disease
    I.Sakamaki, Satoshi Ikegaya, M.Takai, M.Ookura, T.Tasaki, K.Tai, Shinji Kishi, T.Yamauchi, Y.Urasaki, Yoshida A, H.Iwasaki, T.Ueda
    第76回日本血液学会学術集会 2014年11月 選考有り 金倉譲
  • Single institute retrospective analysis of febuxostat for management of tumor lysis syndrome with hematological malignancies
    Mihoko Takai, Takahiro Yamauchi, Miyuki Ookura, Hiroaki Araie, Toshiki Tasaki, Yasufumi Matsuda, Katsunori Tai, Satoshi Ikegaya, Shinji Kishi, Akira Yoshida, Yoshimasa Urasaki, Takanori Ueda
    第76回日本血液学会学術集会 2014年11月 選考有り 金倉譲
  • Panobinostat and ponatinib show synergistic cytotoxicity against imatinib-resistant CML cell lines
    Yasufumi Matsuda, 山内 高弘, Mihoko Takai, Eiju Negoro, Koji Morinaga, Hiroko Shigemi, Kanako Uzui, Rie Nishi, Shinya Kimura, Taira Maekawa, Takanori Ueda
    第76回日本血液学会学術集会 2014年11月 選考有り 金倉譲
  • 超高齢者への中枢神経系原発悪性リンパ腫 当施設での自験5症例
    多崎俊樹, 山内 高弘, 田居克規, 新家裕朗, 大蔵美幸, 高井美穂子, 池ヶ谷諭史, 酒巻一平, 岸慎治, 吉田明, 上田孝典
    第76回日本血液学会学術集会 2014年11月 選考有り 金倉譲
  • 血液がんは“くすり”でなおせるか?~耐性の機序とその克服~
    上田 孝典
    第27回博多シンポジウム 2014年11月 選考無し 日本臨床衛生検査技師会九州支部支部長 佐藤元恭
  • A case of neoplastic meningitis and cryptococcul meningitis related to Waldenstrom macroglobulinemia
    K.Tai, H.Iwasaki, Satoshi Ikegaya, T.Ueda
    第76回日本血液学会学術集会 2014年11月 選考有り 金倉譲
  • 当院の緊急0型赤血球製剤輸血の現状
    小林 洋子, 浦崎 芳正, 海老田 ゆみえ, 田中 佐知子, 増永 志穂, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第32回日本輸血・細胞治療学会北陸支部例会 2014年11月 選考有り 0
  • 福井県近隣発症のつつが虫病にみる重症化要因
    岩崎 博道, 高田 信弘, 池ヶ谷 諭史, 田居 克規, 酒巻 一平, 重見 博子, 矢野 泰弘, 上田 孝典
    第69回日本衛生動物学会西日本支部大会、第9回日本衛生動物学会西日本例会 2014年11月 選考無し 0
  • ホジキンリンパ腫が疑われた成人T細胞リンパ腫の1例
    大蔵 美幸, 岸 愼治, 新家 裕朗, 高井 美穂子, 多崎 俊樹, 山内 高弘, 吉田 明, 上田 孝典, 今村 好章
    第224回 日本内科学会北陸地方会 2014年09月 選考無し 日本内科学会北陸支部
  • Olaparib enhances the cytotoxicity of gemtuzumab ozogamicin against CD33-positive myeloid leukemia cells
    Takahiro Yamauchi, Kanako Uzui, Mihoko Takai, Yasufumi Matsuda, Takanori Ueda
    第73回日本癌学会総会総会 横浜 2014年09月 選考有り 0
  • アセトアミノフェンのdrug-induced 1ympocyte stimulation test(DLST)陽性、human herpe virus (HHV)-1,HHV-4,HHV-5 再活性化とHHV-6陰性を認めたDrug Reaction with Eosinophlia and Systemic Symptoms(DRESS)症候群の1例
    東谷 佐知子, 糟野 健司, 森川 幸恵, 森田 紗由, 西川 雄大, 今田 麻美子, 横井 靖二, 横山 由就, 三上 大輔, 高橋 直生, 木村 秀樹, 髙嶋 渉, 酒巻 一平, 池ヶ谷 諭史, 山内 高弘, 岩崎 博道, 長谷川 稔, 上田 孝典, 岩野 正之
    第71回中部日本糸球体腎炎談話会 2014年07月 選考無し 0
  • 自動血球分析装置SELL-DYN Sapphireを用いた好中球CD64の測定
    鳥居 国雄, 岡田 敏春, 山野 智子, 関口 清美, 飛田 征男, 杉本 英弘, 岩崎 博道, 上田 孝典, 岩野 正之, 木村 秀樹
    第15回日本検査血液学会学術集会 2014年07月 選考有り 川合 陽子
  • Prognostic influence of blood cell counts of patients with advanced diffuse large B cell lymphoma treated with R-CHOP.
    Takahiro Yamauchi, Toshiki Tasaki, Katsunori Tai, Satoshi Ikegaya, Shinji Kishi, Eiju Negoro, Akira Yoshida, Hiromichi Iwasaki, Takanori Ueda
    第12回日本臨床腫瘍学会総会 2014年07月 選考有り 0
  • 妊娠合併急性白血病の3症例の検討
    高井美穂子, 大蔵美幸, 新家裕朗, 多崎俊樹, 田居克規, 池ヶ谷諭史, 酒巻一平, 岸慎治, 山内 高弘, 浦崎芳正, 吉田明, 上田孝典
    第32回日本血液学会北陸地方会 2014年07月 選考有り 0
  • 培養造血器腫瘍細胞株におけるアルキル化薬感受性とDNA修復関連因子との相関
    山内 高弘, 上田孝典
    第52回日本癌治療学会学術集会 横浜 2014年07月 選考有り 0
  • 血液内科病棟における血液培養採取方法による結果の比較
    池ヶ谷 諭史, 田居 克規, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第88回日本感染症学会学術講演会 第62回日本化学療法学会総会 合同学会 2014年06月 選考有り 安川 正喜  門田 淳一
  • 血液内科病棟と病院全体との緑膿菌感受性の比較
    高井 美穂子, 田居 克規, 池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第88回日本感染症学会学術講演会 第62回日本化学療法学会総会 合同学会 2014年06月 選考有り 0
  • 緑膿菌による敗血症性ショックおよび深頚部膿瘍の1例
    新家 裕朗, 池ヶ谷 諭史, 大蔵 美幸, 岸 愼治, 山内 高弘, 吉田 明, 上田 孝典, 岩崎 博道, 羽場 利博
    第223回日本内科学会北陸地方会 2014年06月 選考有り 0
  • THE COMBINATION OF PANOBINOSTAT AND PONATINIB EXERTS SYNERGISTIC CYTOTOXICITY IN IMATINIB-RESISTANT CHRONIC MYELOID LEUKEMIA CELL LINES INCLUDING BCR-ABL GENE MUTATION WITH T315I
    Yasufumi Matsuda, Takahiro Yamauchi, Mihoko Takai, Hiroko Shigemi, Kanako Uzui, Rie Nishi, Shinya Kimura, Taira Maekawa, Takanori Ueda
    第19回欧州血液学会 2014年06月 選考有り 0
  • 新規ヌクレオシドアナログ クロファラビンのシタラビン耐性白血病に対するin vitro 効果
    山内 高弘, 上田 孝典
    第62回日本化学療法学会総会 福岡 2014年06月 選考有り 0
  • 心臓原発悪性リンパ腫の一例
    新家 裕朗, 大蔵 美幸, 多崎 俊樹, 高井 美穂子, 田居 克規, 池ヶ谷 諭史, 酒巻 一平, 岸 愼治, 山内 高弘, 浦崎 芳正, 吉田 明, 上田 孝典, 山口 順也, 池田 裕之, 天谷 直貴, 宇隨 弘泰, 夛田 浩
    第7回 Next Hematologists Forum 2014年06月 選考無し 0
  • 血液疾患患者におけるMRSA敗血症の予後
    田居 克規, 岩崎 博道, 高井 美穂子, 池ヶ谷 諭史, 上田 孝典
    第88回日本感染症学会学術講演会 第62回日本化学療法学会総会 合同学会 2014年06月 選考有り 0
  • Newly established nelarabine-resistant leukemic cell line is insensitive to forodesine
    Takahiro Yamauchi, Kanako Uzui, Takanori Ueda
    JSH International symposium, Hamamatsu Japan 2014年05月 選考有り 0
  • 腫瘍薬理学からみた血液がん薬物療法の現況と展望
    上田孝典
    第33回日本血液学会北陸地方会 2015年07月 選考無し
  • 悪性リンパ腫患者におけるvincristineの薬物動態と副作用,治療効果の検討
    岸 慎治
    第36回日本臨床薬理学会学術総会 2015年12月 選考無し
  • 痛風・高尿酸血症の病態と治療の現況
    上田孝典
    関西痛風・高尿酸血症治療研究会 2016年02月 選考無し
  • 腫瘍崩壊症候群―最新の知見―
    上田孝典
    第12回生活習慣病を語る会 2016年12月 選考無し
  • 抗腫瘍薬領域におけるTDM
    山内高弘, 上田孝典
    日本臨床薬理学会年会(受賞講演) 2005年12月
  • イマチニブ耐性慢性骨髄性白血病細胞株におけるSrcキナーゼ阻害剤の併用効果
    森永浩次, 山内高弘, 上田孝典
    第26回日本臨床薬理学会年会 2005年12月
  • A free radical scavenger, edaravone, attenuates cardiac dysfunction via reducing oxidative stress and apoptosis in adriamycin-induced cardiomyopathy
    Shirasaki, H., Nakano, A., Uzui, H., Amaya, N., Ueda, T., Lee, J.D.
    The 78th American Heart Association Scientific Sessions 2005 2005年11月
  • MRSA敗血症からの感染性動脈瘤破裂を合併した劇症型心筋炎の一救命例
    阪田純司, 中野顕, 宇隨弘泰, 天谷直貴, 白崎温久, 水口敏宏, 川人充知, 上田孝典, 李鍾大, 森岡浩一, 田中國義
    第9回日本心不全学会学術集会 2005年11月
  • The relationship between plasma adiponectin level and late cardiac remodeling following myocardial infarction
    水口敏宏, 李鍾大, 中野顕, 宇隨弘泰, 豊田清浩, 下司徹, 白崎温久, 天谷直貴, 阪田純司, 川人充知, 上田孝典
    第9回日本心不全学会学術集会 2005年11月
  • 抗真菌剤が高サイトカイン状態に与える影響
    木下 圭一, 岩崎 博道, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第48回日本感染症学会中日本地方会総会 2005年11月 選考有り
  • 当院における高齢者心筋梗塞患者の特徴
    阪田純司, 川人充知, 水口敏宏, 宇随弘泰, 中野顕, 李鍾大, 上田孝典
    第16回日本老年医学会北陸地方会 2005年11月
  • 急性心筋梗塞亜急性期におけるFDG-PET 遅延像撮像の意義
    川人充知, 中野顕, 宇隨弘泰, 天谷直貴, 白崎温久, 水口敏宏, 阪田純司, 上田孝典, 李鍾大
    日本循環器学会第126東海・第111回北陸合同地方会 2005年11月
  • Adriamycin誘発心不全のapoptosis制御におけるL-carnitine投与の効果
    天谷直貴, 中野顕, 宇隨弘泰, 白崎温久, 水口敏宏, 阪田純司, 川人充知, 上田孝典, 李鍾大
    日本循環器学会第126東海・第111回北陸合同地方会 2005年11月
  • TIMI3再潅流成功後も遷延するFDG集積亢進の臨床的意義
    中野顕, 宇隨弘泰, 白崎温久, 天谷直貴, 水口敏宏, 川人充知, 阪田純司, 上田孝典, 李鍾大
    第126回東海・第111回北陸合同地方会 2005年11月
  • 急性前立腺炎に併発したDICの1症例
    阪田純司, 宇隨弘泰, 中野顕, 水口敏宏, 川人充知, 李鍾大, 上田孝典, 三輪吉司
    北陸DIC研究会 2005年11月
  • Rituximabが著効した抗myelin-associated glycoprotein抗体陽性の原発性マクログロブリン血症
