藤澤 隆史

所属部署名発達支援研究部門
教員組織発達支援研究部門
教育研究組織子どものこころの発達研究センター
職名講師
更新日: 19/07/23 19:00

研究者基本情報

氏名

    藤澤 隆史
    フジサワ タカシ
    FUJISAWA Takashi

基本情報

所属

  •  発達支援研究部門 講師

学歴

  • 2001年04月- 2004年03月関西大学
  • 1994年04月- 1998年03月関西大学

学位

  • 博士(学術)

経歴

  • 2009年05月- 2013年03月長崎大学医歯薬学総合研究科 助教
  • 2006年04月- 2009年04月関西学院大学理工学研究科 博士研究員
  • 2004年04月- 2005年03月関西大学総合情報学研究科 博士研究員

所属学協会

    日本神経科学学会 一般会員,日本心理学会 一般会員,

研究活動情報

論文

  • Type and Timing of Negative Life Events Are Associated with Adolescent Depression
    Nishikawa S, Fujisawa TX, Kojima M, Tomoda A*
    Front Psychiatry 9 41 2018年02月 査読有り
  • Subclinical maternal depressive symptoms modulate right inferior frontal response to inferring affective mental states of adults but not of infants.
    Shimada K, Kasaba R, Fujisawa TX, Sakakibara N, Takiguchi S, Tomoda A*.
    J Affect Disord 229 32-40 2018年03月 査読有り
    Tomoda A
  • マルチレベル構造方程式モデリングによる夫婦ペアデータへのアプローチ:中年期の夫婦関係のあり方が夫婦関係満足度、家族の安定性、および主観的幸福感に及ぼす影響
    石盛真徳, 小杉考司, 清水裕士, 藤澤隆史, 渡邊太, 武藤杏里
    実験社会心理学研究 56(2) 153-164 2017年04月 査読有り
  • Developmental changes in social attention and oxytocin levels in infants and children.
    Nishizato M, Fujisawa TX, Kosaka H, Tomoda A
    Sci Rep 7(1) 2540 2017年05月 査読有り
    Tomoda A
  • Association of aryl hydrocarbon receptor-related gene variants with the severity of autism spectrum disorders.
    TX.Fujisawa,S.Nishitani,R.Iwanaga,J.Matsuzaki,C.Kawasaki, M.Tochigi,T.Sasaki,N.Kato,K.Shinohara *.
    Front Psychiatry 7 184 2016年11月 査読有り
  • Catechol-O-methyltransferase polymorphism is associated with the cortico-cerebellar functional connectivity of executive function in children with attention-deficit/hyperactivity disorder.
    Mizuno Y, Jung M, Fujisawa TX, Takiguchi S, Shimada K, Saito D, Kosaka H, Tomoda A*.
    Sci Rep 7(1) 4850 2017年07月 査読有り
    Tomoda A
  • Oxytocin efficacy is modulated by dosage and oxytocin receptor genotype in young adults with high-functioning autism: a 24-week randomized clinical trial.
    Kosaka H, Okamoto Y, Munesue T, Yamasue H, Inohara K, Fujioka T, Anme T, Orisaka M, Ishitobi M, Jung M, Fujisawa TX, Tanaka S, Arai S, Asano M, Saito DN, Sadato N, Tomoda A, Omori M, Sato M, Okazawa H, Higashida H, Wada Y.
    Transl Psychiatry 6(8) e872 2016年08月 査読有り
  • Gazefinder as a clinical supplementary tool for discriminating between autism spectrum disorder and typical development in male adolescents and adults.
    Fujioka T, Inohara K, Okamoto Y, Masuya Y, Ishitobi M, Saito DN, Jung M, Arai S, Matsumura. Y, Fujisawa TX, Narita K, Suzuki K, Tsuchiya KJ, Mori N, Katayama T, Sato M, Munesue T, Okazawa H, Tomoda A, Wada Y, Kosaka H*.
    Mol Autism 7 19 2016年03月 査読有り
    H.Kosaka
  • Increased anterior pelvic angle characterizes the gait of children with attention deficit/hyperactivity disorder (ADHD).
    Naruse H, Fujisawa TX, Yatsuga C, Kubota M, Matsuo H, Takiguchi S, Shimada S, Imai Y, Hiratani M, Kosaka H, Tomoda A*
