菅井 学

所属部署名生命情報医科学講座 分子遺伝学
教員組織生命情報医科学講座
教育研究組織医学部医学科
職名教授
更新日: 19/07/23 20:21

研究者基本情報

氏名

    菅井 学
    スガイ マナブ
    SUGAI Manabu

所属

  •  生命情報医科学講座 分子遺伝学 教授

学位

  • 博士(医学)

所属学協会

    日本生化学会 その他,

研究活動情報

論文

  • マウス切歯体性幹細胞を用いた歯の再生モデル
    斎藤 和幸,高橋 克,喜早 ほのか,東郷 由弥子,三島 清香,GAMEL Dahy Ahamed Khamed Khaled,AGHAZADEH Marziyeh,菅井 学,永田 昌毅,原田 英光,別所 和久
    再生医療 16(358) 2017年02月 査読無し
  • 抗体の機能的差異を生み出す分子機構の解析
    菅井 学
    上原記念生命科学財団研究報告集(CD-ROM)(31) ROMBUNNo.39 2017年12月 査読無し
  • Tubulointerstitial Nephritis with IgM-Positive Plasma Cells.
    N.Takahashi,T.Saeki,A.Komatsuda,C.Munemura,T.Fukui,N.Imai,N.Homma,T.Hatta,KI.Samejima,T.Fujimoto,H.Omori,Y.Ito,Y.Nishikawa,M.Kobayashi,Y.Morikawa,S.Fukushima,S.Yokoi,D.Mikami,K.Kasuno,H.Kimura,T.Nemoto,Y.Nakamoto,K.Sada,M.Sugai,H.Naiki,H.Yoshida,I.Narita,Y Saito,M.Iwano
    Journal of the American Society of Nephrology 28(12) 3688-3698 2017年08月 査読有り
  • Id2 determines intestinal identity through repression of the foregut transcription factor,Irx5
    K.Mori,H.Nakamura,H.Miyachi,K.Tamada,M.Sugai,T.Takumi,Y.Yokota
    Molecular and cellular biology 2018年02月 査読有り
    M.Sugai
  • Loss of Stemness,EMT,and Supernumerary Tooth Formation in Cebpb-/-Runx2+/-Murine lncisors
    K.Saito,K.Takahashi,B.Huang,M.Asahara,H.Kiso,Y.Togo,H.Tsukamoto,S.Mishima, M.Nagata,M.Iida,Y.Tokita,M.Asai,A.Shimizu,T.Komori,H.Harada,M.MacDougall,M.Sugai,K.Bessho
    Scientific reports 8(1) 5169 2018年03月 査読有り
    M.Sugai
  • Antagonistic Functions of USAG-1 and RUNX2 during Tooh Development.
    Y.Togo,K.Takahashi,K.Saito,H.KIso,H.Tsukamoto,B.Huang,M.Yanagita,M.Sugai,H.Komori,A.Shimizu,M.MacDougall,K.Bessho
    PLoS One 12;11(8) e016067 2016年 査読有り
  • Inflammatory responses induce an identity crisis of alveolar macrophages leading to pulmonary alveolar proteinosis.
    R.Ebina-Shibuya,M.Matsumoto,M.Kuwahara,KJ.Jang,M.Sugai,Y.Ito,R.Funayama,K.Nakayama,Y. Sato,N.Ishii,Y.Okamura,K.Kinoshita,K.Kometani,T Kurosaki,A.Muto,M.Ichinose,M.Yamashita,K. Igarashi
    J. Biological Chemistry 292(44) 18098-18112 2017年09月 査読有り
  • Prospective signs of cleidocranial dysplasia in Cebpb deficiency
    Huang, B., Takahashi, K., Jennings, E. A., Pumtang-on, P., Kiso, H., Togo, Y., Saito, K., Sugai, M., Akira S., Shimizu. A. and Bessho, K
    J. Biomed Sci 21(44) 2014年 査読有り
  • Interactions between BMP-7 and USAG-1 (uterine sensitization-associated gene-1) regulate supernumerary organ formation.
    Kiso, H., Takahashi, K., Saito, K., Togo, Y., Tsukamoto, H., Huang, B., Sugai, M., Shimizu. A., Tabata, Y., Economides, A. N., Slavkin, H. C. and Bessho, K
    PLoS ONE 9 e96938 2014年 査読有り
  • Functional Evaluation of Activation-dependent Alterations in the Sialoglycan Composition of T Cells
    Naito-Matsui, Y., Takada, S., Kano, Y., Iyoda, T., Sugai, M., Shimizu, A., Inaba, K., Nitschke, L., Tsubata, T., Oka, S., Kozutsumi, Y. and Takematsu, H.
    J. Biol. Chem 289 1564-1579 2014年 査読有り
  • ANKH Polymorphisms and Clicking of the Temporomandibular Joint in Dental Residents
    B.Huang,K.Takahashi,T.Goto,H.Kiso,M.Sugai,A.Shimizu,S.Kosugi and K.Bessho
    J. Maxillofac. Oral Surg 14(2) 247-251 2015年06月 査読有り
  • Activation of B1a Cells in Peritoneal Cavity by T Cell-Independent Antigen Expressed on Polymeric Micelle
    CJ.Kim,E.Hara,A.Shimizu,M.Sugai and S.Kimura
    J. Pharmaceutical Science 104 1839-1847 2015年 査読有り
  • Id2 deletion attenuates Apc-deficient ileal tumor formation
    K.Biyajima,F.Kakizaki,X.Shen,K.Mori,M.sugai,MM.Taketo,and Y.Yokota
    Biol. Open 10;4(8) 993-1001 2015年 査読有り
    M.Sugai
  • Mitochondrial function provides instructive signals for activation-induced B-cell fates
    KJ.Jang,H.Mano,K.Aoki,T.Hayashi,A.Muto,Y.Nambu,K.Takahashi,K.Itoh,S.Taketani,SL.Nutt,,K.Igarashi,A.Shimizu and M.Sugai
    Nat. Commns 6(6750) 2015年 査読有り
    M.Sugai