    細野 奈穂子, 河合 泰一, 山村 修, 濱野 忠則, 中川 広人, 栗山 勝, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第44回北陸臨床免疫・症例検討/研究会 2005年11月
  • イマチニブ600mgを使用し分子遺伝学的寛解に到達したインターフェロン不応性慢性骨髄性白血病
    山内 高弘, 浦崎 芳正, 河合 泰一, 岸 愼治, 吉田 明, 武村 晴行, 岩崎 博道, 上田 孝典, 今村 信
    CML研究会 2005年11月 選考無し
  • グルタチオン合成阻害剤によるBcl-2の抗アポトーシス作用解除の分子機構
    吉田明, 井上仁, 武村晴行, 宮下俊之, 上田孝典
    第64回日本癌学会学術総会(ワークショップ), 抗がん剤とアポトーシス(1) 2005年09月
  • 新規抗がん剤テモゾロミドのカルムスチン耐性細胞における殺細胞効果
    山内高弘, 小川真実, 森貞亜紀子, 上田孝典
    日本癌学会総会(ワークショップ), 抗がん剤耐性(2) 2005年09月
  • グルタチオン合成阻害阻害剤によるBcl-2の抗アポトーシス作用解除の分子機構
    吉田明, 井上仁, 武村晴行, 宮下俊之, 上田孝典
    第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会合同総会 2005年09月
  • 代表的抗白血病剤シタラビンの細胞内活性体シタラビン3リン酸の生成と関連タンパクの検討
    山内 高弘, 河合 泰一, 上田 孝典
    第67回日本血液学会第47回日本臨床血液学会合同総会 2005年09月
  • 虚血性心疾患における膜型細胞外マトリックス分解酵素発現の測定意義
    宇隨弘泰, 水口敏宏, 李鍾大, 中野顕, 豊田清浩, 下司徹, 白崎温久, 天谷直貴, 阪田純司, 上田孝典
    第53回日本心臓病学会学術集会 2005年09月
  • Carboplatin誘発DNA障害に誘導されたDNA修復を標的としたFludarabine併用による抗腫瘍増強効果の検討
    高木 和貴, 河合 泰一, 山内 高弘, 上田 孝典
    第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会・合同総会 2005年09月 選考有り
  • The relationship between plasma adiponectin level and late cardiac remodeling following myocardial infarction
    水口敏宏, 李鍾大, 中野顕, 宇隨弘泰, 豊田清浩, 下司徹, 白崎温久, 天谷直貴, 阪田純司, 川人充知, 上田孝典
    第53回心臓病学会学術集会 2005年09月
  • MRSA敗血症からの感染性動脈瘤破裂を合併した劇症型心筋炎の一救命例
    阪田純司, 李鍾大, 中野顕, 宇隨弘泰, 白崎温久, 天谷直貴, 水口敏宏, 川人充知, 上田孝典, 森岡浩一, 田中國義
    第53回日本心臓病学会学術集会 2005年09月
  • FDG-PETで活動性の炎症を確認しえた慢性収縮性心膜炎の1例
    川人充知, 中野顕, 宇隨弘泰, 上田孝典, 李鍾大
    第53回心臓病学会学術集会 2005年09月
  • TIMI3再灌流成功心筋梗塞例におけるST-segment resolutionは冠微小循環障害の程度を反映する- N-13 ammonia PETを用いた検討-
    天谷直貴, 中野顕, 宇随弘泰, 白崎温久, 水口敏宏, 阪田純司, 川人充知, 上田孝典, 李鍾大
    第53回心臓病学会学術集会 2005年09月
  • 再発時にネフローゼ症候群をきたしたホジキンリンパ腫
    細野 奈穂子, 河合 泰一, 玉村 宗一, 岩崎 博道, 上田 孝典, 木村 記代, 高橋 直生, 木村 秀樹, 吉田 治義
    第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会・合同総会 2005年09月 選考有り
  • TIMI3再潅流成功後も遷延するFDG集積亢進はpoor salvageの指標となり遠隔期心事故のリスクとなる
    中野顕, 宇隨弘泰, 白崎温久, 天谷直貴, 水口敏宏, 川人充知, 阪田純司, 上田孝典, 李鍾大
    第53回日本心臓病学会学術集会 2005年09月
  • 大腿骨骨折を併発した悪性リンパ腫の1例
    武村晴行, 荒井 肇, 岸 慎治, 山内高弘, 河合泰一, 吉田 明, 岩崎博道, 上田孝典, 佐藤竜一郎
    第197回内科北陸地方会 2005年09月
  • FDG-PET検査が診断に有用であった悪性胸水の一例
    荒井 肇, 岸 愼治, 岩崎 博道, 上田 孝典, 森川 美羽, 出村 芳樹
    第427回福井県内科臨床懇話会 2005年09月 選考無し
  • 急性白血病患者に合併したfebrile neutropeniaに関連する血中IL-12値の変動
    岩崎 博道, 木下 圭一, 浦崎 芳正, 羽場 利博, 吉尾 伸之, 福島 俊洋, 上田 孝典, 中村 徹
    第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会合同総会 2005年09月 選考有り
  • Topoisomerase Ⅰと亜ヒ酸耐性および感受性機序についての検討
    浦崎 芳正, 上田 孝典
    第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会合同総会 2005年09月 選考有り
  • Ara-C耐性造血器悪性腫瘍細胞株の樹立と交叉耐性の検討
    根来 英樹, 浦崎 芳正, 岸 愼治, 山内 高弘, 河合 泰一, 武村 晴行, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会・合同総会 2005年09月 選考有り
  • Adriamycin誘発心筋障害に対するL-carnitine投与の効果
    天谷直貴, 中野顕, 宇隨弘泰, 白崎温久, 水口敏宏, 阪田純司, 川人充知, 上田孝典, 李鍾大
    第13回北陸心不全研究会 2005年08月
  • 血液がん治療とアポトーシス
    上田孝典
    第14回日本アポトーシス研究会学術集会(ランチョンセミナー) 2005年07月
  • 再灌流成功心筋梗塞例におけるST-segment resolutionと冠微小循環障害との関連
    天谷直貴, 中野顕, 宇随弘泰, 白崎温久, 水口敏宏, 阪田純司, 川人充知, 上田孝典, 李鍾大
    日本循環器学会第110回北陸地方会 2005年07月
  • 同種末梢血幹細胞移植後にPneumatosis cystoides intestinalisを発症した急性骨髄性白血病(AML, M2)の1例(46歳男性)
    荒井 肇, 吉田 明, 根来 英樹, 河合 泰一, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第23回日本血液学会北陸地方会 2005年07月
  • Adriamycin心毒性に対するEdaravoneの保護効果
    白崎温久, 中野顕, 宇隨弘泰, 天谷直貴, 水口敏宏, 阪田純司, 川人充知, 上田孝典, 李鍾大
    第110回日本循環器学会北陸地方会 2005年07月
  • 心膜の活動性炎症をF-18 FDG PETで鮮明に描出できた慢性収縮性心膜炎の1例
    川人充知, 中野顕, 宇隨弘泰, 天谷直貴, 白崎温久, 水口敏宏, 阪田純司, 上田孝典, 李鍾大
    日本循環器学会第110回北陸地方会 2005年07月
  • CRT症例提示
    天谷直貴, 中野顕, 宇随弘泰, 白崎温久, 水口敏宏, 阪田純司, 川人充知, 上田孝典, 李鍾大
    CRT研修セミナー 2005年07月
  • AMIに対するhANP併用再灌流療法は冠微小循環レベルでの心筋灌流に好影響をおよぼすか?-ATP負荷NH3-PETを用いた検討-
    阪田純司, 川人充知, 水口敏宏, 天谷直貴, 白崎温久, 宇隨弘泰, 中野顕, 李鍾大, 上田孝典
    高エネ発表会 2005年07月
  • 小児急性リンパ性白血病患者におけるメトトレキサートの薬物動態と副作用・ホモシステイン・遺伝子多型の関連
    岸慎治, 上田孝典, Relling, M.V.
    第44回福井癌研究会 2005年06月
  • 買い物中に心室細動をきたすも救命しえた一例
    阪田純司, 川人充知, 水口敏宏, 天谷直貴, 白崎温久, 宇隨弘泰, 中野顕, 李鍾大, 上田孝典
    ショックと蘇生研究会 2005年06月
  • 非寛解で血縁者間同種PBSCTを行なった56歳AML
    根来英樹, 池田裕之, 田居克規, 河合泰一, 上田孝典
    第5回北陸造血細胞移植研究会 2005年06月
  • 腸腰筋腫瘍に合併した感染性大腿動脈瘤破裂に対する一救命例
    山田就久, 田邊佐和香, 半田充輝, 高森督, 李偉, 上坂孝彦, 森岡浩一, 井隼彰夫, 田中國義, 阪田純司, 中野顕, 宇随弘泰, 李錘大, 上田孝典
    第33回日本血管外科学会 2005年06月
  • 血液内科病棟で分離されたCandida菌種の経年的変化
    木下 圭一, 岩崎 博道, 山下 政宣, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第9回福井日和見感染症研究会 2005年06月 選考無し
  • 関節リウマチに対する抗TNF- 抗体療法
    安土美紀, 川原英夫, 河合泰一, 上田孝典, 馬場久敏
    第58回福井県医師会総会・第84回福井県医学会総会 2005年05月
  • MRSA敗血症を合併した劇症型急性心筋炎の一救命例
    阪田純司, 水口敏宏, 宇隨弘泰, 中野顯, 李鍾大, 上田孝典, 上坂孝彦, 森岡浩一, 田中國義
    第196回日本内科学会北陸地方会 2005年05月
  • 両心室ペーシングが有効であった虚血性心筋症の一例
    天谷直貴, 中野顕, 宇隨弘泰, 白崎温久, 水口敏宏, 阪田純司, 川人充知, 上田孝典, 李鍾大
    第84回福井県医学会(会員研究発表) 2005年05月
  • 関節リウマチに対する抗TNF-α抗体療法の経験
    安土美紀, 川原英夫, 河合泰一, 上田孝典, 馬場久敏
    第84回福井県医学会 2005年05月
  • 血液疾患に合併した敗血症におけるマイクロアレイを用いた遺伝子診断の有用性
    根来 英樹, 岩崎 博道, 細野 奈穂子, 木下 圭一, 高木 和貴, 武村 晴行, 山内 高弘, 河合 泰一, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 山下 政宣, 島津 光伸, 上田 孝典
    第53回日本化学療法学会総会 2005年05月 選考有り
  • Low level of cross-resistance to cytidine analogs in a 9-B -D-arabinofuranosyl-2-fluoroadenine-resistant variant of L1210 mouse leukemia cells
    Kawai, Y., Yoshio, N., Yamauchi, T., Ueda, T.
    96th Annual meeting of American Association for Cancer Resarch 2005年04月
  • Inhibition of carboplatin-induced DNA repair by 9-beta-D-arabinofuranosyl-2-fluoroadenine in both proliferating and quiescent cells with different combinational effect
    Takagi, K., Kawai, Y., Yamauchi, T., Ueda, T.
    96th annual meeting of the American Association for Cancer Research (AACR) 2005年04月
  • Temozolomide is cytotoxic to carmustine-resistant CCRF-CEM cells due to the mismatch repair function restored during the development of carumustine-resistance
    Yamauchi, T., Ogawa, M., Morisada, A., Ueda, T.
    96th annual meeting of the American Association for Cancer Research (AACR) (late-breaking abstract session) 2005年04月
  • 急性白血病患者のfebrile neutropeniaに認める血中IL-12値の変動
    岩崎 博道, 木下 圭一, 稲井 邦博, 高木 和貴, 浦崎 芳正, 吉尾 伸之, 中村 徹, 上田 孝典
    第79回日本感染症学会総会 2005年04月 選考有り
  • 血液内科入院中の好中球減少期患者に認めたα-Strptococcus (Streptococcus viridans group)による敗血症
    木下 圭一, 岩崎 博道, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第102回日本内科学会講演会 2005年04月 選考有り
  • 抗真菌剤micafunginによる単球系細胞のTNF-α産生修飾
    木下 圭一, 岩崎 博道, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第79回日本感染症学会総会 2005年04月 選考有り
  • Serum Matrix Metalloproteinases Profile in Patients with Heart Failure: Relating to Beta-Blocker Therapy