    PLoS One 12(1) e0170096 2017年01月 査読有り
  • Assessment of olfactory detection thresholds in children with autism spectrum disorders using a pulse ejection system.
    Kumazaki H*, Muramatsu T, Fujisawa TX, Miyao M, Matsuura E, Okada K, Kosaka H, Tomoda A, Mimura M.
    Mol Autism 7(6) 2016年01月 査読有り
    H.Kumazaki
  • Age-related bias in age estimation based on facial images of others
    TX.Fujisawa,Y.Azuma,M.Konishi,N.Miyamoto,N.Nagata
    Psychology 7(4) 459-468 2016年04月 査読有り
    TX.Fujisawa
  • Association of estrogen receptor alpha polymorphisms with symptoms of autism among Chinese Han children.
    Wang X, Liang S, Fujisawa TX, Nishitani S, Tomoda A, Wu L*, Shinohara K*.
    Neuroendocrinology Letters 37(5) 101-106 2016年 査読有り
  • Age-related bias in age estimation based on facial images of others.
    Fujisawa TX*, Azuma Y, Konishi M, Miyamoto N, Nagata N
    Psychology 7(4) 459-468 2016年04月
  • Gazefinder as a clinical supplementary tool for discriminating between autism spectrum disorder and typical development in male adolescents and adults.
    Fujioka T, Inohara K, Okamoto Y, Masuya Y, Ishitobi M, Saito DN, Jung M, Arai S, Matsumura Y, Fujisawa TX, Narita K, Suzuki K, Tsuchiya JK, Mori N, Katayama T, Sato M, Munesue T, Okazawa H, Tomoda A, Wada Y, Kosaka H*.
     7 9 2016年03月
  • 子ども虐待の脳科学研究.
    島田 浩二, 滝口 慎一郎, 藤澤 隆史, 友田 明美
    小児内科 48(2) 149-153 2016年02月
  • Ethnic differences in COMT genetic effects on striatal grey matter alterations associated with childhood ADHD: A voxel-based morphometry study in a Japanese sample.
    Shimada K, Takiguchi S, Fujisawa TX, Naruse H, Kosaka H, Okazawa H, Tomoda A*.
    World J Biol Psychiatry 18 1-7 2015年07月
  • Effect of the nature of subsequent environment on oxytocin and cortisol secretion in maltreated children.
    Mizushima S, Fujisawa TX, Takiguchi S, Kumazaki H, Tanaka S, Tomoda A*.
    Front Psychiatry 6(173) 1-9 2015年12月
  • Ventral striatum dysfunction in children and adolescents with reactive attachment disorder: functional MRI study.
    Takiguchi S, Fujisawa TX, Mizushima S, Saito DN, Okamoto Y, Shimada K, Koizumi M, Kumazaki H, Jung M, Kosaka H, Hiratani M, Ohshima Y, Teicher, MH, Tomoda A*.
    Br J Psychiatry Open 1(121) 128
  • Effectiveness of oral tipepidine administration for children with attention deficit/hyperactivity disorder: A 4-week, open-label clinical study.
    Tomoda A*, Takiguchi S, Fujisawa TX, Yatsuga C, Kumazaki H, Fujioka T, Suzuki H, Matsuzaki H, Kosaka H, Tanaka S.
    Psychiatry Clin Neurosci Oct;69(10) 658-9 2015年09月 査読有り
  • Neural basis of psychological growth following adverse experiences: a resting-state functional MRI study.
    Fujisawa TX, Jung M, Kojima M, Saito DN, Kosaka H, Tomoda A.
    Plos One 10(8) e0136427 2015年09月
  • Reduced visual cortex grey matter volume in children and adolescents with reactive attachment disorder.
