松本 智恵子

所属部署名理数教育講座 解析学
教員組織理数教育講座
教育研究組織教育学部・教育学研究科
職名准教授
更新日: 19/05/28 17:27

研究者基本情報

氏名

    松本 智恵子
    マツモト チエコ
    MATSUMOTO Chieko

基本情報

所属

  •  理数教育講座 解析学 准教授

学歴

  • 2001年04月- 2004年03月広島大学 数学専攻
  • 1995年04月- 1999年03月広島大学 数学科

経歴

  • 2006年04月- 2007年03月広島県立三次高等学校 非常勤講師(数学)
  • 2005年04月- 2006年03月広島県安芸郡熊野町立熊野中学校 非常勤講師(数学)
  • 2004年04月- 2005年03月一橋大学経済研究所 助手

所属学協会

    日本統計学会 一般会員,日本数学教育学会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • 中学校教員と大学教員との協働による統計授業実践
    松本智恵子、風間寛司、藤川洋平、草桶勇人
    福井大学教育実践研究 42 9-19 2018年02月 査読無し
  • 公開講座における問題解決型統計学習の実践~「体験ふむふむ数学クラブ」の取り組みより~
    松本智恵子
    統計教育実践研究 4 126-129 2012年03月 査読無し
  • 体験的活動で学ぶ公開講座のための数学教材開発 : H26 体験ふむふむ数学クラブの実践より
    西村保三、堀祐樹、前川友樹、桑原佑輔、松本智恵子
    福井大学教育実践研究 40 7-15 2016年02月 査読有り
  • ジャグリングを題材にした数学の公開講座 : H27体験ふむふむ数学クラブ「お手玉の数理」の実践報告
    西村保三、桑原佑輔、前川友樹、間庭彰郎、土田恵里、松本智恵子
    福井大学教育実践研究 41 69-75 2017年02月 査読有り
  • 暗号を題材にした数学の教材開発-H25体験ふむふむ数学クラブ「暗号のすうり」の実践報告-
    西村 保三, 大久保 裕介, 佐分利 豊, 坪川 武弘, 福田 浩之, 松本 智恵子, 山下 敏明
    福井大学教育実践研究(39) 42327 2015年02月 査読無し
  • 体験的活動を生かした投影図の学習-H24体験ふむふむ数学クラブ「遠くのものはなぜ小さく見えるのか?」の実践報告-
    西村 保三, 大久保 裕介, 佐分利 豊, 坪川 武弘, 福田 浩之, 松田 立行, 松本 智恵子, 山下 敏明
    福井大学教育実践研究(38) 101-109 2014年02月 査読無し
  • 利息計算を題材とした数学の公開講座-H23体験ふむふむ数学クラブ「利息の数学」の実践報告-
    西村 保三, 大久保 裕介, 佐分利 豊, 竹澤 康宏, 坪川 武弘, 福田 浩之, 松田 立行, 松本 智恵子, 山下 敏明
    福井大学教育実践研究(37) 44-49 2013年02月 査読無し
  • 体験的な学びを促す数学の公開講座の取り組み-H22体験ふむふむ数学クラブ「変わりゴマを回そう」の実践報告-
    西村 保三, 佐分利 豊, 松本 智恵子, 大久保 裕介, 坪川 武弘, 福田 浩之, 松田 立行, 竹澤 康宏, 稲田 俊彦, 山下 敏明
    福井大学教育実践研究(36) 55-59 2012年02月 査読無し
  • インターネットを題材とした確率学習のカリキュラム開発-「体験ふむふむ数学クラブ」の取り組みより-
    松本 智恵子, 稲田 俊彦, 大久保 裕介, 佐分利 豊, 竹澤 康宏, 坪川 武弘, 西村 保三, 福田 浩之, 松田 立行, 山下 敏明
    福井大学教育実践研究(36) 61-65 2012年02月 査読無し
  • Improvement of the quality of the chi-square approximation for the ADF test on a covariance matrix with a linear structure