    Uzui, H., Lee, J.D., Nakano, A., Geshi, T., Toyoda, K., Shirasaki, H., Amaya, N., Mizuguchi, T., Ueda, T.
    American College of Cardiology 2005年03月
  • Expression of MTI-MMP in patients with ischemic heart disease
    宇隨弘泰, 水口敏宏, 李鍾大, 中野顕, 豊田清浩, 下司徹, 白崎温久, 天谷直貴, 阪田純司, 上田孝典
    第69回日本循環器学会学術集会 2005年03月
  • The relation between flow-metabolism patterns and myocardial flow reserve in infarct-related area early after successful revascularization
    Shirasaki, H., Lee, J.D., Nakano, A., Uzui, H., Nakaya, R., Geshi, T., Toyoda, K., Amaya, N., Mizuguchi, T., Sakata, J., Ueda, T.
    The 69th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society 2005年03月
  • The relationship between plasma adiponectin level and late ventricular remodeling in patients with acute myocardial infarction
    水口敏宏, 李鍾大, 中野顕, 宇隨弘泰, 豊田清浩, 下司徹, 白崎温久, 天谷直貴, 阪田純司, 上田孝典
    第69回日本循環器学会総会 2005年03月
  • 悪性リンパ腫を併発した重症筋無力症に対してrituximabが有効であった1例
    高木和貴, 吉田明, 岩崎博道, 上田孝典, 井上仁
    第195回日本内科学会北陸地方会 2005年03月
  • 診断に苦慮した末梢性T細胞リンパ腫
    細野奈穂子, 岸慎治, 西川美都子, 岩崎博道, 上田孝典, 法木左近, 尾山卓, 中村栄男
    第39回北陸リンパ増殖性疾患検討会 2005年03月
  • 非血縁者間同種骨髄移植後に発症した、播種状フザリウム感染症
    西川 美都子, 長谷川 美紀, 斎藤 敦子, 熊切 正信, 河合 奏一, 高木 和貴, 上田 孝典, 河崎 昌子
    日本皮膚科学会北陸地方会第405回例会 2005年03月 選考有り
  • ヌクレオシドアナログによるDNA除去修復阻害効果の比較
    山内 高弘, 高木 和貴, 山本 秀二, 河合 泰一, 上田 孝典
    第38回痛風核酸代謝学会 2005年02月
  • インフルエンザA感染症の病棟内発生における院内感染対策
    室井洋子, 山越節子, 伊藤義幸, 中川広人, 杉本英弘, 岩崎博道, 栗山勝, 熊切正信, 上田孝典
    第20回日本環境感染学会総会 2005年02月 選考有り
  • Fludarabine耐性細胞の樹立とその性状
    西 理恵, 河合 泰一, 吉尾 伸之, 上田 孝典
    第38回日本核酸痛風代謝学会 2005年02月
  • アドリアマイシン心筋障害に対するエダラボンの有用性の検討
    白崎温久, 中野顕, 宇隨弘泰, 天谷直貴, 下司徹, 豊田清浩, 水口敏宏, 阪田純司, 上田孝典, 李鍾大
    第20回北陸心血管代謝研究会 2005年02月
  • 心筋梗塞におけるハンプ使用例
    阪田純司, 水口敏宏, 天谷直貴, 白崎温久, 宇隨弘泰, 中野顯, 李鍾大, 上田孝典
    ハンプ研究会 2005年02月
  • 生着不全後、フサリウム感染症を併発した非血縁者間同種骨髄移植
    西川 美都子, 河合 奏一, 高木 和貴, 岩崎 博道, 長谷川 美紀, 斎藤 敦子, 熊切 正信, 上田 孝典
    第15回福井Compromised Host研究会 2005年02月 選考有り
  • 救命できたものの原因疾患の特定に難渋したDICおよび多臓器不全の1例
    信川泰成, 江口広毅, 立山博一, 鈴木久人, 安田善一, 山内高弘, 上田孝典, 福田 悟
    第32回日本集中治療医学会学術集会 2005年02月 選考有り
  • 化学療法薬の作用機序と副作用
    上田孝典
    第43回日本癌治療学会(教育講演) 2005年01月
  • Serum Matrix Metalloproteinases Profile in Patients with Heart Failure
    Uzui, H., Nakano, A., Amaya, N., Shirasaki, H., Ueda, T., Lee, J.D.
    第9回日本心不全学会学術集会 2005年01月
  • Augmented FDG uptake in TIMI 3 reperfused myocardium is associated with poor outcome of reperfusion therapy in patients with AMI
    Nakano, A., Uzui, H., Amaya, N., Shirasaki, H., Mizuguchi, T., Sakata, J., Kawahito, M., Ueda, T., Lee, J.D.
    第9回日本心不全学会学術集会 2005年01月
  • QT延長からのTorsade de pointesを合併し、β刺激薬の投与が有効であったたこつぼ型心筋症の1例
    天谷直貴, 中野顕, 宇隨弘泰, 白崎温久, 水口敏宏, 阪田純司, 川人充知, 上田孝典, 李鍾大
    第23回心電図学会学術集会 2005年01月
  • 梗塞責任血管に対するPCI後の再狭窄診断における負荷201Tl-SPECTの限界
    天谷直貴, 李鍾大, 中野顕, 宇隨弘泰, 豊田清浩, 下司徹, 白崎温久, 水口敏宏, 阪田純司, 上田孝典
    第43回北陸循環器核医学研究会 2005年01月
  • 医療人としての薬剤師業務(62)カナマイシンカプセルの関与が否定できない急性腎不全の1症例
    林美由, 塚本仁, 中村敏明, 後藤伸之, 政田幹夫, 阪田純司, 中野顕, 李鐘大, 上田孝典
    医療薬学会 2005年01月 選考有り
  • 抗アポトーシス遺伝子 Survivin の新規 Spliced Variants の単離と解析
    石川恵子, Adel Badran, 吉田 明, 五井孝憲, 山口明夫, 上田孝典, 犬塚 學
    第27回日本分子生物学会年会 2004年12月
  • Myocardial oxygen metabolism in diabetic patients was impaired even in non-infarct-related area after acute myocardial infarction
    Toyoda, K., Lee, J.D., Nakano, K., Uzui, H., Geshi, T., Amaya, N., Shirasaki, H., Mizuguchi, T., Ueda, T., Okazawa, H., Fujibayashi, Y., Yonekura, Y.
    The Third International Workshop on Biomedical Imaging (Fukui 2004) 2004年12月
  • Preserved microvascular function is related to late recovery of left ventricular wall motion in patients with acute myocardial infarction
    Geshi, T., Lee, J.D., Nakano, A., Uzui, H., Toyoda, K., Amaya, N., Shirasaki, H., Mizuguchi, T., Okazawa, H., Fujibayashi, Y., Yonekura, Y., Ueda, T.
    The 3rd International Workshop on Biomedical Imaging Fukui 2004 2004年12月
  • コンプロマイズドホスト・その他
    上田孝典
    第52回日本化学療法学会西日本支部総会 2004年12月
  • 静止期ヒトリンパ球におけるcarboplatin誘発DNA損傷の修復に対する9-beta-D-arabinofuranosyl-2-fluoroadenineの阻害効果
    高木 和貴, 河合 泰一, 山内 高弘, 上田 孝典
    福井Blood and Circulation フォーラム 2004年12月
  • Relationship between impaired microvascular function and late recovery of left ventricular wall motion in patients with acute myocardial infarction
    T.Geshi, J-D.Lee, A.Nakano, H.Uzui, K.Toyoda, N.Amaya, H.Shirasaki, T.Mizuguchi, T.Ueda, H.Okazawa, Y.Fujibayashi, Y.Yonekura
    -Analysis by N-13 ammonia positron emission tomography. The Third International Workshop on Biomedical Imaging(Fukui-2004) 2004年12月 選考無し
  • QT延長からのTorsade de pointesを合併した、たこつぼ型心筋症の1例
    天谷直貴, 李鍾大, 中野顕, 宇隨弘泰, 豊田清浩, 下司徹, 白崎温久, 水口敏宏, 上田孝典
    日本循環器学会 第124回東海・第109回北陸合同地方会 2004年11月
  • 血液がん治療
    上田孝典
    第6回福井県輸血懇話会学術集会 2004年11月
  • 高齢者に発症し輸血を必要とせず経過を観察している骨髄異形成症候群(Myelodysplastic syndrome, RAEB)の一例
    根来英樹, 吉田明, 齋藤誠司, 岩崎博道, 上田孝典
    第15回日本老年医学会北陸地方会 2004年11月
  • 梗塞心筋における微小循環機能保持は長期的な左室壁運動回復と関連している
    下司徹, 李鍾大, 中野 顕, 宇随弘泰, 豊田清浩, 天谷直貴, 白崎温久, 水口敏宏, 岡沢秀彦, 藤林康久, 米倉義晴, 上田孝典
    日本循環器学会 第124回・第109回東海北陸合同地方会 2004年11月
  • 急性心筋梗塞後左室リモデリングと血中アディポネクチン濃度との関連
    水口敏宏, 李鍾大, 中野 顯, 宇隨弘泰, 下司徹, 豊田清浩, 天谷直貴, 白崎温久, 上田孝典
    日本循環器学会 第124回東海 第109回北陸 合同地方会 2004年11月
  • 運動負荷時ST/HR loop 解析を用いた梗塞領域内の残存心筋虚血診断の有用性
    荒井健哉, 李鍾大, 中野顯, 宇隨弘泰, 上田孝典
    第14回北陸循環器負荷研究会 2004年11月
  • 救命できたものの原因疾患の特定に難渋したDICおよび多臓器不全の1例
    信川泰成, 安田善一, 山内高弘, 上田孝典, 福田 悟
    第2回「北陸DIC研究会」 2004年11月 選考有り
  • シタラビンによるDNA修復阻害とシタラビン, メルファラン, ミトキサントロン3剤併用少量療法の効果
    山内 高弘, 岩崎 博道, 吉田 明, 河合 泰一, 岸 慎治, 武村 晴行, 稲井 邦博, 高木 和貴, 根来 英樹, 荒井 肇, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会合同開催 2004年09月
  • Inhibition of glutathione synthesis overcomes Bcl-2 mediated anticancer drug resistance in human leukemia cells
    Yoshida, A., Inoue, H., Takemura, H., Miyashita, T., Ueda, T.
    Xth Congress of the International Society of Hematology, Asian-pacific division 2004年09月
  • 代表的抗白血病剤シタラビンのGenomic TDMに基づく白血病治療のテーラーメイド化
    山内高弘, 上田孝典
    第25回日本臨床薬理学会年会. 抗がん剤におけるTDM, 進歩と展望 2004年09月
  • 心筋梗塞亜急性期における非梗塞領域の微小循環動態と梗塞後左室リモデリングとの関連
    下司 徹, 李鍾大, 中野顕, 宇随弘泰, 豊田清浩, 天谷直貴, 白崎温久, 水口敏宏, 岡沢秀彦, 藤林康久, 米倉義晴, 上田孝典
    第52回日本心臓病学会学術集会 2004年09月
  • 糖尿病合併心筋梗塞患者における高遊離脂肪酸血症は心筋酸素代謝障害の原因となる
    豊田清浩, 李鍾大, 中野顕, 宇随弘泰, 下司徹, 天谷直貴, 白崎温久, 水口敏宏, 上田孝典, 岡沢秀彦, 藤林康久, 米倉義晴
    第52回日本心臓病学会学術集会 2004年09月
  • 初回発症時期が比較的高齢で、冠攣縮を伴ったBrugada症候群の1例
    天谷直貴, 李鍾大, 中野顕, 宇隨弘泰, 豊田清浩, 下司徹, 白崎温久, 水口敏宏, 上田孝典
    第21回心電学会学術集会 2004年09月
  • The usefulness of the repetitive measurement of serum MMPs levels after myocardial infarction