    K. Shimada, S. Takiguchi, S. Mizushima, T.X. Fujisawa, D.N. Saito, H. Kosaka, H. Okazawa, A. Tomoda.
    Neuroimage Clin 9 13-19 2015年09月
    A.Tomoda
  • Sex differences in cognitive and symptom profiles in children with high functioning autism spectrum disorders.
    H.Kumazaki, T.Muramatsu, H.Kosaka, T.X.Fujisawa, K.Iwata, A.Tomoda, K.Tuchiya, M.Mimura.
    Research in Autism Spectrum Disorders 2015年05月
  • Anorexia nervosa during adolescence is associated with decreased gray matter volume in the inferior frontal gyrus.
    T.X.Fujisawa, C.Yatsuga, H.Mabe, E.Yamada, M.Masuda, A.Tomoda.
    Plos One 10(9) e0128548 2015年05月
  • 青年期のメンタルヘルスに関する調査(1)
    小島 雅彦, 藤澤 隆史, 小泉 径子, 青井 利哉, 水島 栄, 友田 明美
    子どものこころと脳の発達 6(1) 23-30 2015年05月 査読有り
  • 青年期のメンタルヘルスに関する調査(2)
    小島 雅彦, 藤澤 隆史, 小泉 径子, 青井 利哉, 水島 栄, 友田 明美
    子どものこころと脳の発達 6(1) 31-41 2015年05月 査読有り
  • 福井Age2企画~福井県永平寺町小規模集団での発達コホート研究~
    友田 明美, 藤澤 隆史, 八ツ賀 千穂, 安田 久美, 田仲 志保, 熊崎 博一, 山﨑 未花, 日下 幸則, 佐藤 真
    日本社会精神医学会雑誌 23(4) 379-386 2014年11月
  • Visual attention for social information and salivary oxytocin levels in preschool children with autism spectrum disorders: An eye-tracking study.
    T.X.Fujisawa, S.Tanaka, D.N.Saito, H.Kosaka, A.Tomoda.
    Front Neurosci 8 295 2014年09月
  • No association between Catechol-O-methyltransferase (COMT) genotype and attention deficit hyperactivity disorder (ADHD) in Japanese children.
    C.Yatsuga, D.Toyohisa, T.X.Fujisawa, S.Nishitani, K.Shinohara, N.Matsuura, S.Ikeda, M.Muramatsu, A.Hamada, A.Tomoda.
    Brain & Development 36 620-625 2014年06月
  • Family based association study of ZNF533, DOCK4 and IMMP2L gene polymorphisms linked to Autism in a Han population in northeastern China.
    S.Liang, X.Wang, M.Zoua, H.Wanga, C.Suna, W.Xia, L.Wu, T.X.Fujisawa, A.Tomoda.
    Journal of Zhejiang University-SCIENCE B 2014年03月
  • Maternal depression association with infant development.
    H.Kumazaki, T.Fujisawa, M.Koizumi, M.Mizuno, S.Mizushima, A.Tomoda.
    EARLY INTERVENTION IN PSYCHIATRY 8 138-138 2014年
  • LED警光灯の視認性向上のための感性指標に基づく点滅パターン解析
    白岩 史, 飛谷 謙介, 下斗米 貴之, 猪目 博也, 藤澤 隆史, 饗庭 絵里子, 長田 典子, 北村 泰彦
    精密工学会誌 79(11) 1159-1164 2013年09月
  • 主観年齢推定における自己若年視要因の検討-旧知の顔に見られる蓄積記憶の牽引効果-
    片平 建史, 小西 正人, 飛谷 謙介, 東 泰宏, 藤澤 隆史, 長田 典子
    日本顔学会論文誌 13(1) 85-95 2013年07月
  • No interaction between serotonin transporter gene (5-HTTLPR) polymorphism and adversity on depression among Japanese children and adolescents.
    A.Tomoda, S.Nishitani, N.Matsuura, T.X.Fujisawa, J.Kawatani, T.Toyohisa, M.Ono, K.Shinohara.
    BMC Psychiatry 13(134) 2013年05月
  • Prenatal Exposure to a Polychlorinated Biphenyl (PCB) Congener Influences Fixation Duration on Biological Motion at 4-Months-Old: A Preliminary Study.
    H.Doi, S.Nishitani, T.X.Fujisawa, T.Nagai, M.Kakeyama, T.Maeda, K.Shinohara.
    PLoS One 8(3) e59196 2013年03月
  • Recognition of Facial Expressions and Prosodic Cues with Graded Emotional Intensities in Adults with Asperger Syndrome.