    C.Matsumoto, H.Yanagihara, H.Wakaki
    Journal of Statistical Planning and Inference 141(4) 1535-1542 2011年04月 査読有り
  • Asymptotic expansion for Lack-of-Fit test under nonnormality
    C.Matsumoto, H. Wakaki
    Hiroshima Math. J. 36(1) 29-38 2006年03月 査読有り
  • Bias correction of cross-validation criterion based on Kullback-Leibler information under a general condition
    H. Yanagihara, T. Tonda, C.Matsumoto
    J. Multivariate Anal. 97(9) 1965-1975 2006年01月 査読有り
  • The effects of nonnormality on asymptotic distributions of some likelihood ratio criteria for testing covariance structures under normal assumption
    H. Yanagihara, T. Tonda, C.Matsumoto
    J. Multivariate Anal. 96(2) 237-264 2005年01月 査読有り
  • An optimal discriminant rule in the class of linear and quadratic discriminant functions for large dimension and samples
    C.Matsumoto
    Hiroshima Math. J. 34(2) 231-250 2004年07月 査読有り
  • Asymptotic expansion of the null distribution of the modified normal likelihood ratio criterion for testing Σ = Σ0 under nonnormality
    H. Yanagihara, C.Matsumoto, T. Tonda
    Hiroshima Math. J. 34(1) 81-100 2004年03月 査読有り
  • Asymptotic expansion of the quadratic discriminant function when the dimension and sample sizes are large
    C.Matsumoto, H.Wakaki
    Hiroshima Statistical Research Group Technical Report 3(14) 2003年01月 査読無し
  • 専門科目「情報数学」における電子機器類の活用事例 ―数学・統計教育への応用・実践に向けて―
    松本智恵子,西村保三,櫻本篤司
    福井大学教育実践研究(40) 79-86 2016年02月 査読無し
  • 数学的リテラシーを育む教材開発-定式化の過程に着目して-
    田嶋祥大,南芳邦,西村保三,櫻本篤司,松本智恵子,風間寛司
    福井大学教育実践研究(42) 137-146 2018年03月 査読無し
  • 音を題材とする数学の公開講座-H28体験ふむふむ数学クラブ「音の数理」の実践報告-
    西村保三,土田恵里,松本智恵子,間庭彰郎,田嶋祥大,竹内俊力
    福井大学教育実践研究(42) 79-85 2018年03月 査読無し