    Uzui, H., Lee, J.D., Nakano, A., Geshi, T., Toyoda, K., Shirasaki, H., Amaya, N., Mizuguchi, T., Ueda, T.
    第8回日本心不全学会学術集会 2004年09月
  • 心不全患者における血清中細胞外マトリックス分解酵素の病因による変動
    宇隨弘泰, 李鍾大, 中野顕, 下司徹, 豊田清浩, 天谷直貴, 白崎温久, 水口敏宏, 上田孝典
    第52回日本心臓病学会学術集会 2004年09月
  • グルタチオン合成阻害剤は白血病細胞においてBcl-2高発現による抗腫瘍剤耐性を克服する
    吉田 明, 井上 仁, 武村晴行, 宮下俊之, 上田孝典
    第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会 2004年09月
  • シタラビンによるDNA損傷修復の阻害効果とシタラビン, メルファラン, ミトキサントロン3剤併用少量療法
    山内高弘, 上田孝典
    第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会 2004年09月
  • 高齢者慢性心不全患者における心事故推測因子の検討
    見附保彦, 山崎武俊, 千葉幸夫, 李鍾大, 上田孝典
    第52回日本心臓病学会学術集会 2004年09月
  • 血液がん治療と臨床薬理
    上田孝典
    日本内科学会北陸支部主催第33回生涯教育講演会 2004年09月
  • 特異な左室収縮形態を呈した非定型的たこつぼ型心筋症の一例
    中野顕, 白崎温久, 宇隨弘泰, 天谷直貴, 水口敏宏, 上田孝典, 李鍾大
    第8回日本心不全学会学術集会 2004年09月
  • 著明なST上昇を認めたたこつぼ型心筋症の1例
    水口敏宏, 李鍾大, 中野顯, 宇隨弘泰, 下司徹, 豊田清浩, 天谷直貴, 白崎温久, 上田孝典
    第194回日本内科学会北陸地方会 2004年09月
  • 亜砒酸による多剤耐性白血病細胞における耐性克服
    瀬尾 珠美, 浦崎 芳正, 武村 晴行, 山本 秀二, 上田 孝典
    第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会 2004年09月 選考有り
  • Camptothecin耐性細胞における亜砒酸耐性機序
    浦崎 芳正, 瀬尾 珠美, 根来 英樹, 上田 孝典
    第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会 2004年09月 選考有り
  • 急性白血病患者のfebrile neutropeniaに認める血中サイトカイン値の変動
    岩崎 博道, 木下 圭一, 浦崎 芳正, 羽場 利博, 吉尾 伸之, 福島 俊洋, 広瀬 優子, 上田 孝典, 中村 徹
    第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会 2004年09月 選考有り
  • 活性化正常リンパ球におけるカンプトテシンによるDNA鎖切断と殺細胞効果の増強
    山内 高弘, 吉田 明, 浦崎 芳正, 武村 晴行, 上田 孝典
    第63回日本癌学会学術総会 2004年09月 選考有り
  • イマチニブ耐性慢性骨髄性白血病細胞株の樹立およびSrcキナーゼインヒビターによる耐性克服の試み
    森永 浩次, 山内 高弘, 河合 泰一, 浦崎 芳正, 岩崎 博道, 吉田 明, 上田 孝典
    第63回日本癌学会学術総会 2004年09月 選考有り
  • 血液疾患に併発した敗血症起炎菌のマイクロアレイを用いた遺伝子診断
    根来 英樹, 岩崎 博道, 荒井 肇, 木下 圭一, 高木 和貴, 武村 晴行, 岸 愼治, 山内 高弘, 河合 泰一, 吉田 明, 上田 孝典, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 山下 政宣, 島津 光伸
    第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会同時期開催. 血液感染症の診断と治療 2004年09月 選考有り
  • 再灌流後早期の梗塞関連領域に見られる血流糖代謝乖離の意義
    白崎 温久, 李 鍾大, 中野 顯, 宇隨 弘泰, 下司 徹, 豊田 清浩, 天谷 直貴, 水口 敏宏, 上田 孝典, 藤林 康久, 米倉 義晴
    第52回日本心臓病学会学術集会 2004年09月 選考有り
  • t(8;14)(q24;q32)を伴うB細胞リンパ腫を発症した原発性胆汁性肝硬変の1例
    田居克規, 稲井邦博, 上田孝典
    第44回日本リンパ網内系学会学術総会 2004年07月
  • 高遊離脂肪酸血症は心筋梗塞発症早期の心筋酸素代謝に悪影響をあたえる
    豊田清浩, 李鍾大, 中野顕, 宇随弘泰, 下司徹, 天谷直貴, 白崎温久, 水口敏宏, 上田孝典, 岡沢秀彦, 藤林康久, 米倉義晴
    第108回日本循環器学会北陸地方会 2004年07月
  • 突然の吸気性呼吸困難が誘因で特異な左室収縮形態を呈したたこつぼ型心筋症の一例
    田居克規, 李鍾大, 中野顕, 宇隨弘泰, 下司徹, 豊田清浩, 白崎温久, 天谷直貴, 水口敏宏, 上田孝典
    第108回日本循環器学会北陸地方会 2004年07月
  • 急性心筋梗塞患者におけるアディポネクチン濃度の推移とPCI後再狭窄の関連
    水口敏宏, 李鍾大, 中野顕, 宇随弘泰, 下司徹, 豊田清浩, 天谷直貴, 白崎温久, 上田孝典
    日本循環器学会北陸地方会 第108回学術集会 2004年07月
  • 糖尿病合併心筋梗塞患者における高遊離脂肪酸血症は心筋酸素代謝障害の原因となる
    豊田 清浩, 李 鍾大, 中野 顯, 宇隨 弘泰, 下司 徹, 天谷 直貴, 白崎 温久, 水口 敏宏, 上田 孝典, 岡沢 秀彦, 藤林 康久, 米倉 義晴
    第8回福井大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2004年07月 選考無し
  • ATRAによる寛解導入療法施行中に房室ブロックを生じた急性前骨髄球性白血病の一例
    荒井 肇, 山内 高弘, 多賀 雅浩, 岩崎 博道, 浦崎 芳正, 吉田 明, 河合 泰一, 岸 愼治, 稲井 邦博, 武村 晴行, 上田 孝典
    第22回日本血液学会北陸地方会 2004年07月 選考有り
  • 二系統の血球減少に引き続き、末梢血中に空胞を有する細胞が出現した原発性胆汁性肝硬変の一例
    田居 克規, 岸 愼治, 河合 泰一, 山内 高弘, 武村 晴行, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 大野 克
    第416回福井県内科臨床懇話会 2004年07月 選考無し
  • Relationship between impaired microvascular function within non-infarct-related area and early left ventricular remodeling in patients with myocardial infarction
    T.Geshi, J-D.Lee, A.Nakano, H.Uzui, R.Nakaya, K.Toyoda, N.Amaya, H.Shirasaki, T.Mizuguchi, T.Ueda, H.Okazawa, Y.Fujibayashi, Y.Yonekura
    第8回福井大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2004年07月 選考無し
  • 心筋梗塞再灌流後早期の心筋viability予測におけるFDG-PETの有用性と問題点- 安静99mTc-tetrofosmin SPECTとの比較
    白崎 温久, 李 鍾大, 中野 顯, 宇隨 弘泰, 下司 徹, 豊田 清浩, 天谷 直貴, 水口 敏宏, 上田 孝典, 岡沢 秀彦, 藤林 康久, 米倉 義晴
    第8回福井大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2004年07月 選考無し
  • Comparison of clinical and electrophysiological characteristics between symptomatic and asymptomatic Brugada syndromes
    Amaya, N., Lee, J.D., Nakano, K., Uzui, H., Geshi, T., Toyoda, K., Shirasaki, H., Mizuguchi, T., Ueda, T., Watanuki, M., Ikeguchi, S.
    第31回世界心電学会(The 31st International Congress on Electrocardiology) 2004年06月
  • インフルエンザA感染症の病棟内発生における院内感染対策
    室井洋子, 山越節子, 伊藤義幸, 中川広人, 杉本英弘, 岩崎博道, 栗山 勝, 熊切正信, 上田孝典
    第8回福井日和見感染症研究会 2004年06月 選考有り
  • VSAを合併したBrugada症候群の一例
    白崎温久, 李 鍾大, 宇隨弘泰, 中野 顕, 荒井健哉, 下司 徹, 豊田清浩, 天谷直貴, 水口敏宏, 上田孝典
    第41回福井県循環器同好会学術研究会 2004年06月
  • 難治性心室頻拍に対してニフェカラントの投与が有効であった冠動脈起始異常合併心筋梗塞の一例
    天谷直貴, 宇隨弘泰, 中野顕, 下司 徹, 豊田清浩, 白崎温久, 水口敏宏, 上田孝典, 李鍾大
    第5回福井県ショックと蘇生研究会 2004年06月
  • 悪性腫瘍患者における二次性尿酸代謝異常の検討
    高木和貴, 稲井邦博, 吉田 明, 岩崎博道, 津谷 寛, 中村 徹, 上田孝典
    痛風研究会 2004年06月
  • 当院での抗血小板抗体スクリーニング検査経験
    高澤 ゆみえ, 浦崎 芳正, 小林 洋子, 田中 佐知子, 河合 泰一, 今村 信, 岩崎 博道, 上田 孝典, 田中 國義
    第52回日本輸血学会総会 2004年06月 選考有り
  • インターフェロン不応性となりグリベックを使用した移行期慢性骨髄性白血病の1例
    池田 裕之, 高木 和貴, 山内 高弘, 岩崎 博道, 吉田 明, 河合 泰一, 岸 愼治, 武村 晴行, 上田 孝典, 浦崎 芳正
    第193回日本内科学会北陸地方会 2004年06月 選考有り
  • 原発性胆汁性肝硬変に、Burkitt's Lymphoma白血病化を合併した一例
    田居 克規, 稲井 邦博, 滝本 伸夫, 大野 克, 河合 泰一, 岸 愼治, 山内 高弘, 武村 晴行, 浦崎 芳正, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第38回北陸リンパ増殖性疾患検討会 2004年05月 選考有り
  • 突然の吸気性呼吸困難から意識障害、ショックを来した一例
    田居克規, 李鍾大, 中野顕, 宇隨弘泰, 下司徹, 豊田清浩, 白崎温久, 天谷直貴, 水口敏宏, 上田孝典
    第414回福井県内科臨床懇話会 2004年05月
  • 造血器疾患における死戦期の肺炎起因菌の検討
    稲井 邦博, 岩崎 博道, 池ヶ谷 諭史, 山下 政宣, 高木 和貴, 木下 圭一, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第78回日本感染症学会総会 2004年04月 選考有り
  • Pravastatinの急性心筋梗塞後のMMP-2増加に対する効果
    中谷玲子, 李鍾大, 宇隨弘泰, 中野 顯, 下司徹, 豊田清浩, 白崎温久, 天谷直貴, 水口敏宏, 上田孝典
    第101回日本内科学会講演会 2004年04月
  • 抗真菌剤ItraconazoleによるIL-12p40産生能増強効果の検討
    井上仁, 岩崎博道, 木下圭一, 上田孝典
    第101回日本内科学会講演会 2004年04月
  • 徳島県に認めたマダニ媒介性日本紅斑熱症例にみる高サイトカイン血症
    岩崎博道, 馬場文彦, 藤田博己, 上田孝典
    第56回日本衛生動物学会大会 2004年04月
  • 高サイトカイン血症を呈した日本紅斑熱の臨床経過
    岩崎博道, 馬場文彦, 藤田博己, 上田孝典
    第78回日本感染症学会総会 2004年04月
  • 抗真菌剤micafunginがサイトカイン産生能に与える影響
    木下 圭一, 岩崎 博道, 山下 政宣, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第78回日本感染症学会総会 2004年04月 選考有り
  • Utility of FDG-PET for predicting left ventricular functional recovery in patients with acute myocardial infarction after successful revascularization-comparison with technetium-99m tetrofosmin SPECT
    Shirasaki, H., Lee, J.D., Nakano, A., Uzui, H., Geshi, T., Toyoda, K., Amaya, N., Mizuguchi, T., Ueda, T.
    53rd Annual Scientific Sessions of the American College of Cardiology 2004年03月
  • New quantitation method for monitoring cytarabine incorporated into DNA of leukemic cells from patients receiving cytarabine therapy