    H.Doi, T.X.Fujisawa, C.Kanai, H.Ohta, H.Yokoi, A.Iwanami, N.Kato, K.Shinohara.
    J Autism Dev Disord. 2013年02月
  • LED警光灯の視認性向上のための感性指標に基づく点滅パターン評価方法
    飛谷 謙介, 土屋 晋, 藤澤 隆史, 饗庭 絵里子, 長田 典子
    電気学会論文誌D 133(2) 240-245 2013年01月
  • Loneliness depends on salivary estradiol levels in adolescent females.
    T.X.Fujisawa, S.Nishitani, T.Obara, K.Shinohara.
    Neuro Endocrinol Lett. 33(5) 525-52 2012年09月
  • Perceived parental rejection mediates the influence of serotonin transporter gene (5-HTTLPR) polymorphisms on impulsivity in Japanese adults.
    S.Nishikawa, S.Nishitani, T.X.Fujisawa, I.Noborimoto, T.Kitahara, T.Takamura, K.Shinohara.
    PLoS One 7(10) e47608 2012年01月
  • Differential modulation of impulsive behavior by loneliness and testosterone in adolescent females.
    T.X.Fujisawa, S.Nishitani, S.Ishii, K.Shinohara.
    Neuro Endocrinol Lett. 32(6) 836-840 2012年01月
  • 和音進行による情動の知覚:fMRIおよび印象評価によるアプローチ
    饗庭 絵里子, 田中 里弥, 藤澤 隆史, 赤塚 諭, 下斗米 貴之, 長田 典子
    音楽知覚認知研究 18(1&2) 42084 2012年
  • Sex differences in the recognition of emotional prosody in late childhood and adolescence.
    T.X.Fujisawa, K.Shinohara.
    J Physiol Sci 61(5) 429-45 2011年06月
  • The perception of harmonic triads: an fMRI study.
    T.X.Fujisawa, N.D.Cook.
    Brain Imaging Behav 5(2) 109-125 2011年06月
  • Why Not Study Polytonal Psychophysics?
    N.D.Cook, T.X.Fujisawa, H.Konaka.
    Empirical Musicology Review 2(1) 38-44 2007年03月
  • The Psychophysics of Hermony Perception: Harmony is a Three-Tone Phenomenon.
    N.D.Cook, T.X.Fujisawa, T.Konaka.
    Empirical Musicology Review 1(2) 106-126 2006年09月
  • Evaluation of the Affective Valence of Normal Speech Using Pitch Substracture.
    N.D.Cook, T.X.Fujisawa, T.Takami.
    IEEE Transactions on Audio, Speech, and Language Processing 14(1) 142-151 2006年03月
  • Anorexia nervosa during adolescence is associated with decreased gray matter volume in the inferior frontal gyrus.
    Fujisawa TX ok, Yatsuga C, Mabe H, Yamada E, Masuda M, Tomoda A *.
    PLoS One 10(6) e0128548, 2015年 査読有り
  • Anorexia nervosa during adolescence is associated with decreased gray matter volume in the inferior frontal gyrus.
    Fujisawa TX , Yatsuga C, Mabe H, Yamada E, Masuda M, Tomoda A
    PLoS One 10(6) e0128548 2015年
  • Ethnic differences in COMT genetic effects on striatal grey matter alterations associated with childhood ADHD: A voxel-based morphometry study in a Japanese sample.
    Shimada K, Fujisawa TX, Takiguchi S, Naruse H, Kosaka H, Okazawa H, Tomoda A*.
    World J Biol Psychiatry 18(4) 322-328 2017年06月 査読有り
    Tomoda A
  • Self-face recognition shares brain regions active during proprioceptive illusion in the right inferior fronto-parietal superior longitudinal fasciculus III network.
    Morita T*, Saito DN, Ban M, Shimada K, Okamoto Y, Kosaka H, Okazawa H, Asada M, Naito E.
    Neuroscience 348 288-301 2017年04月 査読有り