著書

  • 数を図で表そう
    佐分利 豊, 松本 智恵子, 村井 信吾
    共同編集
    能登印刷 2011年01月
  • 計算を助ける図表
    佐分利 豊, 村井 信吾, 松本 智恵子, 草桶 勇人
    共同編集
    能登印刷 2012年03月
  • 本当に違いはあるの?
    松本 智恵子, 佐分利 豊
    共同編集
    創文堂印刷 2012年03月
  • 割合タイムズ
    松本 智恵子, 佐分利 豊
    編集
    能登印刷 2014年02月

講演・口頭発表等

  • 「比較」を軸にした仮説検定の授業実践
    松本智恵子
    日本数学教育学会秋期大会 2018年11月 選考無し
  • Using Box-and-Whisker Plot In Problem Solving Learning
    ICOTS 10 2018年07月 選考無し
  • 新学習指導要領「データの活用」に関する小中指導の課題―福井県教員意識調査から見えてくるもの―
    松本智恵子
    第14回統計教育の方法論ワークショップ 2018年03月 選考無し
  • 中学校教員と大学教員との協働による統計授業実践
    松本智恵子、草桶勇人、藤川洋平、風間寛司
    2017年度統計関連学会連合大会 2017年09月
  • 夜間頻尿と不眠、どちらが先か?-住民健診受診者を対象とした縦断的疫学調査から-
    青木 芳隆, 岡田 昌裕, 横井 聡始, 松田 陽介, 伊藤 秀明, 松本 智恵子, 日下 幸則, 横山 修
    第22回日本排尿機能学会 2015年09月 選考有り
    京王プラザホテル札幌(北海道札幌市)
  • Straining to void is associated with female dyspareunia
    Y.Aoki, M.Tsutsumiuchi, S.Yokoi, Y.Matsuta, C.Matsumoto, Y.Kusaka, O.Yokoyama
    ICS2015 2015年10月 選考有り
    Palais des Congres (Montreal(Canada))
  • Straining to void and IPSS-QOL score are independently associated with dyspareunia
    Y.Aoki, M.Tsutsumiuchi, A.Itoga, M.Okada, S.Yokoi, T.Kurokawa, Y.Matsuta, H.Ito, C.Matsumoto, Y.Kusaka, O.Yokoyama
    AUA Annual Meeting 2016 2016年05月 選考有り
    San Diego Convention Center(San Diego(USA))
  • The association between urinary incontinence and delivery: a cross-sectional study among Japanese women
    Y.Aoki, M.Tsutsumiuchi, A.Itoga, M.Seki, Y.Matsuta, H.Ito, C.Matsumoto, Y.Kusaka, O.Yokoyama
    AUA Annual Meeting 2016 2016年05月 選考有り
    San Diego Convention Center(San Diego(USA))
  • Bidirectional relationship between nocturia and insomnia in a longitudinal study among japanese men and women
    Y.Aoki, M.Okada, S.Yokoi, Y.Matsuta, H.Ito, C.Matsumoto, Y.Kusaka, O.Yokoyama
    第46回国際禁制学会年次総会(ICS2016 TOKYO) 2016年09月 選考有り
    東京国際フォーラム(東京都千代田区)

科学研究費補助金

  • 夜間頻尿はメタボリック症候群の発症予測あるいは進行のマーカーとなりうるか?基盤研究(C)(一般)
    代表者:青木 芳隆 2013年度
  • 夜間頻尿はメタボリック症候群の発症予測あるいは進行のマーカーとなりうるか?基盤研究(C)(一般)
    代表者:青木 芳隆 2012年度
  • 夜間頻尿はメタボリック症候群の発症予測あるいは進行のマーカーとなりうるか?基盤研究(C)(一般)
    代表者:青木 芳隆 2011年度

教育活動情報

担当授業

  • ランダム現象の記述
  • 初等確率論
  • 初等確率論演習
  • 初等統計学
  • 統計基礎
  • 情報数学
  • 地域課題ワークショップⅡ(基礎):地域分析
  • 地域課題ワークショップⅡ(基礎):地域分析
  • 地域課題ワークショップⅢ(応用A):地域分析
  • 地域課題ワークショップⅢ(応用B):地域分析
  • 地域課題ワークショップⅣ(総合A):地域分析
  • 地域課題ワークショップⅣ(総合B):地域分析
  • 統計入門
  • 統計基礎
  • 多変量解析
  • 地域分析演習Ⅰ(情報統計分析)
  • 地域分析演習Ⅱ(情報統計分析)
  • 応用数学特論演習Ⅰ
  • 応用数学特論Ⅱ
  • ランダム現象の記述
  • 確率・統計講究
  • 初等確率論
  • 初等統計学
  • 初等統計学
  • 統計基礎
  • 多変量解析
  • 情報数学
  • 数学特別研究
  • 数学特別研究
  • 地域課題ワークショップⅡ(基礎):地域分析
  • 地域課題ワークショップⅢ(応用A):地域分析
  • 地域課題ワークショップⅢ(応用B):地域分析
  • 地域課題ワークショップⅣ(総合A):地域分析
  • 地域課題ワークショップⅣ(総合B):地域分析
  • 地域課題ワークショップⅣ(総合B):地域分析
  • 統計入門
  • 統計基礎
  • 多変量解析
  • 地域分析演習Ⅰ(情報統計分析)
  • 地域分析演習Ⅱ(情報統計分析)
  • 初等教科内容研究(算数)