    Yamauchi, T., Ueda, T.
    95th Annual Meeting of AACR 2004年03月
  • Circulating levels of active matrix metalloproteinase-2 are elevated in patients with congestive heart failure
    Yamazaki, T., Mitsuke, Y., Chiba, Y., Lee, J.D., Uzui, H., Nakano, A., Ueda, T.
    第68回日本循環器学会総会学術集会 2004年03月
  • Relationship between impaired microvascular function within non-infarct-related area and early left ventricular remodeling in patients with myocardial infarction
    Geshi, T., Lee, J.D., Nakano, A., Uzui, H., Toyoda, K., Amaya, N., Shirasaki, H., Mizuguchi, T., Okazawa, H., Fujibayashi, Y., Yonekura, Y., Ueda T.
    The 68th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society 2004年03月
  • FDG-PET for predicting long-term left ventricular functional recovery in patients with AMI -comparison with technetium-99m tetrofosmin SPECT
    Shirasaki, H., Lee, J.D., Nakano, A., Uzui, H., Nakaya, R., Geshi, T., Toyoda, K., Amaya, N., Mizuguchi, T., Yonekura, Y., Ueda, T.
    The 68th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society 2004年03月
  • 静止細胞においてcarboplatinにより誘導されたDNA修復を標的としたF-ara-Aの修復阻害効果のcomet assayによる定量
    高木 和貴, 河合 泰一, 山内 高弘, 上田 孝典
    第2回日本臨床腫瘍学会 2004年03月
  • Myocardiac oxydative metabolism in diabetic patients was impaired even in non-infarct-related area after acute myocardial infarction
    Toyoda, K., Lee, J.D., Nakano, A., Uzui, H., Geshi, T., Amaya, N., Shirasaki, H., Mizuguchi, T., Ueda, T., Yonekura, Y.
    第68回日本循環器学会総会学術集会 2004年03月
  • The relationship between plasma adiponectin level and restenosis after percutaneous coronary angioplasty in patients with acute coronary syndrome
    Mizuguchi, T., Lee, J.D., Nakano, A., Uzui, H., Geshi, T., Toyoda, K., Amaya, N., Shirasaki, H., Ueda, T.
    第68回日本循環器学会総会学術集会 2004年03月
  • Serum thioredoxin concentrations and cutaneous arteriolar hyalinosis with thioredoxin expression are increased in patients with heart failure
    Kishimoto, C., Shioji, K., Nakamura, H., Yodoi, J., Lee, J.D., Shimizu, H., Ueda, T.
    第68回日本循環器学会総会学術集会 2004年03月
  • Active matrix metalloproteinase-2 levels are related with left ventricular dilatation and BNP levels in patients after acute myocardial infarction
    Nakaya, R., Lee, J.D., Shimizu, H., Uzui, H., Nakano, A., Mitsuke, Y., Geshi, T., Toyoda, K., Amaya, N., Shirasaki, H., Mizuguchi, T., Ueda, T.
    第68回日本循環器学会総会学術集会 2004年03月
  • 皮膚病変が診断の決め手となった心サルコイドーシスの一例
    多賀雅浩, 李鍾大, 宇隨弘泰, 中野顯, 天谷直貴, 下司徹, 上田孝典
    日本内科学会北陸地方会 第192回学術集会 2004年03月
  • 側副血行路を有する安定労作性狭心症に対する5-HT2受容体拮抗薬・長期追加投与の有効性
    豊田清浩, 李鍾大, 宇隨弘泰, 中野顕, 下司徹, 天谷直貴, 白崎温久, 上田孝典
    第8回近畿・北陸セロトニン(5-HT2)研究会学術講演会 2004年03月
  • Clonal Expansion of TCR V Beta Repertoires in CD8 and CD4 T Cells in response to idiotypeprotein
    I.Sakamaki, K.Inai, Y.Takazawa, T.Ueda, H.Tsutani
    95th Annual Meeting of AACR 2004年03月 選考有り
  • 急性前骨髄球性白血病の分子再発に対する自己末梢血幹細胞移植
    根来 英樹, 河合 泰一, 荒井 肇, 山内 高弘, 岸 愼治, 武村 晴行, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第16回福井造血幹細胞移植研究会 2004年03月 選考無し
  • 臨床研究に対する福井大学病院治験管理センターの関わり
    白波瀬正樹, 渡辺享平, 藤田純子, 渡辺典子, 矢野七恵, 五十嵐敏明, 山内高弘, 上田孝典, 後藤伸之, 脇屋義文, 政田幹夫
    日本薬学会第124年会 2004年03月 選考有り
  • 抗がん剤とプリン・プリミジン代謝
    上田 孝典, 山内 高弘, 河合 泰一, 高木 和貴
    日本痛風・核酸代謝学会. 核酸代謝への多角的アプローチとトランスレーショナルメディスン 2004年02月
  • 代表的抗白血病剤シトシンアラビノシドの白血病細胞DNA内薬剤転入量の検討
    山内 高弘, 河合 泰一, 山本 秀二, 上田 孝典
    第37回日本痛風・核酸代謝学会総会 2004年02月
  • 新鮮白血病細胞におけるaphidicolinとcytosine arabiniosideとの併用効果
    河合 泰一, 山内 高弘, 上田 孝典
    第37回日本核酸・痛風代謝学会総会 2004年02月
  • 冠インターベンション後再狭窄と血中アディポネクチン濃度との関連
    水口敏宏, 李鍾大, 中野 顯, 宇隨弘泰, 下司徹, 豊田清浩, 天谷 直貴, 白崎温久, 上田孝典
    第19回北陸心血管代謝研究会 2004年02月
  • 剖検摘出肺より検出された死戦期肺炎起因菌の検討
    稲井 邦博, 岩崎 博道, 池ヶ谷 諭史, 山下 政宣, 法木 左近, 高木 和貴, 木下 圭一, 浦崎 芳正, 上田 孝典, 内木 宏延
    第2回北陸感染症研究会 2004年02月 選考有り
  • Febuxostat, a novel non-purine selective inhibitor of xanthine osidase, in a phase・placebo-controlled double-blind clinical trial in Japanese subjects with gout or hyperuricemia : Febuxostat in gout or hyperuricemia trial (FIGHT)
    Kamatani, N., Fujimori, S., Hada, T., Hosoya, T., Matsuzawa, Y., Ueda, T., Yamanaka, H., Kato, R.
    ACR/ARHP 68th Annual Scientific Meeting 2004年01月
  • Febuxostat, a novel non-purine selective inhibitor of xanthine oxidase, in an allopurinol-controlled phase Ⅲ clinical trial in Japanese subjects with gout or hyperuricemia : Febuxostat-allopurinol controlled study (FALCON)
    Kamatani, N., Fujimori, S., Hada, T., Hosoya, T., Matsuzawa, Y., Ueda, T., Yamanaka, H., Kato, R.
    ACR/ARHP 68th Annual Scientific Meeting 2004年01月
  • グルタチオン合成阻害剤は白血病細胞においてBcl-2高発現による抗腫瘍剤耐性を克服する
    吉田明, 井上仁, 武村晴行, 宮下俊之, 上田孝典
    第42回日本癌治療学会総会. 各科領域における分子標的治療 2004年01月
  • Preserved microvascular function is related to late recovery of left ventricular wall motion in patients with acute myocardial infarction
    Geshi, T., Lee, J.D., Nakano, A., Uzui, H., Toyoda, K., Amaya, N., Shirasaki, H., Mizuguchi, T., Okazawa, H., Fujibayashi, Y., Yonekura, Y., Ueda, T.
    The 8th Annual Scientific Meeting of the Japanese Heart Failure Society 2004年01月
  • 抗白血病剤シタラビン (ara-C) によるアルキル化剤のDNA損傷修復の阻害と殺細胞効果の増強
    上田孝典, 山内高弘
    厚生労働科学研究費補助金・難治性疾患克服研究事業特発性造血障害に関する調査研究班 (小峰班), 重点研究:骨髄異形成症候群に対する新規治療法の開発に関する研究班 (三谷班) 平成15年度第2回合同班会議総会 2004年01月
  • カルシウム拮抗薬の心筋線維芽細胞マトリックスメタロプロテアーゼ産生に及ぼす影響
    宇隨弘泰, 李鍾大, 中野顯, 岳紅, 下司徹, 豊田清浩, 天谷直貴, 白崎温久, 水口敏宏, 上田孝典
    第2回京都心血管疾患フォーラム 2004年01月
  • 血小板輸血による重篤なアナフィラキシー反応を引き起こした一例
    小林 洋子, 岩崎 博道, 高木 和貴, 河合 泰一, 高澤 ゆみえ, 田中 佐知子, 浦崎 芳正, 上田 孝典, 田中 國義
    第22回日本輸血学会北陸支部総会 2004年01月
  • 急性心筋梗塞再灌流後早期のFDG-PETと安静Tc-99m tetrofosmin SPECT による左室壁運動改善予測
    白崎温久, 李鍾大, 中野顕, 宇隨弘泰, 下司徹, 豊田清浩, 天谷直貴, 水口敏宏, 藤林康久, 米倉義晴, 上田孝典
    第41回北陸循環器核医学研究会 2004年01月
  • 急性心筋梗塞後の血清MMP-2濃度に対するPravastatinの影響
    中谷玲子, 李鍾大, 宇隨弘泰, 中野顯, 下司徹, 豊田清浩, 天谷直貴, 白崎温久, 上田孝典
    第14回福井高脂血症談話会 2004年01月
  • 抗真菌剤が高サイトカイン状態に与える影響
    木下 圭一, 岩崎 博道, 高木 和貴, 上田 孝典, 稲井 邦博, 浦崎 芳正
    第47回日本感染症学会中日本地方会総会 2004年01月 選考有り
  • Fabを抗原とした骨髄腫細胞株に対するAllogenic CTL の誘導
    酒巻 一平, 津谷 寛, 稲井 邦博, 高澤 ゆみえ, 上田 孝典
    第41回福井癌研究会 2003年12月 選考無し
  • FLAGM療法におけるara-CのCellular TDMによるPK/PD相関の検討
    山内 高弘, 河合 泰一, 上田 孝典
    厚生労働省難治性白血病に対する標準的治療の確立に関する研究班 2003年12月
  • 代表的抗白血病剤シタラビン(ara-C)治療における患者白血病細胞DNA内転入ara-Cの微量定量法の確立
    山内高弘, 上田孝典
    日本臨床薬理学会総会 2003年12月
  • 慢性骨髄性白血病細胞株K562におけるimatinib mesylate(STI571,Gleevec)耐性株の樹立およびその耐性機序
    森永 浩次, 山内 高弘, 岩崎 博道, 吉田 明, 浦崎 芳正, 河合 泰一, 岸 愼治, 木下 圭一, 山本 秀二, 荒井 肇, 根来 英樹, 稲井 邦博, 上田 孝典
    第24回日本臨床薬理学会年会 2003年12月 選考有り