著書

  • 「絶対役立つ臨床心理学:カウンセラーを目指さないあなたにも」
    藤澤 隆史
    分担執筆
    心的外傷後ストレス障害(PTSD)-癒しがたい心の傷
    ミネルヴァ書房 2016年09月
  • しあわせ仮説
    藤澤 隆史, 藤澤 玲子
    共同編集
    新曜社 2011年06月
  • 子どものPTSD-診断と治療-
    藤澤 隆史
    執筆、編集
    子どものトラウマがその後の発達に及ぼす影響-内分泌の視点から-
    診断と治療社 2014年05月
  • 愛を科学で測った男
    藤澤 隆史, 藤澤 玲子
    共同編集
    白揚社 2014年07月
  • Memory in Social Context: Brain, Mind, and Society
    Tomoda A*, Takiguchi S, Shimada K, Fujisawa TX.
    分担執筆
    Structural and functional changes of brain due to childhood maltreatment and adversity.
    springer 2017年12月
    978-4-431-56589-5

講演・口頭発表等

  • Unlocking the involvement of oxytocin in Autism Spectrum Disorder.
    C.Yatsuga, TX.Fujisawa, DN.Saito, S.Takiguchi, S.Mizushima, H.Naruse, A.Tomoda
    第118回日本小児科学会 2015年04月
  • Association between maternal depressive tendency and infant development in one-year-old infants: Developmental cohort study in Fukui, Japan.
    M.Nishizato, TX.Fujisawa, H.Kumazaki, S.Tanaka, A.Tomoda
    The 13th Asian Congress of Health Promotion 2015年12月
  • Altered brain response to reward in maltreated children and adolescents.
    S.Takiguchi, TX.Fujisawa, S.Mizushima, DN.Saito, K.Shimada, H.Kosaka, A.Tomoda
    The 13th Asian Congress of Health Promotion 2015年12月
  • 不適切な養育を受けた児童のCortisol・Oxytocin値にみる生体反応の相違
    水島栄,藤澤隆史,滝口慎一郎,熊崎博一,田仲志保,友田明美.
    第56回日本児童青年精神医学会総会(ポスター発表) 2015年09月
  • ADHD児における安静時の小脳の脳活動
    水野 賀史, 丁 ミンヨン, 藤澤 隆史, 滝口 慎一郎, 島田 浩二, 齋藤 大輔, 小坂 浩隆, 友田 明美
    第58回日本小児神経学会学術集会 2016年06月 選考有り
  • 福井県永平寺町における小規模集団での発達コホート研究
    西里 美菜保、藤澤 隆史、熊崎 博一、田仲 志保、友田 明美
    第56 回福井県小児保健研究会 2016年02月
  • 反応性愛着障害の神経基盤探索~報酬系課題によるfMRI研究~.
    滝口 慎一郎, 藤澤 隆史, 島田 浩二, 高田 紗英子, 西川 里織, 小坂 浩隆, 友田 明美.
    平成28年度福井大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2017年02月
  • ADHD児におけるCOMT遺伝子多型と大脳皮質-小脳ネットワークの関係
    水野 賀史, 丁 ミンヨン, 藤澤 隆史, 滝口 慎一郎, 島田 浩二, 齋藤 大輔, 小坂 浩隆, 友田 明美
    平成28年度福井大学高エネルギー医学研究センター研究発表会 2017年02月
  • 福井県A 町における小規模集団での発達コホート研究
    西里 美菜保、藤澤 隆史、熊崎 博一、田仲 志保、友田 明美
    第56 回 日本児童青年精神医学会総会 2015年09月
  • White matter tract abnormalities in children with reactive attachment disorder: A diffusion tensor imaging study
    Takiguchi S, Naruse H, Shimada K, Fujisawa TX, Takada S, Morioka S, Shimoji K, Tomoda A.
    12th International ISBS Regional Neuroscience and Biological Psychiatry (Asia) "Stress and Behavior”" Conference 2017年07月
  • Oxytocin receptor DNA methylation and gray matter volume in maltreated children.
    Nishitani S, Fujisawa TX, Takiguchi S, Shimada K, Smith AK, Tomoda A.
    The 55th Annual Meeting of the American College of Neuropsychopharmacology (ACNP) 2017年12月
  • 反応性愛着障害児における小児期逆境経験のタイプとタイミングが灰白質減少に及ぼす影響
    藤澤隆史, 滝口慎一郎, 小坂浩隆, 友田明美
    第58回日本児童青年精神医学会総会 2017年10月
  • 母親の感覚感受性のタイプが育児不安/養育ストレスに及ぼす影響.
    榊原信子, 滝口慎一郎, 藤澤隆史, 友田明美.
    第58回日本児童青年精神医学会総会 2017年10月
  • Attention to eye in still face strongly related to sociality compared to other social information in children with Autism Spectrum Disorder.
    Fujioka T, Mizuno Y, Takiguchi S, Fujisawa TX, Tsuchiya KJ, Katayama T , Tomoda A, Hiratani M, Kosaka H.
    American Academy of Child and Adolescent Psychiatry 64th Annual Meeting 2017年10月