著書

  • Chronic inflammation
    Aoki K. and Sugai M.
    分担執筆
    Roles of the Epithelial Autophagy in the Intestinal Mucosal Barrier
    Springer 2016年
    978-4-431-56068-5_45

講演・口頭発表等

  • Mitochondrial function in cell fate determination of activated B cells.
    菅井 学
    2017年度生命科学系学会合同年次大会 2017年12月
  • Mitochondrial function regulates heme oxygenase-1 expression through modulating ability of heme synthesis 8th International
    Sugai M, Kyoung-Jin Jang, Kazuhiko Igarashi and Akira Shimizu
    8th International Conference on Heme Oxygeneses 2014年10月 選考有り
  • ミトコンドリアによる活性化B細胞運命決定機構の解析?ヘム合成制御による分化決定?
    蒋 景眞, 眞野浩人, 青木耕史, 林達成, 武藤哲彦, 南部由希子, 原恵里, 高橋克, 伊藤克彦, 竹谷茂, 五十嵐和彦, 清水章, 菅井学
    第87回日本生化学会大会 2014年10月 選考有り
  • B cell-fate determination by mitochondrial ROS via inhibition of heme synthesis
    Sugai M, Kyoung-Jin Jang
    第87回日本生化学会大会 2014年10月 選考有り
  • ミトコンドリア機能による活性化B細胞運命決定機構
    菅井 学
    第39回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会 2015年08月 選考有り
  • 転写因子Sip1によるIL-7シグナルおよび免疫グロブリン遺伝子組換えの制御
    林達成, 南部由希子, 眞野浩人, ジャンキョンジン, 東雄二郎, クリスティンヴァーシェーレン, ダニーハイレボーエック, 清水章, 菅井学
    第88回日本生化学会大会 合同大会 2015年12月 選考有り
  • Mitochondrial function provides instructive signals for activation-induced B-cell fates.
    Jang, K J., Mano, H., Aoki, K. Hayashi, T., Muto A., Nambu, Y., Takahashi, K., Itoh, K., Taketani, S., Nutt, SL., Igarashi, K., Shimizu, A. and Sugai, M.
    日本免疫学会学術集会 2015年11月 選考有り
  • Transcription factor Sip1 functions to prevent autoimmunity in the BCR checkpoint of immature B cell stage
    林達成、南部由希子、眞野浩人、ジャン キョンジン、東雄二郎、クリスティン ヴァーシェーレン、ダニー ハイレボーエック、清水章、菅井学
    第89回日本生化学会大会 2016年09月 選考有り
  • The role of transcription factor Sip1 for the repression of Rag genes and its synergistic effect with CD19 on autoimmunity
    Hayashi T., Nambu Y., Jang KJ., Mano H., Higashi Y., Verschueren K., Huylebroeck D., Shimizu A. Sugai M.
    日本免疫学会学術集会 2015年11月 選考有り

科学研究費補助金

  • 抗原特異的免疫反応制御機構の分子基盤基盤研究(B)
    代表者:清水 章 2016年度
  • 抗原特異的免疫反応制御機構の分子基盤基盤研究(B)
    代表者:清水 章 2015年度
  • 新規誘導型制御性CD8T細胞の免疫反応・免疫寛容制御機構の解析基盤研究(B)
    科学研究費補助金
    代表者:菅井 学 2015年度
  • ラクトソームを用いた新しいアレルギー疾患治療法の探索萌芽研究
    代表者:菅井 学 2015年度
  • 免疫反応の多様性を演出する活性化B細胞分化制御機構ーミトコンドリアとB細胞分化ー基盤研究(B)
    代表者:菅井 学 2016年度
  • ミトコンドリア機能制御による新規免疫療法の開発萌芽研究
    代表者:菅井 学 2016年度

競争的資金(学内競争的資金)

  • 免疫反応を制御する司令塔としてのミトコンドリア機能の解明と各種免疫疾患治療への応用
    代表者:菅井 学

教育活動情報

担当授業

  • 免疫と生体防御
  • 遺伝と遺伝子
  • アドバンストコースII
  • 医学入門と医学概論
  • 免疫と生体防御
  • 医学入門
  • 遺伝と遺伝子
  • 遺伝と遺伝子
  • 免疫と生体防御
  • アドバンストコースⅡ
  • アドバンストコースⅡ
  • 医科学特論
  • 高次生命医科学特論
  • 生体統御学特論
  • 高次生命医科学演習
  • 分子遺伝学特論演習
  • 医科学基礎総論
  • 医科学特論
  • 高次生命医科学特論
  • 生体統御学特論
  • 高次生命医科学演習
  • 分子遺伝学特論演習
  • 分子遺伝学特論実習

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • 福井大・菅井教授ら英誌に論文2015年04月 福井、県民福井
  • 胃や腸の形成 遺伝子特定「がん解明つながる」 福井大など研究グループ2018年03月 福井
  • 第4のがん治療に道2018年10月 福井、中日