  • 大動脈弁置換が奏功した90歳ASの一例
    水口敏宏, 李鍾大, 中野顕, 宇隨弘泰, 豊田清浩, 上田孝典, 森岡浩一, 田中國義, 清水寛正
    第14回日本老年医学会北陸地方会 2003年11月
  • 重篤な合併症を克服し社会復帰可能となった心肺停止心筋梗塞の一例
    天谷直貴, 李鍾大, 中野顕, 宇隨弘泰, 下司徹, 豊田清浩, 白崎温久, 水口敏宏, 上田孝典
    日本循環器学会第122回東海・第107回北陸合同地方会 2003年11月
  • Isthmus block line形成が著効し、抗不整脈薬が不要となった頻脈性心房粗細動の一例
    天谷直貴, 李鍾大, 中野顕, 宇隨弘泰, 下司徹, 豊田清浩, 白崎温久, 水口敏宏, 上田孝典
    第17回北陸不整脈薬物治療研究会 2003年11月
  • 心筋梗塞発症早期の心筋酸素代謝と耐糖能障害との関連
    豊田清浩, 李鍾大, 清水寛正, 中野顯, 宇隨弘泰, 下司徹, 天谷直貴, 白崎温久, 水口敏宏, 上田孝典
    日本循環器学会 第122回東海 第107回北陸合同地方会 2003年11月
  • 冠動脈バイパス術に両心室ペーシングの併用が有効であった完全房室ブロック合併虚血性心筋症の1例
    白崎 温久, 李 鍾大, 中野 顯, 宇隨 弘泰, 豊田 清浩, 下司 徹, 天谷 直貴, 水口 敏宏, 上田 孝典, 森岡 浩一, 高森 督, 山田 就久, 津田 武嗣, 上坂 孝彦, 井隼 彰夫, 田中 國義
    日本循環器学会第122回東海第107回北陸合同地方会 2003年11月 選考無し
  • 好中球減少期患者に発症したα-Strepotcoccusによる敗血症
    木下 圭一, 岩崎 博道, 山下 政宣, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 津谷 寛, 上田 孝典
    第46回日本感染症学会中日本地方会総会 2003年11月 選考有り
  • ラット血管平滑筋細胞におけるPitavastatinのMatrix Metalloproteinase(MMP)活性に対する効果
    中谷玲子, 李鍾大, 宇隨弘泰, 中野顕, 見附保彦, 山崎武俊, 豊田清浩, 下司徹, 天谷直貴, 白崎温久, 上田孝典
    第51回日本心臓病学会学術集会 2003年09月
  • 急性リンパ性白血病治療経過中に発症し、高βーDグルカン値が遷延した難治性多発肝・脾膿瘍の治療経験
    村上 究, 荒井 肇, 山本 秀二, 木下 圭一, 吉田 明, 河合 泰一, 山内 高弘, 岸 愼治, 岩崎 博道, 上田 孝典, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 丸田 みちる, 富士 榮博昭, 津谷 寛
    第191回日本内科学会地方会 2003年09月 選考無し
  • 血清MMP-2及びactiveMMP-2濃度と急性心筋梗塞後左室リモデリングの関連
    中谷玲子, 李鍾大, 中野顕, 宇隨弘泰, 下司徹, 豊田清浩, 天谷直貴, 白崎温久, 水口敏宏, 上田孝典
    第51回日本心臓病学会学術集会 2003年09月
  • AL アミロイドーシスに対する自己移植・同種移植連続治療の可能性
    河合 泰一, 木下 圭一, 桑田 敦, 下司 徹, 荒井 肇, 津谷 寛, 上田 孝典
    中部リウマチ学会 2003年09月
  • Carboplatinにより誘導されたDNA修復を標的としたFludarabineのヒトリンパ球における効果
    高木 和貴, 河合 泰一, 山内 高弘, 上田 孝典
    第62回日本癌学会総会 2003年09月
  • 心筋梗塞再潅流後早期の冠微小循環動態と壁運動改善との関連~安静/ATP負荷アンモニア心筋PETを用いた検討~
    下司徹, 李鍾大, 清水寛正, 中野顯, 宇隨弘泰, 中谷玲子, 豊田清浩, 天谷直貴, 白崎温久, 水口敏宏, 上田孝典, 米倉義晴
    第51回日本心臓病学会総会 2003年09月
  • アルキル化剤耐性化白血病細胞株CCRF-CEMにおけるDNA除去修復機能の亢進とコメットアッセイによる定量
    山内 高弘, 河合 泰一, 上田 孝典
    第62回日本癌学会総会 2003年09月
  • 骨髄異形成症候群における抗アポトーシス分子Survivinの発現解析
    吉田明, Adel Badran, 今村信, 上田孝典
    第23回日本分子腫瘍マーカー研究会 2003年09月
  • ACE阻害薬の投与が有効でARBの投与が無効であったmicrovascular anginaの一例
    中野顕, 李鍾大, 清水寛正, 豊田清浩, 上田孝典
    第51回日本心臓病学会総会 2003年09月
  • 冠微小循環障害におけるATP負荷タリウム心筋シンチ所見
    天谷直貴, 李鍾大, 中野顕, 宇隨弘泰, 下司徹, 豊田清浩, 白崎温久, 水口敏宏, 上田孝典
    第51回日本心臓病学会学術集会 2003年09月
  • 心室頻拍時のflecainide静注により、恒久ペースメーカーによるペーシング波形との融合を認めた1症例
    天谷直貴, 李鍾大, 中野顕, 宇隨弘泰, 下司徹, 豊田清浩, 白崎温久, 水口敏宏, 上田孝典
    第20回心電学会学術集会 2003年09月
  • 心筋梗塞発症早期のFDG-PETによるviability評価の有用性~安静Tc-99m tetrofosmin SPECTとの比較~
    白崎温久, 李鍾大, 清水寛正, 中野顯, 下司徹, 豊田清浩, 天谷直貴, 上田孝典, 米倉義晴
    第51回日本心臓病学会学術集会 2003年09月
  • 塩酸サルポグレラートの側副血行路を有する安定労作性狭心症に対する長期投与の有効性
    豊田清浩, 李鍾大, 清水寛正, 中野顯, 下司徹, 天谷直貴, 白崎温久, 水口敏宏, 上田孝典
    第51回日本心臓病学会総会 2003年09月
  • Molecular subcloning and characterization of a novel spliced variant of the human inhibitor of apoptosis gene survivin
    Badran A, Inuzuka M, Yoshida A, Kuroki M, Ueda T
    31st Meeting of the International Society for Oncodevelopmental Biology and Medicine. 2003年09月 選考有り
  • 難治性B細胞性リンパ腫に対するリツキシマブを用いた自家末梢血幹細胞移植併用超大量療法
    荒井 肇, 森永浩治, 根来英樹, 木下圭一, 山本秀二, 山内高弘, 河合泰一, 今村 信, 吉田 明, 浦崎芳正, 津谷 寛, 上田孝典, 岩崎博道, 池ヶ谷諭史, 稲井邦博
    第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会 2003年08月
  • 当科において好中球減少患者に認めたStreptococcus viridans groupによる敗血症
    木下 圭一, 岩崎 博道, 山下 政宣, 池ヶ谷 諭史, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 津谷 寛, 上田 孝典
    第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会 2003年08月
  • 悪性リンパ腫症例における抗腫瘍化学療法後の尿路管理
    稲井邦博, 津谷 寛, 高木和貴, 今村 信, 上田孝典
    第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会 2003年08月
  • 骨髄異形成症候群におけるSurvivin遺伝子の発見解析-新しいスプライス・バリアントの同定
    吉田明, Adel Badran, 今村信, 上田孝典
    第65回日本血液学会総会, 第45回日本臨床血液学会総会 2003年08月
  • VAD療法により共に改善が見られた潰瘍性大腸炎を合併した多発性骨髄腫
    山内高弘, 桑田敦, 荒井肇, 道上学, 上田孝典
    第65回日本血液学会総会,第45回日本臨床血液学会総会 2003年08月
  • Comet assayを用いたcarboplatin-induced DNA repairとFludarabineによる修復阻害効果の定量
    高木 和貴, 河合 泰一, 山内 高弘, 上田 孝典
    第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会同時期開催 2003年08月
  • ara-C大量療法の現状とTDMの試み
    山内高弘, 上田孝典
    北陸造血器腫瘍研究会 2003年08月
  • 冠動脈バイパス術に両心室ペーシングの併用が有効であった完全房室ブロック合併虚血性心筋症の一例
    白崎温久, 李鍾大, 中野顯, 宇隨弘泰, 豊田清浩, 下司徹, 天谷直貴, 水口敏宏, 上田孝典, 岡浩一, 田中國義
    第11回北陸心不全研究会 2003年08月
  • Reduced intensity stem cell transplantation によるM 蛋白消失に伴いネフローゼが改善したAL amyloidosis
    福岡 良友, 河合 泰一, 荒井 肇, 桑田 敦, 木下 圭一, 山岡 正暢, 今村 信, 津谷 寛, 上田 孝典
    第45回日本臨床血液学会総会 2003年08月
  • 心筋酸素代謝に及ぼす血中遊離脂肪酸濃度の影響
    豊田清浩, 李鍾大, 清水寛正, 中野顯, 下司徹, 天谷直貴, 白崎温久, 上田孝典, 土田龍郎, 伊藤春海, 藤林康久, 米倉義晴
    平成15年度高エネルギー医学研究センター研究発表会 2003年08月
  • 亜砒酸耐性K562/AS-3細胞株の耐性機序の検討
    瀬尾 珠美, 浦崎 芳正, 今村 信, 上田 孝典
    第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会 2003年08月 選考有り
  • Camptothecin耐性細胞における亜ヒ酸の抗腫瘍効果
    浦崎 芳正, 瀬尾 珠美, 森永 浩次, 今村 信, 上田 孝典
    第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会 2003年08月 選考有り
  • 中枢病変を認めた精巣初発NHLの2例
    根来 英樹, 福岡 良友, 荒井 肇, 浦崎 芳正, 酒巻 一平, 石坂 泰三, 今村 信, 河合 泰一, 津谷 寛, 上田 孝典
    第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会同時期開催 2003年08月 選考有り
  • Fabを抗原としたmyeloma cell lineに対するallogenic CTLの誘導
    酒巻 一平, 河合 泰一, 稲井 邦博, 上田 孝典, 高澤 ゆみえ, 岩崎 博道, 津谷 寛
    日本血液学会 2003年08月 選考有り
  • Fabを抗原としたmyeloma cell lineに対するallogenic CTLの誘導
    酒巻 一平, 上田 孝典, 高澤 ゆみえ, 岩崎 博道, 稲井 邦博, 津谷 寛
    第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会 2003年08月 選考有り
  • 心筋梗塞再潅流後早期の冠微小循環動態と壁運動改善との関連 -安静/ATP負荷アンモニア心筋PETを用いた検討
    下司 徹, 李 鍾大, 中野 顯, 宇隨 弘泰, 豊田 清浩, 天谷 直貴, 白崎 温久, 水口 敏宏, 上田 孝典, 岡沢 秀彦, 藤林 康久, 米倉 義晴
    第7回福井医科大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2003年08月 選考無し
  • 急性心筋梗塞患者における血清MMP-2及びactiveMMP-2濃度の変動と左室リモデリングに関する検討
    中谷玲子, 李鍾大, 中野顕, 宇隨弘泰, 下司徹, 豊田清浩, 天谷直貴, 白崎温久, 水口敏宏, 上田孝典
    循環器学会地方会 2003年07月
  • S-phase checkpoint activation by the Mre11/Rad50/Nbs1(MRN) and Chk2 pathways in response to topoisomerase I-mediated DNA damage induced by camptothecin
    Takemura, H., Furuta, T., Ueda, T., Meng, L., Barcelo, J., Zhang, H., Pommier, Y.
    ACCR Reschedules Annual Meeting, Cell cycle checkpoint. 2003年07月
  • 21年間にわたり多種の免疫抑制療法を施行したpure red cell aplasia
    高木 和貴, 河合 泰一, 木下 圭一, 山内 高弘, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典, 浦崎 芳正, 今村 信, 津谷 寛
    第21回日本血液学会北陸地方会 2003年07月 選考有り
  • 造血器腫瘍治療の最前線と血液検査
    上田孝典
    第4回日本検査血液学会学術集会 2003年07月
  • Flecainide静注にて、心室頻拍と恒久ペースメーカーによるペーシング波形との融合を認めた1症例
    天谷直貴, 李鍾大, 中野顕, 宇隨弘泰, 下司徹, 豊田清浩, 白崎温久, 水口敏宏, 上田孝典
    日本循環器学会北陸地方会第106回学術集会 2003年07月
  • 心筋梗塞発症早期のFDG-PETによるviability評価の有用性~安静Tc-99m tetrofosmin SPECTとの比較~