受賞

  •  日本音楽知覚認知学会論文賞2014年05月
  •  公益財団法人発達科学研究教育センター 発達科学研究教育奨励賞2013年05月
  •  第57回日本小児神経学会 English Session賞受賞 Low striatal activity during reward perception caused by childhood adversity2015年

科学研究費補助金

  • 社会性発達とオキシトシン動態の関連性に関する追跡的研究基盤研究(C)(一般)
    代表者:藤澤 隆史 2015年度
  • ゲーム世界で形成された人物イメージが現実世界の人間関係に及ぼす影響基盤研究(C)(一般)
    代表者:風井 浩志 2014年度
  • パネル調査に基づく家族システムの発達と移行に関する研究基盤研究(C)(一般)
    代表者:石盛 真徳 2014年度
  • ヒト思春期の社会行動とその逸脱に関する神経・内分泌基盤の解明若手研究(B)
    代表者:藤澤 隆史 2014年度
  • ヒト思春期の社会行動とその逸脱に関する神経・内分泌基盤の解明若手研究(B)
    代表者:藤澤 隆史 2013年度
  • ゲーム世界で形成された人物イメージが現実世界の人間関係に及ぼす影響基盤研究(C)
    代表者:風井 浩志 2013年度
  • パネル調査に基づく家族システムの発達と移行に関する研究基盤研究(C)
    代表者:石盛 真徳 2013年度
  • パネル調査に基づく家族システムの発達と移行に関する研究基盤研究(C)
    代表者:石盛 真徳 2015年度
  • 唾液オキシトシン濃度測定による社会性評価の確立基盤研究(C)
    代表者:小坂 浩隆 2015年度
  • 社会性発達とオキシトシン動態の関連性に関する追跡的研究基盤研究(C)
    代表者:藤澤 隆史 2016年度
  • 社会的相互作用によるオキシトシンの分泌が、児童の認知機能に与える影響基盤研究(C)
    代表者:齋藤 大輔 2016年度
  • 唾液オキシトシン濃度測定による社会性評価の確立基盤研究(C)
    代表者:小坂 浩隆 2016年度

社会貢献・国際交流活動情報

報道

  • 拒食症の10代女性、脳が縮小2015年09月 読売、産経、中日、福井、県民福井、毎日、朝日
  • 10代拒食症女性脳小さく2015年08月 読売
  • 視線と唾液で自閉症診断2014年09月 福井、読売、県民福井、朝日
  • 摂食障害の社会背景と脳への悪影響2016年05月 FBS福岡放送 目撃者f「食べて 吐いて~摂食障害と闘う女性たち~」