    白崎温久, 李鍾大, 清水寛正, 宇隨弘泰, 中野顯, 下司徹, 豊田清浩, 天谷直貴, 水口敏宏, 上田孝典
    第106回日本循環器学会北陸地方会 2003年07月
  • The effect of arsenic trioxide on multidrug-resistant? human leukemia cell lines
    T.Seo, Y.Urasaki, H.Takemura, T.Ueda
    32nd Annual Meeting of the International Society for Experimental Hematology 2003年07月 選考有り
  • Febrile neutropeniaに認めるサイトカイン値の変動
    岩崎 博道, 浦崎 芳正, 上田 孝典, 池ヶ谷 諭史, 羽場 利博, 吉尾 伸之, 中村 徹
    第4回日本検査血液学会学術集会 2003年07月 選考有り
  • ? 21年間にわたり多種の免疫抑制療法を施行したpure red cell aplasia
    高木 和貴, 河合 泰一, 木下 圭一, 山内 高弘, 吉田 明, 岩崎 博道, 上田 孝典, 浦崎 芳正, 今村 信, 津谷 寛
    第21回日本血液学会北陸地方会 2003年07月
  • 造血器腫瘍患者の深在性真菌症における血清診断の有用性
    三崎 裕史, 岩崎 博道, 池ヶ谷 諭史, 木下 圭一, 高木 和貴, 稲井 邦博, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第40回福井癌研究会 2003年07月 選考無し
  • 一般内科における血液異常
    上田孝典
    福井県内科臨床懇話会 400回記念特別講演会 2003年06月
  • 30分以上の心肺蘇生により救命し得た心筋梗塞の一例
    天谷直貴, 李鍾大, 中野顕, 宇隨弘泰, 下司徹, 豊田清浩, 白崎温久, 水口敏宏, 上田孝典
    第4回福井県ショックと蘇生研究会 2003年06月
  • マルチスライスCTが異常血管の存在診断に有用であったscimitar症候群の一例
    白崎温久, 李鍾大, 清水寛正, 中野顯, 丸田みちる, 中谷玲子, 豊田清浩, 下司徹, 天谷直貴, 上田孝典, 山田弘樹, 伊藤春海
    第190回日本内科学会北陸地方会 2003年06月
  • 結節性病変を伴うびまん糸球体硬化の1例
    木村 記代, 大越 忠和, 李 軒, 町口 敏彦, 木村 秀樹, 吉田 治義, 河合 泰一, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第49回中部日本糸球体腎炎談話会 2003年06月
  • 6.白血病の診断と治療-最近の進歩-
    上田孝典
    日本内科学会生涯教育講演会 2003年05月
  • Donor由来の抗白血球抗体が陰性であったtransfusion-related acute lung injury
    木下 圭一, 河合 泰一, 今村 信, 小林 洋子, 岩崎 博道, 北林 廣三郎, 岩崎 洋二, 仁井原 裕美, 嶋田 英子, 上田 孝典
    第51回日本輸血学会総会 2003年05月 選考有り
  • 当院における非溶血性副作用の現状
    小林 洋子, 岩崎 博道, 高澤 ゆみえ, 田中 佐知子, 上田 孝典
    第51回日本輸血学会総会 2003年05月 選考有り
  • 治療経過中に血中TNF-α値が高値を呈した日本紅斑熱の1例
    岩崎 博道, 馬原 文彦, 藤田 博己, 高田 伸弘, 上田 孝典
    第77回日本感染症学会総会 2003年04月 選考有り
  • 労作時の胸痛を主訴とした一例
    中野顕, 李鐘大, 清水寛正, 豊田清浩, 下司徹, 天谷直貴, 白崎温久, 上田孝典
    福井県内科臨床懇話会 2003年04月
  • 高度の腋窩リンパ節転移を伴った非触知乳癌の2例
    前田浩幸, 石田 誠, 堀田幸次郎, 村上 真, 廣野靖夫, 五井孝憲, 木村俊久, 飯田 敦, 片山寛次, 廣瀬和郎, 山口明夫, 山内高弘, 上田孝典, 法木左近, 今村好章
    第10回日本乳腺甲状腺超音波診断会議 2003年04月
  • Febrile neutropeniaに対する抗生剤のサイクリング療法の成績
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 木下 圭一, 今村 信, 浦崎 芳正, 津谷 寛, 上田 孝典
    第77回日本感染症学会総会 2003年04月 選考有り
  • Different effects of caicium channel blockers on matrix metalloproteinases production in cultured rat cardiac fibroblasts
    Yue, H., Lee, J. D, Shimizu, H., Nakano, A., Yamazaki, T., Nakaya, R., Ueda, T.
    第67回日本循環器学会総会 2003年03月
  • Long-term prognostic value of normal adenosine triphosphate-stress thallium-201 myocardial perfusion imaging and usefulness of risk stratification by washout rate analysis
    下司 徹, 李 鍾大, 清水 寛正, 中野 顯, 大倉 清孝, 中谷 玲子, 豊田 清浩, 天谷 直貴, 白崎 温久, 上田 孝典, 伊藤 春海
    第67回日本循環器学会総会 2003年03月 選考有り
  • Pravastatin suppresses the increase of matrix metalloproteinase-2 in patients after acute myocardial infarction
    Nakaya, R., Lee, J. D., Simizu, H., Nakano, A., Mitsuke, Y., Yamazaki, T., Ueda, T.
    第67回日本循環器学会総会 2003年03月
  • 6.白血病の診断と治療-最近の進歩-
    上田孝典
    日本内科学会生涯教育講演会 2003年03月
  • Comparison of ammonia PET with FDG PET for predicting functional outcome after primary PTCA in patients with acute myocardial infarction
    中野 顯, 李 鍾大, 清水 寛正, 大倉 清孝, 堀越 元三郎, 下司 徹, 豊田 清浩, 天谷 直貴, 白崎 温久, 上田 孝典, 米倉 義晴
    第67回日本循環器学会総会 2003年03月 選考有り
  • Impaired myocardial oxygen metabolism in non-infarct-related area in recent myocardial infarction with successful reperfusion
    豊田 清浩, 李 鍾大, 清水 寛正, 中野 顯, 大倉 清孝, 堀越 元三郎, 下司 徹, 天谷 直貴, 白崎 温久, 上田 孝典, 米倉 義晴
    第67回日本循環器学会総会 2003年03月 選考有り
  • RAの経過中にループス腎炎を合併した一生検例
    大越忠和, 木村記代, 町口敏彦, 李 軒, 木村秀樹, 吉田治義, 山内高弘, 上田孝典
    第8回福井腎症疾患研究会 2003年03月
  • 精巣,中枢病変を認めたCD5陽性diffuse large cell lymphoma
    根来 英樹, 浦崎 芳正, 井内 里恵, 佐藤 義高, 山内 高弘, 河合 泰一, 吉田 明, 今村 信, 津谷 寛, 上田 孝典, 今村 好章
    第37回リンパ増殖性疾患検討会 2003年03月 選考無し
  • 当院感染症外来において最近経験したジアルジア感染7症例について
    岩崎 博道, 木下圭一, 高田 伸弘, 矢野 泰弘, 池ヶ谷 諭史, 稲井 邦博, 高木 和貴, 浦崎 芳正, 上田 孝典
    第1回北陸感染症研究会 2003年02月 選考無し
  • 悪性リンパ腫患者における抗腫瘍性化学療法後の尿路管理についての検討
    高木 和貴, 津谷 寛, 稲井 邦博, 今村 信, 中村 徹, 上田 孝典
    第36回日本痛風・核酸代謝学会総会 2003年02月 選考有り
  • 関節リウマチに対するインフリキシマブの使用経験
    河合 泰一, 津谷 寛, 上田 孝典
    福井抗サイトカイン療法研究会 2003年02月
  • 正常リンパ球と慢性リンパ性白血病細胞におけるUCN-01によるDNA修復阻害と殺細胞効果の増強
    山内高弘, Mechael, K., William, P., 上田孝典
    第一回日本臨床腫瘍学会総会 2003年02月
  • 腎尿細管における尿酸転送機構を検討した低尿酸血症の一例
    金森範夫, 田中経夫, 仁科甫啓, 高木和貴, 津谷寛, 中村徹, 上田孝典
    第36回日本痛風・核酸代謝学会総会 2003年02月
  • Carboplatinにより誘導されたDNA damageとFludarabine(F-ara-A)による修復阻害効果の定量
    高木 和貴, 河合 泰一, 山内 高弘, 上田 孝典
    第36回日本痛風・核酸代謝学会総会 2003年02月
  • 高速液体クロマトグラフィー法を用いた抗白血病剤フルダラビンの細胞内活性体9-beta-D-arabinofuranosyl-2-fluoroadenine (F-ara-ATP)新定量法の確立
    山内高弘, 上田孝典
    第36回日本痛風・核酸代謝学会総会 2003年02月
  • 核酸代謝よりみた抗腫瘍剤の作用機序と薬物動態
    上田孝典
    第36回日本痛風・核酸代謝学会総会 2003年02月
  • Reduced intensity stem cell transplantationによりM-proteinの消失とネフローゼの改善を認めたAL amyloidosis
    福岡 良友, 河合 泰一, 桑田 敦, 津谷 寛, 上田 孝典
    第38回北陸臨床免疫検討会 2003年02月
  • Microvascular anginaにおける冠微小循環障害と201TlCl洗出しとの関連
    天谷直貴, 李鍾大, 清水寛正, 中野顕, 下司徹, 豊田清浩, 白崎温久, 上田孝典, 伊藤春海, 米倉義晴
    第39回北陸循環器核医学研究会 2003年02月
  • 心筋梗塞発症早期の梗塞非関連領域内に見られる酸素代謝障害の意義
    豊田 清浩, 李 鍾大, 清水 寛正, 中野 顯, 大倉 清孝, 堀越 元三郎, 下司 徹, 天谷 直貴, 白崎 温久, 上田 孝典, 米倉 義晴
    第105回日本循環器学会北陸地方会 2003年02月 選考無し
  • 抗菌剤のサイトカイン産生への影響
    池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 木下 圭一, 今村 信, 上田 孝典
    第7回血液疾患とサイトカイン研究会 2003年02月 選考無し
  • Primary PTCA後の壁運動改善予測におけるN-13 ammonia-PETとFDG-PETの有用性の比較
    中野 顯, 李 鍾大, 清水 寛正, 大倉 清孝, 堀越 元三郎, 中谷 玲子, 下司 徹, 豊田 清浩, 天谷 直貴, 白崎 温久, 上田 孝典, 米倉 義晴
    日本循環器学会北陸地方会第105回学術集会 2003年02月 選考無し
  • Microvascular anginaにおける冠微小循環障害とタリウム洗い出しとの関連
    天谷直貴, 李 鍾大, 清水寛正, 中野 顕, 豊田清浩, 下司 徹, 上田孝典, 松下照旺, 土田龍郎, 伊藤春海, 米倉義晴
    第39回北陸循環器核医学研究会 2003年02月
  • 6
    上田孝典
    白血病の診断と治療-最近の進歩-. 日本内科学会生涯教育講演会 2003年01月
  • Non-invasive assessment of global and regional left ventricular function using ECG-gated N-13 ammonia positron emission tomography
    下司徹, 李鍾大, 清水寛正, 中野顯, 宇隨弘泰, 中谷玲子, 豊田清浩, 天谷直貴, 白崎温久, 水口敏宏, 上田孝典
    第7回日本心不全学会学術集会 2003年01月
  • ATP負荷タリウム心筋シンチ正常例における洗い出し解析追加の臨床的意義
    下司徹, 李鍾大, 清水寛正, 中野顯, 大倉清孝, 中谷玲子, 豊田清浩, 天谷直貴, 白崎温久, 上田孝典
    第18回 北陸心血管代謝研究会 2003年01月
  • 骨髄異形成症候群におけるSurvivin遺伝子の発現解析ー新しいスプライスバリアントの同定
    上田孝典, 吉田明, 今村信
    厚生労働科学研究費補助金 特発性造血障害に関する研究調査班(班長 小峰光博)第二回合同班会議 2003年01月
  • 興味ある臨床像を示したタコツボ型心筋症の一例
    豊田清浩, 李鍾大, 清水寛正, 中野顯, 宇隨弘泰, 下司徹, 天谷直貴, 白崎温久, 水口敏宏, 上田孝典
    第7回日本心不全学会学術集会 2003年01月
  • 輸血部一元管理による貯血式自己血輸血の現状
    岩崎 博道, 浦崎 芳正, 小林 洋子, 上田 孝典
    第21回日本輸血学会北陸支部総会 2003年01月 選考無し
  • 当病院における輸血照合システムの現状
    小林 洋子, 浦崎 芳正, 高澤 ゆみえ, 田中 佐知子, 岩崎 博道, 上田 孝典
    第21回日本輸血学会北陸支部総会 2003年01月 選考無し
  • 学会誌・学術集会を顧みて
    上田孝典
    第50回日本痛風・核酸代謝学会総会 2017年02月

共同・受託研究希望(研究シーズ)登録

    分子標的抗がん薬の薬理学、臨床的検討 上田 孝典,Pharmacological and clinical study of (molecular targeted) anticancer drugs 上田 孝典,

共同研究

  • 自動血球計算機セルダインサファイアのスキャットグラム解析によるMDSスクリーニング 2008年度
  • in vitro試験における成人T細胞白血病細胞株に対するnelarabineの細胞障害活性の検討 2005年度

受託研究

  • 亜ヒ酸による抗腫瘍効果機序および耐性機序
  • Temozolomideの細胞増殖抑制作用における機序の検討 2005年度
  • HIV感染者等保健福祉相談推進研究 2005年度
  • Temozolomideのin vitroにおけるヒト腫瘍由来細胞株の増殖に対する作用 2005年度
  • Temozolomideのin vitroにおけるヒト腫瘍由来細胞株の増殖に対する作用 2004年度
  • Temozolomideのin vitroにおけるヒト腫瘍由来細胞株の増殖に対する作用 2006年度
  • HIV感染者等保健福祉相談推進研究 2004年度
  • HIV感染者等保健福祉相談推進研究 2003年度

受賞

  •  痛風研究会 平成17年度 (財)痛風研究会鳥居痛風学術賞2005年12月
  •  日本痛風・核酸代謝学会 平成14年度 日本痛風・核酸代謝学会賞2002年09月
  •  プリン・ピリミジン代謝学会誌優秀論文賞1999年

科学研究費補助金

  • マルチ薬剤耐性による難治性白血病へのゲノム薬理学に基づくテーラーメイド治療戦略基盤研究(C)(一般)
    代表者:上田 孝典 2009年度
  • マルチ薬剤耐性による難治性白血病へのゲノム薬理学に基づくテーラーメイド治療戦略基盤研究(C)(一般)
    代表者:上田 孝典 2008年度
  • マルチ薬剤耐性による難治性白血病へのゲノム薬理学に基づくテーラーメイド治療戦略基盤研究(C)(一般)
    代表者:上田 孝典 2007年度
  • 急性白血病におけるゲノム薬理学を応用したテーラーメイド治療の確立基盤研究(C)一般
    代表者:上田 孝典 2005年度
  • 急性白血病におけるゲノム薬理学を応用したテーラーメイド治療の確立基盤研究(C)一般
    代表者:上田 孝典 2004年度
  • 抗腫瘍剤耐性細胞におけるDNA修復酵素および遺伝子の関与基盤研究(C)一般
    代表者:浦﨑 芳正 2004年度
  • 抗腫瘍剤耐性細胞におけるDNA修復酵素および遺伝子の関与基盤研究(C)一般
    代表者:浦﨑 芳正 2003年度
  • 急性白血病におけるゲノム薬理学を応用したテーラーメイド治療の確立基盤研究(C)一般
    代表者:上田 孝典 2003年度

厚生科研補助金

  • 特発性造血障害に関する調査研究費
    代表者:小峰光博
  • 特発性造血障害に関する調査研究
    代表者:小峰光博
  • 急性期入院医療試行診断群分類を活用した調査研究
    代表者:松田晋哉

プロジェクト活動

  • 研究助成
    研究期間:2003年12月  代表者:稲井邦博,上田孝典,高木和貴,
    造血器疾患における尿酸代謝異常を背景とする腎機能障害発症機序の病理組織学的解析 (6)

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • 高度先進医療発進へ 福井大病院 センター開所2008年02月 福井新聞,日刊県民福井,毎日新聞
  • 痛風の陰に動脈硬化あり 高尿酸血症甘く見ない 福井で学会「食生活改善を」2008年02月 福井新聞
  • 嶺北消防組合と福井大病院 大災害に備え応援協定 坂井 医師,看護師の出動など2008年02月 中日新聞,福井新聞,日刊県民福井
  • メタボや痛風予防 料理通し市民理解 福井で公開講座2008年02月 福井新聞
  • 地域医療は今 大学病院 売り手市場で医局離れ2007年12月 読売新聞
  • 災害時医師派遣など協定 永平寺町と福井大病院 現場での経費は町負担2007年11月 福井新聞,日刊県民福井
  • 深刻な医師不足 自助努力頼み限界 国の対策 効果に疑問2007年06月 福井新聞
  • 福井大病院 がん相談フース開設 専門医対応 ネツトも活用2007年05月 福井新聞,日刊県民福井
  • 臨床研修医数 回復兆し 福井大病院 本年度10人増30人2007年05月 福井新聞,日刊県民福井
  • 高度先進医療発進へ 福井大病院 センター開所2008年02月 福井新聞,日刊県民福井,毎日新聞
  • 痛風の陰に動脈硬化あり 高尿酸血症甘く見ない 福井で学会「食生活改善を」2008年02月 福井新聞
  • 嶺北消防組合と福井大病院 大災害に備え応援協定 坂井 医師,看護師の出動など2008年02月 中日新聞,福井新聞,日刊県民福井
  • メタボや痛風予防 料理通し市民理解 福井で公開講座2008年02月 福井新聞
  • 地域医療は今 大学病院 売り手市場で医局離れ2007年12月 読売新聞
  • 災害時医師派遣など協定 永平寺町と福井大病院 現場での経費は町負担2007年11月 福井新聞,日刊県民福井
  • 深刻な医師不足 自助努力頼み限界 国の対策 効果に疑問2007年06月 福井新聞
  • 福井大病院 がん相談フース開設 専門医対応 ネツトも活用2007年05月 福井新聞,日刊県民福井
  • 臨床研修医数 回復兆し 福井大病院 本年度10人増30人2007年05月 福井新聞,日刊県民福井